石油ファンヒーターの処分方法とは?費用の相場など細かく解説

石油ファンヒーターの処分方法とは?費用の相場など細かく解説

家計の知恵 2018.08.30

石油ファンヒーターの処分方法について知ろう

暖房器具として重宝する石油ファンヒーターですが、故障などによる買い替えや、引っ越しなどで処分を検討している人もいらっしゃるかと思います。そんなときに悩むのが、処分方法ではないでしょうか。
石油ファンヒーターは比較的大きな部類の家電であり、かつ危険な灯油も使用するため、処分方法は悩みどころです。今回はそんな石油ファンヒーターの処分方法について見ていきましょう。

石油ファンヒーターの処分方法とは?

石油ファンヒーターを処分する場合、大きく分けて、ゴミとして捨てる場合とリサイクルや買取を依頼する場合が考えられます。そこでまずはゴミとして処分する場合の方法を知っておきましょう。

粗大ゴミとして処分する

石油ファンヒーターをゴミとして処分する場合は、燃えるゴミでも燃えないゴミでもなく、「粗大ゴミ」の分類です。粗大ゴミとして処分する場合は、各自治体によって処理方法が違うので、注意が必要です。例えば、粗大ゴミの処理券の購入が必要だったり、処分場へ持ち込まなければならない場合や、回収が不可能なケースもあるようです。
いずれにしても石油ファンヒーターをゴミとして処分する場合、捨てる前に必ず自治体へ処分方法を確認してから、粗大ゴミとして廃棄する事が大切です。

回収業者へ依頼し処分する

回収業者へ処分を依頼する方法です。粗大ゴミとして処分する場合は、事前に自治体への確認が必要だったり、処理券が必要だったりと面倒な部分が多いと思います。ですが回収業者へ依頼した場合、手間や時間を短縮できるという大きなメリットがあります。
したがって時間がない人や、手早く処分したい人にとっては、非常に有効な手段です。ただデメリットとして、有料な場合がほとんどなので、ある程度の経済的な負担を覚悟する必要があります。

処分するときにかかる費用の相場

上記で紹介した石油ファンヒーターを処分する方法ですが、粗大ゴミで処分する場合も、回収業者へ依頼する場合も費用がかかります。ではその費用の相場とはどれぐらいなのでしょうか。各処分方法の価格帯をみていきましょう。

粗大ゴミの費用相場は数百円程度

粗大ゴミの費用相場についてです。東京都港区を例にとってご紹介します。港区の場合、石油ファンヒーターの処分が可能です。費用は800円で、直接持込時は半額の400円です。
※石油ファンヒーターに残った灯油や電池は、必ず取り除く必要があります。
※一部の方は、料金が減額もしくは免除になる場合があります。詳しくは自治体へお問い合わせ下さい。
上記の港区では800円でしたが、調布市では315円、葛飾区は600円と都内でもばらつきがありました。自治体によって異なりますが、数百円程度というのが石油ファンヒーター処分費用の相場のようです。

相場は複数の回収業者で比較

回収業者の費用相場です。まず回収業者といっても、業者は数多く存在します。そこで自分にあった業者を探すには、複数業者の費用を見積もりし、比較する事が重要なポイントになってきます。
例えば「不用品回収 エコグッド」こちらを例にあげてみますと、石油ファンヒーターの回収料金目安は1,500円からとなっています。
これは最低価格であり、他にも出張費や作業費など発生する場合があります。特に出張費などはお住まいの場所によっても異なってくると思いますし、作業費や回収料金も業者により変動します。だからこそ複数の会社の見積もりを取る事が重要になってくるのです。
参考:http://www.eco-good.net/

無料で処分をする方法

上記でもご説明したとおり、粗大ゴミや回収業者を利用した場合は、有料になることが多いようです。ですが経済的負担を少なくするため、無料で処分したいと考える方も多いのではないでしょうか。そこで石油ファンヒーターを無料で処分する方法について解説していきたいと思います。

