フラット35の本審査に合格するためには。仕組みを知ることが先決。

July, 12, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

フラット35という住宅ローンがある

フラット35とは、「借入期間最長35年」という「長期金利固定型の住宅ローン」です。借入時に適応された金利が借入期間中ずっとわからないため、返済額が一定で返済計画を立てやすいのが特徴です。
また、民間銀行の住宅ローンとは審査方法が異なるため、住宅ローンが通りにくい自営業の方や持病がある方、高齢の方が利用しやすい住宅ローンともいわれています。省エネや耐震性の一定の基準をクリアした住宅に対して金利を優遇したり、お得に借りれる方法もあります。

フラット35とはどういう住宅ローンか

フラット35の特徴とはどんなものかを見ていきましょう。

長期金利固定型の住宅ローン

長期金利固定型とは、借入期間中、金利が変わらないタイプの住宅ローンです。月々の返済額が一定になるため、先々までの返済計画が立てやすいのが特徴です。
このローンは、景気同行で変動する金利などで右往左往したくない人におすすめ。適用になる金利は審査時の金利ではなく、融資が実行された月の金利が適用されるので、借入時の金利動向をチェックしておきましょう。

保証会社を通さない住宅ローン

通常、民間銀行の住宅ローンは、銀行の審査に加え、保証会社の審査が入ります。保証会社とは、債務者がお金を払えなくなった時でも、銀行が損をしないように支払いを肩代わりしてくれる会社のことです。
そのため、通常の住宅ローンは審査が厳しいといわれています。フラット35には、この保証会社の制度がなく、審査は金融機関が行います。保証会社の有無は、諸費用に住宅ローンの保証料があるかないかで判断ができるようです。

保証料と繰上返済手数料が0円である

保証料とは、保証会社に支払う金額のことで、不動産会社から提示される諸費用の中に組み込まれていることがほとんどです。借入金額の1%?2%前後の保証料がかかるところが多いため、諸費用の中でもかなり大きな割合を占めます。
フラット35ではこの保証料はかからない上、保証人を立てる必要もありません。金額面でのメリットも大きいのが特徴です。
また、繰上返済手数料も無料。繰上返済とは、月々の返済とは別に、まとまったお金ができたときや、余裕があるとき、先に返済することができる返済方法です。
繰上返済の金額は、元本に充当されるので、返済期間を短くすることが可能に。できるならなるべく早く返済したいところですよね。その手数料がかからないというのが、フラット35のメリットです。

質の高い住宅を購入する場合には金利が低くなる措置がある

フラット35を提供している住宅金融支援機構は、日本国民に質のよいの住宅に住んでもらうことをひとつの目的としていることから、一定の基準をクリアした良質で長く住める住宅に対し、金利が低くなる優遇措置を行っています。
審査基準は新築か中古か、または戸建かマンションかで条件が変わってきますが、

  • 省エネ性
  • 耐震性
  • バリアフリー性
  • 耐久性

以上の4つの指標の中から基準をクリアした住宅が対象となっています。住宅性能評価書で確認するか、ない場合は別途検査を受け、証明書を発行してもらうと優遇措置を受けることが可能です。

保証人不要で審査が通りやすい

一昔では、ローンを組む際、保証人を立てること条件でした。しかし、現代ではその役割を保証会社が代わったり、保証人の制度自体も無くなってきています。
一般的に保証会社の審査は厳しいため、フラット35は保証会社の審査もなく、保証人も不要でなので、審査が通りやすいといわれています。

団体信用生命保険への加入は任意

フラット35は団体信用生命保険への加入が任意です。団体信用生命保険とは、債務者が死亡したり、高度の障害を負った場合、ローン残債がゼロになるという保険。
銀行系の住宅ローンでは、この団体信用生命への加入は義務であり、加入条件に満たしていない場合(持病がや、病気が完治して間もないときなど)は、住宅ローンを組むことができません。健康に不安がある方は、フラット35を検討するとよいでしょう。

フラット35にはさまざまな種類がある

フラット35には以下のような種類があります。

  • フラット35s:優良住宅に対しての優遇措置が受けられる
  • フラット20:返済期間が20年と短い代わりに、金利が安く設定されている
  • フラット50:親子2代で返済を計画し、返済期間を50年とする
  • ダブルフラット:フラット35とフラット20を両方取り入れて、一定期間金利を安く設定する

「フラット35」というと、35年払い続けなければならないと認識してしまう方もいますが、返済期間や金利など、借りる方に合わせてさまざまな商品が用意されているので、自分に合った返済方法を見つけましょう。

本審査に合格しよう

フラット35の審査には、事前審査がなく、取り扱い金融機関が行う簡単な仮審査のみです。物件を購入した後しか本審査を受けられない為、物件購入する前によく調べた上でフラット35を検討することをおすすめします。

フラット35の審査基準の申し込み年齢

フラット35は、申し込み時点で「70歳未満の方」が対象となります。親子リレー返済を利用されるかたの場合、70歳以上の方でもお申し込みが可能です。
ただし、返済期間は「80歳までに完済できる期間」が最長の借入機関になります。45歳以上の方は、最長期間35年は組めなくなりますので、返済計画には注意しなければなりません。

国が提供する住宅ローンなので民間と審査基準が違う

フラット35は、「住宅金融公庫」という国が提供するローン(現代では、独立法人住宅金融支援機構)であるため、民間の銀行系とは審査基準が異なっています。銀行系ローンの目的は、貸付により利益を出すことであり、貸し倒れされてしまうことが一番の損失になるのです。
これを避けるため、「この人にどのくらいの信用があるか」「きちんと返すことができるのか」「物件を担保に取れるのか」を厳しく審査されます。
対して、フラット35の理念は、国民によりよい住宅提供することであり、損失が出た場合でも国の税金で補填されるので、定められた融資条件をクリアしているかどうかが重要。一般的に銀行系の住宅ローンより審査が通りやすいといわれています。

仮審査は取扱金融機関が審査

フラット35は、住宅金融支援機構が提供していますが、受付は各銀行が取り扱っており、本審査の前に、取り扱い銀行が審査をする仮審査というものがあります。ここでは、年収と借入額から返済比率を割り出した返済能力と、物件の担保価値を審査し、結果が出るようになっています。
信用情報までは審査していないので、他に借入があったり、過去に返済が滞ってしまっっている、破産している方は本審査で不承認になる可能性があるので、注意しましょう。

金融機関による本審査と住宅金融支援機構による本審査

フラット35の本審査は時間を要する場合があります。まずは金融機関の本審査が入り、その後住宅金融支援機構の審査が入ることが一般的です。金融機関の審査は約3日程度で結果が出ますが、その後住宅金融支援機構の審査は1週間から10日前後要することも。
取り扱いの金融機関によって定めれている期間が異なるので、住宅購入する場合にはスケジュールには注意が必要です。また混んでいる時期はより時間を要することもあります。

フラット35はお得な制度なので可能なら申し込もう

フラット35は、さまざまなタイプのローンや、金利の優遇措置などもあり、安定的にローンを返済したい方にとっては費用面でメリットもあります。
審査基準や審査方法、期間など銀行系住宅ローンと異なる面もあるので、うまく使って一番お得な方法を選んでみましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