スピーカーを買取してもらう|そのために必要な条件とは?

スピーカーを買取してもらう|そのために必要な条件とは?

家計の知恵 2018.08.29

少しでもスピーカーを高く売りたい方

自分の持っているスピーカーは、一体どのくらいの価値があるか、知りたい方必見です。新しく買い替えるためにも、査定額をアップするためにも、スピーカーを少しでも高く売る方法を一緒に見ていきましょう。

【スピーカーの買取相場】まずはチェック

種類によってこんなにも値段が変わるということに驚きます。家電とは少し違うので、ヴィンテージのものも出てきますので、チェックしてみましょう。

小型スピーカー1,000~5,000円

今やワイヤレススピーカーが多くなり、Bluetooth仕様がほとんどです。売れる価格は低めですが、車中にも使用できて需要があるために、状態がよければ高めに売ることができます。
また、有名メーカーの商品でしたら、もう少し高く10,000~20,000円以上の値段がつきます。年数が経っていないもののほうが、高く買取ってもらえることも。
新品ですと、3,000~20,000円ほど出せば、満足できるものが買えます。年数が経ちすぎると、価値がなくなってしまいますので、小型スピーカーは早めに売って、常に新しいものを買っていくことをおすすめします。

大型スピーカー20,000~30,000円

もともとが高いのですが、新しく買うと、10万以上する高価なものがほとんどです。しかし、毎回新しいものに買い替えるわけにはいきません。しかも重量もありますので、なかなか運ぶのも大変でしょう。大型スピーカーは出張買取か、宅配買取が便利です。
大型スピーカーの場合、中古品で買っても、高額で買取可能です。他の電化製品と違うところは、年代が重要になってきます。マイナーなものでもマニアが集まってくるのです。専門店のサイトにショップ側が買取たいものを、掲載しているところもありますので、参考にしましょう。

アンティークスピーカー10~40万円

1970年代以前のものをアンティークといいますが、売りに出すと高額で買取ってくれる場合が多いです。なかでもアンティークスピーカーは、マニアにとって宝物といっていいほど。需要はそれほどないのですが、世界各国で売買されるほど貴重なものです。
中には100万円以上するアンティークスピーカーも見受けられます。専門店でも入手にしにくいものがあれば、即買取ってくれるでしょう。もし、ご自宅に年代物のスピーカーがあれば捨てずに、専門店に問い合わせてもよいでしょう。もしかしたら、高値で売れるかもしれません。

スピーカーを高価買取してもらうための手段

どこで売るかを考えなければいけません。ただやみくもに、売ってしまうとかなり損をしてしまう可能性があります。

専門店で売る

リサイクルショップなどに出してしまうと、専門知識を持っている店員がほとんどいないので、値段が低くなりがちです。しっかりとしたオーディオ専門知識がある、専門店を選びましょう。査定もしっかりした金額でつけてくれます。
また、壊れている場合でも専門店なら修理ができるので、無料回収か、買取もしてくれる可能性があります。リサイクルショップなどでは、壊れている場合引き取り料を、取られてしまうかもしれないのです。また、パーツ類も買取してくれます。持っているスピーカーが高額なほど、専門店にお任せするのがおすすめです。

ヤフオクやメルカリに出品する

ヤフオクはネットークションのことで、少しでも安く買いたいと思っている方が多いです。ヤフオクのスピーカーの需要は高く、とくにワイヤレスのスピーカーが人気です。状態がよければ、ショップで買取ってもらうより、高く取引できる可能性があります。アンティークものでも、オークションで高額落札ということも。
メルカリのアプリとは簡単にいうと、ネットフリーマーケットのことです。最近は利用者も増えたので、スピーカーも売買されています。自分の希望価格にそえば売れるメリットが。手数料は取引成功額から10%です。

スピーカーの買取価格を上げる2つの方法とは?

少しでも買取価格を上げるために、売る側はできる限りのことをしましょう。

箱や付属品を揃える

売る際に、説明書や、保証書があればさらに査定額がアップする対象になります。そして、箱があり状態もよければ、なおさらよいでしょう。とくに、箱はかさばるので購入時に捨ててしまう方が多いです。しかし、念のため、きれいな状態で取っておくようにしましょう。畳んで小さくすれば場所も取りません。
説明書などの書類もあれば、きれいに保管しておきましょう。書類があるのとないのとでは、査定額が変わってきます。また、付属品も必要ですので、あれば用意してください。買ったときの状態で揃っていたら完璧です。

きれいに掃除する

掃除するのは基本ですが、日頃からのメンテナンスも必要です。買ったときから商品は、劣化をしはじめます。とくに、陽当たりのよい場所に置いておくと、色が変色してくるのです。置く場所にも気をつけましょう。
スピーカーはホコリがたまりやすいので、毎日拭いてあげてください。しかし、拭くといっても、水拭きは禁止です。スピーカーは精密機械ですので、とても繊細にできています。防水加工していない限りは乾いたタオルでやさしく拭き取りましょう。日々のメンテナンスが、劣化するのを遅らせてくれる大事な作業です。

買取サービスの選び方:スピーカーを売る前に確認しよう

買取サービスにはさまざまありますので、自分に合った買取方法でスピーカーを売りましょう。

出張買取をしてくれる

やはり、重量のあるスピーカーは、持ち運ぶのは大変です。無料で出張サービスしてくれるところを探しましょう。

宅配買取してくれる

時間がない方におすすめです。梱包代や配送代が無料のショップがありますので、査定してもらえます。

査定を無料でしてくれる

なんだかんだで査定料金など取られる場合もありますので、ネットで確認して、無料でお願いしてください。

キャンペーンを利用する

ネットのホームページでたまに期間限定で、キャンペーンをやっているときがあります。査定額がアップするかもしれないので、チェックしましょう。

ショップに直接持ち込みする

小型のものでしたら、直接査定してもらったほうがよい場合もあります。取引成功のときは現金ですぐ受け取れます。

【比較】おすすめのスピーカー買取サービス

いくつかおすすめをピックアップしました。気になるショップと比較をしてみてください。

オーディオユニオン

創業1941年の老舗ですので、安心してお任せできます。専門性がかなり高く、査定額も高めに設定されています。
【参照リンク:http://www.audiounion.jp

アバック

全国展開している人気のショップです。重量があるスピーカーを運ぶ「シャトル便」は送料・手数料無料。また、プロが運転しているので、大事なスピーカーを安全に届けてくれます。
【参照リンク:http://www.avac.co.jp/used/

オーディオ買取屋

オーディオ界NO.1を目指しているだけあって、買取額も高額です。人件費が少ない分査定額をアップしています。また、壊れたスピーカーを修理してくれます。

スピーカーの寿命は10年

スピーカーの寿命は10年といわれています。しかし、3~4年すれば劣化もはじまってきますので、アンティークのものでなければ早めに売ることをおすすめします。そして、買取で得たお金は、古いスピーカーの買い替えのために使いましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事