無料で譲渡

家族や知人、友人、会社の同僚など、身近な人へ譲渡できれば、無料で処分する事ができます。実は石油ファンヒーターの需要は意外と高いんです。例えば寒冷地に住んでいる人などは、各部屋に一つストーブがあることも珍しくありません。FF式のストーブが備え付けられていればいいのですが、FF式が壊れたり、何らかの事情ですぐにストーブが必要な人もいます。
そんな中、石油と電気のみで手軽に高い暖房性能が得られる石油ファンヒーターは、欲しがる人も多いのが現状です。なのでもし石油ファンヒーターが十分稼働し、異常がないのであれば、一度身近な人へ連絡してみてください。意外な人から譲ってほしいといわれるかもしれません。

インターネットを利用して無料で処分

インターネットを利用して無料で処分する方法もあります。ネットオークションやフリマアプリを利用する方法です。メリットとしては、多少状態が悪くても値段がつく可能性が高いです。デメリットは配送料金とこん包の手間です。
仮にネットオークションやフリマアプリで値段がついたとしても、配送料金でマイナスになる可能性もあります。また石油ファンヒーターという性質上、こん包が大変です。その辺がクリアでき、かつ送料を支払っても元がとれるなら、インターネットは有効な手段だといえます。

家電量販店で無料引き取りの可能性も

一部の大型家電量販店などでは、リサイクル目的に使用済みの家電製品の引き取りをおこなっています。もちろん石油ファンヒーターが対象な場合もあります。ただ基本的にはリサイクル料金がかかります。
しかし例えば買い替えのときなど、お店と交渉することで無料引き取りの可能性もあります。新品の石油ファンヒーターの購入予定があれば、検討する余地は十分にあると思います。

ホームセンターで無料処分

一部のカインズホーム店舗では、対象商品を購入した方に限り、無料で引き取りをおこなっています。なので近所にカインズホームがあり、石油ファンヒーター買い替えの場合は、おすすめな処分方法です。ただ条件によっては、無料引取りできない場合もあるので、事前の問い合わせをおすすめします。
参考:カインズホーム

処分ではなく買取希望のときは

石油ファンヒーターを処分するのではなく、売ってお金にしたいと思う人もいると思います。そこでここからは処分ではなく買取希望の方法をいくつか解説していきます。

買取対象になるかを確認しよう

まず石油ファンヒーターの買取希望の場合、買取対象になるかを確認する必要があります。下記の項目を確認しましょう。

  • 稼働品である
  • 製造5年以内である
  • 付属品がそろっている
  • 傷や凹み、不具合がない

これらの条件を満たしている場合、買取してもらえる可能性が高そうです。また、この条件を満たしていない場合でも、買取の可能性はありますので、一度問い合わせをしてみましょう。

石油ファンヒーターを買取してくれるお店3選

石油ファンヒーターを買取してくれる可能性が高い、おすすめなお店3選をご紹介します。

ハードオフ

一度は聞いたことがある方も多いと思います。全国に展開しており、多くの売買実績もあるので安心して取引できるお店です。店頭買取はもちろん、宅配買取や出張買取もおこなっています。
参考:ハードオフ

セカンドストリート

全国に500店舗以上を展開する、リサイクルショップです。店頭買取、宅配買取、出張買取に対応しています。定期的に買取金額アップのキャンペーンをおこなっていますので、タイミングをみて売れば、さらなる高価買取が期待できます。
参考:セカンドストリート

トレジャーファクトリー

豊富な買取実績があり、店頭買取、宅配買取、出張買取にも対応しています。公式アプリで買取ポイントをためると、査定額がアップするクーポンをもらえるなどの特典がありますので、上手に利用することで、高価買取の可能性が高まります。
参考:トレジャーファクトリー

石油ファンヒーターは正しく処分しよう

石油ファンヒーターは、非常に処分に困る家電の一つです。ですが処分方法を理解すれば、それほど面倒ではありません。比較的新しく稼働品であれば買取を依頼し、古いファンヒータであれば処分を検討するのが得策です。また引っ越しの際など大量に処分する場合は、業者を使うのも選択肢の一つです。
いずれにしても、石油ファンヒーターは灯油という危険物を使用しています。処分する際も、買取依頼する場合も、灯油や電池の処理をおこたらず、ルールをまもって処理をおこなうことが大切です。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事