ソニー銀行デビットカードの活用方法とメリットとデメリット

ソニー銀行デビットカードの活用方法とメリットとデメリット

カード 2018.08.01

デビットカードの活用法をレクチャー

Sony Bank WALLETというのは、ソニー銀行が発行しているVISAブランドのデビットカードです。最近ではデビットカードを活用している方はたくさんいますが、まだ使ってみたいとは思っているけど、使い方がわからない方もいます。またソニー銀行のデビットカードとはどういうカードなのでしょうか。ですから今さら聞くに聞けない、ソニー銀行のデビットカードの活用方法とメリットとデメリットとを詳しく見ていきましょう。

ソニー銀行デビットカードとは

ソニー銀行のデビットカードとはどんなカードでしょうか。デビットカードは使った分だけ銀行口座からお金が直接引き落とされ、即時に決済されるカードです。ではデビットカードについて詳しく説明していきます。
ソニー銀行デビットカードは、Visaブランドのデビットカードであれば、クレジットカードのように、暗証番号やサインで、店での買い物や食事代、またネットショッピングなどで使えます。また加盟店が多いのも特徴です。ですからデビットカードを使うことで、現金が足りなくてATMで引き出したり、現金を持たなくてよいので、使い勝手の良いカードと言われます。
また11通貨(円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナ)に対応のデビットカードです。また海外での利用する場合は、ソニー銀行の外貨預金口座から引き落としになるので、一切無駄な手数料がかかりません。
例えばクレジットカードを持つ場合には、年会費がかかってしまうものが一般的とされていますが、デビットカードは、反対に年会費や発行手数料がかからないものが多くあるのが特徴です。ですから手数料などの金額をあまり気にすることがなく使えます。
クレジットカードにはクレジット機能があり、自分が定めた利用限度額まで使えます。ですからクレジットカードの場合、無意識にカード払いにして使いすぎてしまうことがあります。ですがデビットカードは、口座残高分しか使えません、例えば残高が50万なら、使えるのは50万円のみです。ですからデビットカードはカードの形をした財布といえます。

デビットカードの使い方

では実際にソニー銀行のデビットカードを使う場合に、どのように使えばよいのでしょうか。デビッドカードの使用方法を詳しくみていきましょう。

現金の引き出し

デビットカードは、カードでの支払いができますが、それ以外にも現金の引き出しをすることもでき、提携するATMや全国のコンビニのATMで現金の引き出しが可能です。
また、セブンイレブンやイトーヨーカドーにあるセブン銀行と、イオンやイオンモールなどにあるイオン銀行のATMなら原則24時間何度でも預け入れ、引き出し手数料が無料です。また全国のコンビニATM、提携ATMでも時間外手数料が無料です。

海外での使用

デビットカードを海外で使用する場合には、さまざまなお得な特典があります。

使える外貨は10通貨

ソニー銀行のデビットカードで使える外貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナの10通貨です。

海外利用のショッピング手数料が無料

ソニー銀行のデビットカードは、海外利用のショッピング手数料が無料です。これは外貨普通預金の残高から引き落としになります。かかるコストとしては、普通預金から外貨普通預金に預ける場合の手数料のみです。
例えば、クレジットカードを使用する場合は、ショッピング手数料で1.6%程上乗せされてしまいます。しかし、事前に旅行に使う金額を外貨普通預金にあらかじめ移行しておくことで、現地での買い物をデビットカード決済で行えます。デビットカードでは、ショッピング手数料がかからないので、クレジットカードを利用するよりも、節約できてお得です。

海外ATMで現地通貨を引き出すことができる

ソニー銀行のデビットカードは、旅行先である現地の海外ATMで、国内のATMと同様に現地通貨を引き出すことができるので、両替をする必要がありません。また、外貨普通預金口座を開設している場合の手数料は、引出し1回あたり1.76%(税込)かかります。

ソニー銀行デビットカードのメリット

ソニー銀行デビットカードにはさまざまなお得な特典やメリットがあります。ではどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しくみていきましょう。

デビットカードでのSony Bank WALLET

ソニー銀行ならではのデビットカードの名称は「Sony Bank WALLET」で、これはソニー銀行が発行しているVISAブランド搭載型のデビットカードです。

デザインがおしゃれ

Sony Bank WALLETのカードのデザインは、ストライプ柄のデザインや、ピンク色のデザイン、またPlayStation(プレイステーション)デザインなどのカラフルなデザインがあります。とてもおしゃれなデザインのデビットカードです。

毎月自動キャッシュバック

Sony Bank WALLETのデビットカードは、還元率の高さも魅力の1つです。例えば日本国内で利用すると、利用額に応じて毎月自動でキャッシュバックがあり、またキャッシュバック率は0.5%以上あります。外貨預金優遇制度などのステージもあり、その場合はキャッシュバック率が上がります。

