VJAギフトカードの活用方法|使用時に注意すべき点とは

VJAギフトカードの活用方法|使用時に注意すべき点とは

家計の知恵 2018.08.18

VJAギフトカードについて詳しく知りたい

ギフトカードは非常に便利なものであり、一度は使ったことがあるという人は多いのではないでしょうか。ギフトカードにはさまざまな種類があり、それぞれで利用できる範囲や特徴は違っています。有名なギフトカードとして、VJAギフトカードがあり、使ったことがある人、現在持っているという人も多いでしょう。
VJAギフトカードを有効活用するためには、賢い使い方を知ることが大切です。VJAギフトカードとはどんなものかを知って、上手な使い方を学んでいきましょう。

そもそもギフトカードとは

VJAギフトカードの使い方を考えるためには、そもそもギフトカードとはどんなものなのかを知っておくことが大切です。ギフトカードの種類はさまざまありますが、根本的な使い方などは共通していますし、基本部分はどれも同じです。ギフトカードそのものへの理解を深めて、基本的な知識を身に付けましょう。

お店で使える紙媒体の有価証券

ギフトカードは、簡単に言えば、お店で使える紙媒体の有価証券です。有価証券ですので、お金と同等の価値を持っており、額面に記載されている金額で利用できます。ギフトカードの発行元はさまざまありますが、クレジットカード会社が発行している場合は、おつりが出ないので注意しましょう。これはクレジットカード会社の規定によるものであり、基本的に例外はありません。

ギフトカードはクレジットカードで購入できる

商品券はほとんどの場合で現金での購入に限られていますが、ギフトカードの場合はクレジットでの購入が可能です。有価証券を得ながらクレジットカードのポイントも貯めることができるため、カード払いでの購入がおすめです。
ポイントが貯まれば実質の購入代金は割引になりますし、現金で購入するよりもお得にギフトカードを入手できます。

ギフトカードと商品券の違いは贈り物用かどうか

ギフトカードと商品券は同じと考えられることも多いですが、厳密には別物です。記載された金額と同じだけの商品と交換できるという意味では、ギフトカードと商品券は同じですが、用途に違いがあります。商品券は単に商品との交換を目的としていますが、ギフトカードは贈答用のものとして考えられています。
そのため、贈り物の用の商品券=ギフトカードと言えますので、何に使われるかによって種類が異なると考えましょう。

おつりのでるものとでないものがある

クレジットカード会社が取り扱うギフトカードは、基本的にはおつりが出ませんが、その他の会社が取り扱っている商品券であれば、おつりが出るものもあります。詳しくは利用時に確認が必要ですが、下記でも一部おつりが出る商品券を紹介しますので、参考にしてみましょう。

  • おつりの出る商品券の例
  • 全国百貨店共通商品券
  • 高島屋商品券
  • 伊勢丹商品券
  • そごう・西武商品券
  • JTB旅行券
  • ツーリスト旅行券
  • ビール共通券
  • おこめ券
  • ジェフグルメカード
  • マックカードセブン&アイ商品券
  • イトーヨーカドー商品券
  • ジャスコ商品券
  • イオン商品券

ギフトカードは換金率がかなり高い

ギフトカードは換金率が高いのが特徴であり、85%~90%で取引されています。ギフトカードを購入しても、ほとんど損がないことが贈答用としても使われている理由のひとつでしょう。

ギフトカードを送るメリットについて

プレゼントではなく、ギフトカードを送るメリットは、相手の欲しいものが買えるという点にあります。いざ贈り物をするとなった場合、何が喜ばれる分からず困ることは多いです。また、贈ってあげたいものがあっても、相手の好み、サイズが分からないこともあり、これらの場合にギフトカードが送られることが多いです。
ギフトカードならもらった人が自分で欲しいものを選びますので、失敗がありません。現金のはあまりに生々しいですし、ギフトカードにして贈ることで、相手にも気を遣わせずに済みます。

