住宅ローンの悩みを持っている方はソニー銀行が金利が安くてお得

住宅ローンの悩みを持っている方はソニー銀行が金利が安くてお得

投資 2018.08.25

住宅ローンはどこで借りたら良いんだろう

安定した仕事と生活を手に入れて、大きな買い物である住宅を建てることを検討している。でも、住宅ローンの金利に不安がある。また、ローンを組んでも長い人生で何があるかわからないのに払えるのだろうか。
こんな悩みを持っているあなたにひとつ解決策を提案するとすれば、金利が安いソニー銀行の住宅ローンはいかがでしょうか。
今回この記事では、ソニー銀行の住宅ローンについて解説していきます。この記事を最後まで読んでいただければきっとあなたの悩みを解決し、住宅ローンについての不安も解消することができるでしょう。
新しい選択をこの記事を読んで検討してください。
【参考:http://moneykit.net/lp/hl/hl01.html

なにがあなたを悩ませるのか?

安定した生活を手に入れてもやはり将来のことはわかりませんよね。住宅ローン組めば当然ながらその支払いは何年も続きます。
しかし、経済がこのままであることはありませんし、もしかすると会社が倒産して安定した生活を失ったり、健康な現在とは違って思い病気になることも考えられます。
また、ローンを組んだときには考えもしない出費があることも想像できるでしょうし、もしかすると実感しているかも知れません。このようなあなたの抱える悩みを次から解説できるようにさまざまなことを解説していきます。
【参考:https://magazine.aruhi-corp.co.jp/00000163/

ソニー銀行の住宅ローンは金利の悩みを解決

ソニー銀行の住宅ローンはあなたの抱える金利の悩みを解決してくれるかもしれません。人生にとって大きな買い物である住宅、その住宅ローンは長期にわたることから不安要素のひとつになっています。しかし、このソニー銀行は金利が安いので、この金利の悩みを軽減することができるでしょう。
また、ソニー銀行は金利が安いという利点だけでなく、そのサービスを含めて顧客満足度が高くなっています。つまり、サービスが手厚くなっているということです。こちらもソニー銀行を選ぶひとつの理由になるでしょう。
さらに、現在住宅ローンを組んである方にも朗報です。実はソニー銀行の顧客の半分以上の方は借り換えをしているんです。これは手数料と金利が安いのでこのようになっているようです。
なお、新規の申し込みのほうが、借り換えよりも金利が安く設定されています。もちろん新規と借り換えのどちらでも、ソニー銀行の住宅ローンは金利の悩みを解決してくれます。
【参考:https://life.oricon.co.jp/rank_housingloan/evaluation-item/rate.html
【参考:https://ginkou.jp/hloan-chishiki/sony-hloan-kinri.html
【参考:http://moneykit.net/lp/hl/hl01.html

ソニー銀行の住宅ローンは長期返済の悩みを解決

ここでは、ソニー銀行はの住宅ローンがどう長期返済の悩みを解決するのか解説していきます。長期返済にどんな悩みがあるのか、ソニー銀行の担当者がどう悩みを減らしていくのか解説します。

継続する返済による悩み

長期に渡って継続する返済はさまざまな悩みや不安を生みます。例えば先がみえないのにこのままずっと払えるのか、共働きだがこのまま払っていけるのか、子供が生まれて共働きからひとりになってつらいという悩み。
このような継続する返済の悩みが長期に渡れば確実に疲弊していきます。では、このような継続する返済の悩みをどう解決するのか次で解説していきます。
【参考:https://magazine.aruhi-corp.co.jp/00000163/

ソニー銀行の担当者があなたの悩みを軽減

ソニー銀行は、銀行といってもネット銀行です。ネット銀行といえば、何か聞きたいことがあっても聞く窓口がなかったり、対応が悪いイメージを持っているかもしれません。
しかし、ソニー銀行はそんな銀行ではありません。ソニー銀行は、ネット銀行でありながら店舗で担当者との相談ができます。これによって継続する返済の悩みや不安を減らすことができ、家を建てるという大きな決断を下すことができます。
ソニー銀行であればしっかりと担当者と話すことで安心できるので、継続する返済の悩みを減らすことができます。
【参考:https://life.oricon.co.jp/rank_housingloan/evaluation-item/staff.html
【参考:http://moneykit.net/lp/hl/hl01.html
【参考:http://moneykit.net/visitor/hl/hlinfo.html?intcmp=LP_hl01_009
【参考:https://loankiso.com/column/sonybank/sonymerit.html

ソニー銀行住宅ローンは選択肢が豊富

ここでは、ソニー銀行住宅ローンの豊富な選択肢であるそれぞれの金利のタイプについて解説していきます。また、金利のタイプよる悩みに一定の解決ができるように解説します。

