プロミスの審査基準を知って、審査をクリアするコツを身に付けよう

プロミスの審査基準を知って、審査をクリアするコツを身に付けよう

カード 2018.05.31

プロミスの審査を通過するには

急にまとまったお金が必要になってしまったとき、いざという時に役に立つのがプロミスなどの消費者金融。突然の出費など、急いでいるときでも、比較的早く融資を受けられるプロミスですが、どのような審査がされるのか、審査に無事に通過できるのか不安に思うことはありませんか?
プロミスの審査を通過し、無事に融資を受けるためにはプロミスの審査基準や特徴を知っておくことが重要です。どんな審査項目があるのか、申し込みに必要な書類などについて解説します。
いざという時のために、プロミスでの借り入れ、申し込みについての知識を覚えておきましょう。

プロミスの審査基準

プロミスの審査を通るために、まずは審査の基準を知っておきましょう。審査基準には年齢制限の項目もありますので、まずは自分が審査を受けることができる状況にあるのかをチェックしてください。

年齢は20歳から69歳

プロミスの借り入れ申し込みには『20歳から69歳まで』という年齢制限があります。この制限に当てはまらない人は、プロミスの審査を受けることすらできませんので、諦めましょう。例え十分な収入があろうと希望者が未成年、あるいは満70歳を超えている場合、プロミスの借り入れを受けることはできませんので、注意してください。

安定した収入があればOK

希望者が高い年収を得ていない場合でも、毎月安定した収入を見込めている状態であれば審査を通る可能性は高くなります。これは、プロミスの審査が年収の高さよりも、安定性を重視しているからです。したがって、勤めている会社の勤務実績が長いほど信頼を得られやすく、審査を通りやすくなります。
逆に言えば、十分な年収はあっても安定性がない、例えば月単位や年単位で収入が大きく変わっている状況や、一般的に安定性がないといわれる職業に就く人は、収入面でのチェックが厳しくなる傾向があります。

学生や主婦でも収入があるならOK

では、パートタイムの主婦や学生など、高額な収入を得ていない人の場合はどうでしょうか。実は、毎月安定した収入を得ているのであれば、アルバイトをしている学生や主婦であってもプロミスの借り入れ申し込みは可能です。しかし、専業主婦など働きに出ていない人の場合は、たとえ配偶者に十分な収入があったとしてもプロミスの審査を通ることは難しくなってしまうので注意しましょう。

過去にトラブルがない

過去にプロミスでの返済の遅れや、すでに他社から多額の借り入れがある場合には、プロミスの審査が通らない可能性があります。これは、プロミスが希望者の返済意思や信用できる相手かどうかを重要視し、審査基準に定めているためです。とはいえ、上記のような行為をしていなければ問題はないので、それほど敏感になる必要はありません。
今後もプロミスから借り入れの予定がある人は、たとえ数日であっても返済の延滞をしてしまわないよう気を付けましょう。

プロミスの審査の特徴

プロミスの審査には、複数の特徴があります。これらを事前に知っておけば、いざ審査を受けたときに慌てずに済みます。また、プロミスは時間がない人にでも借り入れ申し込みが行えるよう配慮された仕組みがいくつかあります。これらを利用することで、時間を無駄にせずに融資を受けることができますので、ぜひ確認しておいてください。

審査にかかる時間は最短30分

プロミスの審査の特徴としてまず挙げられるのが、結果が出るまでの時間の短さです。平日の即日対応時間帯に申し込みを行った場合、最短30分後には融資を受けられる可能性があります。すぐにでも資金が必要など、急ぎでの申し込みの場合、このような即日対応時間を狙って申し込みを行うのも手でしょう。
もちろん申し込み方法や審査状況によっては、この時間よりも長引くケースもあります。あくまでも目安であることを認識しておいてください。

会社への在籍確認あり

プロミスは審査の過程において、所属する会社や勤め先への在籍確認が行われます。したがって、会社側に自分が融資を受けようとしていることが認識されてしまうことを、あらかじめ把握しておいてください。会社へ在籍確認の連絡がいくことが困るというケースであれば、場合によっては書類のみでも審査が受けられることがあります。気になる方は、事前にプロミスの担当者に相談しておくと良いでしょう。

