年収200万の女性の貯金方法。ゆとりある生活をする工夫を公開

年収200万の女性の貯金方法。ゆとりある生活をする工夫を公開

ビジネス 2018.05.31

貯金しつつも余裕のある生活の提案

年収200万円は低いと感じる人も多いですが、やりくりによっては貯金もできて、余裕のある生活ができることをご存知でしょうか?年収が高いからといって、お金の使いかたが雑だと、貯金もできなければ余裕も生まれません。
稼いだお金を大切に使い、上手にやりくりをすることで、余裕のある生活だけではなく貯金もできるのです。それによって、年収200万円でも満足できる生活ができます。そのためにも、計画的な取り組みがポイントになるので、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

年収200万にかかる諸経費

年収が200万円の場合は、生活費以外にどのような経費がかかるのでしょうか。会社員として働いている場合は給料から天引きされる経費について、ここで解説していきますので一緒にみていきましょう。

住民税や所得税に必要な金額

住民税や所得税は、年収によって異なるため、それぞれの家庭で金額が異なります。年収200万円の場合、手取り額は170万円、月額手取り額は約14万円になります。
住民税は、全国一律で収入の10%が引かれる計算となり、年収200万円の場合は所得税を引くと89万円、10%で8.9万円が住民税となります。所得税は、年収195万円以下は5%となりますが、年収200万円になると10%となるため、10万2,500円が所得税となります。

保険や年金に必要な金額

所得税や住民税だけではなく、健康保険や年金に必要な金額も引かれます。年収200万円の場合、国民健康保険は月に3~4万円、年額13~14万円になります。全国一律ではなく、市町村によって金額が違うため、自分の地域はどれくらいの金額なのかどうかも把握しておくとよいでしょう。
また、国民年金も納付しなければなりません。年収200万円の場合、月額16,000円で年間約20万円の支払いです。年収の200万円の中から、いろいろな支払いや税金を納めなければならないため、手元に残る自由なお金も少なくなっていきます。

実際に手にするお金とかかる生活費

税金や保険など支払わなければならないお金を計算し、実際に手元に残るお金を把握して、生活費をやりくりできるようにする方法をみていきましょう。

年収200万円の手取り額

年収200万円といっても手取り額が同じ200万円ではなく、その中から税金などが引かれるため、約170万円ほどの手取りになります。会社で引かれる場合はよいのですが、自分で納付しなければならない場合の人もいます。例えばフリーターの場合は、会社で引かれる税金などの項目がないため、自分で管理をしなければなりません。
残りの170万円でやりくりしないといけないわけですが、月額にすると約14~17万円です。この金額で1ヶ月をやりくりしなければならず、車のローンやスマホなど、月々かかる費用も支払わなければなりません。手元に残るお金と支払うお金を、把握しておくことが大切です。

年収200万円の家賃の相場

家賃相場は、月収の4割程度がよいといわれています。そうなると、年収200万円の家賃相場は【17万円×0.4=6.8万円】という金額が相場になります。月収16万円の場合、家賃は約50,000円代にしましょう。
一般的な家賃相場は月収の4割とされていますが、月々の他の支払いが多いという過程では、家賃を低めに設定するようにしましょう。収入を家賃のための支出をするために、生活水準を低くしてこれに費やすという方法もあります。いずれにしても、家賃の相場を把握しておき自分に適した生活をしましょう。

年収200万円のライフスタイル

年収200万円の生活は、決してゆとりのある生活ができるというわけではありません。税金だけではなく、ローンなどの他の支払いが多くなればなるほど、生活は厳しくなります。支払うお金、手元に残るお金を把握して、貯金するお金も残すことで、何を我慢すればよいかが明確になってきます。
自由になるお金をどう使うかがカギとなり、いかに残せるかが重要なポイントになります。ゆとりのある生活にするためにも、まずは残せるお金を作れるようにしていき、少しずつ生活に余裕を出していけるようにやりくりしていきましょう。

