リクルートカードについて徹底解剖|申し込みや上手な利用方法の詳細

リクルートカードについて徹底解剖|申し込みや上手な利用方法の詳細

カード 2018.08.18

リクルートカードに関する疑問を解決

皆さんはリクルートカードというクレジットカードを知っていますか?その利便性から近年人気を集めているリクルートカードなのですが、その特徴や利点をあまり深く知らない人が多いのではないでしょうか。今回はこのリクルートカードのメリット・デメリットを徹底解剖し、今後の生活に役立てて頂けるように詳しく取り上げていきます。
自分が普段どのようなことにお金を使っているのか、そして今まではどのようなサービスを使ってきたのか、などについて再確認して、今後の支払いの際の選択肢の一つとして検討してみてくださいね。

リクルートカードとは

まず最初に、リクルートカードとは一体どのようなものなのかをご説明します。お金に関わる子ことなので信頼できるクレジットカードを利用したいですよね。安心してご利用いただけるように、リクルートカードの概要を確認してみてください。

リクルート社のクレジットカード

リクルートカードとは、人材紹介などを主要事業とする人業界大手のリクルート社が発行しているクレジットカードです。リクルートは比較的新しい日系の会社ですが、その成長率の高さや業績の高さから毎年就活生から高い人気を集めている非常に注目企業です。
私たちの生活に根付いたネットサービスを提供しているので、リクルートのサービスを一度は利用したことのある方が多いのではないでしょうか。
【参照リンク:http://news.cardmics.com/entry/detail-recruitcard/

リクルートカードの基本スペック

海外で使用できる国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの三つで、利用により貯まるポイントはリクルートポイントになります。還元率は1.2%と大手のクレジットカード会社のものと比べると高いことがわかります。ポイントの還元率は、カードを利用すればするほど大切になってくるのでしっかりチェックしておく必要があります。
【参照リンク:https://setsuyakuseikatu-20.com/post-5301/

リクルートカードの申し込み資格と審査基準

ここでは、リクルートカードを作るときの手順について理解しましょう。クレジットカードの発行の際の審査についてもアドバイスをしていくので、是非加入する際には参考にしてみてください。

18歳以上なら学生でも申し込み可

リクルートカードの申し込み資格は18歳以上に限定されています。本人または配偶者に安定継続収入がある人が対象となっており、高校を卒業した18歳以上の人であれば学生でも申し込みが可能です。
未成年の場合は保護者の同意が必要になりますので、あらかじめ保護者に連絡を取っておくかクレジットカードの発行許可を取っておくと手続きがスムーズに進むのでおすすめです。
【参照リンク:https://card.kinri.jp/katsuyou/recruit-card-shinsa.html

主婦やパートでも歓迎

子育て中で働くことが難しい主婦やパートであっても加入は歓迎されています。安定した高収入がなくてもクレジットカードを発行できるのは嬉しいポイントですね。このように幅広い層をターゲットにしているクレジットカードということは、実際に利用する際も主婦やパートの方が使いやすいサービスを提供しているということになります。
現時点で自分の生活スタイルではイマイチサービスを使いこなせていないと思う方はこの機会にリクルートカードに加入してみると、お得感を得られるかもしれません。
【参考:https://cre-hikaku.com/column/10294

年収の基準はなし

リクルートカードの審査基準に、年収に関する明確な条件はありません。これが誰でも審査を受けやすい大きな理由の一つになっているようです。
年収の高さよりも、安定した収入が定期的にあるかどうかを重要視しているようです。今まではクレジットカードを作るのをためらっていた方でも比較的簡単にクレジットカード審査に通してもらえるので、この機会に加入してみてはいかがでしょうか。
【参照リンク:https://nanairo.jp/money/creditcard/money_6813/

