転職成功率をアップさせる方法とは?後悔なく仕事を変えるコツを伝授

転職成功率をアップさせる方法とは?後悔なく仕事を変えるコツを伝授

ビジネス 2018.02.09

転職希望者にはとても気になる転職の成功率

転職を希望する方にとって、気になるのが転職の成功率。「転職した人はどのくらいの確率で成功しているんだろう」と疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、転職の成功率をアップさせるためのポイントや、年代別の転職成功率について詳しく解説していきます。これから転職を検討している方、必見です。

転職成功率を向上させるポイント

無料の転職サイトを利用する

転職成功率を向上させるために欠かせないのが、無料の転職サイトを利用するということです。転職サイトというのは、あらゆる業種の求人が掲載されているサイト。「どこに転職しよう」と考えたときに、まず見るべきサイトといえます。

転職成功率を向上させるためには、豊富な選択肢があることが絶対条件。複数の会社や業種を比較して、自分に合った仕事を選ぶことが大切です。転職サイトを利用すれば、豊富な情報が手に入るので、転職に役立つこと間違いありません。

また、転職サイトのもう一つのメリットとして「自分のペースで転職先を探せる」ということが挙げられます。空いた時間にいつでも情報をチェックできるので、スムーズに転職先を探すことができるでしょう。

予備校や通信講座の活用

転職をして待遇アップを狙うのであれば、国家資格など仕事に役立つスキルを身につけることが大切です。しかし、国家資格の勉強を自分一人の力で行うのはとても大変。「効率よくスキルを身につけたい」と考えるのであれば、予備校や通信講座を活用しましょう。

予備校や通信講座を活用すれば、専門家の指導を受けながら知識を高めていくことが可能。サポートを受けることにより、効率よく勉強を進められます。「独学では挫折してしまいそう」という方にもおすすめです。

また、予備校や通信講座にはある程度のお金がかかりますが、待遇アップを狙うためにはスキルの向上が欠かせません。かかる出費は自己投資と考え、予備校や通信講座を活用しましょう。

希望する職業の情報収集

ある程度自分がどんな職業に転職したいのか考えたあとは、その職業の情報収集をしましょう。その職業に就くことで、どんなメリット・デメリットがあるのか情報を集めてください。

インターネットで検索すると、職業別や会社別の口コミをたくさん見ることができます。実際にその職業に就いた方からの声はとても参考になるはず。できるだけ多くの情報・口コミを見て「その職業が自分に合っているのか」検討してください。

また、情報を集めることでその職業に必要なスキルが見えてくるはずです。仕事に応募するまでにスキルを身につけておくことで、有利に転職できるでしょう。

転職成功率の高い職種を目指す

「転職できるか不安が大きい」という場合は、転職成功率の高い職種を目指しましょう。特定のスキルが必要とされる職種は、転職成功率が高い傾向にあります。企業が求める人材が少なければ少ないほど、希望にマッチする人材の転職成功率がアップするのです。

反対に、スキルが不要な職種は転職がしやすいですが、離職率も高い傾向にあります。企業に求められることが少ない分、簡単な仕事が多いですが、待遇に不満を持つ方が多いようです。

転職を成功させるためには、その職種の転職成功率も意識したいポイントの一つ。周りに転職をした人がいらっしゃる場合は、転職してよかったこと、悪かったことを聞いてみるとよいでしょう。職種選びの参考になるはずです。

年代別の転職成功確率

20代で約50%

20代の転職成功確率は約50%。新卒と同時に入社したあと数年で離職し、第二新卒として転職活動を行う方も多いため、転職成功率は比較的高い傾向にあります。また、若い年代は転職回数も多めです。

企業からすると若い年代は、これからの活躍を期待できる貴重な人材。それほどスキルがなくとも、将来を期待して採用するケースが多いです。20代のうちは若者を求める企業が多いため、豊富な転職先候補を見つけられるでしょう。

