全国共通商品券UCギフトカードについて|賢い使い方とその注意点

全国共通商品券UCギフトカードについて|賢い使い方とその注意点

家計の知恵 2018.08.18

UCギフトカードについて詳しくなろう

UCギフトカードは、全国共通の商品券として有名であり、利用したことのある人も多いのではないでしょうか。UCギフトカードはさまざまなお店で使えるため、非常に重宝しますし、自身で購入するだけではなく、贈答用としても便利です。
現金を送るのではなく、ギフトカードであれば相手も受け取りやすいですし、何よりどこでも利用しやすいのが大きな特徴、メリットでしょう。しかし、UCギフトカードは便利なものと認識しているものの、お得な使い方、手に入れ方などまでは、詳しく知らない人も多いようです。
単に便利な商品券としてしか認識しておらず、知らずのうちに損な使い方をしている可能性もあるので注意しなければなりません。UCギフトカードは便利な商品券ですが、さらにお得に利用するためには、細かい知識、テクニックが必要です。
便利でお得なUCギフトカードについての理解を深めて、さらにお得に使えるように正しい知識を身に付けていきましょう。

発行元はユーシーカード株式会社

そもそもUCギフトカードとはどんな商品なのかですが、簡単に言えば信託販売系の商品券であり、ユーシーカード株式会社が発行しています。ユーシーカード株式会社は、UCギフトカードに見られる商品券発行業務だけではなく、クレジットカードの取扱い、集金代行、事務計算代行業務などもおこなっています。
単に商品券を発行しているだけではなく、金融系の事業を幅広く展開していると考えれば、イメージしやすいでしょう。金融の事業に精通しているため、商品券としての信用度は高く、実際に全国で数多く流通しています。
使用できる店舗も非常に多く、全国約60万以上の店舗での利用が可能です。商品としての信用度は高く、株主もみずほ銀行、クレディセゾン、NTTドコモと大手企業が名を連ねています。商品、そして企業としての信用度が高く、UCギフトカードも全国的に知れ渡っている商品券と言えるでしょう。

UCギフトカードの購入方法

UCギフトカードは非常に便利なものですし、購入したいと考える人も多いのではないでしょうか。ギフトカードと聞けば、誰からプレゼントされるものとイメージする人は多く、実際に自分で購入したことはないという人も多いです。UCギフトカードを購入する方法はさまざまありますので、それらを知っておきましょう。

販売店舗で購入する

UCギフトカードは、店舗で販売しているため、店頭で購入が可能です。販売店舗については、公式ホームページから住所検索で調べることができます。住所を入力すれば、最寄りの取り扱い店舗が検索できますが、店舗型であればすべての場合で商品券を取り扱っているわけではありません。
店舗によっては信託業務などに限って営業していることもありますし、ギフトカードの取り扱いがあるのかは、事前に確認しておきましょう。

電話かFAXで注文して購入する

UCギフトカードは、店舗に足を運ばなくても、電話かFAXで注文して購入することもできます。フリーダイヤルとなっているため、通信料金はかかりませんし、店舗に向かう必要がないため、手間をかけずに購入できます。
窓口は9:00~17:00までであり、元日のみ休業ですので注意しましょう。FAX用紙は公式ページからダウンロードし、自身で印刷して使用します。購入までに少し手間がかかりますので、素早く手続きを済ませたいなら、電話をかけたほうがよいでしょう。

ホームページから申込み購入する

UCギフトカードは、公式ページからネット購入も可能です。ネットで購入すれば、手続きはスムーズに進められますし、比較的簡単に購入できるでしょう。ただし、ホームページから申込んだ場合は、ギフトカードが届くまでに、入金確認後から1週間程度かかります。
申し込みをしてからではなく、入金を確認してからになりますので、届く時期には注意しましょう。すぐに必要な場合などは、時間がかかってしまうため不向きです。時間に余裕がある場合は、ネットでの購入を検討するとよいでしょう。

