ドコモのdカードゴールドの審査基準とは|サービスや審査について

ドコモのdカードゴールドの審査基準とは|サービスや審査について

カード 2018.08.18

申込基準と審査基準を把握しよう

まずは、どのような基準をドコモは上げているのでしょうか。ゴールドカードだけに、普通のカードよりは審査基準も細かくあがっていると思いますので、一つ一つ例を見ながら自分には該当するのかを知りましょう。

dカードゴールドの様々なメリット

dカードゴールドは、スマホの毎月の支払い代金の10%分のポイントが還元されます、もしも毎月の携帯代金が9000円の場合、その10%のポイントが12ヶ月と計算すると、1年間で10,800円分のポイントが貯まるので、年会費の分はポイントで支払う事が出来るお得なカードとなります。
他にもドコモ光を使用している場合は、その分の支払い金額も勿論ポイント還元されます。
カードを使用した金額もポイント還元され、まさに一石二鳥のポイント還元なのです。

 携帯電話のけいたい保障が付いている

dカードゴールには、「ケータイ補償」無料で付いて来ます、もしも携帯電話を紛失したり、盗難、修理不能になった場合(水漏れや全損など)の時には、購入してから3年間というお時な期間で同一機種購入サービスを受ける事ができます、もしも5万円の携帯電話が故障した場合はdカードゴールドで再購入費するとキャュバック5万円を受けられます。

 携帯料金がポイントバックされる

携帯電話代金やドコモ光の使用料金を、dカードゴールドで支払うとポイントは10%還元されますので1000円で100ポイントたまる、とてもお得なカードです。さらに通常のお買い物をこのカードで決済すると100円につき100ポイントバックされるので、合わせてお得なカードとなっています。

dカードゴールドに入会できる条件

dカードゴールドに入会するに当たって、絶対に必要な条件が数個ありますので見てみましょう、まずはこの条件を満たしているかでカードを作る事ができるかの入り口が分かります。
個人の名義である事、法人名義では入会できません。
満20歳以上で、なおかつ学生ではない事。
安定した継続収入がある事。
iモードまたはspモードが利用できる環境の携帯電話番号を使用していること
ご本人の名義の口座(家族は不可)を、お支払い口座として設定している事。
その他、docomoが定められている条件を満たす事
の5点があげられます、上記5点はわかりやすく、自分に該当するかは一目瞭然ですが最後の条件は企業秘密のようでベールに覆われています、筆者の体験からするとあまり厳しい条件ではない事は確かかと思われます、しかしdocomoユーザでなければいけないのは必携のようです。

個人名義の申込であること

dカードゴールドは、個人のお客様向けカードです。その明らかな条件として、入会条件に「個人の名義であり、法人名義ではない事」がうたわれています、個人のお客様が携帯電話やスマートフォンの利用代金をこのカードで支払う見返りに出来たサービスのようです。ちなみに普通のdカードも存在していますが、サービス内容が異なります。

 満20歳以上で安定した継続収入があること

通常のカードは18歳からですが、こちらはゴールドと言う事もあり満20歳以上とういう条件が付いており、なおかつ返済能力の面から継続した収入がきちんと有る事があげられています、いくら満20歳以上でも学生の方は申し込む事が出来ません。

iモードまたはspモードが利用できる携帯電話番号を届出ること

dカードは、docomoのクレジットカードであり、携帯電話使用料金を支払う事で大きな特典を受けられるように作られていますので、ドコモユーザーである事は、無言の条件ですので必ずカードを申し込む前にユーザーになりましょう。

ご本人名義の口座をお支払い口座として設定すること

クレジットカードは、どのカードでも同じようにカード名義のご本人しか使用できません。もし、ご自身でカードを持てないのであれば、カード所持条件が合えば家族カードで自分名義のカードを後日作りましょう。

その他当社が定める条件を満たすこと

どこのカード会社にもありますが、独自の審査基準があります。勿論dカードゴールドも同じです、ここの部分は外部には非公開になっていますので内容は、あくまでも色々な情報から得るより他ないのですが不透明な部分です。

