【過払い金請求にかける費用】請求方法と必要な金額を比較しよう

【過払い金請求にかける費用】請求方法と必要な金額を比較しよう

カード 2018.05.31

過払い金を請求する方法で費用が変わる

消費者金融やクレジットカードなどで借入をしていると、利息分を多く払いすぎていることがあります。これを過払い金と言い、本来不要な分まで支払っていることになりますので、これは請求して取り戻すことができます。
過払い金を取り戻すには司法書士や弁護士に依頼する、時間がかかるものの自分で請求するなど方法がいくつかありますので、それぞれの方法と費用をご紹介します。

専門業者に依頼した場合の過払い金請求費用

過払い金の請求といっても、やり方がよく分からないと困ってしまう人が多いです。簡単に請求をするなら専門業者に依頼するのがおすすめですが、依頼となれば当然費用がかかってしまいます。
過払い金を取り戻せたとしても、費用がかかり過ぎては意味がありませんし、専門業者に依頼した場合はどれくらいの費用がかかるのかを知っておきましょう。

依頼時にかかる着手金

過払い金請求を専門業者に依頼した場合、最初に着手金というものが必要になります。これは依頼時にかかるであり、過払い金請求の手付金とも言えます。依頼をお願いした時点で費用が発生しますが、これは必ずしも発生するとは限りません。
業者によっては着手金無料の場合もありますので、お得に請求するなら着手金無料の専門業者を探すのがおすすめです。

過払い金取り戻し時に発生する基本報酬

専門業者に依頼し、無事過払い金を取り戻すことができれば、基本報酬というものが発生します。これは過払い金が取り戻しできた際に発生する固定費用であり、着手金のように無料になるケースはありません。基本報酬は請求先1社に対してかかる費用ですので、複数社に請求する場合はその分基本報酬の費用も大きくなることを覚えておきましょう。

歩合で発生する成功報酬

過払い金を取り戻すことができれば、取り戻しできた金額に応じて成功報酬が必要になります。これは金額に対して歩合で発生する費用ですので、取り戻せた金額が小さければ成功報酬も小さく、大きければ成功報酬額も大きくなります。業者によって成功報酬の割合は違っていますが、相場は20~25%程度であると言われています。

過払い金の請求にかかる費用比較

過払い金の請求には着手金、基本報酬、成功報酬の3つの費用が必要ですが、これは誰に依頼するかによって金額は異なります。また方法次第ではこれらの費用が必要ない場合もあります。せっかく過払い金を取り戻せても、費用ばかりがかさんでしまうと手元に残る金額は少なくなってしまいます。
よりお得に過払い金を取り戻すためにも、方法別で費用を比較し、どの方法で請求すべきなのかを考えていきましょう。

司法書士事務所に依頼した際の費用

過払い金の請求=弁護士事務所に依頼とイメージする人が多いですが、実は司法書士事務所に依頼しても、過払い金の請求は可能です。
事務所ごとに詳細な費用はことなりますが、司法書士事務所で依頼した場合は、弁護士事務所に依頼するよりも費用が安く済む場合があります。過払い金の請求額に上限はあるものの、費用を安く抑えたいなら司法書士事務所がおすすめです。

弁護士事務所に依頼した際の費用

弁護士事務所に依頼した場合は、司法書士事務所よりも費用がかさむ可能性がありますが、過払い金の請求額に上限がないため手間が省けることも多いようです。
費用は高い傾向にあるものの、その分上限なしで請求が可能なため、場合によっては司法書士事務所に依頼する場合よりもお得になる可能性もあります。過払い金が多く発生している場合は、費用は高めでも弁護士事務所に依頼した方がよいでしょう。

自力で過払い請求する際の費用

自力で過払い請求する際の費用は、事務手数料のみです。他の方法と比べればほとんど費用はかからないと言えます。自分で過払い請求をする際には、時間やリスクなどを踏まえた上で請求しなければなりません。請求のための書類作成や債務整理などの知識も必要ですし、お金がかからない分時間はかかります。
また相手と和解ができず訴訟になった場合も、すべて自分で対処しなければなりませんので、大変であることは覚えておきましょう。

過払い請求におすすめの事務所

過払い金請求は自力でおこなうこともできますが、手間も時間もかかりますし、何より難しいことも多いため弁護士や司法書士事務所に依頼する人が多いです。
しかし、どの事務所がよいのか分からずに悩んでしまうことも多いため、いくつかおすすめの事務所をご紹介します。過払い金請求、債務整理に強い法律事務所ですので、ぜひ参考にしてみましょう。

サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所は、依頼時から弁護士との相談も可能であり、素早く過払い金請求の手続きを進めることができます。丁寧に対応してくれますので、分からないことも聞きながら請求の準備を進めることができますし、何より初期費用無料です。
専門の相談受付スタッフが24時間対応してくれますので、まずは無料相談をしてみるのがおすすめです。

司法書士法人 杉山事務所

司法書士法人 杉山事務所は、CMやラジオでも耳にする機会が多い、司法書士事務所です。知名度が高いため安心して利用できますし、相談料・着手金無料です。過払い金の返還も月間5億円以上と実績もあり、過払い請求には非常に強いです。
また事務所は全国展開していますので、自宅近くで探して直接相談がしやすいことも大きなメリットでしょう。

アディーレ法律事務所

アディーレ法律事務所は、過払い金・債務整理の大手です。知名度の高さから安全性が高いのはもちろん、実績もありますのでスムーズに請求ができます。借金を完済している場合着手金無料は無料ですし、気軽に相談もしやすいです。
どの事務所がよいのかよく分からないという人は、まずは多くの人に知られている大手を利用するのがおすすめです。

過払い金が発生しても取り戻せない例

過払い金は必要以上に払いすぎているお金ですので、しっかり請求して取り戻すことが大切ですが、実は過払い金が発生しても取り戻せないこともあるので注意しましょう。過払い金請求には時効があり、それを過ぎてしまった場合は請求ができません。
過払い金請求ができるのは、消費者金融と最後に取引をした日から10年以内です。借金を完済するなど取引が終了し、10年以上が経過すると請求ができませんので、時効に気づかず請求して費用だけをかけてしまわないよう注意しましょう。

ご自身に合った方法での過払い金請求を

過払い金請求の方法はさまざまありますが、大切なのは自分にもっとも合った方法を選ぶことです。請求の費用を削減したいのか、請求にかかる時間や手間を省きたいのかなどで、選ぶべき請求の方法は違ってきます。
どの方法がもっとも適切であるかを考えて、上手に過払い金を請求していきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事