Tポイントカードの発行の仕方|簡単に作れてポイントが貯まる

September, 06, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

Tポイントカードを発行して使ってみたい

2018年7月末時点で、直近1年間にTポイントを使ったことのあるTカード会員数は、6,744万人に上ります。TカードといえばTSUTAYAがおなじみですが、これほどまでにTカードの会員数が増えた理由は、提携店の多さと、それら店舗でもカードが発行できることによります。
発行されているTカードは種類も多く、ライフスタイルや利用頻度にあわせた適切なカードを選ぶことで、よりポイントが貯まりやすかったり、ポイントを利用するシーンも増えたりすることでしょう。この記事では、Tポイントカードの発行から利用方法、そして解約の場合の手順などについてまとめました。自分にあった1枚を見つけるための参考にしてみてください。

Tポイントカードとは

Tポイントカードの種類や発行方法について、概要を見てみましょう。

元々はTSUTAYAのレンタル会員証

Tポイントカードは、Tポイントの提携先での利用金額に応じて、Tポイントが貯められるポイントカードです。また、提携先では1ポイント=1円分として、買い物やインターネットショッピングなどに利用できます。
もともとは、TSUTAYAのレンタル会員証であり、提携先の店舗で会員証を提示すると、TSUTAYAで利用できるTポイントがもらえるサービスとしてスタートしました。提携先によっても異なりますが、ほとんどの場合で100円もしくは、200円の支払いにつき1ポイントもらえます。
ちなみに、Tポイントカードの「T」は、TSUTAYAの頭文字ではありません。Tポイントサービスを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ社長の増田宗昭氏は、テレビ番組の中で「Tのデザインがキレイなので、直感で決めた」と説明しています。

機能別カードの種類は4つ

Tカードは、機能別に4種類に分類できます。まずは、クレジット機能なしのTカード。こちらは、青地に黄色いTの形が券面いっぱいにデザインされた、おなじみのデザインをはじめとして135種類あり、TSUTAYA、ファミリーマート、オートバックス、大阪王将のほか、各地の図書館などさまざまな店舗・施設から発行されています。
クレジット機能付きは、クレジット決済でTポイントが貯まるカードです。アプラス、三井住友カード、TSUTAYA、ファミリーマート、Yahoo!等が発行する全38種類で、Visa、JCB、Mastercardの各国際ブランドに対応しています。
その他の決済・金融機能付きのカードには、スルガ銀行、ジャパンネット銀行が発行するデビット機能付きカード、ソフトバンク・ペイメント・サービスが発行するプリペイド式のカード、そしてスルガ銀行のローンカードがあります。
もうひとつ、キャラクターカードという種類は、アニメの人気キャラクターやミュージシャン、芸能人などが券面に印刷されており、主にTSUTAYAなどから53種類のカードが発行されています。

発行方法は2つ

Tカードは、提携先の店舗かインターネットで発行します。提携先店舗での発行は、店舗の窓口でTカードが欲しい旨を伝えるだけです。なお、TSUTAYA以外の店舗で発行したTカードの場合は、TSUTAYAで手続きをすることで、DVDやCDなどのレンタルに使えるようになります。また、一部のTカードはWEBでの登録をしないと、貯めたポイントが利用できないので注意が必要です。
一方、インターネットで発行できるカードは、クレジット機能やデビット機能が付帯したカードや、キャラクターカードがメインとなります。また、インターネットからの申し込み限定で、ポイントが付与されるキャンペーンが実施されている場合もあります。

カードの種類は多数

発行が終了した分も含めて、現時点でカードは278種類あります。たとえば、人気キャラクターやドラマの主人公、アイドル、歌手、車など、多種多様なデザインがそろっています。
限定デザインのTカードは、数量限定だったり発行期間が決まっていたりするため、お気に入りの限定デザインが発行された場合は、早めに申し込みましょう。

店頭で Tポイントカードを発行する方法

提携先店舗でのTポイントカード発行はとても簡単です。

店頭で発行できるカードを検索

まずは、店頭で発行できるカードを検索します。2018年8月時点で、該当するカードは145件あり、券面のデザインと発行店舗を確認しながら選べます。
クレジット機能付き、デビット機能付きなどの情報もアイコンで整理されているので、選ぶときの参考にしてください。
【参考リンク:http://tsite.jp/r/guide/web/index4.html#tcshop

