ポンタカードのポイントをお得に使おう|貯め方や使い方を詳しく知る

ポンタカードのポイントをお得に使おう|貯め方や使い方を詳しく知る

家計の知恵 2018.09.11

ポンタポイントのオススメの使い方とは

ローソンなどの店舗で買い物をしたときに、「ポンタカードはお持ちですか?」と声をかけられたことはないでしょうか。名前は知っているけど、どんなカードなのか分からない。聞かれるということは、多くの人が持っているのだろうかと気になりますよね。
今回は、そんなポンタカードについて詳しくみていきましょう。どんな場所でポイントを貯めることができるのか、貯めたポイントはどのように使えるのかなど、便利でお得なポンタカードの魅力を知って、買い物やサービスの利用に役立ててください。

Pontaとは

Pontaとは、リクルートが運営するポイントシステムのことです。最初に、どんなサービスなのか、Pontaとは何かを確認しておきましょう。

全国で使える共通ポイントサービス

今やたくさんの種類があるポイントサービスの一つであるポンタカード。Pontaとは全国のPonta提携社やネットサービスで利用金額に応じて貯めたり、使ったりできる共通ポイントサービスのことです。
全国のPontaマークのあるお店であれば、カードかアプリを出してポイントを貯められます。ほかにも、ネットでの買い物、旅行、レストラン等の予約などでもポイントを貯められます。貯めたポイントは、貯めるときと同じように、提携しているお店やネットサービスで使うこともできるのです。

可愛いたぬきのキャラクター

Pontaカードや提携しているお店に掲示してあるPontaマークのキャラクターは「たぬき」。pontaはポイントサービスの名称であるだけでなく、イメージキャラクターであるたぬきのキャラクターの名前でもあるのです。
「ポイント」が「ポンポンたまる」というのが名前の一つの由来です。「ポイントターミナル」の略称もPontaという名前の由来となっています。
提携企業が核に集まり、ポイントを循環させていくイメージや「ターミナル」から発想されるポイントで賑わうイメージから名付けられたのです。

ポンタポイントのシステム

Pontaカードで貯まる、ポンタポイントを貯めるためにやらなければならないことがあります。ポイントを上手に貯めるには、どうしたらよいのでしょうか。

ポンタポイントを貯めるためにすべきこと

ポンタカードを手に入れ、ポンタポイントを貯めるためのステップをご紹介します。

まずはポンタカードを手に入れる

ポンタポイントを貯めるには、まずポンタカードを入手しなければなりません。ポンタカードの入手方法は二通り。ローソンやゲオなど提携店舗で受け取る方法とネットで自宅に届けてもらう方法があります。
店舗で入手する場合、レジでポンタカードを受け取り、その場からポイントを貯め始めることができるので、買い物ついでに気軽につくることができます。簡単につくれますが、ポンタポイントを使うためには、受け取り後にネットで登録をする必要があるので注意してください。
ネットで申し込む場合は、ポンタカードの公式ホームページから登録を行って、後日カードが届きます。郵送での受け取りとなるので、提携店舗で受け取るよりも届くのに二週間程度と時間がかかります。すぐに手に入れたいときは、提携店舗でつくるのがおすすめです。

ポンタウェブと連携する

ポンタカードは店頭で受け取った場合は、ポイントを貯めることはできますが、そのままではポイントを使うことができません。
店頭で入手した後は、インターネットのポンタウェブかローソン設置のLoppiを使って会員登録を行いましょう。カードと連携することで貯めたポイントを使用することができるようになります。面倒くさいかもしれませんが、一回だけの登録作業なので、忘れずに行ってください。
登録すれば、ポンタポイントを買い物やサービスでの支払い等で利用することができるようになります。

