デビットカードの作り方。お得なカードの便利な利用の仕方を覚えよう

デビットカードの作り方。お得なカードの便利な利用の仕方を覚えよう

カード 2018.12.20

デビットカードの作り方紹介

銀行のカードの種類には、クレジットカード以外にデビッドカードもあります。デビットカードの名前は知っていても、どのように作ればよいのか分からない人も多いと思います。デビットカードは、簡単に作ることが可能なので、詳しい内容を見ていきましょう。

デビットカードとは

銀行が発行しているカードには、クレジットカードとデビットカードなどがあります。クレジットカードは、発行手続きをして利用している人も多いと思います。それでは、デビットカードは具体的にどのようなことができるのでしょうか。

利用と同時に口座から引き落とされる

デビットカードの特徴は、決済したと同時に、銀行口座からお金が引き落とされるシステムということです。クレジットカードは、カード締め日の翌月に、利用分がまとめて引き落としされます。デビットカードを利用することで、ATMから現金を下ろす手間を省き、直接買い物した金額が口座残高から引かれるシステムです。
また、国際ブランドと連携したデビットカード(VISAデビットカードなど)や、ジェイデビットカードの2種類に分けられ、利用できる店舗や特典に違いがあります。海外でも使用するのであれば、国際ブランドと連携したデビットカード、申し込み不要でキャッシュカードをそのまま使うのであれば、ジェイデビットカードがおすすめです。

16歳以上なら誰でも作れる

デビットカードはクレジットカードと違い、「信用力の審査」がいりません。年齢も16歳以上であれば、誰でも作ることが可能です。審査がない分、20歳未満の学生や、定年を迎えたシニア層にも使えるカードとして人気があります。
日本国内では、クレジットカードのほうが主流ですが、海外ではカードデビューはデビットカードからという人が多いです。

デビットカードのよいところ

デビットカードを利用するメリットには、どのようなことがあるでしょうか。メリットをしっかり理解して、デビットカードの利用をはじめましょう。

お金を引き出す手間を省ける

デビットカードは、ATMでお金を引き出すことなく買い物ができます。また、お金を引き出すときにかかる手数料を節約することも可能です。
デビットカードは、現金の代わりに使用することができ、JCBデビットならJCBマークのお店で、VISAデビットならVISAマークのお店で使用することができます。

お金の管理が簡単に行える

デビットカードを利用することで、お金の管理も簡単におこなえます。利用料金が通帳に記載されるので、現金感覚で利用できます。また、支払い回数も1回払いのみの対応です。
家計簿アプリを利用することで、通帳に記帳しなくてもその場で管理できます。入力する手間がないので、簡単にお金の管理ができます。

使いすぎの心配がなくなる

デビットカード利用時に、即座に銀行口座から引き落としされるので、支払い能力を超えて使い過ぎることがありません。預金残高からの引き落としなので、預金残高を超えて支払うことができないからです。
利用限度額の設定もできるため、より安心して使用できます。うっかり予算を超えてしまう買い物を、減らすことに効果的です。

デビットカードの作り方の流れ

デビットカードは、どのように作るのでしょうか。デビットカードの作り方の流れをみていきましょう。

口座を開設する

デビットカードを申し込むためには、口座開設が必要です。口座にある預金額だけを利用できるカードなので、必ず口座が必要になります。現在日本国内では、JCBデビットやVISAデビットを扱う銀行が増えています。手持ちの口座開設銀行が、デビットカードに対応しているか確認してみましょう。
対応していた場合は、デビットカードの発行手続きのみになります。口座開設に必要なものは、免許証、パスポート、健康保険証などの身分証明書と印鑑です。しかし印鑑は、必要ない銀行も多いです。

デビットカードの申し込みをする

デビットカードを作りたい銀行を決めたら、口座開設と一緒にデビットカードを申し込みます。銀行のWEBサイトから申込が可能です。申込画面で氏名、生年月日、職業や住所などの基本情報を入力します。このときに、デビットカードの申し込みも同時におこないましょう。
顔つきの身分証明書が必要ですが、持っていない場合は郵送での手続きになります。また、未成年の場合もWEBで手続きができないことがあるので、郵送での手続きになります。郵送での手続きもWEB同様に、書類に必要事項を記入して、封筒に入れてポストに投函します。

