【転職を成功させるコツ 】 好印象を与える転職理由作成のポイント

【転職を成功させるコツ 】 好印象を与える転職理由作成のポイント

ビジネス 2018.02.09

勢いだけでは難しい転職

転職しようと思うときは、何かと勢いがあるものです。何かのきっかけがあり思い立って「このままではいけない」と、転職を考えるのではないでしょうか。

しかし、この勢いだけで転職を決めても、なかなか成功しないのが現実です。勢いがあれば、ある程度のところまではどんどんと進めます。しかし、一定のところから進めなくなってしまうことも多いのです。そこで、しっかりと転職への計画を立てて、確実に転職の準備を進めていきましょう。

転職理由を作成するときのコツ

退職理由2割と志望動機8割で構成する

転職先の面接で必ず聞かれることが、転職の理由です。その転職の理由を作成するときには、いくつかコツをおさえておくと作りやすくなります。

まずは、退職の理由と、新しい会社を志望した動機の割合です。退職の理由はもちろん大切ですが、これを長々と述べても仕方ありません。そこで、退職の理由は全体の2割程度にし、残りの8割は志望動機にしましょう。

転職先の面接では、退職理由も必要ですが、その会社を志望した理由はもっと大切です。退職理由はさらっと聞ければよくて、志望理由のほうをじっくりと聞きたいということが、面接官の本音なのです。ここをしっかりと深く述べられないと、面接で落とされてしまうこともあります。

志望動機は、面接において重要視される部分でもあります。ぜひ、自分だけの強い志望動機を確立して、明確に伝えられるように準備していきましょう。

ネガティブな表現はポジティブな表現に変える

転職理由を作る際には、どうしてもネガティブな部分を伝えなければならないこともあります。たとえば、残業が多いことが理由で退職した場合、単に「残業が多かったので退職しました」と伝えることは、マイナスイメージとなります。面接官には、「残業してくれない人」として認識されてしまうのです。

そこで、残業が多かったことが退職理由ならば、「仕事をもっと効率的にこなしたい」とポジティブな内容に置き換えます。こうすれば、面接官に与える印象は大きく変わってきます。仕事に対する意欲もしっかりと伝わり、大変プラスに働くのです。

応募先の企業をよく研究する

転職の理由を作成する際には、面接を受ける企業について、しっかりと理解しておくことが不可欠です。どんな企業で、どんなコンセプトで運営しているのかを知っておけば、転職理由も作りやすくなります。

面接においては、その企業の理念などに沿う人物かどうかも見られます。そのため、企業を理解していないと、どんなに素晴らしい人物であっても、面接で落とされてしまうこともあるのです。

さらっとホームページを見るだけでなく、しっかりと読み込んで、企業について知っておきましょう。そして、自分なりの転職理由を作れば、採用される確率もぐんと上がってくるのです。

転職に成功するコミュニケーション術

アルバイトや部活の経験をアピールする

面接においては、コミュニケーション術も欠かせない技術となってきます。円滑なコミュニケーションが取れれば、面接に通る可能性も高くなるのです。面接では、過去のアルバイト経験や、部活の経験をアピールすることが大変有効です。アルバイトで得られる経験は、就職においても大変役に立つものが多くなっています。

そこで、なるべく詳しくアルバイト経験は伝えていきましょう。接客ならば、どんな店でどんな業務をして何を学んだのか。事務ならば、どんな職種でどんな業務をこなし、どんな技術を得たのかなど。

そして部活の経験も、その人を形作る上で重要な要素となってきます。ここもぜひ、アピールポイントとして積極的に伝えていきましょう。たとえば吹奏楽部でフルートを担当して、全員と協力することの大切さを学んだ、サッカー部でチームプレーとスポーツマン精神を学び、全国大会へ進めたなど。

特に20代前半や第二新卒での転職ならば、こうしたアピールは大変効果的です。ぜひ要点をまとめて、詳しく伝えられるように準備していきましょう。

報告連絡相談をきちんと押さえる

人間関係においても仕事においても、報告・連絡・相談は基本のコミュニケーション術です。いわゆる「報・連・相」のことですが、これができていて、始めてよいコミュニケーションが可能となります。職場においても、この報告連絡相談を欠かせません。

