「au walletカードの有効期限について」必要な手続きは?

「au walletカードの有効期限について」必要な手続きは?

カード 2018.12.18

au walletカードは有効期限がある

au walletカードを利用していると、有効期限について気になったことはありませんか?とくに、初めてau walletカードを利用した方は、有効期限が近づいてきたらどうしたらよいのか、必要な手続きがあるのかなどが気になっているようです。
au walletカードには有効期限があります。有効期限がいつなのか、期限が切れる前にどうしたらよいのかなど、au walletカードを無駄なく便利に利用するための知識を学びましょう。

au walletカードとは

au walletカードとはどのようなものなのか、まずは基礎知識から学びましょう。

クレジットカードのようにさまざまな場面で使えるカード

au walletカードとは、クレジットカードのように、インターネットやお店などで支払いができるカードのことです。店舗に限らず、ネットショッピングでも使用できます。
au walletカードで買い物をすると、「walletポイント」が貯まる仕組み。その貯まったwalletポイントは、次の買い物に使うことができます。

事前にチャージして利用するプリペイド式

au walletカードは、事前にチャージして利用します。プリペイドカードなので審査などはありません。しかし、auの携帯電話や光インターネットを利用している、auユーザー向けの決済サービスなので、それらを利用していなければ、申し込みすることはできません。
また利用できるのは、事前にチャージした金額の範囲内です。MasterCardが使えるお店であれば、クレジットカードのように決済することができます。

au walletカードの有効期限

気になるau walletカードの有効期限について、知っておきましょう。

au walletカードの有効期限は発行から5年

有効期限は、au walletカードの表面に、「月‐年」の順番で記されているので確認してみましょう。クレジットカードの利用に慣れている方ならわかると思いますが、有効期限が過ぎてしまうと、カードが使用できなくなります。
ちなみにau walletカードはクレジットカードではありませんが、その仕組みは同じです。au WALLETカードの有効期限は60カ月(5年)です。有効期限を意識しながら、カードを利用しましょう。

有効期限の前に更新の案内がくる

有効期限が過ぎないように自分でチェックするだけでは、忘れてしまいそうで心配になります。しかし、au walletカードは、有効期限がくる前にカード更新の案内が届くので、有効期限を気にしすぎなくても大丈夫です。
有効期限であるカード発行から5年が経つ前に、auから更新案内のメールが届きます。有効期限が切れる1~2カ月前くらいにメールが届くことが多いです。更新手数料は無料なので、案内が届いたら更新しましょう。

au walletカードの更新について

au walletカードを更新するためにはどうしたらよいかなど、カードの更新について学んでいきましょう。

更新手数料はかからない

au walletカードの有効期限がくる前に、カードを更新しましょう。有効期限切れのカードは利用することができないからです。
カード表面に記されている「月-年」の有効期限が近付いてきたら、auから更新案内が届きます。その更新案内が届いたら、速やかに手続きをしましょう。更新費用は無料なので、安心して手続きができます。ちなみに、au walletカードは年会費もかかりません。

更新の手続きをしたら新しいカードが届く

有効期限が近付いてきたら、auからカード更新のメールが届きます。メールを受信したら、その内容に従って更新の手続きをすれば、新しいカードが届くという仕組みです。
新しい有効期限のau walletカードは、無償で届くので安心してください。更新手数料やそのほかの手数料は、一切かかりません。

チャージされた残高は新しいカードに引き継がれる

チャージされている残高は、新しいカードに引き継がれます。つまり、au walletカードの有効期限が切れても、残高はなくならないので安心です。
新しいカードに更新することで、残高は新しいカードに移行されて表示されます。そのため、カードの有効期限が近付いてきたからといって、残高を焦って使う必要はありません。カードを更新し、新しいカードが手元に届くのを待つだけでよいのです。

walletポイントの有効期限

walletカードの有効期限だけでなく、付与されるwalletポイントにも有効期限があります。walletポイントの有効期限についても、確認しておきましょう。

walletポイントの有効期限は4年間

walletポイントの有効期限は、付与されてから4年間です。例外として、キャンペーンなどで貯まったポイントの場合は、4年よりも有効期限が短い可能性があるので注意しましょう。
貯まったwalletポイントは、1ポイント1円で利用可能。また、auポイントと併用して利用することもできます。有効期限が切れてしまうと、せっかく貯まったwalletポイントが無駄になってしまうので、その前にwalletポイントの利用を考えましょう。

au IDやMy auから有効期限を確認できる

ポイントが貯まっていても、有効期限が来るとなくなってしまいます。ポイントが失効してしまう前に、au walletカードへのチャージや、その他の交換サービスの利用を考えましょう。「au ID」や「My au」にアクセスすることで、有効期限やポイント残高を確認できます。
「au ID」にアクセスする場合は、メニューのポイントから、「ポイント情報」の「ポイント有効期限」を選択することで、ポイントの失効月の確認が可能です。「My au」にアクセスする場合は、右上にある「保有ポイント」を選択して、ポイント紹介の画面にすることで、ポイント有効期限が表示されます。「もっと見る」を選択すると、すべてのポイントの有効期限の確認が可能です。

au walletカードは有効期限がきたら新しいカードに更新しよう

au walletカードには有効期限があります。カードの表面に有効期限が記されていますが、その有効期限前にauから更新の案内が届くので、auからの案内を見逃さないようにしましょう。
そして、auから更新の案内が届いたら、なるべく早く更新手続きをして、新しいカードが届くのを待ちます。有効期限が切れたカードは利用できないので、更新手続きを忘れないようにしてください。
残高やwalletポイントは、新しいカードに移行されるので安心。しかし、walletポイントには有効期限があるので、期限が切れてwalletポイントが失効してしまう前に利用を考えましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事