ギフトカードを贈る具体的なシチュエーションについて

ギフトカードはさまざまなシチュエーションで贈られるものですが、実際にどんなときに贈るのかイメージできないという人も多いでしょう。ギフトカードは実はさまざまなシチュエーションで贈られるものであり、覚えておくと贈り物で困ったときにも便利です。

お祝いや挨拶に贈る

ギフトカードは、お祝いや挨拶の際に贈られることが多く、日常的なシチュエーションも数多く存在します。たとえばお歳暮、お中元などの季節の挨拶や、結婚・出産、誕生日、入学・卒業祝などに贈られることが多く、ほかにもさまざまなシチュエーションが考えられます。めでたいことがあれば贈る、季節の節目で贈ると考えればイメージしやすく、活用の幅も広げやすいでしょう。

イベントやパーティーなどの景品として贈る

イベントやパーティーなどの景品として、ギフトカードを贈ることも多いです。景品がなかなか決められないというときには、ギフトカードがおすすめです。特に年齢層が幅広い場合は、年代や性別によって違うので、ギフトカードを贈ると失敗がありません。ギフトカードはもらった人が使い道を決めることができるため、誰がもらっても嬉しい景品と言えます。

VJAギフトカードについて

ギフトカードそのものへの理解を深めれば、さらにVJAギフトカードに焦点を当てて理解を深めていきましょう。ギフトカードにはさまざまな種類があり、それぞれで発行元や特徴、種類などが異なります。VJAギフトカードにも複数の種類がありますし、ほかのギフトカードとは違う部分もあります。VJAギフトカードへの理解を深めて、どのようなものなのかを深掘りしていきましょう。

三井住友カードが発行しているギフトカード

VJAギフトカードは、三井住友カードが発行しているギフトカードのひとつです。元々は VISA ギフトカードとして販売されていましたが、2011年1月に名前を変更し、現在のVJAギフトカードとなっています。発行元は金融業界でも大手の三井住友ですし、ギフトカードとしての信用度は高いです。
ギフトカードは金券ですので、発行元の信用が重要視されますが、VJAギフトカードの場合は、信用性に問題はないでしょう。

VJAはVisa Japan Associationの略称

VJAというのはVisa Japan Associationの略称で、日本でVISAカードやギフトカードを管理している会社という意味です。国内で管理されているものですので、利用範囲も国内に限られます。三井住友グループ自体は海外での事業進出もおこなっていますが、VJAギフトカードの使用については、国内に限定されていることは理解しておきましょう。国内であればさまざまな場所で使えますし、使えずに困るということはほとんどありません。

VJAギフトカードには有効期限がない

VJAギフトカードには、有効期限がなく、好きなときに使うことができます。期限を気にする必要がありませんので、焦って使ってしまう必要はありません。基本的な考えは現金と同じで、いつ使っても額面の金額から価値は大きく変動しないと考えましょう。
ただし、ミシン目の部分を切り取ってしまうと、無効となるので注意しましょう。ギフトカードの自体の有効期限はないものの、ミシン目から切り取ると使用したとみなされ、店舗では使えなくなってしまいます。財布などで保管していると、いつのまにか劣化してミシン目が切れる可能性もあるため、封筒に入れるなど、傷まない場所で保管するのがおすすめです。

カードは1,000円と5,000円の2種類

VJAギフトカードは、1,000円と5,000円の2種類であり、それぞれ希望金額を組み合わせることができます。たとえば1万円分のギフトカードを贈る場合でも、1,000円を10枚とするのか、5,0000円を2枚とするのかで使い勝手は違います。
大きな買い物を予定しているのであれば、5,000円を贈ったほうがよいですし、細々とした買い物に使いそうなら1,000円単位のほうが使いやすいです。総額としては同じでも、組み合わせによって使い道は違ってきますので、どの組み合わせて贈るかも大切です。

