生命保険の解約でもう悩まない。掛け金を無駄にしない方法とは

生命保険の解約でもう悩まない。掛け金を無駄にしない方法とは

保険 2018.05.31

解約返戻金とは

保険の解約をしたいが損はしたくないのが本音です。では、どうしたら損せずに生命保険を解約できるのでしょうか?その生命保険は本当に必要なのか考えてください。特約なども余計についていませんか?
いろいろ考え生命保険を解約すことになったけど、どうやって解約したらいいのか迷うところです。今後のライフスタイルを考えて、生命保険も考えていきましょう。

解約返戻金がある保険と解約のタイミングは

保険に入っていて、途中で解約したいときありますよね。いろいろな理由があるとは思いますが、そのときに知りたいのは、解約変戻金があるのか解約のタイミングはどうしたらよいのかです。

積立型の保険

積立型の保険の場合には、ほとんどが解約返戻金があります。保険の商品によって、払い戻し率は保険会社や商品ごとに異なります。従来型と低解約返戻金型の2種類があり、それぞれ特徴があります。

  • 従来型-解約返戻金が支払われる保険の商品で、終身保険や積立型の保険などあります。
  • 低解約返戻金型-保険料が安いかわりに、解約返戻金が少ない保険の商品で、払い込み期間中に解約すると、少なくなることがあるので注意が必要です。

【参照リンク:https://hoken-connect.jp/columns/40/

掛け捨て型でない保険

掛け捨て保険には解約返戻金がない場合が多いのですが、掛け捨て型でない保険では解約返戻金があることが多いでしょう。積立型や掛け捨て型でない保険の保険料は少し高くなりますが、解約返戻金は戻ってくるので安心といえます。
【参照リンク:https://hoken-connect.jp/columns/40/

解約のタイミングは

保険商品の解約のタイミングは難しく、年数が長くなるほど払戻率はあがっていきます。しかし、保険料が家計の負担になるようなら、解約することも考えてみましょう。 保険を解約するときは、営業の担当者に連絡するか、保険会社のコールセンターに電話しましょう。書類が送られてくるので、必要書類と保険証券を返送してください。必要書類と保険証券が保険会社に到着した時点で解約となります。
【参照リンク:http://hokenpeace.com/?p=4368#i-5

掛け金が無駄にならない解約以外の対処法

掛け金を無駄にせずに、解約しないで対処する方法もあります。払い済みを利用したり、延長したりできるので、無駄にしない方法をみていきましょう。

保障額を引き下げる払い済みを利用する

払い済みを利用して保障額を引き下げることができます。今まで払い込んだ掛け金の範囲での保障を継続するので、保険料は払わなくてよいのが特徴です。
【参照リンク:http://mylifemoney.jp/sonae/1056/2/

保障額を変えずに保険期間を短縮する延長定期

解約して得られる解約返戻金を元にして解約前と同額の定期保険に変更する。予定利率が高い時期に加入した積立て型の生命保険によく使われる方法です。
【参照リンク:http://mylifemoney.jp/sonae/1056/2/

主契約を残して特約の解約をする

生命保険で主契約を残しつつ特約だけを解約する方法もあります。主契約を残すのには2つの条件があるので注意しましょう。

  • 最低死亡保障を上回らなければならないことー主契約のほとんどが貯蓄性の保険商品です。主契約だけでの保障となると、その後の保険料が高くなることがあります。
  • 最低生命保険料を上回らなければならないことー最低の保険料は保険会社によって違います。もし、変更する場合には、保険会社に問い合わせてみてください。

もし、主契約のみを残すことができない時には、払済保険を利用しましょう。払済保険を利用することにより保険料の支払額が減るようです。 【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

お金の貸付けを受ける契約者貸付

決まった金額を保険会社から、貸付けができるので、カードローンを組みたくない人にとっては便利なシステムです。解約返戻金の一定の範囲での貸付けしてもらえます。借りたお金は解約返戻金または死亡保険金から差し引かれることが多いです。また、金利が発生するので注意が必要でしょう。 【参照リンク:http://mylifemoney.jp/sonae/1056/2/

保障額を減らさず減額

減額というのは、保険の金額を減らすことをいうのですが、減額すると減額しただけ保障は受けられなくなります。保険会社や保険の商品によってどれくらい減額できて、保障がどうなるのかによってかわってきますが保険料は安くなるでしょう。 【参照リンク:http://mylifemoney.jp/sonae/1056/2/

解約以外の方法を取った方がいい保険

保険料が高かったり、生活費を圧迫しているようなら、生命保険は解約したほうが余裕ある生活ができます。解約以外の方法もあるので、みていきましょう。

予定利率が高い時期に加入した保険

生命保険の商品は時代によって、その時の景気の状況によっても変わってくるものです。補償内容も、何年かごとに変化していくのが一般的で、予定利率も変化しています。予定利率が低下すれば保険料は一般的に高くなるので新しい保険にすることで条件が悪くなる事もあるようです。 【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