リクルートサービスの利用実績

普段からじゃらんやホットペッパーグルメなど、リクルートのサービスを愛用している人ほど審査に通りやすいと言われています。加入後どれだけ自社のサービスを利用してもらえるのかなど、リクルート経済圏に取り込むこともクレジットカードサービスを提供する大きな理由の一つなのでしょう。
リクルートのサービスはCMなどでも大きく宣伝されている非常に身近なものがほとんどなので、普段の利用機会も多いのではないでしょうか。
【参照リンク:https://card.kinri.jp/katsuyou/recruit-card-shinsa.html

契約中のカードの支払い状況

現在契約中のカードの支払い状況や申し込み状況が審査結果にも影響されます。未払い金や滞納がないかなど、カードに支払いに関する項目はカード会社からの信頼を獲得するためにも重要な要素であると言えます。支払い状況に関しては、リクルートカードに限らず、どのクレジットカードにも共通して重要な項目であると言えます。普段から計画的にクレジットカードを利用するようにこころがけましょう。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/column/10294

審査通過率を上げるには

入会キャンペーン期間中は申し込みが増え、審査が甘くなる傾向にあると言われています。したがって入会キャンペーン期間中に申し込むことで、審査通過率をあげることができる可能性があるのです。こちらのキャンペーンは定期的に開催されているようで、リクルート社のほうから情報の発信があるので、あまり急いでいない方はキャンペーンのタイミングに合わせて加入すると入りやすいかもしれません。
入会キャンペーン中は、加入のしやすさだけでなく他の特典が付くケースが多いのでそちらも併せてチェックしてみてくださいね。
【参照リンク:https://nanairo.jp/money/creditcard/money_6813/

リクルートカードの魅力

ここでは、他のカードと比較した際のリクルートカードならではの魅力をお届けします。リクルートカードは提携サービスが他のクレジットカードと少し異なる点が多いことが特徴です。その相違点も含め詳しく掘り下げていきます。
クレジットのおすすめの使用方法は、なるべく一つのクレジットカードに利用金額の比重が多くなるようにしたほうがメリットがあります。このことから、ここでしっかりと自分の出費を見直して、その上でクレジットカードを使って楽しく買い物ができると良いですね。

高還元率でコスパ最強

リクルートカードは年会費無料で、利用時のポイント還元率が1.2%と非常にコスパの高いクレジットカードと言えます。大手のクレジットカード会社のカードを利用しても、ここまで高い還元率にはならないので、リクルートカードの最大に魅力であるといえるのではないでしょうか。
【参照リンク:https://card-professor.jp/recruit-card/

家族カードが無料で発行可能

リクルートカードでは無料で家族カードを発行することができます。家族で同じサービス・同じ経済圏を利用しているのであれば、絶対に家族カードを発行した方がお得です。
家族カードを利用することで、ポイントも明細も集約できるため、効率的にポイントを貯めることができますね。子供にクレジットカードを持たせるときにも、利用明細を確認することができるので安心して持たせることができますね。
【参照リンク:https://setsuyakuseikatu-20.com/post-5301/

電子マネーのチャージでポイントが貯まる

nanacoや楽天Edyといった電子マネーのクレジットカードチャージでのポイントでたまりやすいことも魅力の一つです。特に交通系のICカードえのチャージでポイントがたまるのは大きな特徴ではないでしょうか。定期などでまとまった購入をする方には、還元率が高いのでお勧めできるカードであると言えます。
月々の出費の中でも、交通費が占める割合は意外に高いものです。ですので、その出費をただの出費で終わらせるだけではなく、何らかの形でお得に活用することも賢い知恵です。
【参照リンク:http://news.cardmics.com/entry/detail-recruitcard/

リクルートサービスでポイントを利用できる

リクルートカード利用でたまるリクルートポイントは、じゃらんやホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなどのリクルート運営サービスで利用することができます。リクルートサービスでたまったポイントをまた同じサービスで利用できるのも効率が良いですね。
【参照リンク:https://matsunosuke.jp/recruit-card-plus/#i-2