入会費や初期費用年会費を払わずに入会可能

デビットカードの入会時の審査がなく、また年会費は無料ですので手軽に入会できます。そして年間○万円以上使用のような条件でのしばりは無く、完全無料です。

海外旅行でお得に使える

Sony Bank WALLETは、世界200以上の国・地域のVisaデビットカードマークの付いたお店・ネットショップ(約4000万店舗)で使用可能です。また国際ブランド付きデビットカードで、海外で使う場合は、利用代金がソニー銀行の普通預金口座から即時に引き落とされます。支払いの場合には「VISAの1回払い」で使用できます。

外貨預金を現地で引き出すことが出来る

Sony Bank WALLETの対象となる外貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、南アランド、スウェーデンクローナの10通貨です。そして海外の通貨に両替が可能です。

おまかせ入金サービス

おまかせ入金サービスとは、指定した金融機関からソニー銀行へ、毎月指定した金額を手数料無料で入金できるサービスです。例えば、給与口座から生活資金などを自動で入金できるので、全く手間がかからずとても便利なサービスです。

安心の補償保険

Sony Bank WALLETにはショッピング保険が付いていて、対象はカードショッピングで購入した商品です。例えば偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から60日以内に被害を受けた場合は、年間50万円まで補償してくれます。これは入会すれば安心の保険サポートを受けることができます。

審査不要の15歳から持つことが出来る

デビットカードの利用対象は、ソニー銀行に普通預金口座を持つ満15歳以上になります。そして口座開設の審査が不要です。ですからソニー銀行の口座開設が15歳からできます。

月4回までATMでの手数料が無料になる

ソニー銀行は、ATM手数料が月4回まで無料です。また会員のグレードによって手数料の無料回数も増えていきます。ですから財布の代わりに利用することで、ATM手数料を節約できます。

他行宛の振込手数料が1回分無料に

ソニー銀行から他の銀行へ振り込みや入金をする場合、振込手数料が毎月1回まで無料です。例えば他の銀行では、振込手数料を1回以上無料にするには、その銀行の条件をクリアしなければならないことが多いです。ですがソニー銀行の場合はSony Bank WALLETのデビットカードを持つだけで大丈夫です。

外貨預金口座からの決済が無料になる

Sony Bank WALLETは、外貨預金口座を開設して使う場合のメリットをご紹介します。それは外貨預金口座からの決済が無料です。例えばソニー銀行の外貨預金に対応している通貨ならば、ショッピング手数料が無料です。

ソニー銀行デビットカードのデメリット

ソニー銀行のデビットカードのメリットがしっかりとわかった所で、反対にデビットカードのデメリットもあります。ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

VISAデビットカードが使えないお店もある

デビットカードは、VISAなどの国際ブランドを搭載していれば、契約店で決済可能ですが、VISAマークのない店舗では使えません。またその他にデビットカードが使えないものもいくつか紹介します。

高速道路料金

高速道路料金は、デビットカードで決済ができません。また同様にETCカードも発行できません。

ガソリンスタンドの支払い

ガソリンスタンドの決済もできません。これはガソリンスタンドでの利用に、決済の時間差が起きるので、トラブルが発生してしまうからです。

月々の支払い

ネットサービスやWOWOW、スカパーなどの月々の支払いや、保険の支払いなどの毎月の支払いなども利用できません。

飛行機での機内販売

飛行機の中での機内販売でも決済をができません。これは飛行機に搭乗している際はオンライン決済ができないからです。以前は機内販売でも利用できたのですが、」飛行機に搭乗中は決済ができず、着陸してからの決済でトラブルが起きたからです。

ポイント還元率が比較的低い

Sony Bank WALLETのもう1つのデメリットとして、ポイント還元率が0.5%になるので比較的低いことです。例えば、還元率が最も高いデビットカードは、楽天銀行デビットカードで、還元率1%で楽天スーパーポイントが付きます。
他にはセブン銀行のデビットカードだと、セブンイレブンで使用すると1.5%の高還元です。また、そごう・西武、セブンネットショッピング、デニーズなどで使用すると1%、それ以外の加盟店も0.5%還元でnanacoポイントを得ることができます。またイオン銀行のデビットカードなら、還元率0.5%ですが、その代わりイオン使用すると5%OFFの特典があります。
これらを見てみると他の高還元デビットカードより、ポイント還元率が低くなります。ですがその他のデビットカードだと0.25%程の還元率のカードも多くあるので、低すぎるわけではありません。

海外に強いソニー銀行デビットカード

ソニー銀行のデビットカード「Sony Bank WALLET」は、入会審査もなく15歳以上から持つことができ、手数料も他のカードよりも安く、また自動で入金をしてくれる便利なサービスや、他行への振込やATMの手数料が無料になったりなどさまざまな特徴があります。
そして、何と言ってもこのカードの最大の魅力は「海外に強い」ということです。11通貨対応であったり、海外でのATMで引き出しが可能、ショッピング手数料が無料などたくさんの特典があります。海外旅行を楽しむならば、ソニー銀行のデビットカードはとても頼りになるおすすめのカードです。ソニー銀行デビッドカードを最大限に活用していきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事