デビットカードで買い物をしよう。 おすすめのカードを選ぶコツ

デビットカードで買い物をしよう。 おすすめのカードを選ぶコツ

カード 2018.08.01

クレジットカードが心配ならデビットカード

クレジットカードが使えない場合があります。そのような困った時にはデビットカードを使うのがおすすめです。ではそのデビットカードとは一体どのようなものなのでしょうか。またデビットカードの使い方や使える場所などをしっかりと把握しておく必要があります。またデビットカードを選ぶときに、気をつけるポイントやオススメのデビットカードとはなんでしょうか。デビットカードのメリットやデメリットなどを詳しくみていきます。

デビットカードはどのようなものか

デビットカードを扱う前に、まずはデビットカードとはどのようなものかをしっかりと理解していきましょう。使い方や使える場所、また使うときの注意などのポイントを詳しく説明をしていきましょう。

決済用のカード

デビッドカードとは、主に銀行が発行しており、VISAやMasterCardやJCBなどの加盟店で、ショッピングができる決済用のカードです。また加盟店数が多いのはVISAで、海外旅行や海外サイトでのネットショッピングで使いたい人に向いています。そしてJCBは国内でVISAと同じか、やや多い加盟店を持っており、海外ではハワイなどの日本人が良く行く場所に強いです。

一括払いで対応

デビッドカードは、クレジットカードと同じ支払い方ですが、デビットカードは一回のお支払いでしか使えません。クレジットカードの場合は、商品を購入した支払いは、一括払い、分割払い、リボ払いなどの支払方法を選ぶことができますが、デビットカードはできません。

利用すると即時決済

デビッドカードを利用すると、その場で預金口座から引き落とされる「即時決済」です。クレジットカードの場合は、支払う月は使用した翌月か翌々月となり、すぐに引き落とし口座にお金を用意をしなくても良いですが、デビットカードの場合は、商品を購入する時に、引き落とし口座に残高がなければ、商品を購入するができません。

クレジットカードと違うこと

デビットカードとクレジットカードとの違いですが、デビットカードは即時決済でクレジットカードは翌月決済になるので、クレジットカードの場合はお金が減っている感覚がなく、デビットカードだと即時決済なので、銀行口座に入っている金額以上は使えません。ですからデビットカードを使い過ぎたとしても、0円以下になることはないので、お金を借りているということがないのが、デビットカードとクレジットカードの2つのカードの違いです。

デビットカードのメリット

デビットカードとはどういうものかわかったところで、ここではデビットカードのメリットを調べていきましょう。どのようなところがメリットなのか、しっかりと把握しておきましょう。

デビットカードには審査がない

デビットカードには審査がありません。ですから銀行の口座を作れるのならば、誰でも申し込みをするだけで取得ができます。なぜならデビットカードを発行する銀行が立て替える必要がないからです。またクレジットカードの場合は審査があり、自分の職場や自宅に在籍の確認の電話がかかってくることがありますが、デビットカードの場合はありませんので安心です。
また過去に自己破産してしまって、クレジットカードの審査に通らない人でも、デビットカードを作れます。

ポイント還元がある

デビットカードには、クレジットカードと同じように支払った金額に応じてポイントが付くなどのポイント還元がついているカードがあります。またカードによっては1%分のポイントがつくこともあり、どこでも使えるポイントカードになるので、現金で払うよりもお得です。

ATMに行く回数が減る

デビットカードを使うことで、現金での支払いが減ります。ですからATMに行く回数が間違いなく減ります。例えば、ATMで現金を引き出して手数料を払っていた方などは、デビットカードを使うことでATM手数料の節約ができます。そしてATMに行くという面倒な事もなくなります。

海外旅行時に海外のATMで現地通貨で引き出し可能

デビットカードは、VISAやJCB、MasterCardなどの国際ブランドの加盟店でショッピングができます。また海外旅行時に必要なタイミングで、必要な金額分を世界中にあるATMで引き出すことが可能です。
またJCBやVISAのマークによって引き出せるATMが違いますので、海外でATMを使う時に、デビットカードのマークを確認することが必要です。そして引き出すときの手数料は高いので注意してください。