ギフトカードの種類は3種類

ギフトカードの種類は3種類であり、普通のギフトカードのほかに、VJAトラベルギフトカードと横浜中華街専用ギフトカードがあります。トラベルギフトカードは、旅行代金専用の商品券であり、旅行好きの人に贈るのに最適です。
横浜中華街専用ギフトカードは、その名の通り、中華街での有名店などで利用できるギフトカードです。それぞれの用途に特化しているため、相手の趣味によってはこれらを贈っても喜ばれるでしょう。

おつりは出ないので注意が必要

商品券にはおつりが出るものと出ないものがありますが、VJAギフトカードはおつりが出ません。おつりが出ないため、使い方には注意しなければなりませんし、間違って使うと損をします。せっかくのギフトカードで損をしないためにも、利用時にはおつりが出ないことを念頭に置くことが大切です。

VJAギフトカードの使える店について

VJAギフトカードは、さまざまな場所で使うことができ、使用できる店舗の幅は広いです。普段買い物をしている場所でも、使える可能性はありますので、どこで使えるのかを知っておくのは大切なことです。どこで使えるのかが分からずに、ギフトカードを眠らせている人は多く、いかに有効期限がないといっても、いつまでも使わないのはもったいないでしょう。
ギフトカードごとにどの店舗で使えるかは違いますので、VJAギフトカードが使用できる範囲を正しく把握しておくことが大切です。

VJAギフトカードが使えるのは国内のみ

大前提として理解しておきたいのが、VJAギフトカードが使えるのは国内のみであるということです。全国50万店以上のVJAギフトカード取扱店で利用可能ですが、いずれも国内に限られており、海外では一切利用できないので注意しましょう。
取扱店はデパート、大手スーパー、ショッピングセンター、専門店、レストラン、ホテルなどさまざまです。日常的な買い物から、少し特別な買い物、時間にまで使うことができますし、国内だけでも利用できる範囲はかなり広いでしょう。

VJAギフトカードが使えるデパート

VJAギフトカードが使えるデパートは、伊勢丹、西武、そごう、大丸、髙島屋、東急、東武、松坂屋などです。老舗の百貨店であれば、ほぼ確実に使えますし、ぜひお買い物に役立てましょう。百貨店であれば専門店がたくさん入っていますので、少し贅沢なものを買うことができますし、買える商品の幅も広いです。
自分へのご褒美のつもりで高級品を買うのもよいですし、誰かへの贈り物を買う際に、ギフトカードを使って購入してもよいでしょう。

VJAギフトカードが使えるスーパー

VJAギフトカードが使えるスーパーは、イオン、イトーヨーカ堂、西友、ダイエーなどです。スーパーであれば、普段から食料品、日用品を購入するために利用しますし、ギフトカードも使いやすいでしょう。せっかくのギフトカードを日常的な買い物に使うのはもったいないと考える人も多いですが、それを使って何かを購入するのであれば、結局使うお金は同じです。
仮にスーパーでギフトカードを使ったとしても、日常的な消費分が浮くことになりますので、余裕ができた分を使って欲しいものも買えます。欲しいものが明確に決まっているなら、直接ギフトカードで買えばよいですが、決まっていない、あるいはギフトカードが使えない場合は、日常的な消費に使うのもおすすめです。

VJAギフトカードが使えるコンビニ

VJAギフトカードは、実はコンビニでも使えます。使えるコンビニはサークルKとサンクスであり、範囲は限定的ですが、それでも使えるのが嬉しいという人は多いでしょう。コンビニではさまざまなものが買えますし、普段使いをするにはぴったりの場所です。
1,000円のギフトカードであれば、細々とした買い物でも使いやすいですし、コンビニで使ってしまうのもおすすめです。