土日や祝日でも審査可能

プロミスは全国に自動契約機を設置しているため、土日祝日問わずカードを発行することができます。まとまった時間をとることが難しいという人や、急に融資を受けなければならない状況になってしまっても、審査を受けることは可能です。ただし自動契約機には受付可能時間がありますので、事前に確認してください。

増額審査にも対応

プロミスでは、融資の増額審査も対応しています。出費が予定よりもかさんでしまった場合などに便利です。
その場合は、直接電話でプロミスへ申し込みを行いましょう。ただ、申し込み時よりも年収が下がっているなど、一部のケースでは増額を受けられない可能性があります。また、増額をすることにより希望融資額が50万円を超えた場合には、収入証明書類が別途必要となります。これらのことも、留意しておいてください。

プロミスの申し込み方法と審査の流れ

プロミスの審査申し込み手順には複数の種類があります。それぞれの方法で異なるメリットがあり、なかなか時間の取れない人でも無理なく審査申し込みを行うこともできます。それぞれの審査の方法と流れを確認し、自分に合った方法で申し込みを行ってください。

少ない入力と電話で確認のカンタン入力

事前にネット上で名前、生年月日や自宅、勤め先住所などの基礎的な情報を入力し、のちに電話で確認を行う方法があります。サイト上で入力をする項目は必要最低限となっていますので、少し時間が空いた時にいつでも融資の申し込みを行うことができます。また、プロミスの担当者と電話でのやり取りをすることになりますので、質問や融資に関しての相談をすることができます。融資の前に気になることがあり、担当者と話がしたいという人にはおすすめの方法です。

webで手続きが完了するフル入力

プロミスの申し込みでは、ネット上で全てのやり取りが完了する方法をとることもできます。まず、サイト上にあるフォームから審査に必要な項目をすべて送信し、後ほど本人確認書類をメールにて送信する申し込み方法です。こちらは電話でのやり取りを行う必要がないので、比較的自分のペースで申し込みを完了させやすくなります。電話を取る必要もないので忙しくて時間が取れないという人は、こちらの方法が便利です。

自動契約機や店頭窓口で申し込み

プロミスは全国各地に自動契約機や店頭窓口を設置していますので、そちらから申し込みを行うこともできます。その際には本人確認書類を持参し、その場でコピーを取ってもらいます。出先でも簡単に申し込みを行うことができ、店頭窓口の場合は担当者と直接顔を合わせて今後の返済計画や、カードの説明を受けることもできます。
どちらも受付可能時間が決まっていますので、利用する際には十分注意してください。

申し込み後は結果を連絡してくれる

申し込み後はメールか電話、どちらか希望した方法で申し込み者に審査結果が知らされます。
審査までにかかる時間は、審査状況や申し込み方法によって変わります。審査状況によっては時間がかかることもありますので、余裕をもって申し込みをするようにしましょう。

プロミスの審査に必要な書類

プロミスの審査に必要な書類は、どのような場合でも同じというわけではありません。融資希望額などによって提示を求められる書類は変わってくるのです。このような情報をしっかりと頭に入れておき、いざ申し込みを行う際に書類が足りず審査を行えなかった、などということがないようにしてください。
それでは、条件ごとに必要な書類を見ていきましょう。

50万円以下なら本人確認書類のみ

プロミスに希望する融資額が50万円以下の場合、パスポートや健康保険証、住民票などの本人確認書類のみで審査を行うことができます。このように比較的低額の融資の場合、細かな確認を行わなくても審査を受けやすいほか、高額の融資を希望した場合よりも審査が通りやすい場合があります。本人確認書類は常に自宅にあることも多いですから、思い立った時に申し込みを行うことができます。

50万円以上なら収入証明書類が必要になる

融資希望額が50万円以上になると、上記の本人確認証に併せて収入証明書類が審査に必要です。この収入証明書に当たるものは、源泉徴収書、確定申告書などが挙げられます。いずれも最新の情報が記載されたものが必要となりますので、注意してください。50万を超える融資を希望する場合、返済能力が高くなければ審査を通ることはできません。その判断をするために必要な書類ですので、高額融資を検討する際にはそろえておくようにしましょう。
このように、融資額により必要書類が増えることは審査を受けるうえで重要事項ですので、把握しておくようにしてください。

