ICOCAポイントが一新して便利に!貯め方とPiTaPaとの比較

ICOCAポイントが一新して便利に!貯め方とPiTaPaとの比較

カード 2018.12.17

ICOCAのポイントサービスが便利に変わる

節約のためにカードのポイントサービスを利用している人は多いのではないでしょうか。いろいろなカードのポイントサービスがありますが、ICOCAのポイントサービスはどの点で得といえるのでしょうか?
ICOCAのポイントサービスは、一新されて便利に変わるといわれています。実は、旧ICOCAポイントは貯めにくかったという意見もありました。しかし、新しいICOCAのポイントサービスは便利に変わります。いったいどのように変わるのか、旧ICOCAポイントと比較しながら、新しいICOCAポイントサービスの便利さについて確認していきましょう。

旧ICOCAポイントは貯めにくかった

ICOCAカードは便利に利用できると評判ですが、旧ICOCAポイントは貯めにくかったという意見があります。旧ICOCAカードの具体的な内容をみてみましょう。

ICOCAカードではポイントなし

ICOCAカードは、ICマークのある鉄道(JR)やバス、コンビニなどで使えます。使えるコンビニは、ローソンやセブンイレブンなど、他にも多数。コンビニ以外では、イオン、イトーヨーカドー、ガスト、すき家、ビックカメラなど、身近にあるさまざまな施設で使える便利なカードです。
鉄道やバスで利用する場合は、切符を買わなくてもカードをタッチするだけで自動精算。改札がスムーズになり、小銭を用意する必要もないので、忙しい通勤や通学のときにも便利。ポイントは一切つきません。

ポイントを貯めるにはSMART ICOCA

ICOCAは現金チャージでしたが、SMART ICOCAは現金がなくてもチャージができ、「J-WESTポイント」が貯まるJR西日本のICカードです。持っているクレジットカードを決済用のカードとして登録します。
みどりの窓口、券売機での切符購入、クレジットでの買い物、クイックチャージの場合は、1,000円につき5ポイントが貯まります。電車の利用や加盟店での利用(ヤマト運輸・イトーヨーカドー・Ario・Loft)の場合は、J-WESTポイントが200円につき1ポイント貯まる仕組みです。電子マネー利用でのポイント付与は、加盟店で利用した翌月の上旬になります。

クレジットの種類でチャージの還元率に差

クレジットカードの種類によって、チャージの還元率は0~2%くらい差があります。還元率が高いものは、ポイント交換に高額な利用が必要になるので、高還元率のものを選んでおけばよいということでもありません。
例えば、リーダーズカードやREXカードは他のカードと比べて高還元率ですが、リーダーズカードはポイント交換に63万8,000円の利用が必要。REXカードは、ポイント交換に20万円の利用が必要です。高還元率はメリットですが、別の面でデメリットがあることも知っておきましょう。

定期券だとSMART ICOCAに使用制限

定期券だとSMART ICOCAに使用制限があるので注意しましょう。例えば、一部を除く他の鉄道会社との連絡定期券、新幹線定期券、ICOCAエリア外発着・経由の定期券などはSMART ICOCAが使えません。
クイックチャージやポイントチャージは、JR西日本のICOCAの利用可能エリア内のみで使えます。申し込みの前に、これらの注意点をよく確認しておきましょう。

新しいICOCAでのポイントの貯め方

新しいICOCAでのポイントはどのように貯まるのでしょうか?

利用回数が増えると運賃の10%ポイント還元

利用回数が増えると運賃の10%ポイント還元されます。同一区間を11回以上利用した場合、11回目以降でポイントが付き始めるのです。対象区間は、JR西日本のICOCAエリア内の駅相互間に限ります。
11回目以降は、利用1回ごとに、その区間の運賃の10%のポイントが付与。つまり、同じ区間での利用回数が多いほどポイントがどんどん貯まります。このポイント還元は、大人のICOCAカードもこどもICOCAカードも共通です。

指定時間で最大50%のポイント還元

JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線の一部区間を対象に、平日の10時~17時、土日・年末年始の終日の時間指定で最大50%のポイント還元もあります。時間指定のポイント還元に関しては、大人用のカードのみ対象です。
時間帯指定のポイント適用区間ごとの利用回数が4回以上の場合、4回目以降の利用1回ごとに、その区間の運賃の30%か50%のポイントが付与されます。ポイント還元率は、区間によって異なるので、利用区間のポイント還元率を事前に確認しておきましょう。

