ポンタカードの様々なポイント確認方法や貯め方を知っておこう

ポンタカードの様々なポイント確認方法や貯め方を知っておこう

家計の知恵 2018.08.20

ポンタカードに貯まったポイントの様々な確認方法

ポンタカードはローソンや提携サイトを通して商品を購入すると、購入金額によってポイントがつきます。ポンタカードは、さまざまな場所でポイントが貯まるたぬきマークのカードです。買い物でつくポンタポイントは、提携店によって違いますが、ローソンの場合は100円で1点が加算されます。
またポイントは、1点が1円として支払のときに使用できます。ただポンタカードでポイントを貯めても、どのくらいのポイントがたまっているか確認する方法がわからずに、ポイントを使わない場合もあるので、ポンタカードのポイントを確認できる方法をいくつかご紹介します。

一番簡単なのはアプリでのポイント確認

ポイント確認できる方法のひとつがアプリで確認することです。確認できるアプリは2つあるので、その確認方法を説明します。

ポンタ公式アプリでスマホをポンタカードに

まずポンタ公式アプリをインストールします。するとカードを持たなくてもスマホをポンタカードとして利用することができます。バーコードの読み取り機能がついていて、アプリがスマホの画面に会員証とカードの役割を持たせてくれます。
アプリから提携の店のクーポンを使うと、お得にクーポンの買い物ができます。アプリで提携している店舗は、ローソン系列店(ローソン、ローソンストア100、ナチュラルローソン)、ルートインホテルズ、ヒマラヤ、セガ、AOKI、コジマ、ORIHICR、ケンタッキー、shellスタンド、ホットペッパー(グルメ、ビューティ)、じゃらんなどです。

ポンタウェブへのログインが必要

下記の参照URLから入り、iPhoneの人はiPhoneのQRコードより、Androidの人はAndroid版のQRコードより読み取り、ダウンロードします。そこで、無料の会員登録をします。初回のみポンタウェブへのログインが必要です。ポンタ提携店で商品を購入するときは、会員証画面をレジで見せるだけでOKです。
ポイントを使うときは、「○○ポイントを利用します」と伝えるだけで、そのポイント分を金額から差し引かれます。
【参照URL:https://www.ponta.jp/c/dpc/

アプリを起動すればすぐにポイント確認できる

初回にポンタウェブにIDとパスワードを用いてログインをすると、あとはアプリを起動するだけですぐにポイントを確認することができます。アプリだと、ポイントを獲得した日や場所が出てきます。累計獲得ポイント数も出てくるので、すぐに確認することができます。

Pontaタイムというアプリでも確認可能

Pontaタイムは、ポンタイムと呼ばれるアプリですが、ポンタカードのような使い方はできません。このアプリはiPhoneのみのアプリで、ゲーム感覚で楽しみながらポイントを貯めることができます。ポイント通帳を確認するには、画面の中央にあるメニューからポンタカードのマークがあるので、そこからポンタカードと連携することができます。
ポンタカードと連携させておくと、ポンタアプリからポイント履歴を確認することができます。ポンタアプリへのID入力はポンタ会員IDを入力します。

ネットでポイントを確認するのもおすすめでポイント

Webでもポイントを貯めたり、ポイント通帳を確認することができます。以前はPonta.jpでしたが、現在は、Ponta Webという名前になっていて、PCでも確認できますし、スマホでも確認することが出来ます。

最初にリクルートIDを発行する

最初に登録画面が出てきます。その時にリクルートIDを持っている人と持っていない人のIDが出てきます。リクルートIDを持っている人はログインし、リクルートIDを持っていない人はリクルートIDの新規登録をします。リクルートIDはポンタウェブ公式IDとなります。

手持ちのポンタカードの情報を入力

次にPontaカードを持っているかいないかを入力する画面が出てくるので、カードを持っている人は「持っている」を持っていない人は「持っていない」のボタンをタップします。ポンタカードを持っている人は、そのカードの情報をそのままうつします。ポンタカードを持っていない場合は発行手続きが必要です。

ログインしてポンタポイント確認

手続きが完了すると、あとはリクルートIDと発行したパスワードでログインするだけです。そして右上のポイント通帳をタップすると、ポンタポイントを獲得した日時と場所が表示されるので簡単にポイント履歴を確認することが可能です。

