「40代の転職を成功させるために」しっかりと準備して臨みましょう

「40代の転職を成功させるために」しっかりと準備して臨みましょう

ビジネス 2018.02.09

40代を転機に転職

人生の分岐点でもある40代。家族のこと、老後のこと、さまざまな問題が頭をよぎる年代でもあります。このままの仕事でいいのだろうか?そんな悩みをお持ちの方も多いはず。

しかし、年齢のことを考えると、なかなか転職に踏み込めないということが、現状ではないでしょうか?そんな方のために、40代での転職を成功させるためのポイントについて取りあげます。

40代からの転職の注意ポイント

準備をしっかりする

ほとんどの企業が、適応能力が高く、給与面でも採用しやすい20代、30代の採用を優先する傾向があります。その一方で、経験が豊富で、なおかつ管理能力も高い40代を、即戦力として採用したいという企業も存在します。

まず始めに必要なことは、求人情報サイトやハローワークなどをくまなくチェックして、情報収集をすることです。さらに、自分の強みとは何かを、しっかりと自己分析することも重要です。

長所や短所といった性格のことから、実務的なスキルや資格、今までの経験で培った実績など、自己分析がしっかりとできていれば、適正やスキル、経験などを考慮して、自分が進むべき道がわかりやすくなってきます。

転職を決めるまで退職しない

転職先が決まるまでは、退職することはおすすめしません。次の会社が決まる前に退職してしまうと、経済的に不安になり、「どこでもいいから就職しなければ…」というマインドになってしまい、妥協してしまいます。

転職を成功させるためには、仕事を続けながら、あせらずにじっくりと転職活動を行うことが、重要になります。この先の人生をよくするために転職するのですから、妥協してしまっては意味がありません。

いったいなぜ40代にして転職するのか?がむしゃらに仕事をしてきたこれまでの人生、果たしてこのままでいいのだろうかなど、40代を転機に考え方の変化があった方も多いのではないでしょうか。働き方の見直しをして、ワークライフバランスを実現することが、何より大事なことなのです。

転職の目的をはっきりさせておく

いまの会社や仕事内容に不満がある、年収アップを狙いたい、ワークライフバランスを実現したい、ほんとうにやりたいと思える仕事がしたいなど、転職理由は人それぞれです。それでは、いったい自分はなぜ転職しようとしているのか、転職の目的をはっきりさせておくことが重要です。転職理由により、アプローチすべきところが変わってきます。

自分が関わりたい仕事内容や給与面での待遇など、転職先への希望をしっかりと伝えることが、非常に重要になります。面接などで受かりたい一心で、自分の望みを妥協してしまうと、後悔してしまうので注意が必要です。

また、40代というのは若い世代とは違い、本来なら管理職などの立場になっている場合が多いでしょう。そのため、転職の目的がはっきりしていないと、企業側としても、採用に関してためらってしまう要因となりますので、転職の目的は、はっきさせておく必要があります。

転職の成功事例

経験を評価してもらった

20代や30代の転職とは違い、40代での転職は、今までの実績が問われることもあります。したがって、今までの経験を、しっかりとアピールすることが必要になってきます。経験豊富な40代を、即戦力として採用したいと考えている企業もあります。ベンチャー企業や中小企業、新規事業の早期立ち上げを検討している企業は、実践力や即戦力を求める傾向があります。

また、管理部門を強化するために、マネジメント力が高い人材を採用したいと考える企業もあります。そのため、若い世代にはない経験と管理能力を評価され、転職に成功するケースが多いのです。

転職サイトに登録して成功した

転職先を見つけるのに最適なことは、転職サイトへ登録することと、ハローワークで求人を探すことです。しかし、転職先を探すためにハローワークに何回も行くのでは、時間も労力もかかります。

そこでオススメするのが、転職サイトへの登録です。転職サイトでは、求人の閲覧だけではなくスカウトサービスなど、さまざまなサービスを提供しているところが多く、ハローワークよりも、自分の市場価値とマッチングした企業を探せます。

スカウトサービースとは、自分が希望する条件や経験、資格などといった登録情報に対して、興味を持った企業から直接オファーがあるサービスです。しっかりと書類を準備して登録しておけば、希望や経験にあった求人が見つけやすくなり、またメールなどで知らせてくれるので見逃すことがありません。転職サイトに登録することで、自分に合った企業に転職できたという人は、非常に多いです。

