ハンガーの処分法には種類がある|お得な方法でスッキリ整理しよう

タグ :  / July, 19, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

ハンガーの正しい処分法を知ろう

ハンガーの処分法が分からず、そのまま放置してしまっている人は多いのでは?また、処分法が分からず、隠して燃えるゴミに出している人もいます。ハンガーの正しい処分法を知ることで、胸を張って処分することができます。
リメイクして活用できる方法もあるので、処分できる方法や生活に役立てる方法なども知っておくと便利です。まずは正しい処分法を知り、ごちゃごちゃしたものを整理することから始めていきましょう。

ハンガーの処分方法とは?

ハンガーにはいろいろな種類があり、素材が異なるものが多いです。処分法を理解理解することで、正しく処分できるようになります。

燃えるゴミに出す

木製のハンガーは、燃えるゴミに出すことができます。鉄部分と木製部分が一貫しているものは、分解して木製部分を燃えるゴミに出し、鉄部分は燃えないゴミに出しましょう。汚れたプラスチック製のハンガーの場合は、燃えるゴミに出します。すべてが同じ素材ではない場合、分解し分別しての処理になるので注意しましょう。指定された燃えるゴミ袋に入れて、指定日に出しましょう。木製や汚れたプラスチック製の場合は、燃えるゴミの日に出すことです。

燃えないゴミに出す

針金でできているハンガーは、燃えないゴミに出しましょう。不燃ゴミも同じです。自治体によって回収方法が異なりますが、基本的には指定された燃えないゴミ袋に入れて出します。針金なので、袋に穴が開かないようにして出しましょう。袋に穴が開いてしまった場合、袋を補強して出します。別なゴミ袋になると回収されない場合があるので注意しましょう。針金や鉄で作られている素材は、燃えないゴミに分別して出すようにします。

資源ゴミに出す

ハンガーは粗大ゴミに分類されず、不燃か資源ゴミで迷う場合が多いです。素材がプラスチックで、きれいな状態な場合は資源ゴミに出しましょう。汚れている場合は燃えるゴミに出します。また、地域の自治体によって、燃えるゴミと資源ゴミの分けかたが異なる場合があるので、心配な人は問い合わせてみることをおすすめします。資源ゴミに出しても、基本的に回収となりますが、回収されない場合は燃えるゴミに分類されるということになります。

大量のハンガーを処分する場合

大量のハンガーを処分したい場合、業者に依頼する方法もあります。

不用品回収業者より買取業者を選ぶ

不要になったハンガーは、不良品回収業者に引き取ってもらうことができます。少量であれば、市のゴミに出すことができますが、大量である場合はそうはいきません。お金を出して処分しなければならない会社もありますが、買取ってくれる業者もあります。
大量のハンガーがある場合、不用品回収業者を利用するのではなく、買取業者に問い合わせてみましょう。まとめて処理できるだけではなく、買取ってもらえるのでお得に整理できます。

複数の業者に問い合わせてみる

業者を選ぶ際、1社だけではなく複数の業者に問い合わせてみましょう。業者によって買取価格が異なり、会社によっては取り扱いがない場合もあります。まずは、ハンガーの買取を行っているのかを確認しましょう。
複数の業者に問い合わせることで、買取相場を把握できます。大量にハンガーがあり、処分に困っている場合は、業者を利用して引き取ってもらう方法も考えてみましょう。

無料で処分をする方法

無料で処分する方法はいくつかあります。普通のゴミに出す方法だけではなく、

人に譲る

ハンガーを人に譲ることで、費用をかけずに処分できる方法になります。また、国際社会支援推進会ワールドギフトを利用してもよいでしょう。自分がゴミだと思っているものでも、喜んで利用してくれる人がいます。このような人に向けて寄付することができるので、譲るという処分法を選ぶこともおすすめします。ハンガーだけではなく、使用しなくなったおもちゃや日用品なども寄付できます。大量にある場合は、問い合わせてみるとよいでしょう。