個人年金保険や学資保険等の貯蓄性の高い保険

個人年金保険、学資保険等の貯蓄性の多い保険商品は特に解約しないほうが得することは多くなります。個人年金保険、学資保険等の貯蓄性の多い保険商品のデメリットとしてあげられるのは、途中で解約すると、解約返戻金が払い込んだ保険料より少ない可能性があることです。
最後まで払い続けることができれば、払い込んだ保険料よりも多く戻ってくる保険商品もあります。保険商品によってちがいますが、途中解約だけは避けたいところです。
【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

若い時から掛け続けている保険

保険商品の場合には、契約時の年齢や性別によって保険料が異なる・若い頃に加入した方が保険料が安いことが多く、解約して同じ保険に加入したとしても、保険料は高くなります。
例えば、満期まであと20年あったとします。今から保険料を支払うのと、10年後に支払うのでは単純計算ですが約2倍違うことになります。保険料に関していえば、解約しないほうが保険料は安く済むでしょう。 【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

生命保険を解約する場合の注意点

保険を解約するときには、新しい保険に入ってから、解約するなど注意点はいくつかあるので、みていきましょう。

新しい生命保険に加入してから解約を

保険を解約するときに注意することは、保障の空白を作らないようにタイミングをずらすことです。空白の期間中に、ケガや病気をしない保証はどこにもありません。どんなに健康な人だとしても、もしもの時に備えておくことをおすすめします。
【参照リンク:http://mylifemoney.jp/sonae/1056/2/

請求漏れがないか確認する

解約が成立してしまったときに注意が必要なのは、請求漏れがないかです。保険商品によっては複数の商品が存在していて、全てに対して請求漏れがないのか確認する必要があります。
例えば、解約前にケガをして入院していた場合など、支払されるかどうかは保険会社によってちがうこともありますので、問い合わせたほうがよいでしょう。普通は3年以内が給付金の支払い対象期間になっていますが、保険の商品によって違う場合を想定して、しっかり調べて請求しましょう。
【参照リンク:http://iryouhokenselect.com/cancellation

解約したら同じ条件での再加入はできない

解約の時に、注意が必要なこととしてあげられるのは、解約してしまったら、もう一度、同じ条件で加入できないということです。基本的には元通りの契約には戻せないので、解約する場合にはリスクがあることも知っておきましょう。
もし、同じ生命保険であっても、以前とは状況もちがいます、年齢も重ねているので、保険料は高くなります。年齢や健康状態によっても保険料は変わっていくからです。
現在、体調が悪い場合には契約できない時もあります。解約して再契約するとなるとデメリットも多いので、注意が必要でしょう。
【参照リンク:https://hoken-room.jp/seimei/302

生命保険の解約方法

保険を解約するにも、いくつかの方法があります。営業担当者に連絡してもいいし、コールセンターに電話する方法もあります。解約しやすい方法で解約しましょう。

保険会社の営業担当者に連絡する

営業担当者に連絡した場合には、解約の手続きの対応などをしてくれるでしょう。担当者は忙しいときもありますが、訪問して解約の説明をしてくれるので、すんなり解約できます。また、解約以外の方法も教えてくれるので、意見は聞いて損はないとおもいます。
ただし、営業担当者から引き留めてくることもあり、簡単に解約できないこともあるので注意しましょう。
【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

保険会社の窓口で手続きをする

直接、保険会社の窓口で手続きする方法もあります。直接行くときは、事前に手続きに必要なものの確認をしておき、忘れずに持っていきましょう。営業担当者に連絡しにくい時には、直接に窓口に行くほうが解約も早く済むでしょう。
【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

保険会社のコールセンターへ電話する

営業担当者にも連絡できず、窓口にも行けないときには、コールセンターで電話して解約する方法もあります。注意するポイントとして、証券番号が必要なことや契約者である本人が電話をすることです。
コールセンターに電話して解約する時のよいところは、担当者に引き留められて解約させてくれないなどのトラブルを回避できることでしょう。
【参照リンク:http://hoken.kakaku.com/insurance/gla/select/minaosi/caution/

解約前にもう一度しっかり検討しよう

保険を解約するときには、注意するポイントがいくつかありました。積立型や掛け捨て型でない保険は途中で解約すると損することになるので注意が必要です。
解約するときには、営業担当者だと付き合いもあるし解約しにくいかもしれません。そんな時には、コールセンターに電話すれば解約もスムーズに進められるでしょう。生命保険を解約する前には、もう一度契約内容を確認し、検討してから解約することをおすすめします。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事