ポンタポイントを貯める方法

ポイントの貯め方は簡単です。ポンタ連携店舗の店頭でカードを提示するだけで、簡単にポイントを貯めることができます。インターネットサービスを利用して、旅行の申し込みやレストランの予約、宅配サービスなどさまざまなサービスでも貯めることが可能です。
後からではポイントを付けてもらうことができないので、Pontaマークがあるかチェックをし、忘れずに提示やネットでの登録をしましょう。

ポイントの還元率

ポイント還元率は100円で1ポイントもしくは200円で1ポイントたまります。店舗によって異なるので、自分のよく利用する店舗では何%の還元率かチェックしておくとよいでしょう。
ローソンでは、100円で1ポイントが貯まります。じゃらんでは利用料金の1~2%とかなり高い還元率でポイントを得ることができます。昭和シェル石油では、1リットルにつき1ポイントと金額ではなく給油量だったりと、ポイントの還元は変則的です。
貯める、使用できる店舗もどんどん増えているので、ときどき店舗や還元率をチェックしてみてもよいかもしれません。

利用時のポイント価値

ポイントの還元は変則的ですが、利用する際は1ポイント=1円として利用できます。利用単位は1円から可能で、会計時に端数が出た場合に使うのもおすすめです。
ポイントは、現金としても利用できますが、ポンタカードのサイトでポンタオリジナルグッズやさまざまな商品と交換することも可能です。そのほかにも、ポンタポイントをJALマイレージやLINEギフトコードのような別のポイントへ交換することも、その反対に、別のポイントをポンタポイントに交換することもできます。

ポイントの有効期限

ポンタポイントには有効期限があります。最終のポイント加算日より一年間と決められているため注意が必要です。
たとえば、2018年1月3日が最後の加算または利用日であれば、有効期限は2019年1月3日となります。一年後の同日です。利用することが少なくなってしまったときは、ポイントの期限切れになる前に交換したり、使用したりしましょう。使用し続けていれば、有効期限は気にする必要はありません。

ポンタカードについて

ポイントを貯めるためにつくるカードのポンタカード。ここでは、ポンタカードについて詳しく知りましょう。

ポンタカードって何

Tポイントを貯めるにはTカード、楽天ポイントを貯めるには楽天ポイントカードのように、貯めるポイントによって所持するカードが変わります。ポンタカードとは、ポンタポイントを使うための共通ポイントカードのことです。ポンタポイントを貯めるためには必要不可欠のカードとなります。
いろいろなデザインや機能を持ったカードがあるので、自分のライフスタイルに合わせて使いやすいカードをみつけましょう。

ポンタカードの種類

ポンタカードには、どんな種類のカードがあるのでしょうか。どんなデザイン、どんな機能が付いたカードがあるのか確認してみましょう。

ポンタウェブ限定のオリジナルカード

ポンタウェブからの申し込み限定で発行できるオリジナルのポンタカード。全面に大きくポンタカードのたぬきのキャラクター「ポンタ」の絵が描かれているのが特徴です。一目でポンタカードだと分かるでしょう。
入会金、年会費は無料です。申し込みからおよそ二週間ほどで自宅に郵送で届きます。申し込みには、リクルートサービスの会員登録が必要となります。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/pontaweb/about/ponta/card/

提携店舗で発行するポンタカード

ポンタと提携している店舗で申し込みをして発行するポンタカードです。提携店舗でもらえるポンタカードは、ポイントカードとしての機能しかありません。
デザインは店舗名やサービスが描かれているので、発行する店舗によって違います。お気に入りのデザインがあったら、その店舗でつくりましょう。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/pontaweb/about/ponta/card/

プリペイド機能付きのおさいふポンタ

おさいふポンタとは、ローソンのレジやおさいふポンタのウェブページからクレジットカードでチャージして使用することができるプリペイドカードと一体化したポンタカードです。
JCBと提携しているので、全国のJCBマークのあるお店でも使うことができます。クレジットカードではないので、入会審査はありません。ローソン以外の店舗でも発行しているのですが、店舗によって入会金がかかる場合があります。
ポンタカードからおさいふポンタへ変更する場合は、ポンタカードの会員情報と貯めてあるポイントを移行させることができます。おさいふポンタからポンタカードへの移行はできないので、注意してください。
【参考URL:http://www.osaifuponta.lawson.co.jp/

