転職するなら結婚の前か後か?ベストなタイミングと成功のポイント

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

転職のタイミングを見極めよう

転職には、タイミングも非常に大事となってきます。
そんなタイミングをしっかり見極めることができれば、転職は大変効果的に行えます。
ここでは、結婚を機に転職を考えている場合のベストタイミングを見ていきましょう。

結婚をタイミングに転職を考えるなら

結婚前と結婚後は転職活動での印象が違う

結婚のタイミングで転職を考えたとき、結婚の前後どちらで転職をするべきか迷うものです。
実際、結婚前と結婚後では、転職活動における印象は大きく違ってきます。
これは結婚前がベスト、結婚後がベストと一概にいえるものではありません。
それぞれのライフスタイルや年齢などによって、ベストタイミングは変わってくるものなのです。

たとえば、新婚で年齢も若いのであれば、結婚後の転職でも全く問題ないかもしれません。
しかし、最近では結婚する年齢もどんどんと上昇していますので、30代や40代で結婚するというケースも増えています。
この場合は、結婚前の転職のほうがよいかもしれません。

結婚前の転職では、基本的に、将来的なことを聞かれることはあまりないでしょう。
その点、結婚後の転職においては、結婚や育休の有無などを気にする企業も多くなります。
そのため、結婚前後での転職は、印象が大きく違ってくるものなのです。

結婚後に転職するならタイミングはいつ

結婚後に転職をする場合には、ベストタイミングは生活が落ち着いてからといえます。
結婚後は大変バタバタするときで、何かと落着けない期間が長く続きます。

結婚式が終わると、新婚旅行や新居への引っ越し、各機関への変更届などで、とても多忙な日が続きます。
新しい職場に入ってから、これらをこなそうと思うと、何かと仕事にも支障が出てしまうことも。
そのため引っ越しや手続きが一段落して、生活が落ち着いてから転職するほうがよいのです。

とはいっても、落ち着けるまでの期間はそう長いものではありません。
どうしても働かないと経済的に厳しいという場合には、日雇いの派遣仕事などでつなぐことも一つの手です。
また最近では、パソコンでできる仕事も多くあるので、こうした仕事を駆使して、生活が落ち着くまでしのいでいきましょう。

結婚前に転職するメリット

結婚前に転職することには、メリットもあります。
結婚前であれば、比較的仕事も幅広く選択できます。
また雇用形態においても、正社員だけでなく、パートなどでも採用されやすいといえます。

結婚後だと、育休などの都合を気にされて、なかなか正社員登用に至らないケースも多くあります。
しかし、結婚前に転職を済ませてしまえば、そんな心配はしなくてもよいのです。

結婚前に転職をするメリットとして、働き方や仕事の選択肢が非常に多くなるという点があげられるのです。
正社員にこだわっていたり、職種にこだわりがあったりする場合には、結婚前の転職がよいかもしれません。

結婚直後や直前のタイミングで転職

結婚の前後は、多忙な時期が続きます。
結婚式の打ち合わせや新居の打ち合わせ、新婚旅行の打ち合わせなど、さまざまな用事が盛りだくさんです。

そんな結婚直後や直前のタイミングでの転職は、打ち合わせが重なるなどして、かなり忙しくなることが考えられます。
1日にいくつもの用事をこなさなければならないことも多くなり、両立していくことは簡単ではありません。
そのため、体力的にも精神的にも、とても負担がかかってしまう日々があることでしょう。

しかし、結婚直後や直前の転職のメリットは、大変なことが一気に終わるということです。
転職も結婚も忙しい中で全部済んでしまうので、比較的落ち着ける時期が早くくるとも考えられます。
新婚生活を少しでも早く落ち着いて過ごしたい場合は、結婚直後や直前のタイミングの転職もよさそうです。

転職で失敗しないためのポイント

出産を考えているなら行動は早めに

転職で失敗しないためには、いくつかのポイントをおさえて、転職に踏み切る必要があります。
一度転職すると、たとえ失敗してしまっても、なかなか再度の転職は難しいものです。
そのため、なるべく失敗しないように転職したいものです。

まず、結婚を機に転職する場合に、一番気にしたいことが出産です。
結婚して、「すぐにでも出産を」と考えている場合には、転職はなるべく早いタイミングがいいでしょう。

出産をするということは、育休や産休を取らなくてはなりません。
転職してすぐの育休や産休は、会社によっては嫌がられることも多くあります。
また会社によっては、1年以上勤務していないと、育休や産休が認められないケースも多いのです。