店頭でカードを受け取る

好みのカードが見つかったら、Tカードを発行している提携先に行ってTカードを受け取ります。TSUTAYAでレンタル機能付きのカードを発行してもらう場合は、本人確認書類が必要なので、運転免許証、健康保険証、パスポート、学生証などを用意しましょう。なおTSUTAYAでは、レンタル機能なしのカードも発行できます。
また、ファミリーマートなどでは、店員さんに「Tポイントカードをください」と申し出なくても、レジ脇のスペースに、クレジット機能なしのTポイントカードを陳列している場合があります。こちらは自由に持って行っても問題ありませんので、そのまま会計の際に提示すれば、そのときからTポイントを貯められます。

インターネットでTポイントカードを発行する方法

インターネットでの申し込みなら、店舗に行かなくてもカードを発行できます。

ネットで発行できるカードを検索

まずはネットで、発行できるカードを検索します。2018年8月時点で、該当するカードは86件と、店頭受取のカードよりは少なめです。
種類としては、クレジット・プリペイド・ローンの各金融機能付きと、キャラクターカードがほとんどです。
【参考リンク:http://tsite.jp/r/guide/web/index4.html#tcnet

Web にて申し込みをする

好みのカードが決まったら、券面の画像下にある「Web発行はこちら」のリンクをクリックします。すると、それぞれのカード発行元のサイトに移動します。画面の説明に沿って必要な情報を登録し、カードの発行を進めます。
なかには、発行手数料やサービスの登録料が必要になるものもあるので、カードの発行元サイトでよく確認してから申し込みましょう。

発行した T ポイントカードは TSUTAYA でも利用可能

TSUTAYA以外の店舗で発行したTカードは、TSUTAYAに行って手続きをすれば、DVDやCDなどのレンタルサービスも利用可能になります。例えば、ファミリーマートで発行されたファミマTカードでも、TSUTAYA店舗で所定の手続きさえすれば、レンタルができるようになります。
レンタル利用登録で必要なことは、本人確認書類の提示、入会申込書への記入、そしてTSUTAYA所定のレンタル利用登録料・年会費等の支払いです。なお、TSUTAYA以外で発行されたカードであっても、クレジット等の決済機能が付いているTカードの場合は、レンタル利用登録料・年会費等は無料で、本人確認書類の提示や入会申込書の記入も不要です。

Tポイントの貯め方

Tポイントは、お店での支払いやネットショッピングで貯められます。

お店の支払いでポイントを貯める

店頭に、Tポイントマークが掲示されている提携店での支払いの際に、Tカードを提示するとTポイントが貯まります。提携している店舗の種類も、エンターテインメント・趣味・スポーツ・ショッピング・グルメ・ファッションなど幅広く、いつもの買い物の際にどんどんポイントが貯まります。
現金での支払いはもちろん、レストランではグルメカードの利用などでも貯まります。なお、タバコ、切手、ハガキ、印紙、公共料金の支払いや、金券、プリペイドカードの購入は、対象外となる場合があるので注意が必要です。

ネットやクレジット決済で貯める

Tポイントは、Yahoo!ショッピング、Expedia(エクスペディア)、LOHACO(ロハコ)などのインターネットショッピングで貯まるほか、オンラインのゲームで遊ぶことでも貯められます。ゲームは、パズルやもぐらたたきなどの簡単なものが多く、暇つぶしの時間などに無料で遊べてポイントが貯まります。
また、クレジットカードの利用で、ポイント還元率が高くなることも。ファミマTカードは、200円の利用で1ポイントもらえますが、ファミリマート利用時にカード提示で0.5%、クレジット決済で0.5%のポイントが付与されます。しかも、毎週火曜日と土曜日は「カードの日」で、ファミマTカード会員なら、Tポイントが5倍貯まります。
また、TSUTAYAが発行する「Tカードプラス」の場合、TSUTAYAでのレンタル利用時にカード払いをするとポイントが4倍。さらに、TSUTAYAの利用実績に応じてランクが決定され、月に3日以上の利用で5倍、月に5日以上なら6倍にもなります。

