マイナポイントでお得なキャッシュレス決済はこれ!

タグ :  / December, 29, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

前回の記事ではマイナポイントとは何かについてまとめました。

本記事では、マイナポイントを紐づけるのにお得なキャッシュレス決済について記載していきます。

マイナポイントを使おうと思っているけど、どのキャッシュレス決済にするか迷われている人はぜひ最後までご覧ください♪

前回の記事はこちら

おススメのキャッシュレス決済・4選

キャッシュレス決済によっては、マイナポイントの「最大5,000円分」のポイント還元に加えて、独自のキャンペーンを行っています。

キャンペーンは数多くあり、その中からどこがお得なのか判断するのは難しいと思っていませんか?
どこがおススメなのか調べてみました。

WAON

1つ目におススメする決済サービスは、「WAON」です

イオンが提供する電子マネーです。

SuicaやPASMOと同じように現金でチャージすることができるので、キャッシュレス決済に慣れていない人でも使いやすく始めやすいです。

マイナポイント申し込み時に「WAON」を紐付けると、特典としてチャージ額の10%が上乗せ還元されます。

この特典の上限額は2,000円分なので、マイナポイントの5,000円分と合わせて最大で7,000円分のポイント還元を受けることができます。

イオンでの買い物はもちろん、ファミリーマートやローソンなどコンビニでも利用することができ、
普段の買い物でコツコツとポイントを貯めたいという人にぴったりです♪

WAON HP はこちら

Suica

2つ目におススメする決済サービスは、「Suica」です。

JR東日本が発行する交通系ICカードです。

マイナポイント申し込み時にSuicaと紐付けるだけで、JREポイント1,000ポイントが還元されます。

さらにビューカードでSuicaに20,000円以上チャージすると、抽選でJREポイントが2,000ポイントもらえるキャンペーンも実施中です。

JREポイントは店舗での支払いや、Suicaのチャージに使うことができます。

チャージ以外にもグリーン車利用券やJRE MALLで使用することも可能です。

普段からSuicaを使って移動するという方は、申し込みしてチャージするだけで1,000円分のポイントがもらえるのでおススメです。

JRE POINT HP はこちら

d払い

3つ目におススメする決済サービスは「d払い」です。

NTTdocomoが提供しているキャッシュレス決済ですが、docomoユーザーで無くても利用可能です。

マイナポイントの申し込みの時に「d払い」を選択すると、チャージや買い物で利用額5%(最大1,000円分)が上乗せ還元されます。

つまりマイナポイント5,000円分と合わせて最大6,000円分のポイント還元を受けることが可能です。

d払いは普段からお得なポイント還元キャンペーンも開催しているので、
ぜひチェックしてみてください。

d払いHP はこちら

d払いについてはこちらの記事で解説していますので、ご覧ください♪

au Pay

4つ目におススメする決済サービスは、「au Pay」です。

KDDIが提供しているキャッシュレス決済ですが、auユーザーでない方でも使うことができ、手数料・年会費はかかりません。

マイナポイント申し込み時に「au PAY」と紐付けると、マイナポイント付与額に対して20%のポイントが付与され、最大1,000円分の上乗せ還元を受けることができます。

マイナポイントの上限付与額である5,000ポイントと合わせると、最大で6,000円分のポイントがもらえます。

au PAYを選択して買い物するだけで上乗せ特典が受け取れるので、面倒な応募条件を気にしたくないという方にはおススメです。

au Pay HP はこちら

au Payについてはこちらの記事で解説していますので、ご覧ください♪

マイナポイント申請の注意点

紐付けできる決済サービスは1つのみ

マイナンバーカードと紐付けることのできる決済サービスは1つだけです。

申し込み後に変更することができないため注意が必要です。

ポイント還元率が高かったり、決済サービス独自のキャンペーンの内容が良いとついつい惹かれてしまいますが、「本当にこの決済サービスをよく利用するかな?」と考えて選びましょう。

普段使っていない決済サービスを選択して「使いにくい」「使う機会があまりない」となってしまうのはもったいです。

日常でよく使っている決済サービスを選ぶことをおススメします。

d払いやau Payを使ったことがないという方は、WAONや交通系ICカードを選択しましょう。

子供も申し込み可能だが、同じ決済サービスは選べない

マイナポイントはマイナンバーカードを持っていれば誰でも申し込み可能です。

未成年の子供もマイナポイントを受け取ることができます。

未成年の子供のマイナポイントは親名義の決済サービスで申し込むことができますが、親の分のマイナポイントと合算して受け取ることができないため注意が必要です。

そのため複数の決済サービスを選ぶ必要があるので、申し込み前にいくつか候補を決めておくといいですよ。

まとめ

本記事では、マイナポイントを獲得するためのおススメの決済サービスについてまとめてきました。

マイナンバーカードさえ持っていれば、ご家族の分もあわせて利用する事ができる大変お得なサービスです。

日用品や食料品のお買い物、公共交通機関の利用など日常の生活でキャッシュレス決済を使うだけで、最大5,000円分のポイント+αを受け取れるチャンスです。

この機会にマイナポイントを活用していきましょう♪

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

UKANO WRITER

33歳。彼女と同棲中。犬猫1匹ずつと暮らしています🐶🐱 ダーツ、ビリヤードが趣味。栄養士資格も持っていて料理作るのも好き。 積立投資実践中。

記事が良かったらシェアして下さいね♪