お得でお手軽簡単!誰でも使えるPayといえばこれ!! LINE Pay使い方ガイド

タグ :  / / / March, 12, 2020

記事が良かったらシェアして下さいね♪

現在いろいろなキャッシュレス決済が提供されていますが、あなたは利用していますか?

スマホを使っていれば誰でも知っているコミュニケーションツールのLINE。その中のLINE Payを使用したことはあるでしょうか?

QRコード決済は、2020年には統一QRの全国展開を予定しています。

Visaカードもタッチ決済を実装したりと手軽に決済ができるようになってきています。

キャッシュレス決済を行うとポイントが付いて他の買い物に使用することができたり、金額の割引があったりとお得ですよね。

これから先もキャッシュレス決済がドンドン普及していきます。これからの時代キャッシュレス決済についての知識は重要です。

この記事では、キャッシュレス決済の中から「LINE Pay」について、どれくらいのメリットを受けることができるのか、何に注意しなければならないのかなどお伝えします。

LINE Payとは?

2014年12月に提供が開始されたキャッシュレス決済の1つです。他のキャッシュレス決済と違い、すでに入っているLINEのアプリで操作ができます。(専用のアプリもあります)

LINE PayもPayPayと同じように店頭での支払い以外にもオンライン決済で使用することができます。

ZOZOTOWNやSHOPLISTのようなファッションサイトだけでなく、出前館やピザハットのような出前にも使うことができるようになっています。

「2020年1月27日ご利用の口座を連携し、簡単にチャージ可能にLINE Payの連携金融機関数は100行を突破」

※LINE株式会社ホームページより引用


LINE Payはなんと提携金融機関数が100行を越えているんです。地方銀行も増えてきているので、口座連携が使いやすくなっています!

LINE Payチャージ方法

LINE Payには5類のチャージ方法があります。

銀行口座からチャージ

銀行口座を登録しておくことで、口座からスムーズにチャージすることができます。

 LINEの画面で「ウォレット」を選択
    ↓
 金額脇にある「+」を選択
    ↓
 チャージ方法を選択画面で「銀行口座」を選択
    ↓
 使用する銀行を選択
    ↓
 支店名、口座番号、口座名義など情報を入力
    ↓
 登録内容を確認して「次へ」を選択
    ↓
 各銀行ごとの手順で登録を進める
    ↓
 口座登録完了

銀行口座を登録するとオートチャージ機能を利用できるようになります。
残りが〇〇〇円以下になると〇〇〇円をチャージするといった機能です。

買い物しようとしたら残高が足りなかった!といったハプニングを減らすことができます。

セブン銀行ATMからのチャージ

 セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択
   ↓
 画面にQRコードが表示されたら、LINE Payを操作
   ↓
 ウォレットタブ内の「+」ボタンを押し、「セブン銀行ATM」を選択し「次へ」を選択
   ↓
 QRコードリーダーが立ち上がるので、ATM画面のQRコードを読み取る
   ↓
 QRコードを読み取るとスマホの画面に4桁の番号が表示されるので、ATMに入力
   ↓
現金を投入してチャージ完了

Famiポートからチャージ

 LINE Payのメニューから「チャージ」を選択し、Famiポートを選択
   ↓
 名前と金額を入力して、チャージを選択
   ↓
 受付番号と予約番号が表示されればスマホ側での操作は終了
   ↓
 Famiポートで「代金支払い、コンビニでお支払い」を選択
   ↓
 「各種番号をお持ちの方」から受付番号と予約番号を入力
   ↓
 内容を確認して間違いがなければ「OK」を押す
   ↓
 Famiポート端末からレシートが出るので、レジで支払いをして完了

店舗でのQRコードからチャージ

対象店舗は少ないですが、店舗でチャージすることも可能です。
対象の店舗:AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ

 LINE Payのメニューから「チャージ」を選択し、「QRコード/バーコード」を選択
   ↓
 コードが表示されるので、店舗に見せ現金を支払ってチャージ完了

LINE Payカード

無料発行できるLINE Payカードに店頭レジでチャージをする方法です。
対象の店舗:ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズ

 店頭レジでチャージしたい金額を伝え、LINE Pay カードを店員に提示する
   ↓
 金額を支払って完了

LINE Payの利用方法

LINE Payはプリペイド方式のキャッシュレス決済となっています。
支払い方法は2種類あります。

1つ目はコード支払い
コード支払いは、事前に銀行口座を登録、もしくはセブンイレブンのATM、Famiポートからチャージをしてその残高から支払いをする前払い方法です。

2つ目はLINE Payカード支払い
LINE Payカード支払いは、チャージした金額で支払いができるプリペイドカードです。

コード支払いは対応していないけど、カードは使えるところで利用したり、LINE Payの残高チャージに利用できます。

LINE Payの支払いの仕方、送金などの仕方について解説していきます。

QRでの決済方法

QRコードを見せる(店舗側が読み込む)ストアスキャン
操作方法
 「ウォレット」タブからQRコードを選択 
   ↓
 表示されるバーコードを店員に読み込んでもらう
   ↓
 支払い完了

お店のQRコードを読み込む (自分側が読み込む) 
「中小企業に多い」というのが特徴で、ユーザースキャン方式とも言います。
操作方法
 「ウォレット」タブから「コードリーダー」を選択
   ↓
 お店に置かれたQRコードを読み取る
   ↓
 決済方法、金額を確認し「決済を行う」を選択 
   ↓
 支払い完了

他にも、本人確認を済ませておくと友達に送金をすることができるようになります。
割り勘や、何か立て替えてもらった分の支払いなど手軽にお支払いできるようになりますよ。

後述もしますが、LINE Payはランク(マイカラープログラム)が決まっていて、そのランクによってポイント還元率も変わってきます。普段使いでもLINE Payを利用するようになれば、ポイントの還元率も上がって、お得になりますよ♪

送金の仕方は2種類 

送金の仕方は2種類あります。実際にはウォレットページから送るか、トーク画面から送るかの違いです。LINE Payの送金の利点は、銀行振込などに比べると手軽にできて、何よりも手数料がかからないということが大きいです。

「ウォレット」タブから送金

 「ウォレット」タブで「送金」を選択 
   ↓
 「送金」を選択
   ↓     
 送る金額を入力し「次へ」を選択 
   ↓
 内容を確認してパスワードを入力
   ↓
 送信完了

「トーク」で送金

 トーク画面で「+」を選択
   ↓
 「送金」を選択
   ↓
 送る金額を入力して「次へ」を選択
   ↓
 内容を確認してパスワードを入力
   ↓
 送信完了

受け取る側は特に何かする必要はなく、送金のメッセージを受け取った時点でLINE Pay残高に追加されています。手間のかかる操作をしなくていいのは嬉しいですよね!

LINE Payのメリット・デメリット

LINE Payのメリット・デメリットもしっかりお伝えしていきます。

LINE Pay利用のメリット

気軽に使える
普段友人とやり取りをしているアプリからそのまま支払いに使えるという気軽さが一番のメリットですよね!わざわざPay専用のアプリを入れる必要も無いので使いやすさは抜群にいいんです。

マイカラープログラム
支払いに使えば使うほどポイントの還元率が増えていきます。前の月1日~末日までの利用実績によって更新されます。

QR決済に対応していなくてもカードで払える
LINE Payに対応していないお店でも、LINE PayカードであればJCB加盟店で使うことができます。残高分だけ使うことができるので、事前にチャージをしておきましょう。

公共料金の請求書を読み込んで支払いができる
ガスや電気代などの請求書についているバーコードを読み込むことで支払いができるようになりました。一部の税金や保険料も支払えるようになっているので助かりますよね!

デメリット

クレジットカード決済を利用できない
LINE Payにクレジットカードを登録したとしても、支払いに使うことができません。使えるのはLINE関連のサービスのみとなっています。

クレジットカードからLINE Pay残高をチャージできない
LINE Payへのチャージができないので、LINE関連のサービスを利用しない人にとってはクレジットカード登録自体、意味のないものになります。

出金手数料がかかる
銀行口座へ出金する際に1件あたり手数料220円がかかってしまいます。何回も出金する場合は手数料で損してしまうこともあるので気を付けましょう!