額面金額の種類と購入金額

UCギフトカードには複数の種類があり、それぞれで金額は違っています。また購入の方法によっては、額面以上のお金がかかることもあるので注意が必要です。ギフトカード自体は便利ですが、実際に購入するとなれば、商品券の金額以上にお金を支払う可能性があることは理解しておきましょう。

500円と1,000円と5,000円券の3種類

UCギフトカードは、500円と1,000円と5,000円券の3種類であり、使用用途に合わせて使い分けることが大切です。小さな買い物であれば500円や1,000円ですし、大きな買い物をするのであれば5,000円がおすすめです。
ギフトカードですので、誰かに贈ることが多いですし、相手の欲しいものなどに合わせて金額を設定するとよいでしょう。また、大きな買い物を予定していないのであれば、普段使いできるように、小さな金額で複数枚の商品券を贈るのもおすすめです。
仮に5,000円分贈るとしても、5,000円1枚なのか、1,000円を5枚とするのかで、使い勝手は違ってきます。金額の総額だけではなく、内訳も考えて贈ると、より喜ばれるでしょう。

電話やFAXとHPからの購入は手数料が掛かる

UCギフトカードの購入方法は、店頭販売、電話・FAX、ホームページからの購入に分けられますが、このうち電話・FAX、ホームページからの購入には手数料がかかります。電話・FAXは額面の金額にプラス540円、ホームページからだとプラス400円かかるので注意しましょう。
手数料は1回の購入ごとにかかってしまうため、小分けにせず、まとめて購入したほうがお得です。また、手数料をかけたくないのであれば、店舗で購入するのがおすすめです。

購入時の支払方法は2種類のみ

UCギフトカードを購入する際には、代金を支払いますが、このとき支払い可能な方法は、大きく2つに分けられます。支払い方法を理解していないと、いざ購入する際に手間取ってしまうこともあるので注意しましょう。

UCカード決済で支払う

UCカードを持っているのであれば、カード決済でUCギフトカードが購入できます。カード決済はUCカードに限られますので注意しましょう。その他のカードでは、カード決済による購入はできません。

現金または銀行振込で支払う

カード払い以外の方法だと、現金または銀行振込での支払いとなります。店頭は現金、電話・FAXとホームページは銀行振込と決まっており、これらを変更することはできません。銀行振り込みの場合は、振り込みが確認されてから発送となりますので、申し込み後は素早く振り込みを済ませましょう。

使用方法と注意点

UCギフトカードはどこでも気軽に使用できますし、使い方については深く考えたことがないという人も多いのではないでしょうか。商品券ですので、会計時に渡すだけで利用はできますが、実際に使用する場合にはさまざまなポイントや注意点があります。細かいポイント正しく把握して、上手にギフトカードを利用しましょう。

基本の使い方は現金と同じ

まず使い方についてですが、これは基本的には現金と同じです。会計時にギフトカードを提示すれば、額面の金額に応じて値引きをしてもらえます。ただし、使用できるのは対象となっている店舗に限られますので注意しましょう。UCギフトカードの加盟店でなければ、使用はできません。

基本的にお釣りは出ない

UCギフトカードは、基本的にはおつりが出ませんので、額面よりも少額の買い物で出してしまうと損をします。たとえば100円の買い物をしたときに、500円の券を提示すると、差額の400円については丸々損をします。
少額の買い物には向いていませんので、高額になる場合、あるいは額面の金額を少しでも上回る場合にのみ使うようにしましょう。

UCカードか現金と併用して使用できる

ギフトカードをお得に利用するには、額面よりも高額の買い物をした場合に使うのが基本であり、不足分については現金やUCカードで支払うことができます。店舗によっては、UCカード以外でも使える場合がありますし、どのカードが利用可能かはそれぞれで尋ねてみましょう。
不足分をカードで支払う場合は、ポイントの対象となるのはもともとの金額ではなく、ギフトカード分を差し引いた金額となります。6,000円の買い物をし、5,000円のギフトカードを提示し、不足分をカード払いにすれば、ポイント対象となるのは残りの1,000円分のみです。

