不要なルーターは処分するだけでなく買取という方法もある

不要なルーターは処分するだけでなく買取という方法もある

家計の知恵 2018.08.29

ルーターを処分するときの方法を知っておこう

ルーターを処分する前に、初期化してリセットが必要です。初期化をすると、セットしてあるIDやパスワードがリセットできるので、必ず初期化してから処分に出しましょう。初期化は、ルーターの本体底面にある初期化・リセットボタンを押すだけでリセットできます。ルーターによって異なるので、詳しくは説明書を読んで初期化してください。ルーターを処分するには小型家電リサイクル法に従って処分が必要です。

ルーターの処分方法とは?

自分でルーターを処分する場合は、処分方法が各自治体によって異なります。どの処分方法になっているかわからない場合はぞれぞれの自治体のホームページや市区町村役場のゴミ担当課にお問い合わせください。

燃えないゴミとしての処分方法

自治体によって、燃えないゴミとして処分できるところがあります。燃えないゴミの場合は、自治体の燃えないゴミ用の有料ゴミ袋にルーターをいれて燃えないゴミの日に出します。新聞紙や中身が見えない紙で包んで出した方が無難です。
ゴミとして捨てる場合は、個人情報が漏洩する可能性があるので、必ず初期化して内容をリセットしてからだします。個人情報が悪用されるケースがかなりあるため用心してください。

小型家電リサイクル回収ボックスでの処分方法

自治体で小型家電リサイクルボックスの取り扱いがあるところなら、環境省が奨励している小型家電リサイクル回収ボックスに入れることができます。ルータ―はボックスに入れられる大きさなので、市役所や役場、スーパー、家電ショップなどに設置してある場合は、それを利用して処分ができます。リサイクル回収ボック巣は他の人が盗用しないような工夫がなされているため個人情報が守られています。
回収ボックスが設置されていない自治体では、自治体で認定されたリサイクル業者が回収を行っているところもありますが、その場合は費用が掛かります。無認可の回収業者ではなく、必ず認可された業者に出すようにすすめられています。

販売店に引き取りでの処分方法

販売店では新しいルーターを購入する場合は、古いルーター下取りや引き取りを行っている店があります。下取りの場合は新品のルーターの購入代金が安くなる場合があります。販売店だと交渉次第で新しいルーターがかなり安く購入できることもあります。
引き取りの場合は、新品のルーター購入では無料のことが多いですがリサイクル料が必要になることもあります。

処分するときにかかる費用の相場

ルーターの処分には引き取り料金が数千円かかるところがあります。回収の方法や回収業者によって異なるのであらかじめ確かめておきましょう。

処分に要する費用は0円~500円

燃えないゴミや小型家電リサイクル回収ボックスにいれるときは費用が必要ありません。粗大ごみの場合は、自治体に粗大ごみ料金を尋ねて、自治体で扱っていない場合は、認可されたリサイクル業者に処分を依頼します。そのときは、業者によって異なりますが、引き取りに500円前後と取りに来てもらう場合は別途出張料金がかかります。

複数の回数業者で見積もり

回数業者によって、処分する費用が異なります。回数業者では、他にも不必要になったものが有れば一緒に処分をお願いすることができます。回収業者では、年式の新しい小型家電は買取に応じる業者もあります。そのため、複数の業者に見積もってもらうのがおすすめです。

無料で処分をする方法

ルーターは小型家電にあたるため、環境省では小型家電のリサイクル方法そ示して、資源として利用できる方法を示しています。ルーターを無料で処分する方法は次の方法です。

自治体の燃えないゴミや小型家電回収ボックスに出す場合は費用不要

自治体での燃えないゴミや小型家電回収ボックスに出す場合は費用がいりません。古いルーターの場合は、自治体での回収は費用がかからず、自治体のリサイクルに協力することになります。回収した小型家電は、その中から金属を取り出し、プラスチックと分別します。

無料のリサイクル回収業者に出す

家電リサイクル回収業者では、自治体から認可をうけて無料で回収をしている業者があります。また、「家電回収キッドくん」「パソコン処分本舗」のようなネットの回収業者も日本全国どこからでも送料無料で回収を受け付けています。
ただ、認可されていない回収業者だと、個人情報の取り扱いや処分方法も認められた方法でしない場合があるので、自治体で指定された認定業者を使いましょう。

販売店で新しいルーターを購入して引き取り

販売店では新しいルーターを購入するときは古いルーターの引き取りが無料の場合が多いです。販売店は引き取ってからリサイクル業者に渡します。販売店によっては引き取り料金が必要な店もあるのであらかじめ、店に尋ねておくといいでしょう。

処分ではなく買取希望のときは

ルーターが3年以内の場合やモバイルルーターは、買取業者が扱っているメーカーなら買い取り対象になります。思わぬ金額になるので、おすすめの買取業者を紹介します。

買取対象になるかを確認する

買取対象になるルーターは、箱や電源コードやアダプターなどの付属品が揃っている、3年以内のルーター、掃除をして見た目もきれいなもの、動作するものなどです。査定をするまえに、それらのことを確認しておきましょう。付属品や箱が揃っていないと買取価格がさがります。

ルーターの買取をしているお店を紹介

ルーターのおすすめなお店は、サイトでは買取けんさく君、Buyking、高く売れるドットコムです。無線LANブロードバンドルーターではバッファロー、ロジテックが高価買取対象になる可能性があります。ルーターは店舗によって買取価格が変わります。

買取けんさく君

【参照リンク:https://www.kaitorikensakukun.com/doc/kaitori_nagare/
買取けんさく君では、店頭買取と発送買取を行っています。最新の買取価格のリストから検索できるので、おおよその買取価格がわかります。買取依頼フォームに必要事項を記入して送信すると、確認メールが送られてくるので、店頭買取ではその場で査定をし、発送買取では、商品の状態を確認してすぐに料金が振り込まれます。

Buyking

【参照リンク:https://buyking-web.com/select/pcperipherals
全国に対応しているネット買取業者であらゆる商品を扱っています。Bukingでは宅配買取のみを行っています。まず、申し込みフォームに必要事項を入力して申しこみます。買取検索で商品を検索し、買取カートに入れるをクリックして買取申し込みに進みます。あとは、送られてきた商品つめて発送するだけです。査定結果がメールで来るので、金額に納得の場合は即入金がなされます。

高く売れるドットコム

【参照リンク:https://www.takakuureru.com/pc/pc-peripherals/
家電、楽器、ホビー、カメラ、貴金属など広く商品を扱っている買取業者です。ネットから申し込むと査定額を算定して交渉します。出張買取、店舗買取り、宅配買取に対応していて、査定額に納得すると店舗や出張買取ならその場で査定額を現金で渡します。宅配買取なら宅配キットに商品を詰めて送ると、査定額が指定の講座に振り込まれます。

ルーターは買取に出して利益を生もう

不要になったルーターの処分は自治体が行っている方法で処分に出します。自治体が小型家電回収ボックスを設置している場合はそれに入れて処分し、燃えないごみ回収の場合は有料のゴミ袋に入れてだします。販売店やリサイクル回収業に出す場合は有料になることがあります。比較的年数がたっていないルーターは買取業者が買い取っています。かなり古いルーターは処分して新しいルーターは買取業者に買い取ってもらうという方法がおすすめです。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事