転職に失敗してうつ気味になったらどうする?気分転換の方法と解決策

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

転職に失敗してうつ気味になった時の解決策

転職に失敗してうつ気味だからこそ起こす行動があるということを知っていますか?転職に失敗したときの解決策を一緒に考えていきましょう。

転職で失敗したかもと思う理由

仕事内容が想像と違う

面接に合格し転職先に入社してみると、仕事内容が想像と違うと愕然とすることがあります。面接前に提示されていた求人広告の条件とはまるで違う仕事内容であったり、労働条件が全然違うというケースは残念ながらあることです。

もし入社前の面接時に求人広告に提示されていた条件と違うと気づいたのであれば、早めに辞退するという選択肢もありますが、入社してからだとすぐに退社するというのは簡単なことではありません。面接前に聞いていた内定条件と実際に働いてみた就業条件がまるで違った場合、入社した初日に転職して失敗したかもと思うようです。

上司や同僚と合わない

仕事内容や待遇に不満はなかったとしても、人間関係で悩み転職に失敗したと感じる方もいます。例えば、転職先の上司や先輩の評判が悪く、まわりからも敬遠されている状態で仕事がやりにくい。または、上司や先輩が自分に対して無関心で不愛想なので、仕事の相談がしにくいなど。職場の空気が悪いため、会社にいることが苦痛だと感じることもあります。

また、転職するとよくあるのが、上司が年下になるということ。職歴や年齢は自分のほうが上の場合、年下の上司が自分に対して委縮してしまうことがあり、そうなると仕事がやりにくくなります。話ができる同僚がいないというのも転職するとよくあることです。職場の空気や人間関係に馴染めないと、仕事が嫌になってしまいます。

思ったように休暇が取れない

休暇は労働者の権利です。しかし、週休二日制という条件で入社したものの、いざ働いてみたら休日出勤が当たり前の会社だったということもあるのです。そのような会社であれば、希望する日に有休を取ることも難しいでしょう。転職して思ったように休暇が取れなくなり、体も心もボロボロになってしまったという方もいます。

有給休暇を取ることは、労働者の権利として定められていること。雇い入れの日から6カ月継続して勤務し、すべての所定労働日の8割以上出勤したのであれば、それ以降から1年間の間に最低10日間は有給休暇を取得する権利があるのです。本来は労働者が請求すれば会社は有給を与える必要があるのですが、それがなかなかできず、休暇を取れないことが当たり前の空気になってしまっている会社もあります。そのため、入社してから休暇が取れないことに気づき、転職して失敗したと思うことがあるのです。

仕事内容と給料が釣り合わない

転職に失敗したと感じる理由で多いのが、給料の問題。転職してみたら、想像していたよりも激務で、残業が多い割に、給料は少なく納得できないということがあるのです。

残業といっても残業代が出ればまだいいのですが、終電で帰ることもあるくらいの長い時間のサービス残業をしなければいけない会社もあります。周りの先輩達が当たり前にサービス残業をしていると、後に入社した自分が先に帰りづらく、残業代も請求しにくいものです。求人広告に激務やサービス残業の記載があるわけがないので、そのような会社だということは入社してから初めて気づきます。

転職失敗したと感じたときの行動

状況改善ができるときはやってみる

思い切って状況改善ができるときはやってみましょう。入社してすぐだとなかなか交渉しにくいものですが、上司との会話をする機会があるときに、さりげなく現状について自分の考えや意見を伝えてみるということは大切です。

問題解決のためには、まずは現状について伝えないと何も変わりません。例えば、内定前に提示されていた条件と違う場合、就業条件や仕事内容、給料について再度確認を取りましょう。不満をぶつけるという態度ではなく、あくまでも「確認させていただきたいのですが。」と丁寧に質問することが、会社や上司に対して波風を立てずに済むコツです。

我慢できない問題は相談をする

どうしても我慢できない問題があれば、周りに相談しましょう。心を打ち解けられる友人や、話を聞いてくれる上司が近くにいれば、相談をすることで問題解決に向けてのアドバイスをもらえるかもしれません。誰にも相談できず、自分だけで問題を抱えたままにしていると、そのことがストレスになり、ひどい場合はうつになって精神的に病んでしまうこともあります。誰かに話を聞いてもらうだけでも、気持ちの整理ができて不安や不満が軽くなるものです。

近くにいる友人や上司に相談するのもいいのですが、転職のプロである転職エージェントに相談するというのも1つの手段。もし、今の転職先が転職エージェントを介している場合は、会社に対しての交渉を転職エージェントが代わりに行ってくれる可能性があります。また、もう一度転職を考えるかどうかの判断材料にするために、転職エージェントに相談するというのもいいでしょう。