Tポイントの使い方について

貯まったTポイントは、店頭やインターネットでの買い物の際の支払いや、商品交換に利用できます。

カードによっては登録が必要

Tポイントカードの裏面に「ご登録ください!」と書かれた黄色いシールが貼られていることがあります。その場合は、貯まったTポイントの利用や、Tマネーをチャージするためには、住所等の個人情報登録を行う必要があります。
個人情報の登録は、Yahoo! JAPANのサイトで行うので、Yahoo! JAPAN IDが必要です。

お店の支払いにポイントを利用する

ファミリーマートをはじめとする提携先店舗では、支払の際にTポイントが利用できます。たいていの提携先で、1ポイント=1円の交換レートを設定しており、10円単位や1円単位の端数だけポイントで払うという使い方もできるので、小銭が増えずに済みます。
ファミリーマートでは、もちろん24時間Tポイントを利用した支払いができますが、商品やサービスによっては、Tポイントで支払えない場合もあります。使い方は簡単で、会計の際に「Tポイントを使います」と伝えるだけです。

インターネットの決済時にポイントを利用する

インターネットショッピングの際に、ポイントを利用して購入金額の一部または、全部にあてられます。おおむね1ポイント=1円の交換レートで、例えばYahoo!ショッピングなどもその一例です。
なお、Tポイントには利用上限があり、1カ月(1日~末日)で10万ポイントまでとなっています。

ポイントを商品と交換する

貯めたTポイントを、プレミアムグッズや生活用品と交換もできます。商品ラインナップも豊富で、グルメや家電、生活雑貨、文房具、インテリア、収納、寝具、キッチン、ファッション、ガーデニング、ペット用品、商品券、カタログギフトなどのカテゴリーから選択できます。
賞品との交換方法には、「抽選/先着」と「もれなく交換」があり、抽選は少ないポイント利用で豪華賞品が当たる可能性があり、先着は早い者勝ちです。もれなく交換は、利用するポイントは高めですが、選んだ商品が必ずもらえます。

Tポイントカードの一時停止と解約方法

Tポイントカードの一時停止と解約方法を知っておくことで、万一の場合に不正利用を防いだり、被害を最小限にしたりできます。

Tポイントカードの停止方法

Tポイントカードを紛失してしまったり、盗難に遭ったりしたことに気づいた場合は、すみやかにTカードの停止手続きを行いましょう。停止手続きを行うと、Tポイント・Tマネー・TSUTAYAレンタルなどの利用をとめられます。
Webからの手続きは24時間可能で、認証にはTポイントカードに登録している電話が必要となるので、あらかじめ用意しておきます。まずは、「Tカード番号検索」画面で、氏名・生年月日・性別・郵便番号・電話番号と、画面に表示されている文字認証の数字を入力し、「確認する」のボタンを押します。
「Tカード番号選択」画面が表示されるので、紛失したTカード番号にチェックを入れ、「次へ」を押します。そして、「ご本人様確認」画面に表示される電話番号に電話をかけると、Tカード停止認証ダイヤルにつながるので、音声ガイダンスに沿って確認後「停止する」のボタンを押します。

クレジット機能付きカードの解約方法

クレジット機能・デビット機能・プリペイド機能・カードローン付きのカードを解約する場合は、カードの名義人本人から、カード裏面に記載されているカード会社の連絡先へ、直接連絡します。
解約すると、TSUTAYA各店舗でのCD・DVDレンタルや、保有するTポイントの利用もできなくなります。また、同じTカード番号のカードの再発行はできません。

Tポイントカードは種類が豊富で簡単に作れるカード?

Tポイントカードは、提携先店舗やインターネットでの利用シーンが多く、作り方もとても簡単です。券面のデザインも豊富で、オリジナリティーのあるカードは個性を際立たせます。ぜひ自分にあった1枚を見つけ、お得に賢くポイントを貯めて、毎日の買い物を楽しみましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