あなたを最も悩ませる金利のタイプ

住宅ローンについての悩みの最たるものとして、「固定金利」と「変動金利」の2つの金利のタイプがあります。実際には「固定金利」、「変動金利」、「固定期間選択型」の3つがありますが、「固定期間選択型」は前の2つを組み合わせたものであり、実質は「変動金利」であるのでこの2つについて次から解説していきます。
【参考:https://magazine.aruhi-corp.co.jp/00000163/
【参考:https://www.zenginkyo.or.jp/article/life/myhome/4379/
【参考:http://fp-tokushima.com/hendoukinri-koteikinri-3999.html

あなたを悩ませる固定金利

固定金利とは、完済するまで金利が変わらないものです。この固定金利のほうを選んだときの利点としては、将来が見えるという点で不安は軽減されることがあげられます。
悪い点としては、変動金利のほうよりも固定金利のほうが借入時の金利が高く設定されていることでしょう。つまり、この固定金利のほうを選んだときには変動金利のほうを選んだときよりも高い金利になりますが、借り入れとしては将来への不安と折り合いをつけられるということです。

【参考:https://magazine.aruhi-corp.co.jp/00000163/
【参考:https://life.oricon.co.jp/rank_housingloan/special/interest-rates/cautions_of_fixedrate/

あなたを悩ませる変動金利

変動金利は、借り入れたあとから返済するまで金利が変動するものです。この変動金利のほうを選んだときの利点としては借り入れ時の金利が安く設定されていることがあげられます。
悪い点としては、固定金利のほうが上で解説したように不安に折り合いをつけられるということに対して、常に金利の動向に悩まされる傾向にあることです。実際に返済中の不安についての相談は「変動金利」で返済している人に多くみられています。
つまり、変動金利のほうを選ぶときには固定金利よりも金利が安くなりますが、金利の動向に悩まされながの借り入れになるということです。
【参考:https://magazine.aruhi-corp.co.jp/00000163/
【参考:https://life.oricon.co.jp/rank_housingloan/special/interest-rates/cautions_of_floating-rate/

固定金利と変動金利の比較

では、固定金利と変動金利のどちらがよいのかという話になりますが、簡単に答えればこの2つを比べることはできません。なぜなら、比較する際に「もしも」という条件が入るからです。
固定金利と変動金利は上で解説した通り、完済までの金額が確定しているか、常に金利が変わるということです。この2つの比較を行う際には変動金利の金利がどう推移するのかを語らなければなりません。しかし、金利がどうなるかという、「もしも」がわかる人はどこにもいません。
ですから、返済についての不安を明確にこちらのほうがよい、悪いと比較することはできないということです。
【参考:https://manechie.so-net.ne.jp/learn/mane_16090506.html
【参考:https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/money/jyutakuloan_kinri/

個人のライフスタイルや価値観にも応えてくれる

ここでは、上で解説した2つの金利のタイプの不安や悩みをどう減らしていけばいいか解説していきます。それぞれをどう考えるのか、ソニー銀行住宅ローンの内容をみながら解説します。

考え方で不安の質が変わる

重要なことは考え方を変えることです。固定金利と変動金利にはそれぞれ利点と悪い点がありますが、考え方を変えることでネガティブなものもポジティブに考えることができます。
固定金利を選んだときには、金利が変動金利よりも割高にはなりますが、将来をより明確にすることができるという点では優れており、精神的な負担も少なくなります。さらに、固定金利を選べば住宅ローン減税という減税処置が受けられます。
この住宅ローン減税は条件などありますが、それを満たせば1%の減税処置を受けることができるようです。この減税制度を利用することで固定金利を選んだとしても、変動金利を選んだときとくらべて、大きな差額となることはありません。
変動金利を選んだときには、ネガティブにみれば金利の動向によっては不安を感じますが、ポジティブに考えていけば、固定金利を選んだときのように高い金利がずっと続くことがないので、割安であると考えることができます。ただし、変動金利を選んだときには金利が高くなるなどした際に、金利プランの変更や借り換えなどの対策を講じる必要があるでしょう。
このように固定金利や変動金利のどちらを選んだときでも、考え方を変えることで、不安を減らしたり不安の質を変えることができます。このように金利について考えることで前に進むことができます。
【参考:http://moneykit.net/visitor/rate/hl.html
【参考:https://manechie.so-net.ne.jp/learn/mane_16090506.html
【参考:http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

