クオカードがどこで使えるか知りたい!店舗の一覧をチェックしよう

クオカードがどこで使えるか知りたい!店舗の一覧をチェックしよう

家計の知恵 2018.08.26

クオカードがどこで使えるのか知りたい

懸賞やサービスなどで貰えることがあるクオカード。全国共通の商品券として利用でき、買い物に使えるので便利。クオカードは必要があれば、貰うだけでなく自分で購入もできます。
クオカードが利用できるのは身近なところだとコンビニが挙げられますが、他にも使えるところは多々あり、全国約57,000もの店舗で対応しています。
コンビニ以外のところでも、ファミリーレストランや本屋などでも利用できる店舗があります。具体的にはどんな場所で利用できるのか、クオカードが使えるお店をチェックし、生活に大いに役立てていきましょう。

クオカードが使える主要店舗

クオカードを使えるお店はコンビニをはじめ、身近に多くあります。一覧を確認しながら、よく行くお店や身近なところでも使えるところはないか、探してみましょう。

主要なコンビニはほとんど利用可能

先述でも紹介した通り、クオカードが利用できる主なお店としてはコンビニが挙げられます。全国の主要なコンビニを始め、ほとんどの店舗でクオカードが利用できます。
ただし、個人で経営している地方の一部コンビ二などでは、使えない場合があります。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • リーベンハウス(一部店舗を除く)

クオカードが使えるお店はこれらが挙げられます。一覧にないコンビニに関しては、お会計の前に確認をしてみましょう。

外食で助かる有名なファミレス

安くて美味しい料理が食べられるファミリーレストラン。家族連れはもちろんドリンクバーを利用して友達と食事を楽しんだり、早朝~深夜まで営業している店舗はその利便性もあり、何かと利用する機会が多く、クオカードが利用できると便利。
全国展開しているような以下の有名なファミリーレストランの支払いでは、クオカードが利用できます。

  • ガスト
  • バーミヤン
  • 夢庵
  • グラッチェガーデンズ
  • 藍屋
  • ととやみち
  • ステーキガスト
  • デニーズ

大規模書店でも利用可能

コンビニやファミリーレストランではクオカードが利用できるのは全国展開の店に限られていましたが、書店では全国展開の店舗はもちろん、地方でも大規模に展開している店や、小さい一部書店でも利用可能です。
多くの書店でクオカードを利用できるので、お近くの店舗でも使えるところがないか確認してみましょう。

全国の書店

  • ジュンク堂書店
  • 丸善
  • ブックファースト
  • 三省堂書店
  • 戸田書店
  • リブロ
  • よむよむ
  • 文教堂
  • 明屋書店

関東地方の書店

  • 啓文堂書店
  • 有隣堂
  • オリオン書房
  • ブックエース
  • 川又書店
  • 久美堂
  • すばる書店
  • 多田屋
  • タロー書房
  • 大盛堂書店
  • 東武ブックス
  • MeLTS・TSUTAYA 津田沼店
  • 文真堂書店
  • BOOK EXPRESS
  • 天一書房

東北地方の書店

  • ヤマト屋書店
  • MEDIA PARK MIDORI(みどり書房・TSUTAYA)
  • MORIOKA TSUTAYA
  • ブックスなにわ
  • 成田本店
  • よしのや本間

信州地方の書店

  • 笠原書店

東海地方の書店

  • 江崎書店
  • 本の豊川堂
  • TSUTAYA佐鳴台店(書籍コーナーのみ)
  • 鎌倉文庫
  • 谷島屋書店
  • BOOKアマノ

北陸地方の書店

  • 勝木書店(KaBoS)
  • 北国書林
  • きくざわ書店
  • 明文堂書店
  • うつのみや
  • BOOKSなかだ

関西地方の書店

  • 大垣書店
  • 啓林堂書店
  • アバンティブックセンター
  • アミーゴ書店
  • 富士書房
  • 木下書店
  • ブックスふかだ 守口本店
  • ヒバリヤ書店
  • ブックスタジオ
  • ブックスキヨスク

中国地方の書店

  • 廣文館金座街本店

四国地方の書店

  • 金高堂書店

九州地方の書店

  • メトロ書店
  • 積文館書店
  • ブックセンタークエスト
  • 福岡金文堂
  • 金明堂書店
  • 金龍堂

一部ドラッグストアでも利用可能

クオカードはドラッグストアでも利用可能ですが、全国展開している有名なお店でも、使用できるお店と、できないお店があります。使用できるお店を確認してから使ってみましょう。

  • マツモトキヨシ
  • Family Drug(一部店舗を除く)
  • Nakajima
  • ミドリ薬品

サンルートプラザ東京など3つのホテルでも

高額な支払いになるホテルの宿泊料金も、クオカードで支払いができることがあります。利用できるのは3つのホテルのみですが、宿泊の機会があったらぜひとも利用してみましょう。

  • サンルートプラザ東京
  • 東京ベイ舞浜ホテル
  • ホテルサンルート川崎

HMVで利用可能

CDやDVD、Blue-ray Diskを購入するときにもクオカードは使えます。音楽、映像メディアを購入できるお店は多くあるのですが、クオカードが使えるのはHMVに限られます。お近くの店舗で利用してみましょう。

クオカード利用の際の注意点

さまざまな店舗で利用できるクオカードですが、注意点がいくつかあります。カードを使って買い物しようと考えていたのに、支払いで使えなかったとなっては困るので、気を付けましょう。

ものによって利用できない場合もある

プリペイドカードが使えるお店の一覧の中でも、一部商品では適応外のものがあるので気を付けてください。一例として、下記の支払いに関しては利用できません。

  • 公共料金の支払い
  • プリペイドカードで新たなプリペイドカードの購入
  • 切手や印紙
  • タバコ
  • チケット
  • その他、会社や取り扱い店が指定した商品など

お釣りが出ない

クオカードの支払いでは、現金でのおつりが出ないので注意しましょう。ただし、クオカードの残高が0円になるまで何度でも利用ができ、基本的には期限もありません。
※クオカードができたばかりの頃に発行されたものに関しては、期限が記載されているカードもあります。かなり昔のものですので、現在は期限が切れている可能性がありますので、確認してみてください。

破損すると使えなくなる

クオカードは磁気情報が記録されているため、汚れたり、強い磁気に近づけたり、カードが曲がってしまったりすると、読み取りができなくなって使用不可能になります。
クオカードには期限がないので、すぐに使わずに保存しておくこともできますが、磁気が悪くならないよう、保存には十分注意しましょう。

現金との併用が可能

クオカードは現金と併用して支払うことが可能です。例えば、1,000円の買い物をするときに500円分のクオカードと500円の現金を合わせて支払うようにするという方法です。
クオカードはお釣りが出ないので、現金の買い物で足しにする使い方をすると、上手く使いきることができます。
また、2枚以上のクオカードを合わせて支払うこともできるし、それに現金を併用して支払うこともできます。

クオカードはどの店舗でもお釣りが出ないので注意

クオカードは利用できる店舗が全国に多くあるものの、どこで買い物をしてもお釣りがでないので、利用するときには注意が必要です。また、磁気を利用するクオカードはデリケートなので、保存の状態にも気を付けましょう。
利用できる店舗が多く、現金の代わりになり、商品券のようにプレゼントとして渡しても喜ばれる便利なクオカード。全国各地で使えるお店はたくさんあるので、利用できる店舗を確認し、生活に大いに役立てていきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事