有効期限はない

ギフトカードは有効期限が定められていることが多いですが、UCギフトカードにはそれがありません。基本的な考えは現金と同じであり、いつでも自分の好きなタイミングで使用できるのが大きな魅力です。焦って使う必要がありませんので、使いどころをしっかり見極めることができますし、本当に欲しいものを見つけたときまで取っておくのもよいでしょう。

ミシン目を切り取ると無効になる

UCギフトカードは有効期限がありませんので、いつでも使うことができますが、ミシン目を切り離してしまうと無効になるので注意しましょう。ギフトカードの端にはミシン目があり、これは使用する際に切り離します。
勝手に切り離してしまうと、使用済みとなってしまい、店舗で利用することができません。ミシン目は自分で切り取らずに、店舗で店員さんに切り取ってもらいましょう。

UCギフトカードが使える店舗について

UCギフトカードをお得に利用するためには、どこで使えるのかを知っておくことが大切です。使える店舗はたくさんありますが、すべての店舗を網羅しているわけではありませんし、事前に確認しておくことが大切です。
欲しいものを見つければ、どこで購入するかについても検討し、ギフトカードが使えるかをチェックするのもおすすめです。同じ商品でも、店舗によってはギフトカードが使えない場合もあるので注意しましょう。

全国に60万店舗以上ある

UCギフトカードが利用できる店舗は、全国に60万以上あります。有名どころであればほとんどが使えますし、いつも利用している店舗も対象となっている可能性が高いので確認しておきましょう。全国どこでも使えるのが、UCギフトカードの特徴ですので、日常的な買い物で利用するのはもちろん、出先での買い物に使える場合もあります。
百貨店などに入っている店舗であれば、基本的には利用できることが多いですし、気になるお店を見つければ、ギフトカードが利用できるか聞いてみましょう。

正確な店舗数の公示はしていない

全国60万以上の店舗で使えるUCギフトカードですが、正確な店舗数については実は公示されていません。そのため、60万以上とうたわれているものの、実際にはさらに多くの店舗で利用できますし、使えない店舗のほうが少ないとも言えます。ほとんどの店舗で利用できるのが、UCギフトカードの魅力のひとつです。

多目的なショッピングで使える主な店舗

全国60万以上の店舗で利用できるUCギフトカードですが、さらに便利に利用するためにも、実際に使える店舗を確認していきましょう。全国のさまざまな場所で使えるのが大きな特徴であり、多目的なショッピングが可能な施設であれば、ほとんどの場所で利用できます。
お出かけで訪れるショッピング施設の多くでギフトカードが利用できますので、さまざまな商品の購入に使えます。

伊勢丹や大丸などの百貨店

伊勢丹や大丸など、全国的に有名な百貨店であれば、UCギフトカードは漏れなく利用できます。全国20の百貨店で利用可能であり、ほかには高島屋、阪急百貨店、三越などでも利用可能です。百貨店はほとんどの店舗が利用できますので、少し高級なものを買う際に、ギフトカードを使うのがおすすめです。

イオンや三井アウトレットなどのショッピングセンター

イオンや三井アウトレットなど、ショッピングセンターでもUCギフトカードは利用できます。全国9のショッピングセンターで利用できますが、一部例外がありますので注意しましょう。大手のショッピングセンターであれば、基本的には利用可能です。ショッピングセンターなら、さまざまな商品が購入できますし、使用用途は幅広いでしょう。

西友や長崎屋などのスーパー

UCギフトカードは、実は西友や長崎屋などを含む、12のスーパーでも利用できます。すべてのスーパーで利用できるわけではなく、一部例外はありますので注意しましょう。日常生活に必要不可欠な買い物にまで利用できますので、特に大きな買い物を予定していない人は、普段使いとして利用するのもおすすめです。