VJAギフトカードが使える飲食店

VJAギフトカードが使える飲食店は、藍屋、アサヒビール園、かに道楽、がんこ寿司、木曽路銀座、ライオン、ステーキのどん、デニーズなどが挙げられます。ほかのギフトカードに比べれば、使用できる飲食店が多く、さまざまなシーンで活躍します。
家族での外食はもちろん、誰かを招いての食事にも使えますし、店舗を選んで利用できるのが大きなメリットです。普段はなかなかいけない高級なお店にも行けますし、好きなものを好きなだけ食べて、パーっと使ってしまうのもよいでしょう。

VJAギフトカードが使えるホテル

VJAギフトカードが使えるホテルは、リッツ・カールトン、帝国ホテル、プリンスホテルホテル、インターコンチネンタル、ホテルニューオータニなどが挙げられます。ワンランク上のホテル、部屋にも泊まることができますし、旅の思い出を作りたい人にはおすすめの使い方です。
VJAギフトカードには、トラベルギフトカードもありますが、宿泊代金については、通常のVJAギフトカードでも支払うことができます。ホテルは良い部屋に泊まろうと思えばかなりの出費になりますが、ギフトカードを使えば格安、あるいはただ同然で素晴らしい部屋に泊まることができます。

その他VJAギフトカードが使えるところ

その他VJAギフトカードが使えるところとしては、ホームセンター、家電店、衣料品店などが挙げられます。VJAギフトカードが使える場所は非常に多く、使用用途もさまざまです。使用できる店舗は非常に多いため、何か買い物を検討している場合は、ギフトカードが使えるかを聞いてみるよいでしょう。
これまで何度も買い物をしているお店でも、実はギフトカードが使えるということは多々あります。利用可能な店舗があるにも関わらず、ギフトカードを使わず眠らせているのはもったいないですし、きちんと確認して積極的に利用しましょう。

VJAギフトカードの使い方ポイント

VJAギフトカードはおつりが出ませんので、額面よりも少額になる場合は使うのはもったいないです。たとえば800円のものを購入し、1,000円のギフトカードを出してしまうと、差額の200円分損をすることになります。
損なく使うためには、額面以上の買い物のときに提示し、不足分を現金やカードで支払いましょう。店舗によっては不足分の支払いは現金のみということもありますので、事前に確認が必要です。カードでの支払いがOKな場合は、カードで払えばポイントも貯まりますし、さらにお得です。
ギフトカードは何に使う場合でも、額面以上の買い物をしたときに使うのが鉄則です。おつりが出るなら気にせず使ってもよいですが、VJAギフトカードは購入したものに関係なく、おつりが出ませんので、使い方には十分注意しましょう。

VJAギフトカードを購入する方法

VJAギフトカードを手に入れるためには、購入が必要です。購入の方法はさまざまありますので、自分に合った方法を利用しましょう。購入方法によっても、手間などは異なりますので、もっとも便利の良い方法を選ぶことが大切です。

インターネットで購入する

VJAギフトカードは、インターネットで購入が可能であり、三井住友VISAカードの公式ホームページより購入します。ホームページでは、VJAギフトカードの購入ページがありますので、説明に従い購入手続きをおこなましょう。手順に沿って操作をすれば誰でも簡単に購入できますので、手間を最小限に抑えたい人にはおすすめです。

販売店で購入する

VJAギフトカードは店舗販売もおこなっていますので、取り扱いのある販売店を探しましょう。販売店についても、三井住友VISAカードの公式ホームページで検索できます。店舗によっては、ギフトカードの取り扱いがないこともありますので、必ず取り扱いの有無は確認してから、足を運びましょう。販売店であれば、現物をそのまま購入できるため、当日に入手が可能です。

電話で購入する

電話で購入する場合は、VJギフトカードセンター、0120-096-437に電話をして購入します。フリーダイヤルですので電話料金はかかりません。受付時間は9時から17時であり、年末と年始だけで休業となっています。その他の期間であればいつでも問い合わせができますので、ネットでの操作がよく分からない人は電話のサービスを利用してみましょう。