リサイクルに出す

リサイクルに出すという方法もあります。ハンガーの素材やデザインによっても買取価格は異なります。また、取り扱いのない業者もあるため、もっていく前に問い合わせてみましょう。珍しいデザインや、人気のあるハンガーの場合は、買取価格も期待できますが、基本的に買取価格は安く、引き取ってもらえるだけでもお得という考えで利用しましょう。リサイクルに出すことで、お得に処分ができます。

自分でリメイクする

自分でリメイクするという方法も取り入れてみましょう。ハンガーのリメイク術は多くあり、針金タイプは自分で変形させることができるため、楽しく日用品に活用できます。靴を干すハンガーに形を変えてみる方法や、キッチンペーパーホルダー、バナナホルダー、雑誌などのラックにもリメイクさせ再利用できます。時間がある人や、節約意識の高い人は挑戦してみるとよいでしょう。自分でリメイクすることで愛着を持って利用できます。

クリーニング屋に引き取ってもらう

ハンガーは、ゴミとして処分する方法もありますが、針金のハンガーはクリーニング屋で引き取ってもらうことができます。取り扱いのないお店もありますが、引き取っているクリーニング店は多く、ホワイト急便では、ハンガーの受け取りに応じてポイントを付けてくれます。クリーニングを頻繁に利用し、ハンガーばかり増えるという人は、このようなサービスの利用も活用してみましょう。

処分ではなく買取希望のときは

ハンガーを処分するのではなく、買取に出す場合は、利用する業者情報を把握しておくことが大切です。

買取対象になるかを確認する

業者を利用する前に、買取対象となるかを確認しましょう。また、少量のハンガーでも取り扱いがあるのか、ハンガー自体の取り扱いを行っているかなどの確認も必要です。高価買取は期待できませんが、お得に処分するためにも買取に出すことも考え、業者の情報をチェックしておくことが大切です。

買取NET

新しいハンガー、古いハンガー問わず、不要になったハンガーを買取してくれます。中でも対象となるハンガーは高価買取できるので、処分に迷っている人はチェックしてみましょう。少しでもお得に処分を考えている人は、買取NETがおすすめです、他にも、いろいろな種類のものを買取しているので、まとめて買取に出したい人にも利用が向いています。
参照リンク:https://hanga.recycleshop-kaitorinet.com/

KaNZaBuRo

木製ハンガーを対象に買い取りを行っているお店です。店頭、出張、宅配の、買取スタイルを選ぶことができます。使用しなくなったハンガーが豊富にあり、木製である場合は、かんざぶろうを利用してみましょう。買取対象となる木製ハンガーの種類を把握して、対象となるハンガーがあるかどうか確認をしてみましょう。また、高価買取になるポイントも紹介しているので、気になる人はチェックしてみることをおすすめします。

廃プラスチックの買取

ハンガーでも、プラスチック製のハンガーが対象となります。高価買取のポイントとして、分類がきれいにできており、同種のプラスチックがまとまっているものです。少量のハンガーではなく、大量のプラスチックハンガーがある場合、こちらの買取店の利用がおすすめできます。買取不可になるものもあり、プラスチック以外のものや異物混入、分別が全くできていないものになります。買取対象となるものをチェックして、買取ってもらえるように準備を整えましょう。
参照リンク:https://www.mikijyushi.com/kaitori.html

買取専門店大吉

ラルディーニ等、非売品や木製ハンガーの買取を行っています。全国で展開しているお店なので、安心して利用できます。店頭買取、郵便買取、出張買取から選ぶことができ、自分の都合に合わせたスタイルで買取ができます。査定は無料で、ハンガーだけではなく金やプラチナなどの貴金属、ブランド品や切手など、幅広い種類の商品を取り扱っています。1個からでも取り扱ってくれるため、気軽に利用しやすいお店です。

不要なハンガーでも用途がいろいろ

ハンガーの処分法はいろいろあり、費用をかけずに処分することができます。処分する方法もありますが、人に譲る方法、リメイク、買取に出すという方法もあるので、お得に処分できる方法を選んで処理するとよいでしょう。正しく処理をして、整理整頓を行い気持ちをスッキリさせましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