クレジットカードの審査落ち理由とは?原因を踏まえて解決しよう

クレジットカードの審査落ち理由とは?原因を踏まえて解決しよう

カード 2018.05.31

クレジットカードの審査が落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちてしまうのはとても残念なこと。落ちた際に理由を伝えられることはないため「どうして落ちてしまったんだろう」と疑問を感じている方も多いでしょう。
本記事では、クレジットカードの審査に落ちてしまったときに考えられる理由について解説します。また、あわせて再度申し込む際のポイントについてもチェックしていきましょう。

クレジットカードの審査に落ちた理由

まずは、クレジットカードの審査に落ちてしまった理由を考えていきましょう。

申し込み条件を満たしていない

クレジットカードには、申し込み条件が設けられています。申し込み条件としては年齢・収入・職業などが挙げられます。そもそも申し込み条件を満たしていない場合は、門前払いとなってしまうのです。
クレジットカードを申し込む際には、年齢・収入・職業などを記入する欄があります。この時点で基準を満たしていなければ、そのカードをつくることができません。ただし、クレジットカード会社によっては「主婦・学生OK」など条件がゆるい場合もあるので、チェックしてみましょう。
また、18歳未満の場合はクレジットカードをつくることは不可能。さらに18歳以上であっても高校生はクレジットカードをつくることができません。クレジットカードをつくれるのは、高校生を除く18歳以上ということを覚えておきましょう。

カード会社が発行枚数を制限している

申し込み条件を満たしているにも関わらず、審査に落ちた場合はカード会社が発行枚数を制限していることが考えられます。というのも、カード会社には会員数を増やしたい時期と、増やしたくない時期があるのです。
会員数を増やしたい時期に申し込んだ場合、信用情報に問題がなければカードが発行されるケースが多いです。対して、会員数を増やしたくない時期申し込んだ場合、条件を満たしていてもカードが発行されないケースがあります。
カード会社がどちらの状況にあるのか、判断するのはとても難しいこと。もし自分になんの問題がないにも関わらず審査に落ちた場合は、カード会社が発行枚数を制限していると考えましょう。また、どうしてもクレジットカードが欲しい場合は、キャンペーン中など会員数増加に力を入れているタイミングで申し込むことをおすすめします。

信用情報機関に履歴が残っている

信用情報機関に何らかの履歴が残っている場合、審査に落ちるケースが多いです。信用情報期間とは、個人の信用情報を管理しているところ。ローンを申し込んだ場合や、クレジットカードで買い物をした履歴が残ります。
また、信用情報機関には貸し借りの履歴だけではなく、滞納・返済の遅延などの情報も残ります。たとえばクレジットカードの支払いが遅れた場合や携帯料金の支払いを滞納した場合、個人の信用情報として履歴が残ってしまうのです。
クレジットカードの審査では信用情報がチェックされるため、問題があった場合審査に落ちやすくなります。カード会社としても、信用履歴に問題がある人を会員にすることはリスクが大きいのです。

複数のカードを申し込みしている

短期間で複数のクレジットカードに申し込んでいる場合も、審査に落ちやすい傾向があります。というのも、クレジットカードは短期間で何枚も必要になるものではありません。
カード会社としては、複数枚申し込む人に不信感を覚えます。「複数申し込んでいるということは、借りるだけ借りて返済しないのでは」「入会の特典目当てなのでは」という疑いが生じてしまうのです。
また、カード会社によっては多重申込を認めていない場合もあります。クレジットカードは便利なアイテムではありますが、短期間で申し込む場合は1枚に留めておきましょう。複数のクレジットカードを持ちたい場合は、それぞれの申し込みに6カ月程度の期間をあけてください。

審査落ちの連絡手段

次に、審査落ちの連絡手段についてご説明していきます。

簡易書留などの書面やメールにて連絡がくる

審査に落ちた場合、簡易書留などで連絡がきます。その場合の文面としては「厳選な審査の結果、ご希望に添いかねる結果となりました。」など記載されています。審査の結果、落ちたということですが理由を尋ねることはできないので注意しましょう。
また、Webで申し込みしたカードは簡易書留などの書面ではなく、メールで結果が送られてくることが多いです。「入会審査の結果をお知らせします」などの件名で送られてくることが多いので、見逃さないようにしてください。

電話での連絡は一切なし

「結果が電話でくるのでは」と考えている方も多いですが、審査の結果が電話でくることはありません。申し込み用紙に電話番号を書きますが、これはあくまでも審査用として記載する電話番号。審査の結果を伝えるための電話番号ではありません。
また、申し込んだ際に本人確認のため電話がくることもありますが、そのときに結果を聞くことはできないので注意しましょう。もちろん電話で審査結果を催促するのもNG。文書やメールでの連絡を待ってください。

クレジットカードの審査期間

次に、クレジットカードの審査期間についてチェックしていきます。

一般的には10日~14日

クレジットカードの審査にかかる期間は、一般的に10~14日。しかし、これはあくまで一般的な目安でしかありません。即日審査が通る場合もありますし、これ以上の期間がかかるケースもあります。
ほとんどのカード会社では申込の際に「審査には〇〇程度のお時間をいただきます」と掲載されています。審査にかかる期間が気になる場合は、しっかりとチェックしておきましょう。

ステータスが重視されるカードは審査期間が長い

ステータスが重視されるカードは審査期間が長い傾向にあります。というのも、ステータスが重視されるカードは富裕層向けにつくられた審査基準が設けられていることが多いのです。
当然一般的なカードよりも、条件・審査内容も厳しくなります。その分内容を確認する時間がかかるため、審査機関が長くなると考えられるでしょう。

再度申し込みするにはどうしたらいいのか

最後に、再度申し込む場合のポイントをチェックしていきます。

審査落ちから6カ月後の申し込みがベスト

審査に落ちたクレジットカードに申し込む場合は、審査落ちから6カ月後がベスト。信用機関から過去の申し込み情報が消えるのは6カ月後の月の1日。少々わかりにくいかもしれませんが、1月10日にカードを申し込んだ場合、その情報が消えるのは6月1日となります。
審査に落ちた情報がなくなっているため、6カ月を過ぎてから申し込むことで審査が通る確率もアップします。再度申し込む場合は6カ月後を目安としましょう。

審査落ちした理由を探って解消する

審査落ちした理由が信用情報であれば、理由を探って解消する必要があります。携帯電話やクレジットカードなどの滞納がないか確認してみましょう。また、自己破産をした場合はしばらくの間クレジットカードをつくることは難しいです。
機関によって情報抹消期間は異なりますが、延滞や滞納の場合は契約終了後から5年。自己破産の場合は10年が目安。金融事故がある場合は情報抹消までの期間を待ち、今後延滞・滞納に十分気を付けることが大切です。

審査落ちしても諦めずに申し込んでみよう

審査落ちの理由はそれぞれですが、場合によっては再度申し込むことで審査に通る可能性もあります。滞納・自己破産など明らかな金融事故がない場合は、6カ月後に再度申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
また、審査の条件をしっかりと確認しておくことも大切。自分が条件を満たしているか確認の上、クレジットカードに申し込みましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事