Pontaポイントの相互交換が可能

カード利用でたまるリクルートポイントはpontaポイントとの相互交換が可能です。交換比率は1対1と損することなく交換ができます。Pontaポイントはコンビニやスーパーなどで現金と同じように利用することができます。
また、Pontaポイントはリクルートが提供するサービスの代金にも使用できるので、利用用途が多様な非常に便利なポイントであるといえます。

【参照リンク:https://matsunosuke.jp/recruit-card-plus/#i-2

実質ポイントに有効期限がない

リクルートカードは丸1年カード利用が空白にならない限り、ポイントが失効することことがありません。つまり、カードを利用し続ければ実質有効期限がないのと同じに扱われます。他のクレジットカードと併せて利用しているとついポイントの有効期限を忘れがちですが、リクルートカードではその心配がいらないので、非常に良心的なサービスですよね。
【参照リンク:https://card-professor.jp/recruit-card/

付帯保険も充実

年会費無料のカードでありながら、国内旅行傷害保険やショッピング保険がついているのは大きな魅力です。年会費が無料のクレジットカードに付帯している海外旅行の保険はあまり中身が充実していないことも多いので、その点は出発前にしっかりと確認しておく必要があります。
カードの種類によっても保険で利用できるサポート内容が変わってくるので、自分に合ったサービスを使えるようにしっかり調べて加入できるといいですね。
【参照リンク:http://news.cardmics.com/entry/detail-recruitcard/

リクルートカードのデメリット

リクルートカードの魅力が分かったところで、続いては知っておくべきデメリットをみていきます。どんなカードにもデメリットはあるので、利用の際は頭に入れておくと良いですね。

発行会社の違いが紛らわしい

Visa・MasterとJCBで発行会社が異なっています。会社によってサービスの内容にも違いがあるため紛らわしいことがデメリットとして挙げられますが、しっかりと調べた上で一人ひとりに合わせたサービスを受けられるというメリットでもあります。
ご自身の出費の内訳やどのようなサービスがあったら活用しやすいかなどを比較した上で、加入申請することが大事です。
【参照リンク:http://news.cardmics.com/entry/detail-recruitcard/#リクルートカードのデメリット

Pontaカードの機能があるわけではない

リクルートカードはpontaカードと提携しているだけで、それ自体にpontaカードの機能がついているわけではありません。少しまぎらわしいのですが、簡単に説明すると次の用になります。「Pontaカードを溜めることはできないけど、既にPontaカードを持っている方は、既存のモノにリクルートカードで得たポイントを移動することができる」という仕組みです。
まだPontaカードを持っていない方は、こちらのサービスを利用することができないので、初めて利用する際には注意が必要ですね。

【参照リンク:https://kjshintani.com/?p=5572#Ponta

ポイントが倍付されることがない

リクルートカードには、買い物をしてもポイントが倍付される店舗がないことが特徴です。
リクルート社のサービスを利用した場合でも他社のポイント還元率とほとんど変わりがなく、お得感が少ないのは少し物足りなさを感じる方もいるかもしれません。
倍増されることはないのですが、通常の還元率はかなり高いとい得ます。なのでそちらに焦点を置いて利用計画を立てるほうがよいかもしれないですね。
【参照リンク:https://kjshintani.com/?p=5572

ポンパレモールは割高

リクルートの通販サイトポンパレモールは他の通販サイトに比べ商品が割高で見劣りする部分も多く、カードの高還元率が無駄になってしまうこともあります。しっかりと比較をしたうえで購入することが大切ですね。
【参照リンク:https://money-pentagon.com/setsuna/リクルートカード/

ポイントが使いにくく感じることも

リクルートポイントは基本的にはじゃらんやホットペッパービューティーといったリクルート系サイトで使うか、Pontaポイントに交換するしかありません。特定のサイトは利用者が限られているので、実際は多くの人がpontaポイントに交換している状況があります。Pontaポイントはローソンやスーパーなどで利用できるため、どの方々にも利用機会があります。
【参照リンク:http://news.cardmics.com/entry/detail-recruitcard/#リクルートカードのデメリット

