fxで勝てない理由。失敗するパターンにはどのようなものがあるのか

fxで勝てない理由。失敗するパターンにはどのようなものがあるのか

投資 2018.05.31

FXとは

FXはForeign Exchange(外国為替証拠金取引)のことです。お金というのは、国の情勢や政策などにより価値が上がったり下がったりしているもの。そのため価値があがりそうな外貨を購入し、価値が上がったところで売ればその差額を利益にできます。これがFXの目的です。
FXはギャンブルだという人もいますが、投資の一種です。しかしレバレッジをかけることができたり、24時間取引が可能なことから、リスクは株式投資などと比べると非常に高いといえるでしょう。FXをするには、事前の準備が必要なのです。

FXで勝てる人と勝てない人の違いは何か

FXで勝てる人は、どんどん利益を出すことができます。そして勝てない人は損失を広げてしまいます。この違いはいったいなんなのか知りましょう。

勝つためのノウハウを実践しているかどうか

FXをしている人には、「勝てる人」と「勝てない人」の二種類がいるようです。勝てる人は、一回の利益確定で数千万円ほどの利益をあげていたり、または主婦で隙間時間を使って地道に月平均400万円くらい稼いでいる人もいます。
勝つ人は、勝つためのノウハウを知っています。それは自分で定めたルールに忠実であること。FXを少し始めた人なら、勝つための方法について多少なりとも勉強していることでしょう。エントリーの方法、ロスカットのタイミング、利食いなどについて知識がある人は多いのです。
しかし実際にやってみると、そのルールの通りにできていない。多くの人は「頭ではわかっているけど」といいながら、コツコツ積み上げた利益を一回のロスカットで吹き飛ばして、パソコンの前でがっくりと肩を落とすのです。持っている知識を、実践で当たり前のようにこなすこと。それが勝つための秘策ということができるでしょう。

頭ではわかっているが間違った選択をする

FXで勝てない人は、どうして勝てる方法を知っていても誤った選択をしてしまうのでしょうか。それは人は自分が決めたことを、簡単に破ってしまう心の弱い生き物だからです。
大きなチャンスが目の前に転がってきたときには、きちんと購入する。そして損失が出そうなら、早めに損切りをして損失の拡大を防ぐ。それはわかっているのですが、実際にチャンスが目の前にやってくると「本当にこれはチャンスなのか?このあと急落するのではないか?」などと、自信の無さによってチャンスを逃してしまいます。
ロスカットも同じで「もう少し立てば、もう一度回復するのではないか」などと自分が負けていることを認められず、根拠のない強い欲望がロスカットの邪魔をしてしまうのです。勝つためには、そのような心の弱さを克服し、マイルールにしたがって冷静に行動できることが必要です。

FXで勝つためにするべきこと

FXで勝つためには、どのようなことをすればよいのでしょうか。

FXに必要な知識の習慣づけをすること

FXはあるお金を大勢で取り合っているようなもの。そのため知識や情報を持っている人ほど勝ちやすいのは、当たり前の結果です。しっかりとエントリーや損切り、利食いについて勉強しなければなりません。
そして学んだことをとりあえず実践します。このとき気をつけなければならないのは、勝ったときの高揚感に飲み込まれたり、損切りを恐れる感情に負けないことです。感情が高まったときこそ、ルールに従って進めることを第一に考えて、感情を切り離してください。
エントリー、損切り、利食いの正しい反復練習を毎日積み上げることで、当たり前のことを当たり前にこなせる習慣が身についていきます。自分の感情に負けない方法、それは反復練習によって勝ちかたを体に染みつかせてしまうことです。