クレジット機能付きのポンタカード

クレジットカードと一体化したポンタカード。提携社によって、デザインは異なります。また、年会費などがかかる場合もあります。
カードによっては、年会費永年無料、100円で2ポイントとポイントの還元率が高いものもありお得です。また、ポンタカードの機能を搭載したタイプと、手持ちのポンタカードを登録することで、ポイントを貯めることが可能なタイプの二種類があります。
【参考URL:http://www.osaifuponta.lawson.co.jp/

アプリ版のポンタカード

デジタルPontaカードとローソンモバイルポンタという二種類のアプリ版ポンタカードがあります。デジタルpontaカードはスマホ専用、ローソンモバイルポンタはガラケーでも使うことができます。
ローソンモバイルポンタは、ローソンIDを新規に作成する必要があります。アプリ版ポンタカードを利用できる店舗は少ないので、使いたい店舗で利用できるかはチェックしておいたほうが安心です。
疲れとストレス

獲得したポンタポイントを確認する方法

貯まったポイントはどのように確認すればよいのでしょうか?確認方法は5通りあります。自分の使い勝手のよい確認方法を探しましょう。

買い物時のレシートで確認する

店舗で買い物するときは、支払い時に貰うレシートで確認することができます。レシートの下に獲得したポイントの残高が印字されているので、簡単に確認することができます。レシートをもらったらチェックする習慣を付けるとよいでしょう。

ローソン設置のLoppiで確認する

ローソンの各店舗に設置されているLoppiにカードをスキャンするとポイントの残高を確認することができます。ローソンを利用することが多い人は、精算前にチェックしてポイントを使用するタイミングを計りましょう。買い物時の端数に利用するのもおすすめです。

ポンタウェブ上で確認する

ポンタの会員サイトポンタウェブでも残高を確認することができます。ポンタウェブの右側、「ログインして残高照会へ」をクリックして、リクルートIDとパスワードを入力すればすぐに確認することができます。
ポイントを利用するときに登録が必要なサイトになります。IDとパスワードは忘れないように気を付けてください。ポンタウェブでは、ポイントを貯められる・使える店舗やサービスを確認したり、困ったときのQ&Aなど必要な情報を得ることができるサイトです。ポンタポイントを効果的に使うのに役立つので時々チェックしてみましょう。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/member/pwbLogin/?path=92aa29fd14469afa946ab4f4ec1ce93a296dfa0ea97f5c67ac79b849983fed12

専用アプリで確認する

ポンタには「Pontaタイム」と「Pontaカード」という二種類の専用アプリがあり、このどちらを使ってもポイントの残高が確認できます。
それ以外にも、ローソンアプリで確認する方法もあります。このアプリを利用するには、ローソンIDを作成しなければならないという手間がありますが、スマホにローソンのクーポンやお試し引換券などを発行することができます。

ポンタポイントが使える店舗やサービス

ポンタポイントを貯めたり、使える場所はどこでしょうか。どんな店舗があるのかチェックしましょう。

貯めて使える主な店舗

ローソン系列のコンビニエンスストアやライフなどのスーパー、高島屋などの百貨店。他にもケンタッキーやAOKI、HMV、ゲオなどの店舗ではポンタポイントを貯めて使うことができます。貯めて使える店舗の中には、Pontaカードのアプリを使用することができる店舗もあります。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/point/?tab=pointUseService

