老後にマンション売却【売却時にかかる費用はこちら】

老後にマンション売却【売却時にかかる費用はこちら】

2019.10.23

老後にマンションを売却しようかなぁと思っても何からすればいいのかわからなくなってしまいますよね。本記事ではマンション売却にかかる費用についてお伝えしていきます。

売却といっても手元にお金が入ってくるだけではなく出ていくお金もあるんです!聞きなれない言葉が多いですが全部大事ですので、ご参考にしてくださいね♪

 

老後にマンション売却【売却時にかかる費用はこちら】

不動産屋さんに払う仲介手数料

マンションを売るっていっても自分だけの力だけでは、どうしていいのかわかりませんよね。なので、大概の方は不動産屋さんに売却の依頼をします。この時に必要になってくるのが、仲介手数料です。お支払いのタイミングは買い手の方が決まり契約をした後になります。

じゃあ一体いくらなのって気になりますよね!金額は以下の通りになります。

200万円以下      売却金額の5%以内

200万円~400万円以下  売却金額の4%以内

400万円以上      売却金額の3%以内

です。

400万円以上の場合の計算式は

仲介手数料=(売却金額×3%)+ 6万円 + 消費税

になります。

この6万円は何?って思いませんか?私は思いましたよ!

何かというと400万円以上の場合は3%だけ払えばいいのではないようです!400万円以上の場合は、200万円以下の5%、200万円~400万円以下の4%も含んで計算しないといけないんです。

例えば、1000万円の場合はこうです。

まず、200万円までの部分は

200万円×5%=10万円

400万円までの部分は400万円からさっき計算した分の200万円を引くと200万になるので

200万円×4%=8万円

そして残りの600万円は

600万円×3%=18万円

となります。

この3つを足すと

10万円+8万円+18万円=36万円になります。

400万円以上だからと言ってただ、1000万円に3%をかけると

1000万円×3%=30万円

になってしまうので、差額の6万円を足すということです!

パッと見るとなんで6万足すのって思いますが、3回に分けて計算するのって面倒臭いので簡単にするための6万円なんです!

お手続きの際にかかります【抵当権抹消費・印紙税・住所変更費・ローン繰上げ返済費】

マンションを売る!となると様々なお手続きが必要で費用がかかるものも出てきます。

1つ目は、抵当権抹消です。抵当権抹消って何でしょうね?

抵当権を簡単にいうと、

マンションを住宅ローンで買ったけどローンが払えなくて滞納しちゃった時に、マンションを挿し押さえ売却して、払えなくなったローン分に当てることができる

っていうことのようです。

それを抹消なので、なくすってことですね。

これは、ローンを払い終えたと同時になくなるものではなく、手続きをする必要があります。自分でやることもできますが時間と手間がかかりますし、売却するに当たって他にもすることはいっぱいありますので、司法書士さんにお願いする人も多いようです。

手続きにかかる費用は不動産一つに対して1000円です。

ここで注意なのですが、この不動産1つというのはマンションの1部屋だから1000円だけではなく、建物と土地はそれぞれで1つと計算されますので2000円になります。

また、土地は「筆」というもので区切られています。この「筆」の2つにまたがっている場合は「筆」1つで1000円なので、

土地に対して2000円、建物に対して1000円=3000円

になります。自分のマンションはどうなのか登記簿をしっかり確認しましょうね。

そして司法書士さんに頼んだ場合は報酬として10000円ほどがかかります。

2つ目は住所変更費です。

これは全ての方に当てはまるわけではなく、現在の住所と登記簿上の住所が不一致の場合は、自分が本当に所有者である!ということが証明できないので手続きの必要があります。こちらも司法書士さんにお願いする人ことが多いようです。

値段は抵当権と同様に不動産一つに対して1000円と司法書士さんの報酬が10000円ほどです。

3つ目は印紙税です。

印紙税って何?って思いますよね。

何かと言うと、大きいものを売ったり買ったりするときに契約を交わしますよね。そのときに契約書などの文書を作ると課税がされるんです!なので、その分の税金を払いましたよーと示すために売買契約書に印紙を貼ります。

このことを印紙税っていうんです。

金額については2020年3月31日までは軽減税率が適応され、

500万円以上1000万円以下   5000円

1000万円以上5,000万円以下 10000円

5000万円以上1億円以下    30000円

になります。

4つ目はローン一括返済費です。

これは住宅ローンを一括で返済する場合にかかるものです。というのもほとんどの金融機関は一括返済する場合に手数料がかかってしまいます。

具体的な金額は金融機関ごとに異なりますので、ご利用の金融機関にお問い合わせくださいね♪

買いたい!と思ってもらうためのハウスクリーニング

生活感満載のマンションを買いたいって思いませんよね?せっかく買うのだから綺麗なところがいい!って思いますよね。

そのために自分でお掃除をするのもいいですが、限界があります。そんな時はプロにお任せです!

水回りなどは特に、頑張ってもなかなか取れない汚れができてしまったりしますよね。家全体プロに頼むと費用がかなりかかってしまいますので、水回りのような自分には手に負えない箇所だけでもプロにやってもらうのがオススメです♪

オススメはこちら↓家事代行マッチングサービス「生活手帖」

マンションは売却したら終わりじゃありません!翌年かかる費用もあるんです!

