年収ランキング高収入な職業を知りたい。転職におすすめの業界とは

年収ランキング高収入な職業を知りたい。転職におすすめの業界とは

ビジネス 2018.05.31

企業の年収ランキングってどんな感じなの?

気になるさまざまな企業の年収ですが、ランキング上位にある企業とはいったいどんな企業があるのでしょうか。そして、自分の企業がどのくらいのランキングの位置にいるのか知りたいと思う人も多いはずです。年収に不満があり、転職を考えている人や、更なるキャリアアップを狙う人ならなおさらでしょう。
人気企業の平均年収ランキングや、業界別の状況などについて知って、今の自分の状況を変えるべきか、続けるべきかの参考にしてみてください。

人気企業の平均年収ランキング

誰もが知るような大企業は、やはり平均年収が高めであるといえます。しかし、よく知られている大企業なのに、上位にランクインしていない企業もあり、どのような事情で年収に差があるのでしょうか。人気企業の平均年収ランキングについてお伝えします。

車業界やメーカーでトップクラスのトヨタ自動車

国内の自動車メーカーのトップメーカーといえば、トヨタ自動車はさまざまな会社と合併をしながら、1982年に現会社名となり、国内だけではなく世界でも有名な企業となっています。自動車生産台数国内首位の日本を誇る大企業です。日本の代表的企業であり、産業の要となっています。
トヨタ自動車の平均年収は、平成28年のデータによると852万円となっています。給料は、平均65万円で平成29年のボーナスは257万円と発表されています。ボーナス額は、日本トップとされています。100万円前後の差はあっても、8年間で700万円から800万円あたりを推移しています。

世界中で有名なソフトウエア会社のグーグル

インターネット関連の事業を世界中で展開するアメリカの多国籍企業である「グーグル」は、世界の情報をひとつの検索サービスで回覧できるシステムを作り出し、世界中にユーザーがいる大手企業となりました。多くの人が日常的に使用するグーグルは、多くの人が知る人気企業のひとつです。
グーグルの平均年収は、海外年収サイトによると、1,130~1,260万円と発表されています。平均給料は、98~131万円とされており、かなり高収入な会社であるということがわかります。ここ数年の年収の範囲は、650~2,500万円といわれています。

日本が誇る世界が知る電機メーカーソニー

日本の大手電機メーカーであるソニーは、テレビや音響機器、パソコンなどの製造や販売を行う会社です。国内だけでなく、海外でも知られる大企業となっています。海外にも知られるようになったのは、1979年に発売されたウォークマンが世界中で爆発的にヒットしたのが大きなきっかけでした。
ソニーの平均年収は、有価証券調べによると897万円と発表されています。給料の平均は、約74万円となっています。ここ数年の推移は、最低が880万円、最高が980万円となっており、大手企業の中でも高収入となっています。

職業別女性平均年収年収ランキング

女性の職業別の平均年収はどうなっているのでしょうか。大企業であっても、男女で給与の差があり一般的な年収ランキングだけでは、女性の場合は当てはまらないことも多いです。女性の職業別平均年収ランキングについてお伝えします。

ドラッグストアが狙い目の高収入な薬剤師

女性の職業で高収入だといわれている薬剤師は、平均年収はおよそ500万円くらいだといわれています。薬剤師の場合は、働く場所によって給与に差があります。病院勤務の薬局の方が一般的には低くなり、調整薬局の方が高く設定されています。新卒時でも調整薬局なら、350~400万円だといわれています。
そして、女性が多く活躍する職業なので年収も男女差がなく設定されているところが多くあります。薬剤師は、昇給率というのがあり、転職をするよりもひとつの職場で続ける方が給料がよくなります。そのため、薬剤師になる場合は職場選びが重要になります。