そこで面接でも、報告連絡相談がしっかり行えることを、しっかりとアピールしていきましょう。とはいっても、たった数分の面接ですから、アピールすることは容易ではありません。そこで、自己PRの文章に盛り込むなどすると効果的です。さりげなく、報告連絡相談を大切にしていることを伝えていきましょう。

相手の話をよく効いて理解を深める

面接では、いかにコミュニケーションがしっかり取れる人物かどうかも見られています。コミュニケーションが上手な人は、相手の話をよく聞ける人です。よく聞いているからこそ、相手への理解も深まってくるのです。

そこで、面接では面接官の話をしっかりと聞くことを意識しましょう。どんな小さなことも、聞き逃さないように注意深く聞くようにします。そうすることで面接官の言葉の意味が、本当の意味で理解できるようになるのです。表面上の意味だけでなく、こうして理解を深めることも大切です。

自分に合った転職先選びのコツ

自分が優先したいことをはっきりさせる

転職先を選ぶときは、今の職場よりも、自分が納得できる場所になる必要があります。より自分に合った職場で働きたいからこそ、転職をするのです。そのため、どこでもよいというわけではありません。

転職先を選ぶときは、まず自分の中での優先順位を、はっきりとさせておきましょう。たとえば、年収でいくら以上欲しいとか、残業は何時間以内の職場がいいなど。しかしこうした条件は、多ければ多いほど、採用されにくくなってしまいます。そこで、優先順位を付けるのです。

年収は多少下がってもよいから、残業が少ないことは絶対条件、どんなに職場が遠くてもよいから、年収はいくら以上など。こうして優先順位を付けることで、自分により合う職場を見つけられるのです。

やりがいの感じる業種や職種を選ぶ

せっかく転職するのならば、ぜひやりがいを感じられる仕事を選んでいきましょう。業種や職種によって、仕事内容は大変異なってきます。今まで関わってきた仕事とは、全く違う業種に転職してみることもよいかもしれません。または、同じ業種でも職種を変えてみることで、今まで以上にやりがいを感じられる可能性もあります。

やりがいの感じられる仕事は、仕事をしていても自分にプラスに働くものです。1日のうちの大半を費やす仕事ですから、ぜひやりがいのあるものを見つけていきましょう。

転職サイトやハローワークを利用する

一人でコツコツと転職先を探すよりも、転職サイトやハローワークを利用することもオススメです。転職サイトやハローワークには、転職のプロがたくさんいます。そのため、たくさんのよいアドバイスがもらえるのです。

さらに、第三者の視点で、さまざまな発見があることもメリットです。自分一人だけでは、どうしても自分だけの世界観で転職も検討してしまいがちです。しかし、誰かの視点を入れることで、今まで気付かなかった転職の世界を、垣間見ることも可能なのです。

口コミサイトを活用する

ある程度転職先のめどがついたら、ぜひ口コミサイトも活用してみましょう。企業は、実際に入社してみなければ、分からない部分が大変多くなっています。どんなによいことばかりが書かれている求人記事も、実際はそうではない可能性もあるのです。

そこで、実際の企業の内情を、口コミサイトで調査してみましょう。一度入社してしまえば、そこからまた転職をすることは非常に大変です。効率的に転職をするのなら、こうした下調べもきっちりとしていくことが大切です。

ただし注意したいことは、口コミサイトが全てではないということです。たとえ口コミサイトによくない評判が多かったとしても、実際はそんなことはないということもあります。よって、口コミサイトは参考までの下調べとし、最後は自分自身の目で判断をしていきましょう。

自分の経験を生かしながら転職活動を進めよう

転職活動は、そう簡単に進むものではありません。しかしポイントをおさえていけば、よりよい職場に巡り合えることも大変多いものです。そんな転職には、ぜひ自分の今までの経験を生かしていきましょう。自分の良さを存分に生かせる職種を選ぶことも、大変有効です。

自分一人での転職活動ももちろんよいですが、誰かの意見を取り入れてみることも効果的です。自分だけではどうしても見えない部分があるので、ぜひ第三者の視点も取り入れていきましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事