普段からの地道な蓄積が大事

FXには、これをすれば必ず勝てるという勝つための手法はありません。どんなに勝てるルールに従ってやっていても、リーマンショックのような出来事があって対応が遅れれば、これまでの利益を吹っ飛ばしてしまうこともあります。
ただしリスクを恐れていては、投資などできないのは事実。もしもリスクを取っても投資をしたいのならば、自分の判断を信じられるようにマイルールを確立し、習慣づけされたスキルを蓄積してください。
FXには必勝法は必要ありません。利食いできたときには感情が高ぶり、損切りは欲が出てなかなかできない。そんな感情を抑えられる、普段からの地道なノウハウの蓄積が、勝つための近道なのです。

FXで勝てない失敗するパターン

FXには「これをやると勝てない」、「失敗する」というパターンが存在します。それらを学び、失敗パターンに陥らないように気をつけましょう。

常にポジションを持っていたくなる

特に初心者が陥りがちなのが、ポジションをずっと持っていたくなる、いわゆる「ポジポジ病」です。これは利益確定に対する自信がないこと、そして負け続いていることが問題。ポジポジ病にかかっていては、スキャルピングでも勝てません。自信のある場面でトレードできるようにしていきましょう。

レバレッジが高すぎる

レバレッジが高すぎると、利益も大きいですが、損失でかなり大きなリスクをとらなければなりません。不安になるような証拠金維持率で、FXしないほうが無難でしょう。最低でも300%前後を維持して取引するのがよいとされています。

ストップ注文をしていない

予想よりも下がってしまったときなどについ思うのが「いつか戻るだろう」という期待。これはとても危険です。マイルールではなく、感情に流されている証拠です。ストップ注文は確実に入れて、大きな損失を避ける癖をつけましょう。

FXの勉強を全くせずに取引している

FXは勉強をしなければ、正直勝ち続けることは不可能です。ただでさえチャートをみて確実に予測することは難しいのに、その勉強さえしていないのなら、それは無謀といえるでしょう。書籍を読んだり、セミナーや勉強会などに参加するようにしてください。

どうしても勝てない時はFXをやめる

FXは投資です。しかしその利益が出たときの高揚感などから、ギャンブルにたとえられることがあります。「勝てるはずだ」という思い込みだけで、大切なお金をつぎ込むのは危険。全財産を失う前に、潔くやめる勇気も必要です。

FXで勝てない仕組みを知る

FXの利益とはどのようなものなのか。その仕組みを知ることで、みえてくるものもあります。

FXには勝者と敗者がかならずいる

FXで年間を通して利益を上げている人は、2~4割程度です。その中にはプロも含まれているので、個人投資家が利益を上げることがとても難しいことがわかるでしょう。FXは、ゼロサムゲームです。あるお金をFX参加者で引っ張り合っているようなものなので、だれかがそのお金を儲ければ、誰かが損失を出しているのです。
セオリー通りにやっていても初心者が負けるのは、個人投資家など多くの人たちが考えることの逆の手法を、プロがとるからです。たとえばチャートをしっかり読んで、よしこれから上がるだろうと予想してポジションを取ったのに、いきなり急落。ロスカットされて呆然としているところ、また上がるといった感じです。
少し下げればロスカットが大量に出るとわかっているプロが、大量の証拠金を元手に勝負を仕掛けている。そんな場合には、セオリー通りにやっているだけではプロのカモにされてしまいます。

勝てない自分は初心者だと知る

FXは、損失を出さずに勝ち続けることはほぼ不可能です。ロスカットなどを繰り返しつつも、トータルで儲ける。それがFXで利益を出す唯一の道です。
もしもなかなか勝てないのなら、まずは自分がFXの初心者なのだと心に留めましょう。あなたは初心者で、世界のあちこちにいるFXのプロに勝負を挑んでいるのです。将来的に勝つため、まずは自分をよい研究材料にして、自分のトレードを振り返ることが大切。
どのような場面でどのようなポジションを取ったら利益が出たのか。もしくは逆に損を出したのか、トレード日誌をつけてみてください。そしてもしも自分が、自分を相手に勝負をするのならどのようにすれば勝てるのかを研究してみます。それはとてもよいFXの勉強法になるでしょう。

