「40代正社員での転職方法」求められている業界で新たな職場探しを

February, 09, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

40代での転職は厳しい現実

40代での転職は、求人数自体が少なかったり、年収がダウンしたりとマイナス要素が多いのが現実。転職に踏み切る前に、しっかり考える必要があります。35歳を境目に求人数は急減します。20代や30代のように、キャリアアップや条件アップを目指した転職は、よほどのスキルや専門性がないと難しいです。ただ、40代でも求めている業界も存在します。40代での転職を成功させる方法や、ポイントをしっかりマスターし、前向きな転職活動につなげましょう。

40代で正社員への転職を成功させるには

自分の希望する転職を再確認

40代での転職で大切なのは、転職先に求める条件の優先順位を決め、自身の妥協点を探ること。年収アップや雇用形態など今考えている条件では、転職は難しいかもしれません。とくに「正社員雇用」となると、雇う企業側もそれなりのリスクが発生します。正社員雇用にこだわるのなら、転職活動が長期戦になることは覚悟しておきましょう。

はじめから正社員での採用を求めるのではなく、契約社員やパート従業員からスタートし、働きや能力を認めてもらってから、正社員雇用という方法もあります。企業も能力があり、会社に貢献してくれる従業員なら年齢は関係なく、手放したくありません。

40代に求められるものを知ること

40代の転職者に求めるものは、「管理能力」と「即戦力」。企業は、40代の転職者を採用する際、一から教育して育てていこうとは思っていません。つまり、企業側としては、新人教育にかかる時間や労力、費用が削減され、尚且つすぐに結果が求められる人材を採用したいわけです。

企業によっては、人の教育やチームをまとめる力を要求される場合があります。40代の転職者は、転職してすぐに何らかの結果が求められるという、心構えは必要です。

管理能力や即戦力が求められる40代の転職者には、未経験や異業界への転職は大変困難です。とくに医療関係や金融関係、技術者など、専門的な知識や技術が必要になる職種は、40代の未経験を雇うメリットがありません。できる限り、今までの経験が生かせるような職場を探しましょう。

求められている業界がある

40代での転職先は絞られますが、求めている業界も存在します。人材不足の業界や専門性の高い職種、管理職での求人は、逆に年齢が強みになる場合があります。

とくに人材不足の業界は、業界自体で人材不足がまん延しているため、人の取り合いになっています。ある程度社会経験のある40代は、責任感や忍耐力があると判断できるため、すぐに辞めてしまう若者よりも、長期的な雇用が見込めるため、企業は採用に対して前向きです。こういった業界に転職先をしぼり、条件のよりよい職場を探すのも一つの方法です。

専門性の高い職種は、人を一人育てるのに、大変な時間や費用を要します。そのため、企業は、年齢に関係なく、経験者を常に求めています。そのため、前職で役職がついていた人や賞の受賞歴がある人、論文発表などその業界で名前の知られている人は、キャリアアップでの転職が見込めます。

未経験の40代の採用の多い業界

年齢制限がほとんどないタクシー業界

タクシー業界は、人材不足ということもあり、年齢や初心者、未経験者に関係なく、正社員雇用が期待できます。普通免許を持っていること・事故歴が少ないこと・ある程度の運転経験があることなどの一定の条件をクリアしていれば、どんどん応募し、面接にチャレンジしてみましょう。

数カ月の教育期間を乗り切ればすぐに独り立ちができるため、早い期間で職場環境に慣れることが可能です。また、勤務のほとんどを車中で過ごすため、自由度が高く、職場内での人間関係を気にする必要もないので、合う人は長く働き続けられる業界です。

タクシー業界の勤務条件と給与体制

勤務条件は、隔日勤務制。勤務時間は、早朝のときもあれば、深夜のときもあったりと会社によってさまざまです。年収は、歩合制のところがほとんどで、頑張り次第で給料に大きな差がでます。基本給の設定や歩合率などは、会社によって異なりますので、会社を選ぶ際は、自分の条件と照らし合わせながら慎重に選ぶようにしましょう。

人材不足な介護業界

高齢化社会に伴い、介護業界の人材不足は深刻です。人のお世話をしたり、重いものを運んだり、深夜勤務のある厳しい仕事内容に、耐えられない若者が多く、たとえ正社員で採用してもすぐ辞めてしまいます。対して40代は、責任感や忍耐力が期待できるため、比較的長く勤めてくれる可能性があり、企業側にも雇うメリットがあります。

介護業界は、今までのスキルや経験よりも「人」を採用基準の一つに考えるところが多いです。熱意が伝わり、コミュニケーション能力があると判断されれば、前向きな結果が期待できます。今まで営業やサービス業などで、コミュニケーション能力を培ってきた人や、体力に自信がある人はチャレンジしてみましょう。

介護業界の勤務条件と給与体制

勤務体制は、基本シフト制。ある程度融通がきくほうが、採用されやすい傾向にあります。年収は200万円から600万円とひらきがありますが、資格をとれば昇給が見込めます。介護業界は、仕事内容は大変ですが、転職者でも年齢に関係なくキャリアアップが可能な職業です。