支払い方法はさまざま

ギフトカード購入代金の支払い方法はさまざまであり、VJA、オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、Mastercardなどで支払いが可能です。カード払いだけではなく、現金払いも可能であり、販売店での購入の場合は現金払いが基本です。
また、VJギフトカードセンターに連絡すれば、電話購入でも現金での支払いが可能になりますので、一度相談してみるとよいでしょう。

商品が届くまでの日数について

VJAギフトカードは、購入の申し込みをすればすぐに商品が届くわけではなく、1週間程度かかることは理解しておきましょう。販売店で購入すれば、すぐに手に入りますが、ネットや電話の場合はどうしても時間がかかってしまいます。急ぎで必要な場合は、販売店で直接購入したほうがよいでしょう。

公式サイトで購入した際の特典サービス?

VJAギフトカードは、公式サイトから購入すれば、さまざまな特典を受けることができます。商品が届くまでに時間はかかるものの、その他の特典を考えればネットで購入したほうがお得になるケースも多いです。どんな特典があるのかを知って、購入方法についても再度検討し直してみましょう。

指定先へ直接送ってもらえる

公式サイトで購入した場合は、指定先へ直接ギフトカードを送ってもらえます。贈答用のギフトカードを受け取り、相手に転送するという手間を省くことができるため、短時間で相手のもとへ贈ることができます。送料はギフトカード10枚以内で440円、11枚以上の購入で540円です。
11枚以上は何枚になっても基本的には同額ですので、10枚と11枚ぎりぎりの場合のみ、贈る枚数を考えるとよいでしょう。

無料でのし紙をつけてもらえる

公式サイトでの購入の場合は、無料でのし紙をつけてもらうことができ、さらに無料でのし紙に表書き・名入れも可能です。そのまま贈るだけでは味気ないですが、のし紙をつけることで、きちんとした贈り物になります。無料で付けてもらうことができますので、贈答用であれば、忘れずにお願いしておきましょう。

希望に合わせて包装してもらえる

購入したギフトカードは、包装も可能であり、包装のバリエーションも実に豊富です。紙ケースや桐箱、ゴルフコンペ用封筒など、希望に合わせて用意してもらえますので、用途ごとに使い分けることができます。きちんと包装することで、贈り物としても恥ずかしくありませんし、イベントの景品にしたときにも立派に見えます。細かいポイントですが、見栄えは大切ですし、包装をしてもらえるのは大きなメリットでしょう。

VisaギフトカードとVJAギフトカードは違いは

VJAギフトカードのほかには、Visaギフトカードというものもあります。それぞれ名前が似ているため、同じものと勘違いしてしまう人も多いですが、これらには大きな違いがあります。それぞれどのような違いがあるのかを理解して、上手に使い分けましょう。

Visaギフトカードはカードタイプ

VJAギフトカードは紙でできていますが、Visaギフトカードはカードでできています。図書券と図書カードの違いとイメージすれば分かりやすく、図書券はVJAギフトカード、図書カードがVisaギフトカードが該当します。

使った分だけ支払える

Visaギフトカードは、使った分だけ引かれるので、おつりが出ないVJAギフトカードと違って多く払う心配がありません。少額の買い物でも使えるのが大きな特徴であり、使い勝手がよいのはVisaギフトカードと言えるでしょう。

国内だけでなく海外でも使える

VJAギフトカード日本国内でしか使えませんが、Visaギフトカードは国内・海外4,000万店のVisa加盟店で使えます。これは管理している機関が違っているからであり、海外によく行く人に贈るならVisaギフトカードのほうがよいでしょう。

ネットショッピングもできる

Visaギフトカードの場合は、お店やデパートだけでなくネットショップでも使うことができます。AmazonではAmazonカードしか使えませんが、その他のサイトであれば利用できるものも多いです。ネットで買い物をすることが多いなら、Visaギフトカードが使えないか確認してみましょう。