需要が伸びているシステム・エンジニア

IT系の職業であるシステムエンジニアは、男女問わずニーズの高い職業です。エンジニア自体が減少し、仕事の幅が多くなっていることから、非常に間口が広くなっている業界です。今後も、希少価値が高まり、給料の増額が見込める業界です。
厚生労働省の賃金統計基本調査で算出されたデータによりますと、女性の平均年収は544.5万円となっています。平均の給料は34万円と発表されており、男性の給与とは差がありますが、女性が働く業界としては高収入だといわれています。外資系のSEを狙うのも収入アップにつながります。

心や体をケアする憧れの職業看護師

女性の仕事の中でも高収入ということで知られている職業は、看護師の仕事です。働く病院などで給与に差はありますが、大学病院で働く看護師の年収420~560万円、ER看護師が487万円~600万円と高収入となっています。
看護師の平均年収は、平成29年の人事院統計調べによると、525万円と発表されています。長く勤務すればしただけ収入がアップするので、年齢が上がれば上がるほど高収入となっています。ただし、肉体的にハードなことや勤務が不規則であることなどがあるためというポイントもあります。
看護師の仕事は、今後も増加傾向にあります。看護という枠だけではなく、高齢化の影響により介護施設でも仕事が増える見込みとなっています。病院以外の施設などの需要もあるので、看護師の資格があれば資格を活かした仕事でキャリアアップを目指すのもおすすめです。

今後伸びそうな業界とは

転職を考える際に、今後伸びる業界を選びたいと考えます。今現在注目されていなくても、今後伸びる業界に転職をすれば、年収アップにつながる可能性があります。今後どんな業界が伸びるといわれているのか、知っておくことが大切です。

増える需要で人手不足が続く人気業種のIT系

IT業界は、増える需要に対して人手不足が続く業界のひとつです。IT革命の中心にいる業界であり、今後はAI関連の産業も生まれてくることが考えられており、多くの求人が発生する可能性があります。ベンチャー系の企業も多く、能力が買われる業界です。
転職をする人も多く、能力が高ければ高いほど年収の高い企業に転職をすることも夢ではありません。IT系業界については、今後しばらく安定が考えられている業界です。IT業界でスキルを身に着け、キャリアアップのための転職を狙うのもよいでしょう。

オリンピック目前増える外国人観光客で沸く観光業

日本へ訪れる外国人観光客の数は年々増えています。これは、観光産業業界の伸びが感じられます。今後、2020年のオリンピックも控えている状況を考えると、さらなる伸びが考えられます。観光に関連した、Wi-fiやアプリなどを使った外国人向けのサービスなどの需要も増えています。
観光に関連した土産物屋や、レストラン、ホテルなども観光客の増加により安定する店舗もあるでしょう。オリンピックに向けて観光業が携わるビジネスは増えてくるでしょう。そして、語学を必要とする観光業の仕事も増えてくるでしょう。

働く環境の変化で余暇の使い方が変わる娯楽産業

今後仕事の機械化が進むことで、働き方にも変化がでてきます。今まで遊ぶ時間を持つことができなかった人たちも、余暇を楽しむようになっていくでしょう。余暇を楽しむ時間が増えれば、娯楽産業が伸びると考えられます。
音楽や映画だけでなく、スマホにあるアプリなどを使う人ももっと増えると考えられています。そして、外出する時間ができれば、さまざまなエンターテイメント施設などで過ごす人も増えていく可能性があります。今後余暇を楽しむ人々が増えれば、娯楽産業の業界にも注目が集まるようになるでしょう。

平均年収を参考に伸びる業界に転職を目指そう

転職を考えるのであれば、全国の平均年収ランキングなどを参考に、今現在の仕事を変えて転職をすべきか、継続することで収入がアップする仕事なのかなど調べてみる必要があります。そして、収入アップのための転職を考えるならば、必要な資格があるのかなどのチェックも必要です。
そして、今後伸びていくと考えられている職業にも注目をしてみましょう。平均年収の相場や、業界の状況などを考えて自分に合った転職先を選ぶようにしてください。自分のスキルを活かし、さまざまな可能性を考えて転職活動をしましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事