しかし、転職を何度も繰り返していると「この人はなにか問題があるのでは…」と疑われてしまう可能性もあります。自分に合った職を見つけるための転職はよいことですが、コロコロと短期間で何度も転職しないよう注意してください。

30代で約40%

30代の就職成功率は約40%。20代と比較すると10%確率が低下しています。30代というと、会社でも中堅の立場。それなりにスキルや知識が身についているでしょう。30代の転職を成功させるためには「どれだけスキルを生かせるか」が重要となります。

20代とは異なり、企業は「若いだけ」では採用してくれません。その人が前職でどのような仕事に携わってきて、どのような実績があるのかが重視されます。仕事に応募する際は、これまでの実績と経歴をしっかりとアピールしましょう。

また、まったく別の業種に転職する場合「30代が最後のチャンス」といわれることも多いです。後悔のないよう、慎重に転職先の業種を選んでください。

40代で約10%

40代の転職成功率は約10%。40代になると前職でキャリアを積んでいる方も多く、転職する人自体が比較的少ない傾向にあります。また、前職とはまったく別の業種に就く方はかなり少数。これは「40代で転職に失敗したら後がない…」と考える方が多いためでしょう。

しかし、40代であっても転職を成功させることは可能です。今までとは別の職種であっても、スキルを生かせるのではあれば問題ありません。面接を受ける場合は「自分が持っているスキルがその会社でどのように生かせるのか」しっかりと伝えましょう。

また、国家資格などのスキルを身につけることで転職活動が有利になる可能性があります。転職という節目で、自分自身のスキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。

転職成功率の高い職種

安定感の強い公務員

安定感の強い公務員は、転職成功率の高い職種です。公務員の一番の魅力は「安定している」ということ。公務員の給与はしっかりと国から保障されているので、安心感があります。また、社会全体からの信用度が高いことも大きなメリットといえます。

公務員というと年齢制限が設けられているイメージが強いですが、自治体や業種によっては幅広い年齢にチャンスがあります。社会人経験者、民間企業経験者などの採用枠が設けられているケースも多いので、募集要項をチェックしてみてください。

ただし、公務員は民間企業とは異なり「争議権」が行使できません。給与が少ないからとストライキをしたり、労働条件に対しての争議行為ができないことを覚えておきましょう。また、副業も禁止となっているので「副業をしながら生計を立てたい」と考えている方は注意が必要です。

特別な資格のいる看護師

特別な資格が必要な看護師も転職成功率が高い職種の一つ。一度離職をしても、資格があることで転職しやすいのです。「勤めている病院と相性が合わない」と違う病院に転職をする方も多くいらっしゃいます。

また、医療はいつの時代も必要。時代によって不要となるものではなく、常に必要とされる業種のため、安定感も強いといえるでしょう。

ただし、ほかの業種と一緒で何度も転職をしていると「すぐ仕事をやめる癖があるのでは」「短期間で退職してしまうのでは」と思われてしまいます。できるだけ長期間働けるよう、転職する病院をしっかりと見極めることが大切です。

接客がメインの販売業

接客メインの販売業は、転職率が高い傾向にあります。特別なスキルがなくとも採用してもらえるケースが多いため、未経験者でも挑戦しやすいといえるでしょう。

しかし、接客業がメインの販売業は離職率も高めです。販売員を求めている企業はたくさんあるため「なんか違う…」「合わない」と感じただけで転職を繰り返す人が多いのです。

度重なる転職はよい印象を与えません。ほかの業種と同様に、販売業の場合も「会社が自分に合っているのか」「長期で続けていくことはできるのか」じっくりと考えることが大切です。

転職成功は企業とのマッチングが鍵

転職の成功率を高めるためには「自分と企業の相性」を見極めることが大切です。人材を求めている企業は数多くありますが、複数を比較して「自分の条件とマッチしているか」よく考えてみてください。

自分にぴったりの転職先を見つけることができれば、きっと仕事のやりがいもアップするはずです。情報を集めながら、前向きに転職活動を行っていきましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事