FXシステムトレードで勝てない理由

FXシステムトレードでなかなか勝てないのには、理由があります。どこがいけないのか知りましょう。

ツールを正しく利用できていない

感情に流されて取引をしてしまう人には、あらかじめ決めておいたルールに従ってトレードをしてくれるFXシステムトレードという手法はとても便利です。しかしこのように感情を切り離して売買をしたから勝てるというわけでもありません。
なぜならツールを操作するのに、感情が入るからです。どのようなストラテジーを選択するのか決めるのは自分自身。「今日はこれにしようかな、よさそうだし」といったように簡単に決めていないでしょうか。プロが毎日毎日チャートを読み、勝てる策を練って参加しているのに、それでは考えが甘過ぎです。
システムトレードは、多種多様なストラテジーを提供してくれます。そして利用者は、その中から最適なものを選択することによって勝つことができるのです。システムトレードで負けが込む人は、ツールを正しく利用できていません。自分の気分や感覚などに基づいてストラテジーを判断しがちなのです。

資金管理ができていない

FXシステムトレードで大きな損失を出してしまう理由の一つに、資金管理ができていないことが考えられます。たとえば一つのストラテジーのみに固執したり、一つの通貨ペアばかりポジションを取るといったことです。そのようにリスクの分散ができずに集中投資となった場合、一度の判断ミスにより資産の大半を失う可能性があります。
また、少ない資産で大きな利益を得ようとレバレッジに過剰に頼ることも危険です。大きい利益を得られる可能性があるということは、大きなリスクを抱えるということを心にとどめておいてください。

必ず利益が出るという思い込み

システムトレードでも、勝てるという保証はどこにもありません。もしも本当に勝てるのならば、世界中のFX参加者がシステムトレードを行うことでしょう。
大切なことは、システムはあくまで自分の投資のサポートなのだと理解すること。的確なリスク管理、そして取引方法を確立することは、自分でしなければなりません。自動売買における正しい行動や考え方を、日々のトレードで身につけることが大切なのです。

FXを基礎から学ぶおすすめのセミナー

初心者がFXについて学ぶためには、セミナーはとても便利です。無料で開催されている、初心者参加OKのセミナーもあります。

外為オンライン

参加者の98%が非常によかったとアンケートに答えています。「外為オンライン」が主催するセミナーは、全国各地の主要都市で開催されているものもありますし、なにより無料。レベルに応じてセミナーが選べるので、初心者でも参加しやすいものになっています。
チャート分析・テクニカル分析を学ぶセミナーもあれば、PCやスマホでの取引方法が学べるセミナーもあります。中上級者向けには、プロのアナリストが実践的な手法を伝えるものも。まずは自分自身がなにを学びたいのか目的を明確にし、さまざまな種類のセミナーから気になるものを選択してみるとよいでしょう。
【参考URL:https://www.gaitameonline.com/seminar.jsp 】

FXプライムbyGMO

「FXプライムbyGMO」のセミナーは、いつでも受講が無料です。そしてポイントは、FXプライムbyGMOに口座を開設していなくても、メールアドレスさえあれば申し込みが可能だという点。
セミナーのほとんどがオンラインで行われることが多く、定員も1,000~2,000名など。会場に足を運ばなくても参加できるので、気軽に覗いてみることから始めてもよいかもしれません。
【参考URL:https://www.fxprime.com/seminar/ 】

投資は自己責任リスクを理解して行おう

FXは投資の中でも、ハイリスクハイリターンです。さらにFXの利益はゼロサムゲームのため、初心者は参加をした時点で世界中のプロとも渡り合わなければなりません。しかし、外貨の動きを読むということは、世界の情勢を知ったりお金の流れを知ることができとても面白いもの。FXはとても魅力ある投資です。
チャートの読み方などを勉強し、感情に流されずにマイルールを実践できるよう、習慣づけをしてください。自己責任リスクを理解し、自己研鑽をすることこそFXで勝てる道なのです。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事