外国籍の場合は特別な書類が必要になる

融資希望者が外国籍を持つ人の場合、プロミスではパスポートや健康保険証などの本人確認書類の他に、特別永住者証明書や在留カードの提示が必要になります。これに該当する人は、忘れずに上記の書類も準備しておくようにしてください。この時気を付けなければいけないのが、特別永住者証明書や在留カードには有効期限があるということ。提示する際は必ず期限が過ぎていないことを確認してください。
また、プロミスでは外国籍を持つ人でも融資を受けることはできますが、その場合一定以上の日本語能力がなければ審査に通らない可能性があります。日本語を理解することができなければ、契約を交わすことが難しいためです。

個人事業主の場合は確定申告書が必要

自営業などに該当する個人事業主の場合は、一般の会社に従事する人とは異なる書類の提示を求められるので、注意してください。具体的にいうと、上記の本人確認書類とは別に審査書類が必要になります。審査書類として有効なものは最新の確定申告書と、青色申告決裁書か収支内訳書です。申し込みを行う前にこれらの書類を用意してください。

プロミスの審査に落ちないための対策

今まではプロミスの審査基準、特徴について解説しました。では、プロミスの審査をクリアするために有効な対策はあるのでしょうか。プロミスの審査は、希望者のさまざまな情報を複合的に精査したうえで結果が出されます。そのため、一つのポイントを抑えておくか否かで、合否の道が分かれる可能性もあるのです。ここではプロミスの審査結果を良い方向へと導く対策方法について見ていきましょう。

借入希望金額を低く設定する

収入が同じ人でも、審査を通る人と通らない人がいます。もちろん収入以外の面での差異はありますが、ポイントは借入希望額です。多額の融資を希望すれば、返済能力が不十分とみなされ審査に落ちてしまうことがあります。しかし、借入希望金額を5万円など少額に設定することで、条件が同じでも審査が甘くなる可能性が生まれます。プロミスの審査の合否が不安な人は、まずは低額の融資を希望してみましょう。

家族と同居する

同居の家族がいると、一人暮らしの場合よりも生活が安定していると見なされやすい傾向があります。生活を共にする家族がいて、家計の共同負担などにより生活が安定していれば、当然返済能力もあると判断されますので、プロミスの審査が通りやすくなります。とはいえ、家族と同居しているからと言って、到底返済できない融資額を希望しては、当然ながら審査を通ることは出来ません。あくまでも、適切な融資額を希望したうえで通用する対策です。
また、家族と同居していないと必ずプロミスの審査に落ちてしまうわけではありませんので、安心してください。

年収は手取りではなく額面で申告する

審査において、収入金額は重要な合否判断の材料となります。年収が少しでも多い風に印象付けるために、収入申告の金額は税金や保険料が引かれる前に額面で行いましょう。小さなポイントですが、この工夫の有無で審査結果が左右されることもあります。実際の収入は変わらなくても、このようなポイントを抑えることがプロミスの審査合格へと繋がっていくのです。

借り入れのシュミレーションを行う

実際に借り入れの申し込みを行う前に、サイト上に公開されている借り入れのシミュレーションを利用する、という方法もあります。わずか3項目を入力するだけで、借り入れが可能な状況であるか否かの結果を即時に知ることができます。実際の審査ではありませんから、気軽に試してみてください。
自分の現在の状況を客観的に見直すきっかけにもなります。

プロミスの利用は計画的に

プロミスを含め、消費者金融は急な出費の際に役立つサービスです。時間がない人でも簡単に審査申し込みを行うことができます。しかし、いくら容易に融資が受けられるからと言って、軽い気持ちで必要以上の借り入れをするべきではありません。
必要な時に必要なだけ、用途や返済計画を明確した後で、申し込みを行うようにしましょう。借りられるだけ融資を受けては、返済が間に合わずのちのち自分の首を絞める結果となってしまいます。綿密な計画のもと融資を受ければ、プロミスは有事の際の心強い味方となってくれるでしょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事