DCMホーマックやカインズホームなどのホームセンター

DCMホーマックやカインズホームなどの、ホームセンターでもギフトカードは利用できます。全国9の有名どころのホームセンターであれば、ほとんど網羅しているといってもよいでしょう。日用品から家電、家具などにまで使用できますし、生活を少し便利にするために、普段は手の届かないものを買うのもおすすめです。

ツルハやスギ薬局などのドラッグストア

ツルハやスギ薬局などを含む、7のドラッグストアでも、UCギフトカードは利用できます。ドラッグストアであれば、日用品なども安く購入できますし、薬や栄養剤、化粧品などの少し高めの物にも使えます。ドラッグストアで購入できる商品は多いですし、欲しいものがたくさんあるのなら、ギフトカードでまとめて買ってみるのもよいでしょう。

衣料洋品や靴の購入を目的に使える専門店

UCギフトカードは総合的な店舗で利用できるだけではなく、衣料品や靴など専門店でも利用できます。専門店の商品は高額になることも多いですし、特に衣料品などはピンからキリまで値段は幅広く設定されています。ギフトカードを使えば、手の届かない高級品にも手を伸ばしやすいですし、少し贅沢をしてみるのもよいでしょう。

AOKIやはるやまなどの紳士服店

AOKIやはるやまなど、紳士服店でもUCギフトカードは利用可能であり、ほかにも使える店舗は数店あります。紳士服はオーダーメイドとなれば高額になりますし、既製品であっても数万円の買い物になります。スーツはもちろん、シャツやネクタイなど、店舗で販売しているものであれば、すべてギフトカードは利用可能です。
ワンランク上の身だしなみを目指すなら、ギフトカードを使って少し値の張る商品の購入も検討してみましょう。

マックハウスやミキハウスなど子供服も購入できる店

紳士服だけではなく、マックハウスやミキハウスなど、子供服も購入できる店舗でも、UCギフトカードは利用できます。他にも利用できる店舗は数店ありますし、店舗によっては大人用の服も一緒に販売している場合もあります。親子で一緒に買い物もできますし、購入できる商品の幅は広いでしょう。

ダイアナやサンシューズなどの靴専門店

衣料品だけではなく、ダイアナやサンシューズなど、靴専門店でも利用できるのがUCギフトカードの魅力です。靴はオシャレの基本ですし、どんな靴を履いているかによって、その人の人間性などが見られることも多いです。
オシャレで高級な靴を履いていれば、大きなステータスですし、自慢にもなるでしょう。専門店で買えば高額になることも多いですが、ギフトカードを利用すれば、ブランド物でも安く手に入れることができます。

その他の購入目的で使える主な店舗

UCギフトカードが利用できる店舗はたくさんあり、ほかにもさまざまな店舗で使うことができます。こんなものまでと思う商品も、ギフトカードが使える場合がありますので、購入前にはきちんと確認しておくことが大切です。どんな商品にギフトカードが使えるのかをさらに深堀りして、UCギフトカードの使用用途を広げましょう。

家具や家電などの購入を目的に使える専門店

UCギフトカードは、家具や家電などの専門店でも利用できます。家具の専門店は、代表的なところで言えばニトリがありますし、家電量販では多くの店舗で使えます。家具や家電は高額になることも多いですし、ギフトカードが使えればうれしい限りです。
少し値段を出せばより優れた機能の付いた家具、家電が購入できるのにと歯がゆい思いをしている人も多いでしょうし、ギフトカードを使って、普段は諦めてしまうものも購入を検討してみましょう。

ゴルフ用品専門店やスポーツ用品店

ゴルフ用品専門店やスポーツ用品店でも、UCギフトカードが使える店舗は多いです。スポーツ関係の商品は、良いものを選ぼうとすれば高額になりますし、場合によっては数万円、数十万円単位の出費になることもあります。
良い道具があれば、スポーツはさらに楽しくなりますし、上達のスピードも格段に上がります。上達のための先行投資の意味でも、ギフトカードを使って良い道具を揃えてみましょう。

