試験後の不安をいち早く解消!秘書検定の解答速報を確認しよう

試験後の不安をいち早く解消!秘書検定の解答速報を確認しよう

ビジネス 2018.08.19

秘書検定でオフィスマナーに強くなろう

オフィスにおいては、様々なマナーがあります。職場で先輩にも教えてもらうこともできますが、よりしっかり身に着けたい場合、秘書検定を受けることが大変有意義です。
秘書検定には、オフィスにおける知っておきたい基礎的なマナーからより高度なマナーまで習得することができるメリットがあるからです。検定の名前は秘書となっていますが、一般的な会社での立ち振る舞いで必要な知識を学ぶことができる実用度の高い資格です。
疲れとストレス

秘書検定の解答速報サイト

秘書検定の正式な解答発表までは時間がかかりますが、秘書検定の講座を行っている予備校等が試験が終わってからすぐに解答速報という形で、早めに解答を公開しています。多くの受験生はこのようなサイトで自分の解答を照らし合わせて結果を確認します。

ユーキャンの解答速報

秘書検定の解答速報で有名なのは、通信教育ユーキャンの解答速報です。ユーキャンは最大手の通信教育ですので、解答の信頼性も高いです。ユーキャンでは秘書検定3級から準1級までの解答速報を公開しています。
解答速報のスピードは速く、試験終了直後から解答の作成をはじめます、解答が完成次第公開されますので、臨場感あふれる解答速報となっています。
また、解答速報に関する総合情報のツイッターもあり解答に関する情報を入手することもでき非常に便利です。

資格国家試験解答速報・過去問題・合格発表

「資格国家試験解答速報・過去問題・合格発表」という名前のサイト各国家資格の解答速報を公開しています。こちらのサイトは解答速報だけでなく、過去に出題された問題や合格率などの検定試験に関する情報が豊富に掲載されていますので、受験者に重宝されるサイトとなっています。
こちらのサイトでは秘書検定の解答速報は、3級から1級までのすべての解答を掲載しています。こちらも試験当日に解答を公開します。
ユーキャンでは1級の解答速報は掲載しないので1級を受験された方はこちらのサイトを確認することになります。

秘書検定について

そもそも秘書検定とはどんな検定なのか、試験の概要をみていきましょう。

秘書検定公式サイト

秘書検定の詳細を知りたい場合は、公式サイトがおすすめです。 公式サイトでは、試験の実施日等の試験の最新情報が掲載されているので、受験するなら必ず確認するようにしましょう。

秘書検定の認知度

秘書検定はの認知度は高く、学生から仕事をしている人まで幅広く知られている有名な資格です。受験者も多いことから、各出版社から書籍も多く出版されています。
一般的なビジネスマナーを身につけることができる資格なので、持っていることで企業からも高評価を受けることができる資格です。

秘書の役割について

秘書には、上司や要職についている人、専門的な仕事をしている人をあらゆる面でサポートする役割があります。上司のメインの仕事の効率が良くなるように、スケジュール管理や電話応対、出張の手配等、上司の補佐を行っていきます。

秘書検定を学習するメリット

秘書に必要なスキルはオフィスにおける仕事の多岐にわたります。お客様対応、事務処理能力、コミュニケーション力等一般的なオフィスで求められるスキルを身に着けることができます。

秘書検定の試験内容

秘書検定は年3回行われます。時期は例年2月、6月、11月に実施されることになっています。ただし
2月は2級と3級のみの実施となるので注意が必要です。また、秘書検定は2つの級まで併願することができます。
秘書検定は級が分かれていますが、順番に受けていく必要はなく、自分が受けたい級を受けることができます。つまりいきなり準1級を受けることも可能というわけです。
秘書検定は級によって試験の形式が変わってきます。2級・3級は筆記試験のみで面接はありません。筆記試験の内容は、約9割が五肢択一問題で、約1割が記述問題となります。試験時間は120分です。
筆記試験は理論編と実技編に分かれます。実技といっても筆記試験のなかでの実技という分野です。理論編では、必要とされる資質、職務知識、一般知識が出題されます。実技編ではマナー・接遇、技能が出題されます。
2級3級の筆記試験の出題科目は、ほぼ同じとなっていますがレベルは当然異なり、3級は初歩的な知識、2級は一般的な知識レベルとなっています。
2級3級の具体的な出題内容は以下のようになっています。
秘書の資質では、秘書として備えるべき要件、要求される人柄から出題されます。職務知識からは秘書の役割と機能が出題されます。一般知識からは社会常識、経営学、一般会計・財務から出題されます。マナー・接遇からは人間関係、マナー、話し方・接遇、交際の業務から出題されます。
技能では、幅広い分野からの出題となります。会議、文書の作成、文書の取りう扱い、事務機器、資料管理、スケジュール管理等オフィスにおける一般的に必要な事柄を把握しておく必要があります。

準1級は筆記試験と筆記試験合格後の面接となります。筆記試験は約6割が択一問題で、約4割が記述問題となります。
面接試験は、受験者が3人同時に入室し、面接官が上司という設定で行っていきます。面接内容は、受験番号や名前を申し出る挨拶や、面接直前に伝えられるお題を報告するといったような流れのロールプレイング形式となっています。
準1級、1級ともに面接の流れは同じですが、受験者が2人1組になる点と報告内容の量が約4倍ほどになるところに違いがあります。

受験資格

秘書検定の受験資格に制限はないので、誰でも受験することができます。

秘書検定の合格率

秘書検定の合格率はもちろん年によって異なりますが、例年おおよそ3級で60%前後、2級で60%前後、準1級で30%前後、1級で30%前後となっています。

解答速報で合格かどうかを素早く知ろう

試験を受けたあと、自分が合格かどうかわかるまでは少し時間がかかります。しかし、一生懸命勉強した結果がわからない状態は不安にもなりますから、誰しもが早く知りたいものです。その不安を解消するには解答速報サイトはとても助かる存在です。
さらに、試験の結果を早く知ることで次のステップに進むこともできますので、各サイトが提供してくれている解答速報サイトで自分の結果を確認しましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事