「dカードの使い方とは」dカードを使って貯めたポイントの利用方法

「dカードの使い方とは」dカードを使って貯めたポイントの利用方法

カード 2018.08.28

ドコモが発行するお得なdカードの使い方

お金を持ち歩かなくても対応店舗であれば、決済ができるクレジットカード。現在さまざまな企業がクレジットカードを発行しています。ANAやJALのマイルがたまるクレジットカードや、楽天銀行のクレジットカードのようにキャッシュカードとクレジットカードを一枚で利用できるものもあります。
そんなクレジットカードの中で今回注目するのは、ドコモが発行するdカード。大手携帯電話会社であるドコモが発行するdカードは使うたびにdポイントがたまり、ポイントで買い物もできる便利でお得なカードです。

ドコモユーザー以外でも作ることができるdカード

dカードは、ドコモのユーザーではなくても発行及び利用が可能なクレジットカードです。また、電子マネーとしての機能も搭載している便利なカードです。
ドコモのポイントサービスであるdポイントが使うたびにたまり、たまったポイントは提携店で基本的に1ポイント1円として利用できます。ドコモの携帯電話を使っている人はdカードを使って支払うことによってポイントが貯まります。

dカードの使い方

ドコモユーザーではなくてもお得に使えるdカード。どのような使い方ができるのでしょうか。

ローソンでのdカードの使い方

日本各地にあるコンビニチェーンのローソン。dカードを持っているとお得に買い物ができます。お会計のときにdカードを提示するだけでdポイントがお会計金額の1%が貯まります。
さらに、dカードでカード決済を行うことによって、会計金額の1%がdポイントとして貯まり、合計2%のdポイントが貯まります。次回以降の買い物時などに1ポイント1円として使えます。

マクドナルドでのdカードの使い方

大手ファストフード店のマクドナルドでも、dカードを使って食事をするとお得になります。ローソン同様に会計時にdカードを提示するだけで、会計金額の1%のdポイントが貯まります。さらにdカードで決済することによって会計金額の1%のdポイントが貯まるので、会計時にdカードを使うだけで合計2%のdポイントが貯まります。
dポイントは次回の会計時から1ポイント1円として使えます。

dカードの電子マネーの使い方

dカードにはクレジットカードとしての機能だけではなく、電子マネーとして決済できるiDの機能を搭載しています。会計時に専用の端末にかざすだけで決済ができ、大変便利です。
通常、電子マネーでは必要なチャージもdカードでは必要ありません。電子マネーで使った金額は、dカードのクレジットで使った金額と合算されて請求されます。後日まとまって請求がくるので、使い過ぎには注意しましょう。

dカード家族カードの使い方

家族みんなでdカードを使う場合は、家族カードがおすすめです。家族みんなで使うことができ、ポイントも貯まり、お得に。
また、利用額の支払いは一つの口座からの支払いになるので、管理も簡単にできます。家族で使う場合は家族カードを検討しましょう。

dカードのクーポンの使い方

dカードの特典の一つが、提携店舗で使えるクーポンの配布です。ローソンやマクドナルドをはじめ、さまざまなお店を、お得に利用できるクーポンがもらえます。
配布されるクーポンは日々更新されています。クーポンの配布はdポイントクラブのアプリ内で行われており、クーポンを提示するだけで使えます。

Loppiでのdカードの使い方

ローソンではdポイントを「お試し引換券」に交換してお得に買い物ができます。
店内にあるLoppiやローソンアプリを使って、ポイントと対象商品を交換できます。現金で購入するよりも低いポイントで交換できるので、お得にdポイントを消費できます。交換できる対象商品は毎週異なり、数に限りがあるので注意が必要です。詳しくはローソンの公式サイトを確認してください。

dカードゴールドの使い方

dカードのワンランク上の「dカードゴールド」は、よりお得に便利に使えるカードです。基本的なところは通常のdカードと変わりませんが、通常のdカードにはない特典も利用できます。
dカードゴールドを利用している会員は全国各地にある、主要な空港のラウンジを無料で利用できる特典が付いています。さらに海外・国内を問わず、旅行の際に保険が付きます。旅行中の事故による治療や後遺症障害がある場合は程度によって保険料が支払われます。万が一死亡した場合は1億円が遺族のもとに支払われます。また、旅行中に相手をケガさせたり他人の物を壊してしまったときの補償や旅行期間中に持ち物の盗難や火災、損壊で被害に遭った場合も補償してくれます。
また、ドコモユーザーはdカードゴールドを使うと、携帯をお得に使えます。毎月の携帯利用料金の10%がdポイントで還元され、毎月携帯代として1万円支払っている人は年間で1万円程度がポイントで戻ってくることに。
万が一携帯を紛失したり、修理不能な故障に陥った場合は、購入から3年間は最大10万円を補償してくれるサービスも受けられます。

dカードで貯めたポイントの使い方

dカードを使うとどんどんdポイントが貯まっていきます。では、貯まったdポイントはどのように使うことができるのでしょうか。

ローソンでポイントを使う

dポイントを使えるお店は徐々に増えていますが、定番はやはりローソンです。dポイントのサービスが始まって以来、dポイントを利用できる店舗です。
ローソンでdポイントを利用する方法は2種類。一つは先ほど紹介した、Loppiやアプリを使ってポイントをお試し引換券に交換して使う方法です。もう一つは、会計時に1ポイント1円としてポイントを消費して支払う方法です。Loppiでポイントを使ってお試し引換券に交換すると、通常よりも少ないポイントで商品を購入できます。ポイントで1ポイント1円として支払うよりも、お試し引換券に交換する方がお得に利用できます。ただし、対象商品が決まっているので注意してくださいね。

ショッピングで使う

dポイントをショッピングで利用できるお店は年々増えてきています。
東急ハンズや、マツモトキヨシ、洋服のアオキ、高島屋、タワーレコードなどといったさまざまなお店で利用できます。ポイントを貯めたり1ポイント1円として支払いに使うことも可能です。

飲食店で使う

dカードとdポイントのサービスが始まった時、ポイントを使える飲食店はマクドナルドなど限られた店舗しかありませんでした。
現在はマクドナルドをはじめ、かっぱ寿司の一部店舗やサンマルクカフェ、ペッパーランチなど多くの飲食店でdポイントを貯めたり使ったりできます。

ホテルやアミューズメントで使う

飲食店や雑貨、衣料品といった商品を中心にdポイントを貯めたり使ったりできますが、徐々にホテルやアミューズメントといった施設でもdポイントを利用できるようになりました。
ホテルメルパルクやイオンシネマ、パルコミュージアムといったホテルやアミューズメント施設で利用可能です。

dカードでポイントを使えるお店が増加中

薬局や衣料品を販売しているお店、飲食店やホテル、アミューズメントといった施設でもdポイントの利用ができるように。
少しずつ利用できるお店や施設も増えてきており、今後もdポイントが使えるお店が増えていくことが予想されます。

便利でお得なdカードでショッピングを楽しもう

ドコモユーザーではなくても、便利にお得に利用できるdカード。さまざまなお店でdポイントが貯まり、使えるようになってきました。ポイントでお得になるだけではなく、カードの利用だけで割引されるお店も多くあります。
クレジットカードとしてだけではなく、電子マネーとしても使えるdカード。便利でお得なdカードをうまく活用して、ショッピングを楽しみましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事