パスワードを忘れたら再発行を

パスワードを忘れた場合は、個人情報保護という点から、Pontaのカスタマーセンターでも確認することができません。そのためパスワードを忘れた場合は再発行が必要です。Ponta会員IDログイン画面にある「パスワードを忘れた方」をタップし、必要事項を入力してから設定します。
それとも下記の参照URLから入り、Ponta会員IDパスワードの再発行手続きをすることができます。ただし、Ponta WebへのログインはリクルートIDとパスワードが必要です。リクルートIDのパスワードを忘れた場合の手続きは、ポンタ会員IDのパスワードと異なります。その場合は、下側の参照URLから再発行手続きが必要です。
【参照URL:https://www.ponta.jp/u/LWEM100/SLWEM100010.htm
【参照URL:http://help.point.recruit.co.jp/app/answers/detail/a_id/2960

誤入力を繰り返すとロックが掛かるので注意

Ponta会員IDで入力しログインすると、「会員IDまたはパスワードをご確認ください。 」という画面が出た場合は、Ponta会員IDやパスワードのどちらかが間違っていることがあります。もし続けて何回かIDやパスワードをご入力すると、パズル型の認証をする必要があります。
さらに一定回数以上、IDやパスワードの誤入力を繰り返すとロックがかかるのでログインできなくなります。もし数回入力しても合わない場合は、ロックがかかる前に「パスワードを忘れた方」から再発行の手続きをした方が無難です。

ロッピーでポイントを確認することもできる

ローソンにあるロッピーでポイントを確認することもできます。ちなみに確認したポイントで特典申し込みもできます。またポンタポイントを商品に引き換えられる特典もあるので、その方法も紹介します。

ポンタカードをスキャナーに通せば確認可能

ロッピーのトップ画面のポイント確認画面で、ポンタ会員メニューをタップします。磁気カードリーダーにPontaカードを通してスキャンするだけで、累計獲得ポイントを確認することができます。カードリーダーを通すときは、カードの磁気が読み取り側に来るようカードの向きに注意が必要です。
カードの左上にカードを挿入する方向の矢印(<<)が書かれているので、この向きにゆっくりとポンタカードを通します。ポンタカードを通すスピードが速いと、磁気が読み取れないことがあります。スキャナーに通す方向は、奥から手前に向けて通します。

磁気が弱くなったらバーコード読み取りで確認

磁気が弱くなって、バーコードでの読み取りができなくなったPontaカードは、スキャナーに通すより手間はいりますが、バーコードで読み取ることができます。バーコードリーダーにPontaカードをかざしてバーコードを読み取ります。
電話番号と誕生日を入力すると、会員メニューが表示されます。そこで、累計獲得ポイントを確認できます。

レシートでもポイント確認はできる

ローソンやケンタッキーなどの提携店のレシートの下の方に合計金額などが印字されている欄の下に獲得ポイント数が印字されています。ただし店舗のレシートでは獲得ポイント数が出てきても累計獲得ポイント数が印字されていないことがあります。
会計のときには、ポンタカードを渡し店員がスキャナーすると、店員側のレジに累計獲得ポイント数が出ているので尋ねることもできます。

ローソン公式アプリでも確認可能

ローソン公式アプリはポンタカードと連携しています。Google Play でローソン公式アプリをダウンロードします。ローソン公式アプリを起動してローソンIDとしてログインします。ローソンIDの設定で、Pontaポイントを利用するを選択します。
そしてローソンモバイルPontaの「使用する」をタップしますと登録が完了します。ローソン公式アプリで登録すると、レジでもロッピーでもポンタカードとしての利用が可能です。貯めたポイントはロッピーで使うとお得になります。
とくに「お試し引換券」で使用すると、実際に値段の半額以下の値段で商品を購入することができるからです。

詳細なポイント履歴はウェブかアプリで確認

レシートでは、累計ポイントが印字されていないこともあります。ロッピーでは累計獲得ポイントのみがわかります。ポイントの履歴を確認できるのはネットかアプリだけです。
上記で述べたように、ネットではリクルートIDとパスワードでログインしてから、右上のポイント通帳からポイントを獲得した日や場所が確認できます。アプリでも起動するとすぐにポイント履歴を見ることができます。