思い切ってもう一度転職を考える

理想の職場を求めて転職したものの、理想と現実とのギャップが大きく、転職に失敗したと感じているなら、思い切ってもう一度転職を考えるのもいいでしょう。何度も転職することに罪悪感を感じる方もいるようですが、理想とかけ離れた職場で無理して嫌な仕事を続けているくらいなら、理想を求めて別の職場に行くことは決して悪くありません。

仕事にストレスを感じながら続けていると、心のバランスが取れなくなり、うつのような状態になってしまうことがあります。そうならないようにするためにも、もう一度転職することも視野に入れ、本当に今のままでいいのかなど、今後についてよく考えてみましょう。

しっかりと休むことも選択肢

転職に失敗したと感じるような職場でストレスが溜まってしまったら、しっかりと休むことも選択肢です。年次有給休暇を使ったり、場合によっては休職を申し出て長期休暇を取得することも考えましょう。

例えば、仕事が原因でうつになったなどの精神的な病気も含め、ケガや病気で仕事ができる状態でない場合に利用できる傷病休暇というものがあります。ただし、休暇取得日数に上限があり、治療を行ったことを示す診断書などの証明が必要です。また、傷病休暇であれば給料が出ますが、傷病休職または自己都合休職など、休職するとなると、給料が出ない可能性があるので、事前に会社に確認しましょう。

あまりにもストレスを溜め込みすぎて精神的に限界がきていたら、退職をするのも手段です。休暇、休職、退職をしてチャージ期間を設けることで、今後について落ち着ついて考えることができます。

部署を変えて新しい仕事にチャレンジ

部署を変えて新しい仕事にチャレンジするなど、環境が変化することで気分も変化し、仕事にやりがいが生まれる可能性があります。新しい仕事にチャレンジするということで一生懸命覚えようと意欲が湧くので、部署を変えることができるなら、それは転職失敗を覆すチャンスだといえるでしょう。

転職に失敗したと感じる原因が、その部署の仕事内容や人間関係によるものであれば、部署を変えるというのは有効的な手段。可能であれば、上司に部署異動を申し出てみましょう。

転職失敗のうつ気味を発散する方法

趣味をスキルアップにつなげる

転職失敗のうつ気味を発散するために、休日や仕事後の時間を利用して、趣味をスキルアップにつなげてみませんか?自分の好きなことをしていると、嫌なことを忘れられるので気分転換になります。

それだけでなく、趣味の延長で資格を取得することにチャレンジすれば、今後転職をするときにもそのスキルが役立つことになるのです。資格の種類は多数あります。海外が好きなら外国語の講座に通ったり、花が好きならフラワーアレンジメントの勉強をするなど、他にもスキルアップにつながるさまざまな資格があるので調べてみましょう。

思いっきり体を動かす

思いっきり体を動かすとストレス発散になります。体を動かすことが趣味であればより良いです。ジムで運動するなど室内での運動でもいいのですが、景色が良い場所をウォーキングやランニングをすると、爽快な気分になってストレス発散効果が上がります。

時間がなければ、寝る前や入浴後にストレッチをするなどして体を動かすのもいいでしょう。軽い運動でもストレス解消の効果が期待できます。

カラオケで思いっきり歌う

大きな声で叫ぶと、ストレス発散になって嫌なことを忘れることができます。でも家の中で叫ぶと近所迷惑になってしまうので、大きな声を出しても迷惑にならない場所で叫びましょう。

最適な場所といえばカラオケです。カラオケならだれにも迷惑をかけることなく、思いっきり大きな声を出せます。好きな歌を思いっきり歌うことで、ストレス発散することができるので、ストレスを感じたらカラオケに行って発散させましょう。

太陽の光を浴びて生活リズムを整える

仕事を忙しくしていると、夜更かしが増えて不規則な生活になりがちです。生活習慣が乱れていると、ストレスを感じやすくなります。

体内時計が乱れていると、さまざまな生活習慣病を引き起こす危険性があるなど、体にも心にも悪影響です。夜更かしは控え、朝は太陽の光を浴びて日光浴をし、早寝早起きの習慣をつけて生活リズムを整えましょう。体内時計をリセットさせることで、気持ちもリフレッシュできます。

転職失敗したと諦める前に行動をしてみる

転職に失敗したと感じると、気持ちがどんどん落ち込んでしまい、そのままストレスを溜め込んでしまうとうつ気味になってしまうこともあります。そうならないためには、諦める前に行動をしてみることが大切です。

例えば、周りの人や転職エージェントに相談する、休暇や休職を取る、部署異動を申し出るなど。または、思考を変えて気分転換を図るというのも1つの手段です。気分転換をしてストレスやうつ気味を発散させることでリフレッシュできます。それでも転職先で仕事をするのがつらいと感じたなら、もう一度転職をするというのも選択肢に入れると良いでしょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