あなたに応えるソニー銀行住宅ローン

ソニー銀行の住宅ローンには、今まで解説してきた金利に対する不安を減らすことができるようなプラン変更が可能です。上で解説しましたが、特に変動金利のほうを選んだときに金利が高くなったのであれば、金利プランの変更などをする必要がありますが、ソニー銀行は簡単にすばやく2つの商品でプラン変更ができます。
その商品とは、「住宅ローン」と「変動セレクト住宅ローン」の2つの商品です。どちらの商品を選んだときでも固定金利と変動金利のどちらでも利用することができます。
特徴としては住宅ローンを選んだときには、変動セレクト住宅ローンを選んだときよりも固定の金利が安く設定されており、変動セレクト住宅ローンを選んだときには、住宅ローンを選んだときよりも変動金利が安く設定されています。また、どちらの商品を選んだときでも変動金利から固定金利へ一日で、無料で換えることができます。
このようにソニー銀行の「住宅ローン」と「変動セレクト住宅ローン」の2つの商品であれば、固定金利と変動金利のどちらであっても金利に対する不安を解決してくれるでしょう。
【参考:http://kakaku.com/housing-loan/item.asp?hl_itemcd=002005
【参考:http://kakaku.com/housing-loan/item.asp?hl_itemcd=002004
【参考:https://ginkou.jp/hloan-chishiki/sony-hloan-kinri.html

ソニー銀行住宅ローンは繰り上げ返済時にもメリット

ソニー銀行の住宅ローンでは、繰り上げ返済の手数料が無料となるメリットがあります。ローンをはやく返したいのであれば、はやく返済することで将来の不安を減らすことができます。
ただ、繰り上げ返済という選択肢は、最終的に手元にお金をより多く残したいというのであればベストな選択とはいえません。なぜなら繰り上げ返済を選ぶということは、現在の低金利の時代ではより多くお金を支払うということだからです。
お金を多く残したいのであればあくまでも「運用」が最前提となります。運用することを選んだのであれば繰り上げ返済に当てるお金を、住宅ローンよりも高い金利で運用することでローン返済後のお金を多く残すことができます。
ちなみにソニー銀行では資産運用も行っているので、将来にお金を多く残したいのであれば、住宅ローンと合わせてこちらも検討してみましょう。
【参考:http://fp-tokushima.com/kashikoi-juutakuloan-hensai-3421.html
【参考:http://moneykit.net/campaign/fy16s/campaign13.html

住宅ローン以外の費用も計算しておこう

ここまでは、住宅ローンについて解説してきましたが、それ以外の費用も計算しておくことが賢明です。例えば賃貸住宅を借り続けるのにかかる経費には、家賃に火災保険料、そして2年毎にかかる更新料があります。
一方でマイホームを所有したときでも、任意の災害保険、そして固定資産税がかかります。さらにマンションを所有したときには、さらに共益費や管理費、そして修繕積立金などを払う必要があります。
家を建てることを選んだときでも、マンションを所有したときでも、ローン以外の払う必要がある費用について計算しておきましょう。これらは大きくまとめれば常に支払いが伴うものであるので、生きるために支払う家賃であるといってよいものです。
それがローンの支払いをスムーズに計画的にできるポイントです。

【参考:http://suumo.jp/article/jukatsu/money/tips/1913/
【参考:http://www.homemate.co.jp/useful/rent156/

ソニー銀行の住宅ローンで不安と上手に付き合おう

これまでソニー銀行の住宅ローンについて詳しく分かりやすく解説してきました。ここまで読んでいただければソニー銀行の住宅ローンがどんなもので、新規でも借り替えであってもローンを組む際に抱く不安を減らしてくれるのか理解できたでしょう。
実は、住宅ローンに悩みを感じていない人に共通するのは、完済までの返済計画によって将来を見通せているということがあります。ネット銀行でありながら相談窓口があるソニー銀行は、あなたの悩みや問題を先送りさせないプランを提案してくれるので、きっと将来を見通せることでしょう。
ただし、マイホームという資産を所有するときにはメリットがある一方で、災害などで手に入れたマイホームを失うといったリスクもあります。しかし、そういった規模の大きい自然災害に対して「災害救助法」といった救済制度も存在しています。
ですから、マイホームや賃貸住宅を選んだとしても月々にかかる家賃が同じ額であれば、マイホームを購入するための住宅ローンのリスクに挑む価値があります。
解説してきたソニー銀行の住宅ローンであればどのような選択を選んだときでも、その対応や商品プランによってさまざまな不安と上手く付き合うことができます。ソニー銀行はきっとあなたが新しい選択をするきっかけになってくれることでしょう。
【参考:http://president.jp/articles/-/23081
【参考:https://www.zenginkyo.or.jp/abstract/disaster-guideline/
【参考:http://diamond.jp/articles/-/120514

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事