そのため、転職の際には今後の家族計画も立てた上で、夫婦で話し合っていく必要があります。
出産は自然に任せるという場合でも、すぐに妊娠する可能性もあるので、早めの行動がオススメです。

勤務時間や残業のチェック

転職先の内情は、なるべくしっかりとチェックしていきましょう。
まずは、勤務時間と残業についてです。
勤務時間は、夫婦生活にも大きく影響してくるものです。
あまりにも夫婦ですれ違いの生活となってしまうと、新婚なのに夫婦で過ごす時間が少なくなってしまいます。

また、残業が多くある会社だと、家事が思うようにできないということもあります。
さらに出張の有無も、しっかりとチェックしていきましょう。
もう一つしっかりとチェックしていきたいのが、転勤についてです。
会社によっては、転勤を余儀なくされることがあります。

転勤の場所によっては、引っ越しをともなうことも。
特に子供が生まれたら、転勤はとても大がかりなものとなってしまいます。
そうした先のことも考えて、転勤を含めた内情は、しっかりとチェックしておきましょう。

女性社員の多さをチェック

転職先には、どれくらいの女性社員がいるのかを、ぜひチェックしておきましょう。
女性社員が多くいる会社は、女性でも働きやすい環境を整えている可能性が、非常に高いといえます。
また、女性の気持ちをしっかりと考えてくれる、働きやすい会社であるとも考えられるのです。
そして、女性ならではのライフスタイルへの共感を示してくれることも、大変重要です。

たとえば、将来的に子供が産まれて、体調を崩してしまったときなどは、どうしても会社を休まなければなりません。
そんなときに休みやすいかどうかも、働きやすさにつながってきます。
休みやすさは、女性にとっては働きやすさに直結してくる部分ともいえるのです。

結婚後でも転職で不利にならない面接方法

面接で長く働きたいと伝える

女性が結婚を機に転職をするという場合、大抵「出産などですぐにやめるだろう」と思われがちです。
そのため、転職で不利になってしまうことも多くあります。
女性にとって不利になることもある、結婚後の転職。
これを不利にしないためには、面接で長く働く意思があることを、はっきりと伝えておく必要があります。

出産したからといってやめる意思はなく、ずっと働いていきたい。
産休を取ってでも、長く会社に貢献したいということを、しっかりと伝えていきましょう。
新婚での転職は、採用する会社側もさまざまな憶測をしてしまいがちです。
そのため、そんな懸念を払拭できるように、強い信念を示していきましょう。

面接で自分の意思をはっきり伝える

面接では、採用されようとして、自分の本音をいわないという人も多くいます。
しかし面接では、自分の意思をしっかりと伝えていくべきです。
特に今後のライフプランについては、明確に会社側に示してたほうが効果的です。

もしそれで不採用になってしまったとしたら、それはライフプランに沿える会社ではなかったということです。
自分の意思をしっかりと伝えて、それでも採用してくれる会社こそ、自分に合った会社といえるのです。

働き方に不安があるなら最初に伝える

働き方に大きなこだわりがある場合も、面接でしっかりと伝えていきましょう。
ここも我慢してしまうと、後々苦労するのは自分自身です。
採用前の面接でこそ、自分が希望する働き方をしっかりと主張しておくべきなのです。

たとえば、転勤はどこまでなら可能で、出張は何泊までなら可能、残業は何時までなら可能など。
こうして明確に自分の意思を示しておけば、会社側も無理をいってくることはないでしょう。
そして、実際に働くことになっても、気持ちよく働いていけるのです。

結婚したあとも自分らしく働こう

結婚したあとは、女性にとって大きなライフイベントが控えているケースが多いものです。
中でも出産は、少なからず会社を休まなければならない大きなライフイベントです。
出産を希望している女性ならば、ぜひ女性に対する理解の深い会社へ転職していきましょう。
それができれば、転職は成功したといえるのかもしれません。

最近では、女性に働きやすい環境を作ろうとする動きも活発になってきています。
しかし中には、女性にとって大変働きにくい会社もあるものです。
そんな会社の違いを、しっかりと調べて理解し、自分らしく働けるように転職を成功させていきましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