職種の異なる同年代のお金事情

年収200万円でも、一人暮らしである場合はお金をためやすい生活環境にあります。車を所有している場合は、車の維持にかかりますが、車を所有していない女性は非常に多いものです。この場合はローンがないために月々の支払いもさほどなく、貯金できる額も自由になるお金も比較的あります。
そこで、どんどんと欲しいものにお金を費やしてしまうと、貯金できるお金が少なくなります。将来のことを考えて、貯金への意識を高めることで、日々の生活でも楽しく節約できます。一人暮らしは、自由になるお金もあり気持ちにもゆとりがあります。楽しく節約をするためにも、心にゆとりをもって楽しく行いましょう。

余裕があると叶う生活像

年収200万円でも、余裕を作り出せる人はとても多いです。まずは、自分が住んでいる家賃を見直してみることです。家賃が異常に高い場合は手元に残せるお金も少なくなるため、生活は厳しいものになります。しかし、相場とされる6万8千円の家賃でも、低めの5万円または4万円代の家賃にすることで、残せるお金が多くなり、生活にゆとりを作ることができるのです。
低めの家賃を探す場合は、立地条件が悪い場合が多いです。しかし、自転車にするなどして、工夫をすると解決できることもあるため、家賃は低めに設定しましょう。残った資金で、貯金額は増え、自由になるお金もあるため、生活にもゆとりが持てます。安い家賃を選ぶだけでも、生活に余裕が作れるため、自分が住む場所は慎重に選びましょう。

自分にもできる簡単貯金法

自分にできる節約術を身につけ、しっかり貯金できる生活を定着させ、将来のための資金を作りましょう。

年収200万で貯金できる方法

年収200万円で一人暮らしの節約は、まずは余計なものを買いすぎないことからスタートさせましょう。そして、あらかじめ月々の貯金額を決めておくことが大切です。そして、移動手段も車ではなく徒歩や自転車を使用しましょう。車は維持管理が大変で、タイヤや税金、保険などの諸経費もかかるため、維持することは大変です。
仕事に支障なく通勤できる近い場所に住むことも大切です。また、外食ではなくお弁当や飲みものを持参して通勤することです。そうすることで、出費は劇的になくなり自分の自由になるお金が増えることになります。貯金が増えると、楽しくお金を貯める意識が高まるため、前向きに節約への意識ができるわけです。

厳しい節約はしなくていい

厳しい節約はしなくても大丈夫ですが、意識が高まるとチャレンジしてみたくなる人も多いです。無理なく続けることが鍵なので、時には頑張っている自分にご褒美をあげましょう。例えばおいしいものを食べたり、欲しいものを買うことも時にはOK。しかし、くれぐれも買いすぎない程度にして、楽しく続けるためのモチベーションアップにつなげていきましょう。
気が向いたときに節約を行うのではその成果は上がらず、地味でもコツコツと続けて取り組むことが大切なのです。日々の外食をできるだけ抑え、自炊することも節約につながります。時間があるときにまとめて作り置きしておき、冷凍しておくという方法も。1人分の食事は案外お金がかかりますが、まとめて作り置きしておくことで経済的にやりくり上手になります。

生活のアドバイス

生活でも、貯金への意識が高まると、自然に節約への意識と行動力が身についてきます。生活で一番お金がかかるのは食費です。外食よりも自炊する生活を定着させ、お金をあまりかけないレシピをいくつか覚えておくと便利です。料理への意識も芽生え、結婚してからも上手にやりくりできる生活ができるようになるので、全く料理をしないという生活ではなく、自炊する意識を高めて生活をしていきましょう。
無理なく続けるためにも、決して無理はいけません。自分の部屋もスッキリと掃除をして、気持ちも明るくしてモチベーションを上げて取り組んでいきましょう。料理だけではなく、光熱費やその他の出費にも目を向けられるようになるため、コツコツと焦らずに取り組むことが大切になります。

楽にお金を貯めて楽しい未来を描く

年収200万円の一人暮らしの場合、出費を注意していれば上手に貯金できる生活ができ、ゆとりを作ることも可能になります。自分自身が節約することも大切ですが、諸経費や手元に残るお金を把握してお金を振り分けることで、お金の管理がしやすくなり、計画的に貯金ができるようになります。節約は、無理に行うのではなく楽しく実行できるように工夫をして、コツコツと続けて定着させることがポイントなのです。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事