三交代制もある設備管理業界

設備管理業界は、年齢層が幅広いため、働き盛りの40代は重宝されます。設備管理業界の仕事内容は、商業ビルやオフィス、病院や商業施設の建物の管理。館内を巡回や、設備の管理、ビルのメンテナンスなどが主な内容です。覚えることも多く、慣れるのに時間はかかりますが、ある程度知識が把握できれば、仕事もルーティン化され、やりやすくなります。

他社と比較すると、業界自体の年齢層が高いため、40代で転職しても、同年代の人や年上の人が多く、人間関係が築き易いのもこの業界のメリットです。人間関係は、仕事を続けていく上で重要なポイントです。年下が多い職場だと、話が合わなかったり、価値観が合わなかったりして、余計なストレスを感じてしまうことがあります。

設備管理業界の勤務条件と給与体制

勤務体制は、基本、深夜勤務を含む三交代制。勤務時間はローテーションのシフト制のところが多く、勤務時間の固定されているところは少ない業界です。年収は、300万円から400万円。管理会社や、勤務体制により大きく差があるので、家庭環境などを考慮し、できるだけ条件の合う職場を選びましょう。

管理会社は、いくつものビルと契約しています。どこのビルに配属されるかわからないので、面接の際はしっかり確認しておくことが大切です。

店長候補の飲食やアパレル業界

飲食やアパレル業界も人材不足が激しい業界のため、店長やマネージャー候補での中高年向けの求人は少なくありません。経験者は優遇されますが、異業界転職でも、ある程度の社会経験があれば、正社員での転職も期待できます。

ある程度の知識や仕事内容を把握するため、研修やトライアル期間が設けられているところが多く、この期間は契約社員やアルバイトで雇用され、その後正社員採用になる場合もあります。

飲食業界で好まれる人材

飲食業界で40代で採用される場合、今までの経験が評価され、店長やマネージャーという役職からスタートすることも少なくありません。飲食業の知識はなくても、マネージメント能力や、人の管理育成の経験がある人はとくに好まれます。ただし、残業が多く休日が少ない業種でもあるため、比較的体力に自信がある方におすすめです。

アパレル業界の勤務体制

アパレル業界は、本社での勤務は難しく、店舗スタッフとしての採用が多くなります。そのため、応募する際はブランドのターゲット層を調べ、自分の年齢にマッチしているかどうか調べることが大切です。基本、シフト制でセール時など繁忙期は多少の残業が求められる場合もあります。正社員採用になると、土・日・祝は出勤になることが多いです。応募を検討する前に、家族同士の話合いが重要です。

編者の選ぶ40代向けの転職サイト

リクナビネクスト

他社と比べ、求人数と利用者数が最も多い、国内最大級の求人サイト。転職を考えた際、まず登録をおすすめしたいサイトの一つです。細かい地域や職種別に求人検索ができ、未経験での応募が可能な企業も多いため、幅広い層の人が利用できます。毎週新しく求人情報が更新され、そのたびにエントリーが可能。エントリー数が増えることにより、転職成功率が高まります。

リクナビネクストは、スカウトサービスも充実。登録は無料なので、早めに転職したい人はもちろん、転職しようか考えている人も、まず登録しておくことがおすすめです。登録しておくことで、非公開の情報を知ることが可能。あなたの登録情報をみて、企業からのスカウトやオファーが期待でき、よりスムーズな転職活動につながります。

【参考リンク:https://next.rikunabi.com/?vos=prnnrikunabitop001】

ビズリーチ

よりハイクラスな職場で、キャリアアップを目指す人のための転職求人サイト。東証一部上場企業やベンチャー企業などの求人情報を得ることができるため、スキルや能力に自信のある人にはおすすめです。一部有料のサービスもありますが、よりハイクラスな転職を希望しているのなら、利用することで転職成功率が高まります。まさに「即戦力」を求めている企業の求人が集まっている求人サイトです。

ビズリーチに登録すると、転職のプロであるヘッドハンターのサポートを受けられるサービスが利用できます。それなりの企業に入社するためには、それなりのコツが必要です。ヘッドハンターのサポートにより、より条件の高い企業へのエントリーが可能になります。

【参考リンク:https://www.bizreach.jp/】

FROM40

40代以上専門の求人サイト。40代や50代対象の求人情報がメインのため、年齢制限を気にしながら求人情報を探さないといけない手間が省けます。職種別・地域別・雇用形態別と、自分の条件にそって細かく検索が可能。40代での転職が困難という不安を、払拭してくれるぐらいの求人情報を得ることができます。

FROM40では、完全無料のスカウトメールサービスがあり、登録も簡単に行えるのでおすすめです。条件のマッチング率が高く、より条件に合った職場探しが可能です。また、40代が転職するための方法や情報が得られるサービスも充実。40代の転職をメインにサポートしてくれる求人サイトです。

【参考リンク:https://www.from-40.jp/】

適した業界と転職サイトで転職を成功させよう

40代の転職では、ある程度の妥協は必要ですが、成功させる方法を抑えれば、スムーズな転職が可能です。まずは、40代を必要とする業界を把握し、転職サイトの登録からはじめてみましょう。キャリアアップや生活環境の変化などから、40代で転職に踏み切る人は少なくありません。ただ40代での転職は、若いころに経験をした転職とは異なるということは理解しておく必要があります。現実的で確実な転職方法で、採用を勝ち取りましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