リクルートカードはこんな人におすすめ

現在は様々な会社がクレジットカードを発行しているため、どのクレジットカードが自分に最も適しているのか比べるのが非常に難しいですよね。そこで、リクルートカードを利用するべき方の特徴をまとめました。

コスパの高さを重視する人

年会費無料で高還元率のリクルートカードは、コスパの高いカードを探している人におすすめです。クレジットカードによっては年会費がかかったり、ポイント還元率が低い場合もあるのでこちらがおススメです。還元率1.2%はかなり高い比率であるといえます。
【参照リンク:https://cre-guide.com/card/recruit-card#i

メインカードを探している人

高還元率のリクルートカードは、メインカードを探している人におすすめなのです。普段メインで利用するカードのメリットが一番よくわかっていることが最もお得にサービスを受けられる秘訣となるでしょう。得にリクルート関連の各種サービスや、公共料金の支払い、また交通費などをリクルートカードの支払いに変更することで簡単にメインカードとして活用することができますので、おすすめです。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/22#i-16

リクルート系列のサービスをよく利用する人

じゃらんやホットペッパーグルメなどのリクルート系列のサービスを頻繁に利用する見込みのある人には、理想するたびにポイントが付くので非常におススメです。
溜めたポイントをこちらのサービスで利用することもできるので、リクルートカードを持っている方が他のサービスサイトを使うとリクルートカードの恩恵を120%に使いきることができなくなってしまうので、事前にリクルートが提供する多様なサービスをチェックしておくようにしましょう。
【参照リンク:https://cre-guide.com/card/recruit-card#i

旅行が好きな人

じゃらんを利用してリクルートポイントを貯め、ポイントをマイルに還元することで旅行先の幅を広げることもできます。じゃらんは旅行の条件を非常に細かく設定することができるので、旅行の際にこだわりを持っていたい人、また充実した旅行損害保険を受けることもできるため、旅行好きな人にはおすすめのサービスです。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/22#i-16

Pontaポイントを日常的に利用する人

ポンタポイントを日常的に利用できる人はお得にリクルートカードを利用することができます。かわいらしいタヌキのマークで有名なポンタポイントは、コンビニのローソンなどでよく目にすると思います。リクルートカードで利用したポイントをPontaポイントに還元して利用できるのでお得感が大きいですよね。
社会人の方はもちろんのこと、学生の方もPontaポイントは日常でよく利用するポイント制度だと思います。このように、多くのターゲット層に開けている非常に使い易いカードがリクルートカードのなのです。
【参照リンク:http://www.etc-navi.net/archives2/5679.php#i-5

リクルートポイントを効率的に貯めるコツ

クレジットカードを利用する大きなメリットの一つとして、ポイントを溜められることが挙げられますが、実際にリクルートカードでポイントをためるにはどのように利用していけばよいのでしょうか。リクルートカードは他のカードよりも、リクルートが提供するサービスに活用できることが大きな特徴です。各種ネットサービスはもちろんのこと、こちらではリクルートポイントを賢くためるコツを掘り下げていきます。

とにかくカードを使い倒す

当たり前ですが、最も良いため方はリクルートカードを利用することです。そのためにも月々の出費をもう一度よく見直して、リクルートカードでお得にポイントがたまるサービスに切り替えることができないか他の方法も探してみましょう。
出費のうちどれだけ多くの割合を一つのクレジットカードに集約できるかが大事なポイントになってきます。クレジットカードでは、毎月の利用額合計の1.2%分が付与されるため、日々の買い物や電子マネーのチャージで利用し、細かくポイントを貯めることがコツです。
まとまった買い物をする際には、そのポイントの還元数も大きくなるので忘れずにカードで支払いをするようにしましょう。
【参照リンク:https://matsunosuke.jp/recruit-point/#i-2

