即日でお金を借りる方法などご紹介!急な出費に消費者金融は強い味方

即日でお金を借りる方法などご紹介!急な出費に消費者金融は強い味方

投資 2018.05.31

突然の出費で困った時に即日でお金を借りるには

「明日までに支払わないといけないものがある」という急な出費で困った経験はありませんか?消費者金融を利用すれば、短時間で契約できるだけでなく、即日でお金を借りることができます。このページでは、即日融資についてさまざまな角度から解説していきます。

お金に困った時の強い味方

消費者金融にあまり良いイメージを持っていない人は少なくありません。しかしながら、詳しく知れば知るほど、「それほど負担がなく、困ったときに助けてくれる」と感じることになるでしょう。例えば、融資の金額によっては、それほど高い利子がつくことはありません。
借り入れの条件があるため、融資を受けられないこともありますが、厳密なルールがあるからこそ、安心して利用できます。そして、誰にも知られることなく即日でお金を借りることができるのもメリットといえます。

便利な即日融資

消費者金融の即日融資は、突然の出費がある際にとても便利です。融資の審査は思っている以上に厳しいものではなく、少額でも借りることができます。短時間で審査の回答が来ることもメリットとして挙げられるでしょう。

審査が意外に厳しくない

即日融資の審査は、かつては1週間ほどかかることもありますが、昨今では、1時間以内に終わる業者も増えてきました。新しい契約者を集めている場合であれば、多くの人が審査に申し込むことが可能でしょう。複数の業者で借り入れている際、審査を通ることは難しい状況ですが、借り入れている数を減少させることにより、即日融資が不可能ではありません。いずれにせよ、短時間でお金を借りられることは、大きなメリットです。

少ない額でも借り入れ可能

「融資は多額」というイメージがありますが、今では、1万円などの少額で借り入れることも可能です。事前にどれくらいの金額から融資できるのか確認するようにしましょう。1万円であれば、ちょとした支払いなどに便利です。また、少額により何度も利用してしまう危険性を回避するために、金額の上限を設定できます。しかも、ネットで設定することができますので、スマホで手軽に操作することが可能でしょう。

即日の借り入れのデメリット

即日融資には上記のようなメリットばかりではありません。もちろん、デメリットがあります。それは、少額ゆえに借り過ぎてしまうことや、利息が高めに設定されていることです。それぞれを具体的に解説します。

銀行よりも利息は高め

即日融資の際、審査はものすごいスピーディに実施されています。慎重に審査していないからこそ、返済できない可能性のある人にも借り入れを行っています。もちろん業者的には、これはリスクです。スピーディだからこそ、金利を高めに設定し、リスク回避していると言えるでしょう。つまり、急な出費以外であれば、即日融資は避けたほうが賢く借り入れできることになります。金利のパーセンテージも必ずチェックしてください。

借り過ぎてしまう可能性がある

即日融資の便利さゆえに、何度も借り入れしてしまうことは危険です。前述した通り、金利が高めに設定されていますので、利用を続けてしまった場合、金利だけでもものすごい額になってしまうでしょう。手軽に借りれるからこそ、借金しているという認識がなくなり、貯金や節約を怠ってしまうデメリットもあります。即日でお金を借りることは、最後の切り札と考えるようにしましょう。

契約までの主なの流れ

融資を契約するまでの一般的な流れについて解説します。申し込みする方法は、さまざまあります。もっとも手軽に申し込むできるのは、ネットの活用でしょう。パソコンもしくはスマホさえあれば、いつでもどこでも申し込みすることができます。各業者のホームページで申し込み書をダウンロードすれば、郵送で対応することもできますが、できるだけ早めに契約したい際は、別の方法がおすすめです。もちろん電話でも、申込できます。基本的にはフリーダイヤルですので、電話料金がかからないのはポイントです。
ATMのような機械である自動契約機などでも申し込みできます。内側から鍵をかけることも可能で、中に人はいません。不明点などがあれば、設置されている電話で確認することもできます。もっともスタンダードなやり方は、店頭での申し込みです。わからないところなど相談することができますが、店頭で申し込みできない企業もありますので、十分ご注意ください。
申し込みが終了した後は、審査に入ります。ビジネスパーソンであれば、会社に籍があるのか確認するために電話を入れることもありますが、これはあくまでも最終的なプロセスです。審査は業者だけではなく、保証会社も行います。両社の審査を通らなければ、カードを作ることができません。審査を通過すれば、必要書類を提出することになります。
提出書類は、免許証や保険証など自分の身分がわかるものです。また、条件によっては、収入証明書の提出も求められます。こうした書類を提出し、契約書に同意すれば、手続きの完了です。自動契約機や店頭などであれば、その場でカードを発行してもらえるのが一般的ですが、ネットでの契約は借り入れの流れが異なる可能性もありますので、注意しましょう。カードは後ほど届くものの、即日で融資を受けたい人のために、カードいらずで借り入れすることもできます。

だれにも知られずに融資を受けたい

「借金していることをヒミツにしておきたい」という人は少なくありません。しかしながら、本人確認は必ず行われるものであり、郵便物が届くことも考えられます。では、どのようにすればだれにも知られずに融資を受けられるのか解説していきましょう。