キャンペーン情報(2020/3/11現在)

TOHOシネマズの鑑賞料金が1,200円に「LINE Payシネマデイ」【毎月第3木曜日】

【開催期間】2020年8月20日(木)までの毎月第3木曜日、合計12回
鑑賞料金:一般、大学・専門学校生のお客様は、1,200円(税込)/枚

※通常時は一般1,900円(税込)、大学・専門学校生1,500円(税込)/枚

出典:TOHOシネマズ

キャンペーン詳細

期間中、第3木曜日上映の作品のチケットをLINE Payで支払いをすると、一般であれば通常1,900円、大学・専門1,500円のところ、チケット代が1,200円になるんです!

映画好きには嬉しいキャンペーンですよね。この期間中にアカデミー賞受賞作品もお得に観ちゃいましょう。
ぜひ毎月第3木曜日にはLINE Payを利用してお得に映画を観ましょう!

 

購入の仕方
1、インターネットチケット・vitかTOHOシネマズで、「劇場・作品・日時・座席」を指定する
    ↓
2、券種で「LINE Payシネマズデイ」を選択
    ↓
3、お支払い方法で「LINE Pay」を選択
    ↓
4、LINEのアプリが起動するので、LINE Payで支払いをする
   ※LINE Payシネマズデイを選択せずに支払いをするとキャンペーン対象外となります。
   ※LINE Payカードでの支払いは対象外です。

 

 LINEモバイル「学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン」

※出典:LINEモバイル株式会社

【3月31日(火)まで】のキャンペーン期間中にベーシックプラン3GB以上・SNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーを契約すると、LINE Pay残高かLINEポイントのどちらかを選んで、最大5,000円相当をもらうことができます!

特典取得までの流れ
1、ベーシックプラン3GB以上・SNSデータフリーもしくはSNS音楽データフリーでお申し込みをし、手続内容の選択画面でキャンペーンコードを入力します。

 

↓キャンペーンコードはこちら↓

・LINE Pay残高5,000円相当:PB054
・LINEポイント5,000ポイント:LN054

 

入力したら、通常通りにお申し込みを進めます。

    ↓
2、LINEモバイル公式アカウントを友だちに追加します。
    ↓
3、特典付与日までにLINEモバイルを利用開始して、公式アカウントで契約者連携を完了させます。
    ↓
4、課金開始日から4ヶ月目の月末に特典ゲット♪

*課金開始日とは?
※「新規番号」での申し込みの方は、SIMカードが発送された翌々日
※「MNP転入」で申し込みの方は、利用開始手続きが完了した日かMNP予約番号有効期限の最終日の内、早い方で計算されます。

 

LINEモバイルはdocomo回線、au回線、ソフトバンク回線から好きな回線を選択することができるので、地域によって繋がりにくい回線を避けることができます。さらにデータフリーでLINEやツイッターなどデータ通信料を消費せず、料金も安く抑えることができます。

このお得なキャンペーン期間に、お乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

LINE Payについて、チャージの仕方、使い方、メリット・デメリットについてご紹介いたしました。
コミュニケーションツールとしての高い知名度だけでなく、提携銀行も増えてきていてドンドン使いやすくなっていきますね!

キャンペーンが行われると、LINE上でお知らせもしてくれるのでお得なキャンペーンを逃さずに済みます。現在ではTOHOシネマズの鑑賞料金が安くなったり、消費者還元制度と合算すると最大7%還元されたりと、かなりお得なキャッシュレス決済の1つとなっています。ぜひこの機会にキャッシュレス決済に触れてみてくださいね♪

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

UKANO編集部 ひだ

UKANO WRITER

33歳。彼女と同棲中。犬猫1匹ずつと暮らしています🐶🐱 ダーツ、ビリヤードが趣味。栄養士資格も持っていて料理作るのも好き。 積立投資実践中。

記事が良かったらシェアして下さいね♪