40代の女性が転職の面接に行くときにはどんな服が良い?

July, 12, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

40代女性の転職面接!好印象を得られる服装とは?

働き盛りともいえる40代。さらなるステップアップのために転職を考えることもあるでしょう。年齢が原因で、転職を渋ってしまうのはスキルアップを目指す上ではとても勿体無いです。
面接時の服装で、印象が左右されるといっても過言ではありません。40代であるからこそ、社会経験と実績を武器に、落ち着いた仕事のできる女性を演出して、転職を成功させましょう。

40代女性の転職面接に適した服装

新卒ならリクルートスーツ、男性ならスーツ、とある程度は決まっていますが、40代となると適切なものがわからないもの。40代というのは自分をを確立した年代ですので、ついつい好みやおしゃれなものを選んでしまいがち。身だしなみはファッションとは違います。
変に気合を入れすぎると、浮いてしまいかねません。あまり肩肘張らず、自然体に見られる服装を選びましょう。若々しさを演出するより、仕事ができる・スキルのある落ち着いた社会人を演出できるようなものがよいでしょう。

まずはパーソナルカラーを知る

それぞれに肌の色や目の色、髪の色などに合った色の服を選ばないと、顔色が悪く見えて不健康・不機嫌なイメージを相手に与えてしまったり、年よりも老けて見えたりします。同じ服でも、色が違うだけで見た目の印象はかなり変わります。自分に合ったカラーを探しましょう。
お店で専門家に診断してもらうのが一番いいですが、最近ではネットで自分で診断できるサイトもあります。転職を機に、好きなものではなく、似合うものを着るようにして自分を演出しましょう。

ジャケットの選び方

ジャケットは上下揃った2ピースのものならかまいません。ジャケットを選ぶ場合、見るべきはカラーバリエーションです。ジャケットの定番は黒や紺ですが、ダークカラーは落ち着きと信頼感を与えます。グレーやベージュ、淡いピンク、クリーム色などは柔らかい印象を相手に与えます。デザインは胸元が開きすぎてなくて、柄などがはいっていないものがベストです。

シャツの選び方

カラーとしては白だけでなく淡いピンク、クリーム、イエロー、ブルーなど様々な色が用意されています。清潔感のある色で、自分の顔肌に合った色を選ぶことが大切です。フリルやレースが強すぎるデザインは、年相応に見られない場合もあるので避けましょう。控えめなものならかまいません。
派手だったり、カジュアルなものも避けましょう。身体のラインが強調されたり、下着が透けるものもダメです。透ける素材なら、下にキャミソールを着るなど、配慮しましょう。

面接にはスカートとパンツどちらが最適か

面接ではスカートはだめ、パンツならだめといったことは特にありません。面接を受ける会社の業務内容に合わせて選ぶのがベストでしょう。スカートの場合丈は、ひざが隠れるくらいの長さがちょうどいいです。短いと足が見えますし、長すぎるとだらしない印象を与えます。スーツの裾のダブル仕上げは社会通念上、マナー違反になります。

スカートの利点

スカートは女性らしさが強調されますので、受付や秘書、販売員など上品さが必要とされる職種の面接に最適です。タイトなものだけでなくプリーツタイプもあり、より女性らしさをアピールすることができます。スカートは立ち姿がきれいで華やかさが感じられます。
会社の制服がスカートと決まっている場合、スカートスーツで面接に臨んだ方がいいでしょう。タイトスカートは、かなり高い率で印象が良いというアンケートがでています

パンツの利点

パンツはアクティブさが強調されるため、営業職などフットワークの軽さが必要とされる職種の面接に最適です。丈は足首が少し見えるくらいのものを選ぶのがいいでしょう。キャリアウーマン、行動的、てきぱき行動する、責任感があるという印象で凛として見えます。少し強めで快活で自立してるという印象もありますから、できる女性という印象を与えることができます。

冬ならではのコート選び

面接に最適なコートは、室内に入る際に折りたたみやすく、かさばらないトレンチコートです。色はベージュ、グレー、紺、ブラックなどがあるのでスーツに合った色を選びましょう。アパレル関係の職種の面接であれば、チェスターコートやPコートなどセンスのいいものを合わせてみるのもいいでしょう。面接の時の服装が合否の点数に加えられる会社もあります。

鞄や靴などの小物選び

靴はかかとがペタンコのものではなく、高すぎない3~5センチの太めのヒールの靴を選びましょう。色は黒、茶、紺などが定番なのでスーツの色に合わせます。派手でなければ飾りはあってもいいです。ブーツ、スニーカー、ミュール、サンダルなどはNG。
鞄はA4の書類と財布、携帯電話などが入る大きさのものを選びましょう。色は黒、茶、紺などが定番です。リュックやトート、色が派手なものや、柄物、一目でブランド品だとわかるようなバッグは避けましょう。面接中に側に置くことがあるので、自立するタイプだと倒れることもなく便利です。

髪型とヘアカラー

髪の色は明るすぎないトーンが基本で、大事なのは色味です。明るすぎないトーンというのは8レベル以下のことです。8レベルを超える髪は室内にいても染めたのがわかる髪色です。ヘアカラーも自分の肌や目に合った色を選ぶことで印象がだいぶ変わります。
黒が清潔感と誠意があり基本ですが、アッシュブラウンやダークブラウンならおしゃれで面接も大丈夫です。地毛がもともと明るい人は無理に染めなくてもいいですが、茶髪を嫌う会社があるので、気になるなら染めてもいいでしょう。ただ、染めない場合は髪の色について聞かれるかもしれませんので、答えを準備しておきましょう。
髪は顔にかからないように後ろに一つでまとめます。その場合は黒や紺などのシンプルなバレッタやゴムなどをつかいます。ヘアピンも、とめる時は見えにくいよう工夫して使いましょう。前髪をおろすと子供っぽい印象になりますし、眉が隠れると表情も読みづらくなってしまうので、思い切って分けるといいでしょう。上にあげてもかまいません。眉を出し顔回りスッキリがベターです。

年相応の落ち着きと身だしなみが大事

どんな場合でも、姿を調えて清潔感を出すことは必要です。基本をおさえて年齢に合っていて、かつ好印象を得られる服装を選びましょう。今は働き盛りで、社会人としての経験もキャリアもあるし落ち着いている、という良いイメージを与えられるよう、自分に合った服装を選んでみてください。40代の年相応の落ち着きと身だしなみが大事です。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