本の購入が目的の書籍販売店

利用可能な店舗は少ないですが、本の購入が目的の書籍販売店でも、一部UCギフトカードが利用できる場合はあります。文庫本など安いものをたくさん買うこともできますし、普段はなかなか手が伸びない、ハードかバーの本に手を伸ばすのもよいでしょう。
また、専門書や翻訳本など、レアな本であれば数千円、数万円と高額になることもありますし、それの購入にギフトカードを使うのもおすすめです。

コンビニエンスストアはサークルKサンクスのみ

サークルKサンクスのみの利用にはなりますが、コンビニでもUCギフトカードは利用できます。コンビニでは細々とした商品が多いですが、中には少し値の張るものもありますし、使用用途は非常に幅広いです。店舗の選択肢は限られていますが、商品の選択肢は多いですし、コンビニでの利用も意外におすすめです。

旅行や宿泊などの目的でも使用できる

ギフトカードは、商品の購入にしか使えないとイメージする人が多いですが、実はそうとは限りません。利用先によっては、旅行や宿泊などでもUCギフトカードは利用でき、安くで旅行を楽しむことができます。費用が安く抑えられれば、旅先での楽しみも増えますし、どんな場所で使えるのかを知っておきましょう。

東急観光や日本旅行の旅行会社のツアーに

東急観光や日本旅行を含めた5社のツアーパッケージで、UCギフトカードは利用できます。ツアー旅行の場合は、さまざまな特典がついて料金も安く設定されていることが多く、そこにギフトカードを使って値引きをすることで、さらにお得に旅行が楽しめます。
場合によっては、ただ同然でツアーに参加できることもありますし、旅行会社にギフトカードの利用は可能か聞いておきましょう。

ヒルトンやプリンスホテルの宿泊に

ヒルトンやプリンスホテルなど、12ホテルグループでもUCギフトカードは利用できます。ギフトカードを利用すれば、いつもよりランクが上の部屋に泊まることができますし、さまざまなサービスも利用しやすいです。
ホテルでの時間も含めて旅行を楽しみたいという人は、ギフトカードを使って贅沢な時間を過ごしてもよいでしょう。また、ホテルによってはホテル内のレストランでもギフトカードが使える場合もありますし、利用時に確認しておきましょう。

数は少ないが利用できる飲食店がある

利用できる店舗の数は少ないですが、飲食店でもUCギフトカードは利用が可能です。デニーズ、かに道楽チェーンなどを含めた6つの店舗で利用が可能ですので、お店の公式ホームページなどからギフトカードが使えるか調べてみましょう。
ギフトカードの使い道に困っているのであれば、食事に利用するのもおすすめですし、値段を気にせずに楽しむことができます。

UCギフトカードのその他の使い方

UCギフトカードに限らず、商品券といえば商品やサービスの購入時に使えるものとイメージする人は多いです。確かにギフトカードは買い物の際に使用することが多いですが、UCギフトカードには、さらに他の使い方も存在しています。裏技的な使い方を知っておくことで、使用用途はさらに広がりますし、よりお得に活用できます。

高島屋で他の金券が購入できる

高島屋でUCギフトカードを使えば、他の金券の購入が可能です。図書カード、全国共通おこめ券、ビール共通券、ハーゲンダッツギフト券、アサヒスーパードライ鮮度ギフトセットなどの金券が購入でき、使用用途はさらに広がります。
欲しいものがあってもUCギフトカードが使えないという場合は、他の金券に変えて使うのもおすすめです。ただし、金券の種類によっては、換金率が悪く、価値が下がることもあるので注意しましょう。

サークルKサンクスでタバコが購入できる

一般的いにギフトカードでは、タバコは買えませんが、サークルKサンクスに限っては、タバコの購入も可能です。好きな銘柄が決まっているのであれば、まとめてカートンで購入するのもよいですし、ギフトカードの額面の金額を超えるように買えば損をすることはありません。他では買えないものが買えますので、使い道に困った場合にもおすすめです。