ショッピング保険付きで不正利用も補償される

デビッドカードは、ショッピング保険や不正利用に対しての補償が付帯しているカードもあるので、安心してカードが使用できます。例えばショッピング保険とは、購入した商品が破損したりした場合に、新しいものと交換してくれる保険です。
これは現金の場合にはない保険です。また不正利用に対しての補償とは、盗難や紛失があったときに保証してくれます。ですがこの保証する上限があるので、注意しておきましょう。

一定の年齢以上なら原則として誰でも発行できる

デビットカードは、15歳から利用できます。例えばネットショッピングなどで、クレジットカードやデビットカードがないと決済できないケースもあるので、高校生でもクレジット機能が使えるのは嬉しいと思います。またデビットカードを持っていれば、学生の間に海外留学に行く時には便利です。ですから15歳以上であれば、原則として誰でも発行できるカードです。ですが所定の確認は必要ですので注意してください。

デビットカードのデメリット

デビットカードのメリットはいろいろとありました。ですがメリットがあるということは、デメリットもあるということです。ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ポイント還元率がクレジットカードと比較すると低い

デビットカードのメリットとして、現金払いとは違いポイント還元がありますが、デメリットとして、クレジットカードほど多くはポイント還元率が低くなっています。例えばクレジットカードの場合だと、1.0%のポイント還元立が当たり前ですが、デビットカードの場合は、高くてもポイント還元率は0.5%のものが多いです。またクレジットカードなどのような入会特典はありません。

使えない時間帯のあるカードがある

デビットカードの多くは、地方銀行が発行しているJCBデビットがほとんどですが、このデビットカードは、使えない時間帯を設けている場合があるので注意が必要です。ですがネット銀行系のカードなら24時間、制限なく使えるのが多いので、デビットカードを選ぶ時に確認しておきましょう。

国際ブランド搭載でも利用できない場合がある

デビットカードは、VISAやJCBなどの国際ブランドを搭載していれば、契約店では決済可能ですが、高速道路などのETCカードやガソリンスタンドなど一部利用ができないお店があります。また最近では公共料金(電気、ガス、水道、NHK、携帯電話など)の支払いにも使えるようになってきていますが、カードや支払先によっては使えない場合もあります。

発行している銀行が少ない

デビットカードはクレジットカードと違い、カードを発行している銀行が10社ほどしかありません。ですからデビットカードの枚数が少ない為、利用者にとって銀行の選択肢が少なくなります。
なぜならクレジットカードの場合は、年会費が永年無料が多いのですが、デビットカードは年会費が永年無料が少なく、発行している銀行があまりないので、競争が少ないことが理由だからです。

一括払いしかできない

デビットカードはクレジットカードでは当たり前にできる「分割払い」と「リボ払い」が、デビットカードでは一切使えません。なぜならデビットカードは使ったら即引き落としが原則なので、一括払いのみの対応になるからです。

クレジットヒストリーが作れない

デビットカードはクレジットヒストリーが作れません。クレジットヒストリーとは、過去にクレジットカードやローンの返済などで築き上げてきた信用のことをいいます。
例えばクレジットヒステリーが高いと、ランクの高いカードが作れたり、条件の良いローン(住宅ローンなど)が組めます。しかしデビットカードではクレジットヒストリーが作れないので、クレジットカードやローンの返済で築き上げてきた信用が築けません。

おすすめのデビットカード

デビットカードのメリットとデメリットを把握したところで、実際にデビットカードを発行する場合に、どのようなカードを選ぶとよいでしょうか。ここでは選考基準にそって、おすすめのデビットカードをいくつかピックアップしていきます。

ソニー銀行 Visaデビットカード

ソニー銀行のVisaデビットカードは、Sony Bank WALLETVisaデビットカードの名称で呼ばれます。またキャッシュカードとVisaデビットカードの機能が1枚になり、年会費が無料、新規発行手数料無料で口座開設と同時に取得ができます。
ソニー銀行のデビットカードの特徴は、カード利用額の0.5%、利用状況に応じて最大でポイント還元率が2.0%まであるのが特典です。また還元率は外貨預金優遇制度の適用ステージに応じて設定されます。
また年間50万円まで補償されるショッピング保険や不正利用補償も付帯されているため、安心できるデビットカードです。そして海外利用・外貨預金利用でのサービスが充実していて、外貨預金に興味がある方にもおすすめのデビットカードです。

