第1話 草むしりだって自分でやっちゃいます!スタートは貯金300万円から!パート主婦大家なっちーこと舛添菜穂子さん・インタビュー

June, 25, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

今回のインタビュイーは、パート主婦の属性にもかかわらず、しかも融資なしから不動産を始めて主婦大家さんを実現した「なっちー」こと桝添菜穂子さんです。なっちーさんが不動産投資を始めようと思ったきっかけは、ほんとうにちょっとしたことなんです。何かをやりたいと思ったらアンテナを張る。大事なことだと思います。

小さい頃は、前に出て目立つというタイプではありませんでした。

小さい頃から気が強い子!というよりは、おとなしくて静かな性格で、あまり自分から行動することはなかったんです。人前に出て目立つタイプではないんです。社会人になって働きだしてからも同じで、何度も転職したんですが、どこにいっても目立たずに仕事をしていたんです。

ところが居酒屋のフランチャイズの本部で勤務をしていたときに、周りの人たちがどんどん独立して、自分のお店を持ち始めていったんです。それをみて触発されたのか、私もなんかそういうのをやってみたい!っていう気持ちがふつふつ湧き出てきたんです。

でも、憧れはあったものの、これがやりたい!というのは特になかったんです。ただ漠然と、「社長になりたい!」としか思っていなかったんです。なんの社長?っていわれても、そのときは答えることができませんでした。

そんな時に、たまたま深夜のテレビ番組のCMで、不動産のCMが流れたんです。そのときに初めて不動産投資というものを知って、「私やりたいんです!」ってそこの会社に問い合わせしたんです。いろいろ質問をされたので、結婚する予定で、大阪に住んでいるけど、千葉に引っ越しますと正直に話したんですけど、お客さんとしては見てくれませんでした。完全に対象外でした。あなたじゃなくて、ご主人を出してください。そういう扱いをされたんです。

それからは自分でできる手法を探しまくりました。不動産投資家さんの本をかたっぱしから読みまくって、私ができる手法はこれだ!っていうのを見つけて、はじめて大家さんに目覚めたんです。

幼い頃から、お金が大好きだったんです!

私が小さい頃の話なんですけど、私って小さい頃からお金に興味があったみたいで。まだ幼い頃に、私が持っていたキン肉マン消しゴムを弟に売ろうとしたときがあったんです。その光景をみた母が「弟にものをうるもんじゃない!」って怒られました(笑)そのころから、お金に替わるものを探していたんです。

まさに「天賦の才」ですね(笑)

あとは、つけっぱなしの電気もまめに消したり、弟がファミコンをやっているときも、「そろそろやめなさい。電気代がもったいない!」って、まるでお母さんかのように注意をしていました。とくべつお金に苦しんでいたわけではなかったので、そんなことをしなくても生きていける家計だったんですが。まだ小さいくせに「家計の支出を減らさなきゃ!」という意識がありました(笑)当時はまだ幼かったので、お金持ちとビンボーの境界線がわからなかったんです。

小さい頃からお金が好きだったので、大人になってからも、国庫債券を買ったり、投資信託をやってみたり・・・。FXもちょっとだけやったことがあるんです。会社の先輩がやっていて、毎日パソコンを見ながらニヤニヤしてるんですよ。会社が一緒なので、その光景を毎日見ちゃうじゃないですか。そしたら次第にやり始める人が増えてって、いつのまにかFXグループみたいなのが会社内にできあがっていました。グループ内みんなニヤニヤしているので、その光景が気になって気になって。私も毎日経過を見せてもらっていて、気がついたら始めていました。

始めてみたものの、タイミングがよくなかったのか、進めるうちに雲行きが怪しくなってきたんです。仲間の1人が、お金を下ろそうとしていたんですけど、下ろしたいのになかなか下ろすことができなかったんです。なんか怪しいと思って、弁護士に相談しようと思った矢先に、TVのニュースでその会社が倒産したと放送していたんです。

 

 

その経験があって、「興味がないものは合わない」というのがわかりました

不動産は、自分が一人暮らしをした経験もあったので、もともと興味があったんです。私って物件を見ているとわくわくしてくるんですよ。その物件がお金に繋がっているところにワクワクしてしまうんです。ワクワクしながら、ニヤニヤしていると思います(笑)今でも毎日インターネット上で物件をみて、毎日ニヤニヤしながら見ています(笑)この物件を買ったらどうなるんだろう!?って想像すると楽しくなってくるんです。

興味があったおかげで今でも続けていられるんです。お金が儲かることには興味があっても、株の為替とかっていうのはわからないというか、そもそも興味がないので合わないんです。FXも株も不動産もぜんぶお金には絡んでいるんですけど、最終的には不動産に行き着きました。不動産てイメージしやすいんです。株やFXと違って変化が少ないのが安心なので。FXは気づいたらすっからかん!ってことがありますが、不動産はそういうのがないですからね。最悪でも土地は残るので安心なんです。

まさにぴったりの投資ですね!旦那さんには反対されなかったんですか?

次回へ続く


舛添菜穂子 プロフィール

ネットでは「パート主婦大家なっちー♪」の愛称でおなじみの現在都内在住の主婦。大阪在住の独身OL時代に倒産・リストラ・ブラック企業を渡り歩き、さらにFXで失敗する。その後、確実な財テクを探していたところ不動産投資に出会い勉強を開始。資金300万円を使い地元大阪に中古戸建を購入して、大家さんデビューを果たす。

舛添菜穂子さん公式ブログ「パート主婦、”戸建て大家さん”はじめました!」はこちらから!

なっちーさんの書籍?<最新版>パート主婦、”戸建て大家さん”はじめました!

舛添菜穂子さんのFacebookはこちら!

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