電子マネーでお買い物

一部のICOCA加盟店で電子マネーでお買い物をした場合にも、ポイントが貯まります。ICOCA加盟店には、駅ナカ自販機curicoは確定しており、今後順次拡大予定です。
ICOCAポイント加盟店が、どんな基準でポイントを付与するかはまだ不明。例えば、200円につき1ポイントになるのではないか、などの予測はできます。

ICOCAポイントが貯まらない条件

ポイント付与の対象外になるケースもあるので注意しましょう。ICOCAポイントが貯まらない条件は、自動券売機の利用、ICOCAエリア外からの利用、のりこし精算機で他の切符と併用など。その他、ICOCAの定期券区間内の利用、新幹線での利用、チャージ、ICOCA・ICOCA定期券の購入も、ポイントが貯まらないので注意しましょう。

ICOCAとPiTaPaは使い勝手が違う

PiTaPaも便利なカードとして人気がありますが、使い勝手の違いはどのような点なのでしょうか?

PiTaPaとはチャージ不要のカード

PiTaPaは、バスやショッピング、グルメなどの支払いに利用できる多機能なIC決済サービス。ショッピングは、コンビニや駅売店、百貨店、大型商業施設、スーパー、グルメ・専門店、レジャー施設など、さまざまなお店で利用できます。
乗車時やショッピングの支払いの際には、ピタっとタッチするだけで便利です。基本的に後払いなのでチャージはいりません。ただし、利用できる地域や区間の指定があるので注意が必要です。

PiTaPaも電車利用で最大50%割引

2018年10月1日開始のPiTaPaポストペイサービスなら、これまで対応していなかった関西圏のJRでも利用できます。また、JR西日本のPiTaPa割引サービスもお得です。
時間指定割引は、JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線の一部区間を対象に、平日の10時~17時の間に入場または出場した場合の利用と土休日・年末年始の終日の時間帯指定の割引で30~50%割引。利用回数の割引は、対象エリアはJR西日本ポストペイエリアの駅相互間で、同一区間を11回以上利用した場合、11回目以降は利用1回ごとに、その区間の運賃の10%の割引等があります。

使える店舗の多さならICOCA

ICOCAもPiTaPaも便利に使えるカードですが、使える店舗の多さで選ぶならICOCA。ICOCAが使えるのは45万店舗以上、PiTaPaは26,000店舗です。また、どちらもコンビニで利用できますが、PiTaPaはセブンイレブンやミニストップで使えません。(ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスでは使えます。)
PiTaPaも、ショッピング加盟店が増えているので、今後は対応できるお店が増えることが予想されますが、ICOCAの加盟店45万店舗以上に追いつくのは難しいでしょう。

新サービス開始でJ-WESTポイント終了

新サービス開始でJ-WESTポイント終了します。では、貯まっているポイントはどうしたらよいのでしょうか?

ポイントが貯まるのは2018年9月30日まで

2018年10月1日から新しいICOCAポイントサービスが始まるので、2018年9月30日にポイントが貯まるサービスが終了します。ただし、2018年10月1日以降もポイントの利用は可能です。
ICOCAポイントが貯まったら、1ポイント1円で換算でき、利用付きの翌月6日以降にチャージして、電車の乗車やショッピングに利用できます。

貯まっているポイントは使い切ろう

貯まっているポイントがあれば、使い切りましょう。J-WESTポイントは、SMART ICOCAへのチャージなど、JR西日本ならではの商品や、JR西日本グループ会社の商品券にも交換可能です。
1000ポイントからはSMART ICOCAにチャージできます。1000ポイント以下を使うためには、Club J-WESTで商品と交換するとよいでしょう。

ICOCAポイントは通勤・買い物で活躍

ICOCAポイントを持っていると、通勤や買い物で活躍します。通勤・通学等でほぼ毎日電車を利用する方は、切符を買わなくてもICOCAがあれば改札がスムーズになって便利。さらに、ポイントが貯まってお得です。
買い物でも活躍。コンビニや商業施設など、身近な施設で利用できるところもメリット。ICOCA加盟店は45万点以上あるので、普段利用している施設でも利用できる可能性があります。ICOCAポイントサービスが一新され、ますます便利になるので、この機会に利用を検討してみましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事