マンションを売った分の税金【譲渡所得税】

譲渡所得税とは不動産を売却したときに得たお金に対してかかる税金です。

これはマンションを売却したら必ずかかるというものではありません。

譲渡所得=売れた値段−買ったときの値段−売るときにかかった費用(上の項でお伝えした仲介手数料、印紙税など)

となりますので「売れた値段」が、「買ったときの値段」と「売るときに手続きなどでかかった費用」を上回った場合のみ必要になります。

マンションは年月とともに古くなって価値も落ちていきますので、購入金額を上回る金額になることはあまりないと思いますが、こういうものもあるんだということを頭に入れておいてくださいね。

譲渡所得税と一緒に払います【住民税】

この住民税も譲渡所得税にかかわってくるので、譲渡所得税を払う必要がない場合はこちらも払う必要がありません。

また、払う必要がある場合も譲渡所得税と一緒に払うため、わざわざ何かをしたりする必要はありません。

ですので、譲渡所得税と住民税はセットということを覚えておいてくださいね♪

被災地復興の為の復興特別所得税

復興特別所得税とは2013年に東日本大震災の支援を行うための財源としてスタートした税金で2035年まで施行される予定です。

所得税を納めなければならない人はこの復興特別所得税も納める必要があります。

なので、上の項でお伝えした譲渡所得税と住民税同様に「売れた値段」が、「買ったときの値段」を上回る場合のみ必要なのであまり心配はしなくて大丈夫です。

マンション売却金額以外にも?払うでけじゃなく返ってくるものもあるんです。

返済したら返ってきます【一括払いの住宅ローン保証料】

住宅ローン保証料は返済したら返ってきます!しかしこれは一括で払っている場合に限ります。

どういうことかというと、

一括で払った場合は残りの期間分の保証料がありますが、分割はローンを払い終えた期間の保証料しか払っていませんので戻ってくるものもない、ということです。

いくら返ってくるかは金融機関によって異なりますのでご利用の金融機関にお問い合わせくださいね♪

保証期間内なら返ってきます【火災保険料】

マンションを売却する時に火災保険の保証期間内であれば残りの期間分の保証料が返って来ます。しかし、連絡をしないと解約はされずそのまま返金もされませんので忘れないようにしましょうね。

また、タイミングについても注意が必要です!必ず購入者さんに引き渡しを終えてからしてくださいね。

家を空にして他の所に引っ越したから解約しちゃおう!としてしまうと、購入者の方に引き渡すまでの間に火災が起きる可能性はゼロではありません!

何が起きるかわかりませんので、忘れないようにも大事ですが早すぎても危険です。

「火災保険は引き渡したら解約」と覚えていてくださいね。

日割り計算してもらいましょう【各種清算金】

マンションの管理費や修繕積立金は先払いをしている場合が多いですよね。ですので、日割りで計算をして清算をする必要があります。多くの場合は不動産屋さんがやってくれるようです。

また、固定資産税・都市計画税も年に1回まとめて払っているので日割りで計算して清算をします。こちらも多くの場合は不動産屋さんがやってくれるので安心ですね♪

契約や手続きは大変!【家族にも手伝ってもらいましょう】

難しいことがあったら子供に聞いてみましょう

マンションの売却って一生に一度するかしないかですし、やることもいっぱいあって分からなくなっちゃったりしますよね。

そんな時はお子さんに聞いてみるといいですよ♪スマホに慣れている世代は情報に強いんです!経験はなくともたくさんの情報を見つけることは得意なんです。検索して分からなくても、質問できるサイトもいっぱいあります。

情報をもらいつつ、家族とコミュニケーションも取れますので一石二鳥ですね♪

ハウスクリーニングもいいけど・・・【思い出を話しながらみんなで掃除をしましょう】

ハウスクリーニングを頼んでプロに綺麗にしてもらうのもいいですが、お子さんやお孫さんと一緒にお掃除をするのもいいですよ!

普段の掃除を手伝ってと言っても、断られてしまう場合が多いかと思いますが、思い出の詰まったマンションの最後のお掃除は手伝ってくれるのではないでしょうか?特に小さいお孫さんがいらっしゃる場合は、こういう時一生懸命お手伝いしてくれますよね♪

そしてマンションで暮らした思い出をみんなで話すと、自分の人生を振り返ることもできじゃあこれからはどうしようかと考えることにも繋がります。

売却後のことを家族と話しましょう

老後にマンションを売却をして別の場所に住むって不安も多いですよね。そういう時こそご家族と話をするいい機会です。お子さんは独立してしまうとなかなかゆっくり話す機会がなくなってしまいますよね。

きっと普段は口に出さなくてもお子さんは親御さんの老後について多かれ少なかれ心配しているはずですよ!マンションを売ると言ったらなおさらです。ぜひこの機会に今後についてお話ししてみてください♪

まとめ

マンションを売却!と言っても結構出て行くお金もあるんですね。いざ売るって時にこれを知らないと大変です!あらかじめいくらかかるのかを計算して計画的にマンションを売却しましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO編集部 しまだ
27歳の実家で子育て中のシングルマザーです。イヤイヤ期真っ只中の2歳児に悪戦苦闘しながら毎日奮闘しています。好きなことはウィンドウショッピングです。

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

関連キーワード