他のゴールドカードの入会条件との違い

世間には、たくさんのカードが存在しています。中でも審査が厳しいと言われているダイナースクラブカード、アメリカン・エキスプレス・カードは年齢制限もゆうに30歳を超え、禁則年数や年収の制限もされています、しかしdカードゴールドには年齢制限や収入制限の話や噂は聞いた事がありません。
さらに「三井住友カード株式会社が、入会審査を行っている」と言う噂がありましたが、裏面に連絡先の記載が無い事から、ただの噂でしか無いようです単に提携のようです、やはり審査はdocomo独自で行っているようです。docomoをきちんと利用しているか、が大きなポイントとなるようです。

勤続年数や年収についての規定がない

dカードゴールドの入会条件としては、勤続年数や年収制限は無いようです、他社のカードにはこのような入会条件は細かく決まっている場合が多いようです、dカードゴールドの場合は、年会費10,800を支払ってくれる方がありがたいようですので、docomoユーザーであればぜひ入会にトライしてみる価値はあると思います。

審査はNTTドコモ独自で行っている

提携している銀行はありますが、審査じたいはNTTの独自審査となっています。その証としてカード裏面に銀行名の記載がありません、その事からもどこに重点をおいて審査しているかはNTTの内部規約となっている事がわかります。

無職や専業主婦も入会できる

dカードゴールドの申し込みができる条件の人とは、そのような業種の方なのでしょうか、結構幅広い枠が見えて来ました。
会社員、会社役員
公務員
自由業、自営業
年金自給者
アルバイト、パート、派遣社員、契約社員
医師、弁護士、司法書士、税理士
お勤めではない方、専業主婦
注目すべき点は「お勤めではない方」「専業主婦」と言う、項目が入っている事です。平たく言えば、無職でも、専業主婦でもOKと言う事になります、お勤めではない方には不動産収入など特定の会社勤務をしていない方も含まれます。ただし審査に通るか、は別の問題になります。

入会条件を満たし申込後に審査が始まる

dカードゴールドぼ入会申し込みは、インターネットから行う事ができます。勿論、ドコモショップ窓口での受付も可能です。
インターネットで申し込む場合、先ずは「入会審査」の条件を満たしている事が前提ですが、簡単なネット操作で申し込んだ後は直ぐに審査が始まり、最短5分で入会審査が完了します。ただし、午前9時~午後7時50分までに入力手続きが完了している場合に限ります、時間を過ぎてしまうと次の日以降に審査は持ち越されますのでご注意下さい。

考えられる審査基準について

一言で言ってしまえば、普通に働き安定した収入があり、ある程度の期間勤務履歴があり、信用事故の無い人であれば審査には通るようです、勿論、主婦の方も可能のようですがその場合はきっとご主人も関係してくる可能性があります。
一見簡単そうですが、漠然とした基準に感じられるます。実際に年収がいくらからなのかをはっきりと明記している訳ではありませんが、年収300万以上とも400万円以上とも噂されています、もちろんクロス技で勤続年数も関係してくるでしょうし、今後の継続した安定した収入が見込まれる事も考慮されると思います。

携帯料金の支払いが優良なこと

気を付けなければならないのは、信用事故です。今までのドコモの支払いを延滞してしまった事がある場合、ドコモショップの窓口申し込みでは審査にかけてももらえないようです。
そして、「請求書払い」になっている場合も気を付けなければばりません、そのような支払い方をしている人にカードの支払い能力があるかが問われるからです、dカードゴールドに申し込む前に「銀行口座自動引き落とし」もしくは違う「カード払い」に変更しておく事をオススメします。

個人の信用事故がないこと

信用事故とは、金融に関するトラブルのことをさします。多くの金融機関で情報共有される、いわゆる「ブラックカードに乗った」とはこの事をさします。
延滞を度重ねて起こしてしまったり、支払いを断り続ける、自己破産や債務整理などを起こしてしまった事をさします、引き落とし日をうっかり忘れていて、残高不足で引き落としができなかった事があっても、直ぐに連絡し支払いをしっかりすれば該当はしませんのでご安心下さい。