ギフトカードで賢くお買い物する方法

ギフトカードで賢くお買い物するには、購入場所から工夫することが大切です。ギフトカードは公式の店舗以外でも安く買える場所がありますので、そこで購入しましょう。ギフトカードを安くで買うことができれば、差額分は得をしますし、それを使って買い物をすれば、お得に買い物ができます。
ギフトカード以外にも別の金券が安く売っていることも多く、それらと併用することで、さらにコストを下げることも可能です。ギフトカードは贈答用としてだけではなく、自分で購入して使うこともできますので、安く購入できるお店を探しておくことが大切です。

ギフトカードを安く購入する方法

ギフトカードを安く購入する方法はさまざまであり、どこで購入するかで割引率なども違います。公式で買うよりも安全性はやや低くなりますが、それでもお得に手に入ることは確かです。安く購入する場合でも、購入先さえ間違えなければ問題はありませんので、信用できるお店を見つけて賢く活用しましょう。

金券ショップで購入する

金券ショップではギフトカードをはじめとして、さまざまな金券が売っています。お店や金券の種類によって異なりますが、ギフトカードであれば、1~2%程度安く買えることが多いです。割引率としては少なく感じるかもしれませんが、これも積み重なればかなりの金額になります。金券ショップであれば現物を見ながら購入できるため、安全性は高いです。

ネットのヤフオクなどで購入する

ネットのオークションでもギフトカードは販売されており、それを利用することで比較的安く購入できます。送料などで落札時の金額より高くなってしまうこともありますが、それでも金券ショップよりも比較的安く買いやすいです。
ネットのオークションは個人間でのやりとりになるため、相手の評価なども見ながら購入先を決めましょう。いかに安値で出品していても、評価が悪いと信用性に欠けますし、リスクも高いので注意が必要です。

デイリーPlusとクレジットカードで購入する

デイリープラスは、月額500円税別の会員制のサービスです。これに加入することで、VJAギフトカードを0.5%割引で購入でき、非常にお得です。ただ月額料金がかかってしまうため、ギフトカードを多く購入する人以外にはおすすめできません。
1回ギフトカードを購入するために、会員になるのはもったいないですし、長く続けてメリットがある場合のみ登録しましょう。

VJAギフトカードを換金する方法

VJAギフトカードを換金したい場合も、金券ショップやオークションサイトなどを利用します。ギフトカードは換金率は高いですが、現金に交換するとなれば少なからず損をします。現金化する場合は、いかに損をしないかに焦点があてられるため、基本的には額面以上の金額になることはないと考えましょう。
どうしても使い道が見つからないのであれば、換金してもよいですが、少しでも使えそうなものがあれば、通常通りに使用したほうがお得ではあります。

ギフトカードをクレジットカードで購入する際の注意点

ギフトカードはクレジットカードでも購入できますし、クレジットのポイントも貯まるでのお得です。しかし、あまりに大量に購入していると、違法行為と疑われてカードが使用停止になる可能性があるので注意しましょう。
カード会社はギフトカードの現金化行為を利用規約で禁止しており、これはどの会社でも同じです。換金性の高いギフトカードは常に監視されており、クレジットカードでギフトカードを大量に購入すると、現金化していると思われる可能性があります。
何らかの犯罪に関与していると思われる可能性もありますし、突然カードが使えなくなれば困りますので、購入時には十分注意しましょう。

VJAギフトカードは贈り物に自宅用にと活用できる商品券

VJAギフトカードは全国さまざまな場所で使うことができ、使用可能な範囲は非常に広いです。日常的な買い物はもちろん、専門店での買い物や旅行や飲食店の代金などにも使えますし、贈答用の商品として使い勝手がよいでしょう。
また、購入方法次第では安くで買うことができ、賢く使えばコストを抑えて買い物ができます。VJAギフトカードは贈答用としてはもちろん、自分で購入して使うこともできますし、上手に使えばかなりお得になります。VJAギフトカードは、さまざまなシチュエーションで活用できますので、賢い使い方をマスターして、お得に利用しましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事