【コロナでもらえるお金】特別定額給付金10万円のもらい方手順

記事が良かったらシェアして下さいね♪

※総務省 特別定額給付金ポータルサイトより引用

二転三転して、やっと決まった全国民へ10万円の給付。そのもらい方、受取り方をわかりやすく説明しますので、ぜひ生活の足しにしてくださいね。

10万円のもらい方は簡単です。

2020年4月27日時点で住民票をおいてる市区町村に申請をすることでもらえます。もちろん、申請しなければもらえませんのでご注意を!また、申請期限は各市区町村ごとの受付開始日から3カ月!受取りたい方かたはお早めに行動しましょう♪

申請方法は3種類

インターネット申請、郵送申請、窓口申請(銀行口座のない方)。自宅で今すぐできるのは、インターネット申請です。

スマホ申請のやり方はこちら

 

パソコン申請のやり方はこちら

ただし、自宅でネット申請するには、以下の3つが必要になります。

 

1、マイナンバー(通知カードはNG)

2、署名電子証明書の暗証番号

3、マイナンバーに対応したICカードリーダライタ

 

もし、3つの情報がわかっていれば今すぐ申請できますが、わからない場合は窓口か郵送による申請を行いましょう。

 

埼玉県ふじみ野市に届いてる申請手続きの進め方は以下になりますので、ご確認ください。

※その他市区町村の手順も基本的には変わりありませんが、詳細は、開始時期などに差はありますので、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

 

※埼玉県ふじみ野市 作成の申請の手順フローチャート

その他Q&A

Q:対象者はだれ?子供やおじいちゃんおばあちゃんは?

A:はい、2020年4月27日時点で住民基本台帳にのっている人なら誰でももらえます。国籍、年齢、所得の額は問わず、国内に住む日本人と住民票を届けている外国人も受取ることができる。なので、子供やおじいちゃんも♪

Q:どうやってお金をもらえる?

A:基本的には、申請時に記載する銀行口座へ振り込みされます。ただし、配偶者からDVなどを受け、別の場所に住んでいる家族などのように特別な理由がある場合は、特別の方法があります。※詳しくは総務省または各市区町村にお問い合わせください。

Q:4月27日に生まれた子供は対象になりますか?

A:給付対象者となります。28日以降に生まれたお子さんは対象者になりません。

Q:4月27日以降に亡くなった人は、対象者になりますか?

A:給付対象者となります。

Q:海外に住んでいて、日本に返ってきた場合は対象者となりますか?

A:4月27日までに帰国して日本に居住されている場合(住民登録されている)は対象者となります。

Q:給付金を受取るのは、誰になるのですか?

A:その方の属する世帯主になります。

Q:いつから申請を行うことができますか?

A:各市区町村にご確認ください。

 

以上の流れで特別定額給付金10万円を受取りましょう。また、こういった制度がでると必ず出てくるのが詐欺です。

 

もし、サギかな?と少しでも思ったら警察に電話をしましょう。

※埼玉県ふじみ野市 作成

 

PR

こんな時だからこそはじめたい積立投資。コロナで乱高下しているのに、投資なんてはじめて大丈夫?と不安な方にこそ受講していただきたい無料動画セミナーをプレゼント!今ご受講いただけた方には、特別レポート「ふつうの家庭のコロナて゛もらえるお金の話」を無料プレゼントいたします。

無料セミナーを受講するにはこちらから

 

セミナー講師プロフィール

川畑明美さん

1969年生まれ。群馬出身。家政学科の短大卒業後、出版社ワールドプレスに11年勤務。結婚・出産後、小規模な出版社を経てパッケージデザイン会社の経理を担当。2013年にファイナンシャルプランナー資格を取得。雑誌・WEBメディアを中心に執筆活動を行う一方、積立投資の選び方と積立設定までをマンツーマンで教える家計のコーチングサービスを展開。 現在、資産3000万円まで増やすことに成功し、資産が生み出す利益だけで2人の娘を私立の学校へ通わせることができている。

 

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