貯めることだけ可能な店舗も

ポイントを貯めるだけで使うことができない店舗やサービスもあります。サカイ引越センターや日本通運などの引越しサービス、コインパークの駐車サービス、日本レンタカーなどではポイントを使うことはできませんが、貯めることはできます。
おサイフケータイである「楽天Edy」で支払いをしても、ポンタポイントを貯めることができます。ポンタの提携店舗でなくても楽天Edyが使用できれば、ポンタポイントを貯めることができるのです。

ポンタポイントを上手に貯める方法

ポイントを上手に貯める方法をみていきます。どんなことでポイントを貯められるのかを知って、効率よくポイントを貯めましょう。

ローソンの店舗でお得に貯める

ローソンの店舗では、通常ポンタポイントは100円で1ポイント貯められます。さらにお得に貯める方法として、クレジット機能付きのローソンPontaカードを利用で100円ごとに2ポイント貯めることができお得です。
お得に貯められるカードは、ローソンPontaカードVisaおよび、JMBローソンPontaカードVisa、ローソンパスVisa、JMBローソンパスVisaの4種類。また、ポイントアップキャンペーン中の買い物でも、お得にポイントを貯めることもできます。

飛行機に乗って貯める

「Pontaコース」というJALの国際線・国内線に乗って、JALマイレージの代わりにポンタポイントを貯める方法があります。ポイントは、JALのフライトマイルで貯まるポイントの0.5%。普段あまり飛行機に乗らない人は、マイルを貯めるより、ポンタポイントを貯めるほうがおすすめです。
マイルを貯めてからポンタポイントに交換することもできます。その場合は、所持しているマイル数によって交換のポイントが変動します。10,000マイル以上あれば、1マイル1ポイントで交換することができ、お得です。
【参考URL:https://www.jal.co.jp/jmb/index07.html

リクルートカードを使って貯める

リクルートカードとはリクルートが提携しているクレジットカードです。リクルートカードはポイントの還元率が通常1.2%、リクルートのサービスを利用で1~3%と高還元率のカード。このカードでポイントを貯めて、ポンタポイントに交換してポンタカードに貯めるという方法もおすすめです。
リクルートカードの期間限定ポイントやサイト限定ポイントは、ポンタポイントに交換することはできません。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/pontaweb/about/point/#RECRUITE_POINT

ガソリンスタンドで貯める

ポンタと提携している昭和シェル石油では、ガソリンを入れてポンタカードを提示すると1リットルにつき1ポイントが貯まります。シェルポンタクレジットカードで支払えば、1カ月150リットルまでの給油対象に、1リットルにつき2ポイントも貯めることが可能となり、お得にポイントを貯めることができます。
【参考URL:http://www.showa-shell.co.jp/carlife/cardservice/ponta/index.html

ガスと電気料金の支払いで貯める

ガス料金と電気料金の支払いでも、ポンタポイントを貯めることができます。電気の自由化でいろいろな会社が電力会社として参入しました。
現在ポイントを貯めることができるガス、電力会社は、株式会社サイサンの「エネワン」「ガスワン」、関西電力のeハピネスポイント、西部ガス、テプコなどです。
【参考URL:https://point.recruit.co.jp/point/?tab=pointUseService

ポイントサイトで効率的に貯める

ポイントサイトで貯めたポイントをポンタポイントに交換する方法もあります。通常ポイントサイトの交換レートは、10ポイント1円なのに対して、モッピーは1ポイント=1円の高レートで交換することができ、おすすめです。

ゲームをプレイして貯める

ポンタプレイというサイトでゲームをすると、遊びながらポンタポイントを貯めることができます。1日に5ポンタポイント貯めることが可能。毎日遊べば、30日×5ポイント=150ポイントを1カ月で受け取ることができます。
毎日コツコツ行うことで、ポイントを稼ぐことが可能です。また、友達紹介やいろいろなウェブコンテンツでポイントを貯めることができるので、空いた時間に挑戦してみるのもおすすめです。
【参考URL:http://play.ponta.jp/index.htm?utm_source=pontaweb&utm_medium=pontawebtop&utm_campaign=redirect