買い物に対象サービスを利用する

日々の買い物をリクルートの対象サービスに切り替えて、積極的に利用することができます。リクルートが提供しているサービスは旅行関連・美容・ヘルスケア・オンラインショッピングなど多岐にわたります。
そのため、世間にはリクルートが提供するサービスであるとあまり認知されていないものもあるので、リクルートのサイトで調べてみるといいかもしれないですね。普段からよく使っているサービスであれば、利用の度にポイントをためておかないと絶対に損です。リクルートカードを作ったからには、その恩恵を最大限に活かせるように計画を立てましょう。
【参照リンク:http://ポイント攻略.net/recruit-point/about/リクルートポイントを貯める方法.html

キャンペーンで効率よく貯める

リクルートが提供・提携しているサービスでは、定期的に各種キャンペーンを開催しています。そこでは、利用するごとに期間限定ポイントやリクルート限定ポイントが貯まることがあるので、その機会を見逃さずにリクルートカードを利用することがしっかりとポイントをためるコツです。
リクルートカードに加入する際に。メールマガジンの受信設定をしておけば定期的にキャンペーンの告知を受け取ることができます。
【参照リンク:https://matsunosuke.jp/recruit-point/#i-2

公共料金の支払いに利用する

リクルートカードを公共料金やネットの料金をはじめとする、定期的な料金の支払いに利用することで定期的な出費を効率よくポイントとして還元させることができるのです。携帯電話の料金も勿論ですが、やはり毎月の出費はメインカードで支払いをするべきです。溜まったポイントを支払いに充てることもできるので、ますますお得感が増しますね。
【参照リンク:http://ポイント攻略.net/recruit-point/about/リクルートポイントを貯める方法.html

Pontaポイントが使える店舗で利用する

ポンタポイントが貯まる店舗で利用するとポイントを効率的に貯めることができます。コンビニのローソンはもちろんですが、スーパーや飲食店でもPontaポイントが利用できる店舗が多くあるので、見逃さないようにチェックしておくことをお勧めします。
【参照リンク:http://www.otoku-dayo.com/recruit_point.html

公共料金をnanacoで支払っている人

税金や公共料金などnanacoで支払っており、割引価格で支払っていきたいと考えている人におすすめです。電子マネーでよく知られているnanacoのチャージも、リクルートカードのポイント還元の対象です。リクルートカードは各種公共料金だけでなく、国民年金も支払うことができるので、いろいろな場面で利用することができます。そのため比較的簡単に利用金額を増やすことができる、お得なカードです。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/22#i-16

リクルートポイントの賢い使い方

リクルートカードを利用して溜めたポイントを、最大限に有効活用する方法をまとめていきます。頻?にクレジットカード使う人であればあるほどポイントの活用方法は広がります。

ローソンのLoppiを利用する

リクルートカードの利用でたまったポイントは、ポンタポイントにそのまま交換し、Loppiを活用することがおすすめです。Loppiとは主にローソンチケットを販売するサービスで知られており、全国のローソン・ミニストップで利用することができます。
Loppiを活用すれば、多種多様な商品と交換することができ、圧倒的なレートとなっているので他のサービス利用よりもお得に感じられます。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/22#i-16

dポイントに交換して利用の幅を広げる

ポンタポイントをさらにdポイントに交換してさらに利用の幅を広げることができます。dポイントはドコモが提供するポイントサービスです。ポンタポイントやリクルートポイントにとどまらず、より多くの経済圏でサービスを利用することができるために、お得に買い物ができるようになります。
dポイントのサービス対象を調べたのちに、リクルートとdポイントのどちらの経済圏の方が使いやすいか比べてみることをおすすめします。
【参照リンク:https://お得ポイントカード.jp/recruitpoint-use

JALマイルに交換する

ポンタポイントからJALのマイルに交換する方法もあります。海外出張が多い方や、マイルをためるのが好きな方はこちらの方法がおススメです。既にJALのクレジットカードを持っている方にとっては少し面倒くさいかもしれませんが、
こちらの方法では確実にポイントがたまるのでこの機能を使わない手はありません。レートが通常よりも低くjなる点は注意が必要です。
【参照リンク:https://cre-hikaku.com/column/18477#JAL