カードを受け取る

カード会社によりますが、申し込みから最短3営業日程度で、カードを受け取ることが可能です。銀行からカード、もしくは口座開設完了の案内が送られてきます。口座開設申し込み時に、身分証明書を提出しない方法で手続きした場合、受け取りの際に身分証明書の提示が必要になります。
その際は、必ず口座開設者本人が受け取りします。しかし、申し込み時に身分証明書を提出していれば、誰でも受け取ることが可能です。

おすすめのデビットカード

デビットカードの申し込みをするのに、おすすめの銀行をご紹介します。還元率や手数料など、さまざまな面からお気に入りのデビットカードを見つけてください。

最高還元率の楽天銀行JCBデビッドカード

楽天銀行のJCBデビットカードは、年会費無料のポイント還元率が、デビットカードの中で最高クラスです。貯まったポイント(楽天スーパーポイント)は換金できませんが、楽天市場や楽天ポイントで支払いが可能な店舗で、利用することができます。
しかし、手数料の面ではデメリットがあります。GMOあおぞらネット銀行は、ATMの入金は何回でも無料、出勤は月2回まで無料です。セブン銀行に関しては、毎日7~19時まで何度でも手数料が無料です。一方、楽天銀行の場合は、残高が10万円以上であればATM手数料が月1回無料、50万円以上で2回無料です。手数料では、ほかの銀行よりも割高になります。

セブンイレブンで利用するとお得なセブン銀行のデビットカード

セブン銀行のデビットカードは、セブンイレブンをよく利用するなら、お得にポイントが還元されます。セブンイレブンの買い物で1.5%還元。そごうや西武百貨店、デニーズ、イトーヨーカドーなどでの利用で1.0%還元されてお得です。また、ATM手数料が7~19時まで無料なので、カードだけでなく現金派の人にもおすすめです。
カードのデザインも豊富で、ベーシックなデザインや、セブン&アイグループが協賛している作品で「森の戦士ボロノン」や、高級感のあるデザインなどが選べます。デメリットは、セブンイレブンでの買い物では1.5%還元ですが、それ以外の場所では0.5%還元なので、ほかのデビットカードよりやや見劣りします。

メガバンクの三菱UFJ visaデビット

三菱UFJ VISAデビットは、メガバンクの一つで安心感があります。年会費は1,080円ですが、初年度は無料で23歳以下も無料です。また、年間10万円以上の利用で、翌年の年会費が無料になります。年間10万円以上の利用と聞くと高く感じますが、月に8,400円以上の利用になるので、公共料金の支払いに利用すれば難なくクリアできます。
三菱UFJ VISAデビットカードを使って買い物することで、毎月自動的にキャッシュバックがおこなわれます。還元される金額が翌月、口座に入金されているので、面倒な手続きがいりません。キャッシュバック率は基本0.2%ですが、誕生月などさまざまな場面で、キャッシュバック率が高くなります。

ジャパンネット銀行visaデビットカード

ジャパンネット銀行VISAデビットカードは、審査不要、年会費無料、リアルタイムにお金を管理できます。ジャパン銀行では、キャッシュカードにVISAデビットが付いてきます。一つのカードで両方の機能が使えるので、とても便利です。
海外ATM出金手数料が無料で、利用時にはレートに加えて3.02%換算してくれます。また、キャッシュバックモールで買い物することで、キャッシュバックが1%になり大変お得です。カードと一緒に送られてくるトークンを利用して、ワンタイムパスワードを表示します。このパスワードが本人認証となり、不正使用の防止につながります。

デビットカードを作って支払いを便利にしよう

デビットカードは、ATMでの支払いの手間を省き、簡単に買い物をすることができます。クレジットカードと違い、預金口座に入金された金額のみしか使用できないので、無駄遣いの心配もいりません。
また、審査不要の場合が多く、年齢も16歳から作ることができるので、とても便利です。カードの作り方もWEBから簡単にできることがほとんどなので、ぜひデビットカードを作って楽に支払いをしてください。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事