ポンタポイントのお得な使い方

せっかく貯めたポンタポイントを無駄なく効率的に使用する方法を教えます。

Loppiでお試し引換券に交換する

ローソン店内に設置されたLoppiではポンタポイントを使って、お試し対象商品の引換券を発行することができます。このお試し引換券は、お菓子やドリンクなどさまざまな商品と交換することができ、非常にお得です。
毎週火曜日と金曜日に商品が更新されるので忘れずにチェックしましょう。ポイントを使って割引ができる商品や、数量限定先着順でポイントが付与されお得に購入できる商品とあります。
【参考URL:http://www.lawson.co.jp/ponta/tsukau/otameshi/aug/1338882_2589.html

リクルート系列のサービスで利用する

リクルートサービスでもポンタポイントは1ポイント1円で利用することができます。リクルートサービスとは、じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、ポンパレ、ポンパレモールなどです。
ホテルや旅館を格安で提供しているじゃらん、美容院やネイルサロンを予約できるホットペッパービューティーなどでポイントを利用できるので、特に女性は使いやすいのではないでしょうか。

特典やグッズと交換する

pontaのグッズやキッチン・生活用品・ファッション小物、アミューズメントパークの入場券との交換が可能であり、ポンタのポイントの使い道に困った場合はこの使い方もおすすめの一つです。
貯まったポイントに応じて交換できる商品は違うので、商品を交換するためにポイントを貯めるという使い方もできます。数量限定や期間限定品もあるので、ぜひチェックしてみてください。
【参考URL:https://spend.ponta.jp/

ポンタポイントのオススメの移行先

ポンタポイントを別のポイントに交換するという使い方もできます。どんなポイントに交換できるのか覚えておきましょう。

提携先が多いdポイント

dポイントとは、ドコモが運営しているポイントプログラム。ドコモを利用していなくても誰でも入会金・年会費無料でつくれます。
ポンタポイント1ポイントをdポイントの1ポイントに交換することができ、交換レートが高いので使い勝手もよいです。dポイントは使える店舗も多く便利なため、移行先としておすすめできます。

LINEギフトコードでスタンプをゲット

ポンタポイントはlineギフトコードとの相互交換が可能。スタンプなどをゲットすることができるため、LINEをよく使う人にはおすすめです。
交換は、LINEポイント300ポイントからPontaポイント270ポイント 、LINEポイント500ポイントからPontaポイント450ポイント 、LINEポイント1,000ポイントからPontaポイント900ポイントに交換できます。
もし、LINEポイント800ポイントをポンタポイントに交換したいときは、ポンタポイント270ポイントと450ポイントの二回に分けて交換しなければなりません。通常のポイント交換よりは、少し手間になるのがデメリットでしょう。

マイラーにはJALマイルとの交換がおすすめ

JALマイルを貯めている人の中には、JALマイルとの交換を前提にポンタポイントを貯めている人もいるようです。キャンペーンなどを利用して効率的に貯めることもできるため飛行機をよく利用する人にはおすすめとなります。
JALマイル3,000~9,000マイルを交換する場合は、1マイル0.5ポイント、10,000マイル以上だと1マイル1Pontaと変動します。
JMBローソンPontaカードを利用するとローソン利用限定ですが還元率が2%となり、お得にポイントをためることができます。

ポンタポイントを上手に使いこなそう

可愛いたぬきのキャラクターのPontaカード。さまざまな提携店舗やサービスでポイントを貯めることができる便利なポイントプログラムです。貯めることもはもちろんですが、利用できる場所やほかのポイントへ相互交換することもできるので、無駄なく効率的に利用することができます。
よく行く店舗やサービスでPontaカードが使えるなら、持っていて損はないでしょう。カードはローソンなどの店舗で簡単につくれます。さっそく、自分のライフスタイルを考えて、お得にポンタポイントを貯めて活用しましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事