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)は、インターネットバンクの楽天銀行が発行するJCBのデビットカードです。これは年会費が永年無料で審査不要、即時発行と使い勝手がよいデビットカードです。ポイント還元率は1.0%で、これは100円のご利用で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。また口座開設完了後、楽天銀行デビットカード(JCB)が即時発行されます。
ですがJCBブランドなので、海外での利用時にはVISAと比較すると若干使える加盟店数が減ってしまうデメリットがありますが、日本で利用する場合には関係ありません。楽天ポイントは様々なところで使えるようになっているのでおすすめのデビットカードです。

nanacoのデビット付きキャッシュカード

セブン銀行デビットカードは、セブン銀行が発行するJCBのデビットカードです。キャッシュカードとJCBデビットカードの機能、nanacoの全てが1つにまとまり、年会費が永年無料、新規発行手数料無料で口座開設と同時に取得できます。
このカードの特徴はセブン-イレブンで1.5%のポイント還元率です。ポイント還元率が0.5%~1.5%と高く、電子マネーの「nanaco」も一体化したカードなので、日常使いの使い勝手が非常に高いです。また貯まるポイントもnanacoなので、ポイントよりもお金として利用ができます。このことからポイントが貯まりやすく、さまざまなデビットカードの中でも抜群に使く、勝手が良いことからおすすめのカードです。

住信SBIネット銀行 VISAデビット付キャッシュカード

住信SBIネット銀行のVISAデビット付キャッシュカードは、インターネットバンクの住信SBIネット銀行が発行しているVISAのデビットカードです。これは年会費永年無料で審査不要です。特徴としては、ポイント還元率が0.6%と他のデビットカードの平均よりも高く設定しています。また日本で初めての非接触IC決済Visa payWave(Visaペイウェーブ)を採用しており、これは店舗のレジに設置された専用端末に、カードをかざすだけで支払いができます。
そしてATM手数料や他行宛振込み手数料が、最大15回まで無料でできるなどメリットの高いデビットカードです。また法人デビットカードとしても利用可能です。

JNB Visaデビットカード

JNB Visaデビットカードは、ジャパンネット銀行のデビットカードです。年会費が永年無料のVISAデビットカードで、カードタイプのものとカード発行なしの番号のみの2種類のVISAデビットを選べます。入会審査がなく、満15歳以上の方であれば高校生でも発行できます。またポイント還元率は、0.2%と高くありませんが、キャッシュバックモール利用で、デビットカードの利用額の1.0%がキャッシュバックされます。
このことから、合わせて最大1.2%分のポイント還元率もあります。キャッシュバックモールには「Yahoo!ショッピング」や「セブンネットショッピング」などの大手のショッピングモールがあるので、ネットショッピングをよく使われる人ならとても活用できるカードです。またセキュリティも「トークン形式のワンタイムパスワード」により、本人認証のセキュリティが高く安心して利用ができます。

クレジットカードが不安な人はデビットカードを持とう

デビットカードは使い方をしっかりと把握しておくと、とても扱いやすいカードです。クレジットカードとは違い、審査が不要であったり、年齢も15歳以上から持つことができ、海外での利用に長けていたりします。またクレジットカードの場合は、口座にお金がなくてもお金を借りて利用するので、お金の管理ができなくなってしまう事もあります。
しかし、デビットカードの場合は口座にお金がない限りは利用することができないので、使いすぎるということはないので安心です。ポイント還元率がクレジットカードよりも悪かったり、分割払いなどがなかったりなどのデメリットはありますが、現金払いよりは便利なことが多いのがデビットカードの特徴です。
またATMに行く回数も減るので、手数料の節約や行く手間が省けますので利便性は高いのではないでしょうか。ですからクレジットカードに不安な人は、デビットカードを持って最大限に活用しましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事