蛍光灯の処分は正しく行う|買取希望なら早めに決断しよう

蛍光灯の処分は正しく行う|買取希望なら早めに決断しよう

家計の知恵 2018.08.11

蛍光灯の正しい処理の仕方は

使い終わった蛍光灯の処理の仕方を知っていますか。中にはよくわからない人もいるでしょう。蛍光灯には金属部分もありますからどう分別したらよいのか、また割れてしまうこともあるためどのようにしたら安全に処分することができるのか。正しい処理の方法を理解して処分しましょう。蛍光灯には水銀が使用されているため正しく処理しないと環境汚染の原因にもなります。
正しい処分の仕方は自治体によって違いがあります。自治体の指示に従って処分することが重要です。

蛍光灯の処分方法とは?

蛍光灯の処分は燃えるゴミや燃えないゴミとして処分することはできません。これは蛍光灯に有害物質である水銀が含まれているため、通常のゴミとは違う特殊な回収をしています。水銀は環境汚染につながる有害物質ですから、正しい処分が必要です。わからない場合には自治体に問い合わせをし、処分方法を確認しましょう。

蛍光灯は燃えるゴミでは処分できない

蛍光灯は、ガラスや金属などからできています。そのため燃えるゴミとして処分することができません。さらには有害物質である水銀が使用されていますから、簡単に処分することは危険です。正しく処理する必要があります。含まれている水銀は少量ですが、それでも蛍光灯が割れてしまったりすると水銀が漏れる可能性があるため気を付ける必要があります。すぐに人体に影響が出るということではありませんが、環境汚染の原因にもなりかねませんから気を付けましょう。
自治体によって回収の仕方や分別には違いがあるので、きちんと確認して自治体の指示に従いましょう。

蛍光灯は燃えないゴミとして処分する

蛍光灯は燃えないゴミや、リサイクル回収として処分するのが一般的です。自治体の収集を利用すれば、無料で回収してもらうことができます。
燃えないゴミとして処理するのかリサイクル回収として処理するのかは、自治体によって違います。指定された日に専用の回収ボックスに入れる場合もあれば、専用の袋に入れて処分する場合もありますから、間違いのないようにしましょう。特に引っ越しなどで自治体が変わった場合には、確認が必要です。

粗大ゴミとして処分することはできるのか

蛍光灯は粗大ゴミとして処理することができるのでしょうか。自治体で行っている回収に関しては蛍光灯はそれぞれで処理の仕方に違いがあり、それに従って処理することになります。粗大ゴミとして処分することはできませんから、自治体の指示に従う必要があります。自治体によって違いがありますが、蛍光灯の回収日が決まっており指定の場所に出すといった方法などになります。
割れてしまった蛍光灯も同じように処分することになりますが、割れてしまうと使用されている水銀が漏れてしまう可能性もありますから、必ず袋にまとめておき、出すようにしなければなりません。

蛍光灯を処理するのにかかる費用は

蛍光灯を処理する際にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。引っ越しなどで大量の蛍光灯を処理する場合には、なかなか自治体の回収日を待っていることができない場合もあります。そういった場合には、専門の業者に回収を依頼する方法がありますが、心配になるのは費用です。

蛍光灯を業者に依頼したときの費用

蛍光灯の回収を行っている業者に依頼した場合には費用が必要です。必要となる費用は、業者によって違ってきます。例えば蛍光灯1本いくらで計算する場合もあれば、1kgいくらで計算する場合もあるため、どのくらいの費用がかかるのかは簡単に判断することができません。
業者や廃棄してもらう量によっても違いがありますが、1本当たりだいたい数十円と考えておくとよいでしょう。業者を利用する場合には、ある程度まとまって処理が必要になる場合ですから、まずはどのくらいの量を処分したいのかはっきりさせておきましょう。

蛍光灯の処理はどこに頼む

蛍光灯の処理を業者に依頼する際には、まずどこの業者に依頼したらよいのかから始まります。扱っている業者としては廃棄物処理業者や廃品回収業者となります。処理に関しては業者によって費用が違います。いくつかの業者を候補に挙げて見積もりをしてから決めるとよいでしょう。
また、蛍光灯の処理費用だけでなく、回収費用や運搬費用が必要になる場合もありますから、そういった点も確認しておくことが大切です。持ち込みができる業者もあり、運搬費用などが掛からずに済みます。持ち込みが大変な場合には回収に来てくれる業者が便利です。