クレヒスが白紙ではないこと

自分のクレジットヒストリーを見返して見ましょう。信用事故を起こしていない場合でも、「白紙(ホワイトケース)」の場合も警戒されます。
なぜ、白紙なのに警戒されるかと言うと、今までの30年以上の人生の中で1度もクレジットカードを作った事も無ければ、ローンを組んだ事も無いからです、通常であればゴールドではなくても、普通のカードの1枚も作って不思議が無いからです、そこで考えられるのが「自己破産」です、自己破産をすれば信用情報は一旦、真っ白にされるからです、1つの可能性ですがネガティブな意味で取られてしまう可能性があります、更に携帯電話の支払い延滞も記載されますのでご用心下さい、何かしらのカードの1枚も作ってクレジットヒストリーに良い情報を作ってからをオススメします。

居住形態から見る経済的安定

毎月の返済額を図る要因の1つに、住居形態があります。自己所有などで長く居住している場合は、色々なトラブルもなく安定した生活を送っていると良く思われます。賃貸であっても、長く居住する事で家賃の延滞などが無いドラブルの無い人と判断されるようです、転勤などて引っ越しを繰り返してしまう場合は問題無いと評価されますが、問題はが不透明な近距離での引越しはトラブルを起こして引っ越したのでは無いかと、ネガティブな評価を与えてしまう場合があります。

審査に通らなかった場合の対策

今まで見てきたところ、dカードゴールドは他者のゴールドカードに比べると若干審査が緩いようですが、しかしゴールドカードなので審査が通らない場合もあります。例えば信用情報に傷がある場合は対策が必要です。以外でしょうが他者でカードを同時に申し込んでいたり、他のカードの審査が終わらないうちに申し込むと多重債務者に今後なると思われ、情報は6ヶ月残りますので審査に通りにくい場合があります。
過去に信用情報に傷がある場合は、確認が必要です。延滞を繰り返し、度重なる督促を受けた場合、破産などは5年間、記録が残りますので心当たりがある方はこの期間を避けて申し込む事がポイントとなってきます。
docomo側に、ネガティブな情報を与えない事が大切になってきます。与えてしまいそうな場合は、一定期間を空けてから申し込む事が大切になります。少しでも心配な場合は下記の情報機関で自ら確認ができますので、ご確認下さい。
CIC (クレジット、インフォメーションセンター)
JICC(日本信用情報機構)
KSC (全国銀行個人信用情報センター)

携帯料金の支払いを継続的に優良にする

携帯電話を契約もしくは、機種変更した際に月々の使用料と同時に機種代も支払っている場合がほとんどです、その場合には携帯電話のローンを組んでいる扱いになります、携帯電話の支払いを延滞してしまった場合には、ローンも延滞した扱いになります。docomoの審査にも大きく影響が出てしまうのはお分かりですよね。、たとえ機種代を含まない使用料のみを支払っている場合でも延滞をしてはいけませんので、確実に引き落とされる口座振り替えをオススメします。

他のクレジットカードでクレヒスを作る

クレジットカードの歴史、いわゆるクレヒスはが真っ白すぎても一見、真面目そうに見えてもカード審査においては自己破産などを疑われる側面があります、そこで他者のクレジットカードを先に作り、信用を得るやり方があります。先ずは通常版のdカードや、テレビでおなじみの楽天カードなど審査が通りやすいカードで信用を作りましょう。

約半年後くらいに再度申込してみる

カード審査に通過しなかった場合、社会的信用性の期間を自ら作り、信用の継続期間を6ヶ月程度作る事で再度審査に申し込んでみるとdカードゴールドの審査が通る事がありますので試す価値はあると思います。

DCMXのゴールドカード保持者は審査が不要

dカードの前進は、ご存知の方も多いと思いますがDCMXカードです、こちらはdカードほどの幅広い使用はできませんでしがdocomoのクレジットカードです、こちらでDCMXカード保有者はdカードへ、DCMX GOLDを保有者はdカードゴールドへ無審査で移る事ができます、ですから既にDCMX GOLDをお持ちでしたら何の心配もなく無条件でdカードゴールドを持つ事ができるのです。

dカードゴールドの審査についての知識を活用しよう

如何でしたか、dカードゴールへの色々な事が分かった事と思います。入会条件、審査に心配のある方は信用情報を調べたり、専業主婦で収入の心配がある方は先ずは安定した収入のある親やご主人名義でカードを作り、そこから家族カードは1枚まで無料で作る事ができるので活用して見ては如何でしょうか、必ずしも自力で悩まず、色々な手段をフルに使い、ぜひdカードゴールドを所持して下さい。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事