ポンタポイントの貯め方

ポンタポイントをコツコツ貯めると、ポイントを交換できる様々な特典があります。さまざまな方法を知ってポンタポイントを貯めましょう。

おサイフケータイならモバイルPontaが便利

ローソンのアプリには、おサイフケータイ機能を利用する「モバイルPonta」という機能が備わっています。レジで一言、店員に「モバイルPontaを使います」と告げます。スマホにおサイフケータイ機能があれば、レジにある読み取り機にかざすだけで利用することができるようになります。

モバイルPontaはロッピーでも使えるので便利です。ただ、電子マネーの機能は持ち合わせていません。おサイフケータイは、iphoneには備わっていないので利用できるのは今のところAndroid携帯のみです。

レシートでポイントを貯めるサービスも

レシートは必要がないので、すぐに捨ててしまいがちですが、「レシート de Ponta」に登録すれば、レシートを投稿したり、アンケートに答えるだけでPontaポイントが貯まります。レシートを5回投稿すると1Pontaポイントが貯まります。
レシートを投稿したあとにチャンスアンケートに答えると、さらに1ポイント加算されます。商品にはポイントアップしている商品があるので、ポンタカードを持ってる人はレシートを活用した方がお得です。登録は、「レシート de Ponta」の新規会員登録ページから新規登録をします。
そしてメールアドレスを入力すると、メールが届くので、メールにあるURLをクリックすると個人情報を登録できる画面がでてきます。個人情報を入力して本登録を終えると、「Ponta Web」との連携手続きが完了します。

グループポイントもお得

Pontaポイントは、作成したグループ内でポイントをシェアできるシステムです。グループオーナーにはメンバーを招待してグループを作成します。9人までが参加することができ、ポイントはオーナーの口座に貯まります。
たとえばお父さんがオーナーでお母さんや子供がメンバーになります。じゃらんで旅行するなどの目的を持って貯めると、ポイントが早く貯まり旅行のときの費用の足しになります。

ポンタカードのポイントの有効期限

ポンタカードのポイントには有効期限があるので注意が必要です。ポンタカードのポイント有効期限が切れると、ポイントがなくなってしまいます。有効期限に注意して、期限内に利用できるようにしましょう。

年に一度使用すれば永久に利用可能

Pontaポイントの有効期限は登録状況によって違います。Pontaポイント会員になっている場合は、原則有効期限は1年後できれます。では1年で有効期限が切れてしまうのかというと、そうではなく提携店などでポイントを利用したり、買い物をすると永久にポイントの有効期限が消失しません。
つまりPontaポイントは一年に一度は使用しないと消失すると言う事でもあります。たとえば、平成30年7月20日に買い物をすると、その時のポイントは平成31年7月20日に有効期限がきて切れてしまいます。けれども有効期限より前に買い物をしたり、Pontaポイントを1回でも使えば、平成31年7月20日の有効期限で切れることはありません。

期間限定ポイントは期限内に使用しないと消失

普通に利用するPontaポイントは、年に一度使用すれば永久に利用できますが、キャンペーン等で貰える期間限定ポイントは、期限内に利用しないと使えなくなるので注意が必要です。期間限定ポイントには、リクルートの期間限定ポイントと、Ponta Webサイト限定ポイントがあります。
リクルート限定ポイントは、リクルートポイントの参画サイトで使うことができ、Ponta Webサイト限定ポイントは、キャンペーンなどでプレゼントされるポイントで、そのサービス限定で使えるポイントです。例えば、じゃらん限定ポイントやホットペッパー限定ポイントなどです。

ポンタカードはさまざまな確認方法がある

ポンタカードに貯まったポイントを確認する方法には、アプリやネットで確認する方法、ロッピーで確認する方法、レシートで確認する方法があります。ロッピーでは累計獲得ポイント、レシートでは獲得ポイントしかない場合もあります。
ポイント履歴を確認するには、ネットやアプリのポイント通帳を見ると、いつどこでポイントを獲得したか、または使ったかということがわかります。このようにPontaポイントの確認はいろいろな方法があるので、貯まったポイント数をチェックして、楽しくポンタカードを使いましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事