ショプリエで買い物する

ショプリエというサービスを耳にしたことがあるでしょうか。ショプリエとは無印良品など人気ショップで買い物ができるアプリで、このアプリではポンタカードとリクルートカードの両方を使うすることができます。
あまり耳慣れないサービスではありますが、こちらも近年利用者を増やしているサービスなので、リクルートカード加入を菊花にして挑戦してみるのも良いかもしれません。
【参照リンク:https://tsucreca.com/2963

リクルートカードプラスについて

ここまでリクルートカードの特徴に沿った紹介をまとめてきましたが、続いてはリクルートカードプラスと呼ばれるリクルートカードの上位版についてです。一つの参考として知っておくと便利です。

リクルートカードプラスって何

リクルートカードプラスはリクルートカードの上位カードで、一般的なクレジットカードで言うゴールドカードと同じように考えてしまって大丈夫です。以前はゴールドカードというとお金持ちが持つイメージでしたが、最近はかなりハードルが下がってきているので主婦層にも所有者が増えているそうなんです。
【参照リンク:https://matsunosuke.jp/recruit-card-plus/#i-9 】

すでに新規申込は受付終了

非常に残念なお知らせではありますが、リクルートカードプラスの新規申し込みは2016年3月に終了してしまっているのです。
【参照リンク:http://高還元率クレジットカードで得する.com/detail/recruitcard_plus/ 】

リクルートカードプラスの年会費

上位のクレジットカードなので、ポイント還元率やサービスが充実している分、リクルートカードプラスは年会費2000円が掛かることが特徴です。通常のリクルートカードは年会費が実質無料なので、どのサービスをどのくらい利用するのか、またメインカードをどのクレジットカードにするのかを決めてから考えるのが良いですね。
【参照リンク:https://クレジットカードおすすめ比較.net/topic/リクルートカードのお得な使い方/

最高のポイント還元率

上で年会費が2000円ほどかかるとお伝えしましたが、なんとリクルートカードプラスのポイント還元率は2.0パーセントと非常に高いのです。2.0%の還元率は、なんと現在あるクレジットカードの中でも最高クラス。
リクルートカードプラスを利用するのであれば、絶対にメインカードとして活用することをおすすめします。月々の支払い金額が多くなれば多くなるほどお得なので、リクルートカードでの支払い割合を増やしていけるといいですね。
【参照リンク:http://高還元率クレジットカードで得する.com/detail/recruitcard_plus/

リクルート社のサービス利用でポイントup

リクルート社のネットサービスを利用した場合にはさらにポイント還元率がアップします。食事の予約に便利なホットペッパーや、全国のサロンや美容院などが利用できる美容版ホットペッパービューティー。また旅行サイトのじゃらんなどもリクルートが提供するサービスで、これらのネットサービスを利用する際にリクルートカードプラスを使用するとより高い還元率でポイントがたまります。
旅行で利用する際にはまとまった出費になるはずなので、リクルートカードプラスを使わない手はありませんね。
【参照リンク:http://高還元率クレジットカードで得する.com/detail/recruitcard_plus/

リクルートカードを賢く活用しよう

ここまでリクルートカードのご紹介をしてきましたが、カードの魅力は知っていただけたでしょうか。クレジットカードの中では、まだ特別知名度が高いというわけではありませんが、リクルートが提供する新しいサービスをお得に使えるという大きな特徴があるので、今後シェアを拡大していくクレジットカードとして注目を集めています。
今回の記事を通して改めて知っていただけたのではないかと思いますが、どの会社のクレジットカードを利用するにしても、各ブランドによってメリット・デメリットがあります。一人ひとりの生活様式や、出費の出どころによってカードを使い分けることがお得にクレジットカードを活用する秘訣です。今回のリクルートカードの紹介を参考にして、楽しく買い物をしてくださいね。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事