専門性の高いスキルが武器になる

企業側は、40代には即戦力を求める傾向が強く、20代や30代の人には、今後の活躍に期待するというところもありますが、40代ではそうもいかないことが現実です。では、40代の人は、いったい何を武器にすればいいのでしょう。

それは、今までに「管理職について、数十名のマネジメントをしてきた」「前職にて、数億円規模のプロジェクト立ち上げに参画した」「この業種において、多くの人脈を築けた」などといった実績が一つ。もう一つは「長年建築現場にて、施工管理をしてきた」「多くの産業機械の設計に携わってきた」「金融業界において、長年最前線で活躍してきた」といった知識です。

これら二つを武器に、若い世代とは違う確かな実績と知識を持っており、それを活かせる人材だということを、アピールすることが非常に大事です。

焦って決めずに粘って成功

本来であれば、退職してからの転職活動はオススメできませんが、倒産などのやむを得ない場合もあるでしょう。また、安定した収入がないと、焦って決めてしまいがちです。しかし、そういった場合において頼れる制度がありますので、みていきましょう。

たいていの場合には、給料から雇用保険料が天引きされています。これは、働く意思があるにもかかわらず、失業してしまった場合の救済措置として適用される制度です。しかし、失業保険が適用されるためには、さまざまな規定がありますので注意してください。

失業保険は、自己都合で離職した場合には、離職票を提出してから約3カ月で支給されます。支給額は、離職する前の6カ月間の給料をもとに計算され、6割から7割程度支給されることになります。しかし、受給期間中にアルバイトなどをした場合などは不正受給とされ、受給金額の返還を求められたり、受給額の2倍相当の罰則金を科せられたりする場合もありますので、気をつけましょう。

転職活動が長引いても、失業保険を受給しながら、じっくりと転職先を探すことで、成功につながるといったケースがあります。そのため、焦って決めずに、粘って転職を成功させましょう。

40代で転職しやすい仕事

需要の高い看護師

一般的に、40代の転職活動は難しいといわれています。しかし、看護業界においては、40代を過ぎた看護師でも需要があります。それは、少子高齢化が背景にあるためです。現在、治療が必要な高齢者の数が多く、また少子化の影響もあり20代、30代の働き手が少ないことが、40代の看護師にも需要がある理由です。

また若手と違い、40代の看護師は、今までの経験で培った知識と技術があるため、病院側から即戦力として求められることが多いのです。そのため、看護師として転職する場合は、求められる仕事内容のレベルが高くなることも、認識しておく必要があります。

さらに、女性の看護師の場合には、給与面でも若い世代とは違い、破格の待遇を受けることもあります。40代のベテラン女性看護師の平均給与は、500万円程度といわれています。これは、同世代の女性の給料よりも、はるかに多い金額です。また、看護師には免許が必須のため、専門性が高く需要も多いことが特徴です。

離職率が高い営業職

営業職は離職率が高く、常に新しい人材を募集する傾向にあります。また、未経験の場合でも、マネジメント能力を買われて、採用につながる場合もあります。

中でも不動産営業は、採用される確率が高いといわれています。しかし、ノルマが厳しい業界でもありますし、契約が取れずにつらい思いをしてしまう可能性もあります。そのため、自信がない場合は避けた方がよいでしょう。しかし経験がある場合などは、キャリアアップのチャンスが見込める職種でもあります。

営業職に転職するためには、専門性はそこまで高くありませんが、マネジメント能力や営業力、コミュニュケーション能力といった、総合的な人間力が求められる傾向があります。

健康ならば介護職

高齢化社会に伴い、介護職も需要が高く、常に人手不足の業界でもあるので、年齢を問わずに未経験者でも、雇用される場合が多いです。しかし、介護の仕事は力仕事も多く、深夜労働や長時間勤務など、仕事内容はかなりハードな職業です。

体力にまだまだ自信があり、やる気がある場合には、これからますます需要が増えてくる業種のため、挑戦する価値はあります。また、マネジメント能力がある場合には、一担当者ではなく、統括などの管理職へのキャリアアップも望めます。介護職は資格が必要ですが、こちらは職業訓練校で取得が可能です。

目的をはっきりさせて転職を成功させよう

難しいと思われる40代での転職ですが、しっかりと準備をして的を絞って行動すれば、成功することは可能です。しかし20代、30代の転職とは、求められることが違ってくることも現実。目的をはっきりさせて、転職を成功させましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事