Vプリカが使えないときの対策。そのメリットと注意点を確認しよう

September, 05, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

ネットでの支払いが便利なVプリカ

Vプリカは、インターネット上での支払いに利用するのに大変便利なカードです。しかしメリットだけではなく、デメリットもあります。利用する上での注意点について詳細を確認しましょう。

Vプリカとは

そもそも、Vプリカとはどのような機能を持っているプリペイドカードなのでしょうか。Vプリカの基礎について見ていきましょう。

インターネット上のVISA加盟店で使えるプリペイドカード

インターネットで利用できるVISA専用プリペイドカードがVプリカです。インターネット上の各サイトがVISA加盟店に登録していれば、クレジットカードのように世界中のサイトで使用できます。ただし、公共料金など月額単位での支払いなどには利用できない場合がありますので注意してください。
また、Vプリカは18歳以上で国内在住であれば、審査なしで登録申込みが簡単にでき、アカウントも即座に発行されるので、使いたいときに直ぐに使えるようになるカードです。

Vプリカはプリペイドカードなので前払い式

プリペイドカードであるVプリカは、「前払い方式」を採用しているので、「後払い方式」であるクレジットカード、iDなどとは違うシステムになります。Vプリカは「ライフカード」が提供しているサービスで、アカウント発行、カード購入、カードに金額をチャージすることで、クレジットカードと同じように使用できます。
また、使用できる額面はカードにチャージした範囲内のみとなりますので、使いすぎの防止にもなります。

Vプリカのメリット

Vプリカを利用するにあたり、どのようなメリットがあるのでしょうか。メリットについて掘り下げていきます。

クレジットカードと同様の使い方ができる

「仮想カード」システム(実際にカードは発行されない)となっているVプリカでは、「カードが読み取れない」、「カードの紛失」などのクレジットカードにあるトラブルで慌てたりするようなことはありません。当然、発行元へ緊急連絡などをすることもありません。Vプリカはインターネット限定で利用できるカードですが、VISAマークのあるオンライン加盟店で、クレジットカード同様に使用できます。
Android OS搭載のスマートフォン、タブレットを使用している人なら利用したことがあると思いますが、「Google Play」のサイトでも利用できますので、有料アプリケーションの購入、アプリケーション内の課金にも利用することができます。

審査が不要なので手軽に作れる

クレジットカードを申し込むときは、事前に「返済能力があるか」などの審査をされます。審査をされるのはクレジットカードが後払い方式のため必要となります。Vプリカは、事前チャージ(プリペイド、前払い)方式であるため、審査をする必要がありません。
また、プリペイドカードであるVプリカは、本人確認のための書類や、銀行口座などの個人情報の提出も不要で手軽に作成できるのも魅力です。

個人情報のリスクが低い

Vプリカのカード(仮想カード)に明記される名前はニックネームを登録することができます。また、カード番号についても即座に再発行することが可能となっているため、個人を特定することは難しくなっています。
支払いで使用した場合でも、利用店舗に渡っている情報はカード番号および登録したニックネームだけですので、個人情報を利用店舗に知られることはありません。また、購入した物の明細を他人に知られることもないため、Vプリカはクレジットカードと違い秘匿性高いため、個人情報などの漏えいのリスクが非常に低いといえます。

簡単にアカウントが作れる

Vプリカを購入するためには、アカウントの発行が必須となります。まずインターネットでアカウントの作成を申込み、アカウント発行された後、Vプリカ専用サイトより購入することができます。Vプリカを購入してからチャージすることで、クレジットカードのように使用できるようになります。
アカウントの作成は、インターネットにて簡単に申し込むことができ、直ぐに発行してもらえます。ただし、アカウントの発行(申込み)には、メールアドレスと作成者の個人情報(生年月日や電話番号など)の入力が必要になるため注意してください。クレジットカードよりも簡単に24時間、いつでも無料で作成できます。

Vプリカが使えないサイト

世界のどのインターネットサイトでも、VISA加盟店であればクレジットカードと同じように利用できるVプリカですが、一部例外があり利用できないサイトがあるようです。どのようなサイトで利用できないのか知っておきましょう。

VISAオンライン加盟店以外のサイト

VISA発行のプリペイドカードであるVプリカ。インターネットサイトのVISA加盟店ならばどこでも利用できます。クレジットカードと違い、インターネットサイトでのみ利用可能な仮想カードとなっています。
インターネットサイトが対象となっていますので、国内、海外を問うことなく、VISAカードが利用可能なサイトでVプリカを使用して支払ができます。ただし、VISAオンライン加盟店以外のサイトでは利用できませんので注意してください。

Vプリカに対応していないVISA加盟店もある

Vプリカが利用できないのは、VISAオンライン加盟店以外のサイトとなっていますが、サイトの中にはVISAオンライン加盟店でも利用できないことがありますので注意してください。各インターネットサイトにて、「サイトそのもの」、「条件によって」など、利用できない理由もさまざまにあるようです。利用できない加盟店についてはVプリカのホームページより確認ができます。
また、Vプリカを利用できないVISAオンライン加盟店でも、別の支払い方法を経由することで、Vプリカを実質利用できることもあるようです。

後日カードの提示が求められる可能性があるお店

クレジットカードと同じように使用できるVプリカですが、クレジットカード払いを利用した後日にカード提示が必要となる可能性がある商品やサービスの購入には、VISA加盟店でも利用できませんので注意してください。
カード提示が求められる可能性がある商品、サービスは、以下のような支払いにクレジットカードを利用した場合となります。
・航空券、JR、フェリーや高速バスなどの交通系チケットの予約
・月額性サービスの利用料、継続契約の月額料金
・映画、コンサートなどの娯楽系チケットの予約
・ホテルの予約

月額料金など継続的な契約の支払い

クレジットカード払いをすることで、利用者の身分証明変わりにも利用している、月額性サービスの利用料、継続契約の月額料金の支払いにVプリカを利用することはできませんので注意してください。
ちなみに月額性サービスの利用料、継続契約の月額料金とは、以下のような支払いが対象となります。

  • 公共料金
  • 電話料金
  • 衛星放送、CATV視聴料
  • インターネットプロバイダー利用料
  • 新聞購読料
  • 各種保険料
  • 各種定額サービス
  • 通信教育費
  • 各種月会費

Vプリカは事前に使えるかどうか確認しておこう

大変便利で使いやすいVプリカですが、すべてのVISAオンライン加盟店で利用できるわけではないようです。クレジットカードでは利用できても、Vプリカでは利用できないなどのデメリットも存在します。利用する前には、かならず利用したい店舗にてVプリカが利用できるのか、確認するようにしましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