蛍光灯を無料で処分をする方法

蛍光灯の処分をどうしたらよいのか迷ってしまっている人も少なくないでしょう。できれば無料で処分したいのが本音です。少量であれば自治体に出すことで無料で処分することもできますが、これも自治体によって違いがありますから確認が必要です。
問題はまとまった量になった時です。どういった方法が考えられるのか見ていきましょう。

不要になった蛍光灯を無料で処理する方法

蛍光灯を無料で処理するなら、行政の回収を利用するのが便利です。行政によって回収の方法は違いますが、基本的に、無料で回収してもらうことができ安心です。ただし、行政で回収を行っているのは一般家庭で出る不要となった蛍光灯です。事業などで使用したものに関しては対象外となっている場合が多いので気を付けましょう。
また、2018年現在では、行政が無料の回収を行っている場合が多いものの、今後、どのようになるのかはわかりません。行政で処理費用があまりかかるような場合には、有料での回収となる可能性もありますから行政からの通知は注意しておきましょう。

未使用の蛍光灯ならリサイクルも考える

蛍光灯も未使用で不要となったものであればリサイクルに出すことも考えられます。蛍光灯でリサイクルといえば使用済みの蛍光灯のリサイクルをイメージする人も多いのですが、未使用品であればリサイクルショップなどで引取ってもらうことも考えられます。この場合には無料ではなく買取になる可能性もあるので検討してみましょう。

家電量販店や電気店を利用する

使用済みの蛍光灯を家電量販店や電気店、小売店などで無料回収している場合もあります。これはサービスの1つとして行っていたり、リサイクルを目的として行っている場合もあります。ただし、どこでも必ず行っているわけではないので、実施しているかどうかは店舗に確認しましょう。
また、回収している場合でも、品物を購入した場合には使用済みのものを引き取っているといった場合もあります。蛍光灯を新しくするなら、使用済みのものをもって購入しにいけば、購入と同時に古い蛍光灯を処分することができる可能性もあります。

処分ではなく買取希望のときは

できればただ処分するのではなく、買取してもらいたい場合にはどうしたらよいのでしょうか。未使用品であれば、リサイクルショップなどで買取してもらうことも可能ですが、使用済みのものに関しては買取してもらうことができるのでしょうか。

買取対象になるかを確認する

蛍光灯は使用済みのものに関しては買取してもらうことは難しくなります。照明器具と一緒になっているものであれば、照明器具の買取ということで一緒に買取ってもらうことができる可能性はありますが、蛍光灯単体の場合には未使用品のみが対象になると考えましょう。
未使用品であっても、あまり古いものの場合には買取できない場合もあります。また、パナソニックや日立、NECといった有名日本メーカーの商品であれば買取額も高くなります。できれば蛍光灯は、外装もそのままの状態がよいでしょう。外装がなかったり外装がボロボロになっている場合には、通常の買取額の半額程度になる可能性もあります。

蛍光灯の買取を行っているお店

蛍光灯の買取を行っている業者はリサイクルショップや建材屋などです。量にもよりますが、家庭から出る数本程度であれば、一般的なリサイクルショップでも買取ってもらうことができます。事業所などで大量に出てしまった蛍光灯の場合には、リサイクルを行っている建材屋がよいでしょう。50本、100本とまとまった量であっても買取ってもらうことができます。

セカンドストリート

セカンドストリートというと洋服のリサイクルのイメージが強い人も多いでしょう。家電や家具なども取り扱っていますから蛍光灯も対象となります。未使用品になりますが、宅配査定なども行っていますから他の不用品などと合わせて査定してもらい決めましょう。
【参照URL:https://www.2ndstreet.jp/#onlinestore

マクサス

店舗数は少ないですが、宅配査定をおこなっているので便利です。照明器具としての買取が中心となっているので蛍光灯のみの場合には、先にどういった蛍光灯なのかを詳しく説明してみるとよいでしょう
【参照URL:http://kaitorimakxas.com/

買取大王

神戸にある買取店ですが、郵送買取を行っていますから全国どこからでも買取を行ってもらうことができます。1点からでも買取をおこない建材電材を取扱っているので、まとまった量でも安心です。
【参照URL:http://www.kaitoridaiou.com/

蛍光灯の処分は水銀に注意

蛍光灯には水銀が使用されているため正しく処理を行わないと環境問題、健康問題につながります。自治体で行っている回収を利用して処分するのが基本となりますから、きちんと自治体の指示に従う必要があります。
ただし、未使用のものに関しては買取を考えることもできます。蛍光灯は省エネ性の高いLEDの普及に伴って需要が減少してきていますから、処分を検討するのであればできるだけ早い時期に決断するのが得策です。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事