生命保険の平均額はいくら?自分に合う保険を選ぼう

生命保険の平均額はいくら?自分に合う保険を選ぼう

保険 2018.08.22

1カ月分の生命保険額の平均はいくらか

生命保険は自分の人生を守るために、自分でできることの一つです。突然の病気やけがなどがあるかもしれません。そのときに生命保険に入っていると色々と安心です。
しかし生命保険も金額によっていろいろな保証内容が変わってきます。また毎月どのくらいの保険料を払えば良いかあまり理解できている人はいません。しっかりと年代別、性別、年収別に生命保険の平均額を見ていき、自分に合う保険を選ぶポイントを学びましょう。

生命保険の動き

生命保険はさまざまな社会の変化に影響を受けます。例えば、経済政策などによって保険料の改定が行われたり、時代に沿って今まで対応していなかった病気などにも対応する補償内容なども出てきています。生命保険は日々変化していく商品なのです。ではどのような動きをしているのでしょうか。

保険料の改定

生命保険料は、2017年4月。生命保険の標準利率が一気に引き下げられて、終身保険、学資保険、年金保険などの生命保険の保険料が値上げしました。これは、国が標準利率を従来の1%から0.25%にまで引き下げたからです。
そして、2018年4月にも保険料の改定が行われました。これは2017年の標準利率の引き下げとは理由が違い、予定死亡率によって改定が行われました。予定死亡率は標準生命表などを参考に上下しますが、病気の治療方法や早期発見の技術進歩による長寿化により、2018年4月に改定されました。
日本人の長寿化にともない値上げに踏み切ったということになります。

補償内容が見直されている

保険料と同じように、生命保険の補償内容も日々変化しているので、昔の保険よりも種類も増え、補償内容も見直されている商品がたくさん出てきています。日帰り入院保障60日で、ガンの入院保障は無制限日数、生活習慣病で120日の入院保障に変化したり、病気の種類により給付金が変わるタイプもあります。
保険の営業の提案で入った保険をそのままにせずに、自分の生活に合わせて、またネットなどの生命保険のランキングなどを参考に加入保険を見直す必要があるといえます。

男女別にみる平均額

生命保険が変化してさまざまな保証内容になったからこそ、男女の性別による生命保険の金額も変化していきました。ではどのように変わったのか。また男女別に生命保険の平均額を見ていきましょう。

男性の生命保険額

男性の生命保険学は、年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は平均24.1万円になり、毎月の平均額は20,000円です。本人がもし亡くなった場合の死亡保障に対して支払われる保険金額で見てみると、平均保険金額1,880万円です。背景としては、家族を養う責任が大きくなる40代がピークになり、30~50代が高額な死亡保険金を掛けているからです。

女性の生命保険額

女性の生命保険額は、年間払込保険料(個人年金保険の保険料を含む)は平均18.2万円になり、毎月の平均額は1.45万円です。本人がもし亡くなった場合の死亡保障に対して支払われる保険金額で見てみると、平均保険金額で女性で876万円です。女性のほうが少ないのは、専業主婦の保険料が低いことが関係しています。専業主婦は収入がないので、保険料が低いものに加入しているのです。

年収別にみる平均額

年収別によっても生命保険の金額は変化していきます。全て同じ内容でいいように思えますが、年収が上がるほど保険料も増える傾向です。では年収によってどのように生命保険の平均額は変化しているのでしょうか。

年収300万円未満の平均額

年収300万円未満の生命保険の平均額は、年間約16万円で、月額で10,000円程度です。年収の割合でいうと約5%程です。保険料の割合では、50,000円以上が約3%で最も少なく、10,000円未満の割合が約41%で最も多くなっています。
【参照URL:http://www.paci-iryo.com/erabi/913/

年収300~700万円の平均額

年収300万円~700万円の生命保険の平均額は、年間約19万円で、月額約1~20,000程度です。年収の割合でいうと4%程です。保険料の割合では、50,000円以上が約3%で最も少なく、10,000円~20,000円の割合が約35%で最も多くなっています。
【参照URL:http://www.paci-iryo.com/erabi/913/

年収700~1,000万円の平均額

年収700万円~1,000万円の生命保険の平均額は、年間約25~26万円で、月額は20,000円台です。年収の割合では4%程です。保険料の割合では、50,000円以上が約5%で最も少なく、10,000円~20,000円の割合が約28%で最も多くなりますが、20,000円~30,000円の割合も高くなっています。
【参照URL:http://hoken-kyokasho.com/seimeihoken-hokenriyou

年齢別にみる平均額

性別や年収別に平均額の他に、もう一つ年齢別で生命保険の平均額を調べていきます。年代別によっての保険の見直しが一番多くみられます。20代、30代、40代に分けて詳しく見ていきましょう。

20代の平均額

20代の生命保険の平均額は、年間約24万円で月額約20,000円です。そして10,000円未満と2~30,000円の保険を支払う割合が多いです。これは子どもがいない場合はあまり補償内容がいらず、子どもがいる場合は、学資保険や死亡保険に加入することが多いことによる変化だということが考えられます。
【参照URL:http://setsuyaku-monogatari.net/insurance/hokenryou-heikin

30代の平均額

30代の生命保険の平均額は、年間約38万円で月額30,000円台です。そして10,000円~20,000円の保険を支払っている割合が多いです。これは、子どもがいる場合が多く、子育てにお金と時間がかかる年代なので、あまり保険に対してお金をかけられないということが考えられます。
【参照URL:http://xn--ruq77zw9j5s0c.biz/entry33.html

40代の平均額

40代の生命保険の平均額は、年間約43万円で月額約3.5万円です。そして2~30,000円未満が一番多いですが、30,000円以上の割合も多くなっています。
これは年齢が上がると病気や死亡する可能性が高くなり、30代と同じ補償内容でも保険会社が保険料を高くするからです。ですから歳を重ねるとそれに応じて、収入も増えていくので、稼ぐ金額に応じて死亡保障が比例していくことが考えられます。
【参照URL:http://setsuyaku-monogatari.net/insurance/hokenryou-heikin

自分の年収に見合った生命保険に入ろう

生命保険は自分と家族のために必要なものです。なぜなら病気やけがの保障や、そして死亡した時の保険金などがあれば、いざというときに安心できるからです。
ですが保険料の改定によって値上がすることもあり、保障内容も常に見直しが必要です。また年代別や性別、そして年収別に保険料の割合も変わってきます。
何を選んでいいかわからなくなるかもしれませんが、専門家に聞くことも考慮しつつ、自分のライフバランスや年収に見合った生命保険を調べて選んでいきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事