贈答用として贈るときのための情報

ギフトカードは基本的には贈答用として贈るものですし、そのための情報を知っておくことが大切です。ギフトカードをもらえれば嬉しくはありますが、そのままで送られてきても味気がありません。贈答用としては、さまざまなラッピングのサービスがありますので、それらを上手に利用して、特別感のある贈り物をしましょう。

桐箱に入れてくれるサービスがある

UCギフトカードは、桐箱に入れてくれるサービスがあり、贈答用としては高級感、特別感が出ますのでおすすめです。購入方法などはホームページと同じであり、特別な手続きは必要ありません。よく分からない場合は、電話で直接聞いてみるとよいでしょう。
同じギフトカードでも、封筒などで送られてくるのと、桐箱に入っているのでは印象が大きく違います。祝い事などにも使えますし、桐箱のサービスは非常におすすめです。

ゴルフコンペ用のカードケースがある

UCギフトカードには、ゴルフコンペ用のカードケースがあり、これは無料で利用できます。コンペの商品ようにギフトカードを使うなら、カードケースのサービスの利用がおすすめであり、ホームページからでも申し込みが可能です。
カードケースに入れているだけでも、高級感は増しますし、コンペの気分を盛り上げるためにも、細部までこだわってみるのがよいでしょう。

お得にギフトカードを購入する方法

UCギフトカードの購入方法はさまざまあり、実は正規の金額で買うだけではなく、よりお得に購入できる方法もあります。お得に購入できれば、贈答用だけではなく、自身で使うために買うこともできますし、よりお得に買い物が楽しめます。お得に購入する方法を知って、UCギフトカードを、さらに便利に使っていきましょう。

UCカードで購入しポイントを貯める

UCカードでは、1,000円購入ごとに永久不滅ポイントが1ポイントたまり、これをギフトカードに交換できます。普段使いでカードを使っていれば、自然とポイントはたまりますし、実質の費用は無料でギフトカードを手に入れることができます。
UCギフトカードはさまざまな場所で使えますし、ほかのギフトカードよりも優れている部分は多いです。カードに特にこだわりがない、あるいは少しでもお得なカードを使いたいのであれば、UCカードへの変更を検討してもよいでしょう。

金券ショップやオークションを利用する

UCギフトカードは、金券ショップやオークションなどで販売されていることも多く、上手に利用すれば、額面より安価で購入できます。金券ショップの場合は、実物を見ながら購入できますので、危険性はそれほどありませんが、オークションの場合は注意が必要です。
オークションだと業者ではなく、個人間の取引となるため、相手によって信用度は大きく変わります。また、相手の顔が見えず、商品も現物が確認できません。購入しても別物が送られてきたり、場合によっては発送すらされないということもあります。オークションの場合は、取引相手の情報、評価なども確認し、信用性を確かめてから取引しましょう。

2014年2月からの変更点に注意

以前はUCギフトカードもAmazonでの買い物に使えていましたが、2014年2月以降は使用ができなくなりました。Amazonnで使えるのは、Amazonnギフトカードのみに限られますので、間違えないよう注意しましょう。
昔は使えていたからと誤解したままの人は多いですが、変更以降は一切使えなくなっているので注意が必要です。

UCギフトカードの詳細を知り賢く使用しよう

UCギフトカードは、贈答用としてはもちろん、コンペなどの商品にも使えますし、利用できる幅は広いです。また、お得に購入できれば、自身で使うこともできますし、生活のさまざまなシーンで役に立つものと言えるでしょう。
利用できる店舗も多く、商品の購入だけではなく、食事や旅行、宿泊などのサービスにも利用できるのが嬉しいポイントです。UCギフトカードを上手に利用すれば、普段はできないこと、手が届かないものも購入できますし、生活の質を高めることにも繋がります。
上手な使い方のポイントや注意点を理解することが、よりお得に使うためのポイントです。UCギフトカードへの理解を深めて、上手に利用して得をしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事