本人確認は必ずある

家族や恋人、友人などに借金していることはわからないかもしれませんが、融資を受ける際は、本人確認が必ずあります。業者としても、身分証明できない人を審査で通すことはないでしょう。本人確認は、避けて通れないものです。

カード店頭受け取りなら郵送物がない

ネット契約であれば、融資の際に使用するカードは郵送されることになります。そのため、家族にバレてしまうかもしれません。しかし、無人契約機や店頭を利用すれば、その場でカードが発行されますので、安心です。また、業者によってはカードレスで設定することもできますので、カードの郵送自体がありません。

滞納した場合は郵便物は届く

返済を滞納してしまった場合は、郵便物が届くこともあります。契約当初は誰にも知られずに融資を受けていたものの、滞納することにより、借金が発覚してしまうのです。郵便物による発覚を防ぐためには、滞納せずに、計画的に返済しましょう。

借り入れができない条件とは

すべての人が等しく借り入れできるとは限りません。融資を受けるためには、ある程度の条件があります。年収や書類不備、ブラックリスト登録など、借り入れができない条件を解説していきます。

年収が低い場合

年収の三分の一以上は、借りることができない決まりが消費者金融にはあります。そのため、年収が低い人であれば、借りられる額が少なくなるということです。銀行にはこうしたルールがありませんが、返済比率という別の仕組みがありますので、借りられる額には限度があることを認識しておきましょう。

他社からの借り入れがある場合

他の会社から融資を受けている場合も、審査に通らない可能性があります。とりわけお金を借りすぎている場合は、注意が必要です。複数の会社からお金を借り入れているのであれば、多額の融資があると判断でき、それが審査に影響することも考えられるでしょう。可能であれば、一社にまとめると返済面でも効率的です。

審査書類の不備や虚偽

審査書類の不備や虚偽がある場合もNGです。意図的にミスしていない場合でも、間違いは間違いのため、審査に通らない可能性が高まります。一度入力したものを見直すようにしましょう。もちろん、審査書類に嘘を書いてはいけません。名前などであれば、本人確認の際に見抜かれてしまうでしょう。誤字脱字にも十分気を付けてください。

ブラックリストに登録されているかも

ブラックリストに登録されている場合、借り入れができません。ブラックリストとは、携帯電話料金をずっと払っていないケースやローンなどの延滞、破産宣告した場合に登録されることがあるでしょう。あらゆる金融機関で情報を共有し、こうしたお金の支払いに関するデータを把握しているのです。ブラックリストに登録されてしまえば、信用できないと判断され、審査に落ちてしまうでしょう。

短期間に複数社を申し込むのはどうなのか

短期間に複数社を申し込むと審査に通らないという噂があります。他の業者に申し込んだというデータは共有されており、断られているという判断もできます。しかし実際には、申し込みの記録は、それほど審査に通る・通らないには関係ないとされています。しかしながら、あまりにも短期間で申し込むことは避けたほうが良いでしょう。

審査NGなら即日は不可能

審査NGであれば即日融資はできません。再び申請しても通らない傾向がありますので、はじめから条件をしっかりと確認した上で、申し込みするようにしましょう。年収などを上げたとしても、条件からはずれてしまえば意味がありません。さまざまな業者がありますので、自分に合う条件は見つかるはずです。

即日融資が可能なおすすめカードローン

即日融資ができるおすすめカードローンを解説します。アコム・プロミス・アイフルは、コマーシャルなどでおなじみではないでしょうか。各社のカードローンについて詳しく説明していきます。

アコム

アコムであれば、なんと30分で審査の連絡がきます。フリーダイヤルでは、借り入れが可能かアドバイスしてくますので、安心です。初めて利用する人であれば、およそ1ヶ月間利息はありません。返済日もメールで連絡してくれますので、滞納する心配もないでしょう。ネットだけではなく、コンビニなどでも借り入れすることができますので、いつでもどこでも融資を受けることができます。
【参照リンク:http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100hdin00d2dk

プロミス

1年中申し込みでき、30分で審査の連絡があり、10秒で借り入れできるのがプロミスです。パスワードとIDさえ覚えていれば、カードを使用しなくても、ネットで借り入れ・返済が可能です。申し込み方法は2種類あり、少ない項目だけ入力し、あとはTELで確認するパターンと、すべてをネットで完結するパターンがあります。いずれにせよ、すぐに申し込みでき、はじめての利用からおよそ1ヶ月間利息はありません。
【参照リンク:http://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=01004fo800d2dk

アイフル

アイフルも同様に、ネット申し込みができ、30分の審査確認、およそ1ヶ月間利息はありません。もちろん、即日での融資も可能です。限度額などの条件により、収入証明書などを提出する必要はなく、身分証明書などだけで申し込みできます。連帯保証人などが必要なく、誰にも知られずに借り入れできるのが消費者金融のメリットです。相談した時間によっては、その日に融資できないこともありますので、十分気を付けてください。
【参照リンク:http://www.rentracks.jp/adx/r.html?idx=0.1230.78580.493.843&dna=13466

借り入れする時は計画性を持つ

急な出費があろうとも、消費者金融などから融資を受けることは避けたいものです。しかしながら、上手に活用できれば、家族などにも知られることなく、そして利息に困ることなく、支払いなどを済ませることはできるでしょう。借りすぎや滞納することなく、賢く消費者金融を利用することが大切といえるでしょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事