「モビット審査」は融資がはやい。急いでいるなら申請してみよう

「モビット審査」は融資がはやい。急いでいるなら申請してみよう

カード 2018.05.31

簡単モビットカードで融資を受けよう

SMBCモビットは、三井住友銀行グループの消費者金融会社です。すぐに融資が必要な人などに、審査が最速で10秒、ネットでの申込は24時間でき、申込から本審完了までは、最短で30分でできるなどのすぐれものになっています。

モビットカードの特徴について

モビットカードには、どんな特徴があるのでしょうか。キャッシングカードローンを考えながらみていきましょう。

即日融資可能なキャッシングカードローン

融資を急いでいる人には、ネット申し込み後に、フリーコールに電話をすることで、すぐに審査を開始することができます。電話にて、審査結果を知ることができるので短い時間で手続きできます。審査が通った後は、会員登録をし、その後、二通りの方法があり、一つは、指定の金融機関口座に振込ができる方法、ほかには、モビットカードで出金できる方法です。
指定の金融機関口座に当日振込する場合は、当日の14時50分までに振込手続が完了していなければなりません。残念ながら、審査結果によっては、希望通りにならないこともあります。
【参照URL:https://ma-net.jp/card-loan/915

キャッシングカードローンとは

キャッシングとは、お金を借りることです。モビットでは、資金の使う目的が自由、担保、保証人なし、専用のカードを使って1万円から800万円までを借りることができ、利用限度額の範囲内では、自由に借り入れ、返済ができます。三井住友銀行に口座がある人は、カードなしでもキャッシングすることができます。

融資業者は消費者金融

融資は、お金が必要な人にお金を貸すことであり、消費者金融は、個人へお金を貸している機関なので貸金業法のもと、都道府県知事の登録を受けています。SMBCモビットは、三菱東京UFJ銀行、プロミスと合併し、SMBCコンシューマーファイナンスの傘下になっています。
貸金業法では、総量規制、上限金利の引き下げ、貸金業者に対する規制の強化があります。総量規制によって、借入残高が年収の三分の一を超えていれば、新たに借り入れできないことになっています。
【参照URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/消費者金融

提携ATMでの支払い可能

返済方法には、銀行口座振り込み(銀行指定の返済口座に振込む)、または三井住友銀行、セブン銀行などの提携ATMを利用して返済する方法があります。ATMで返済するときは、1万円以下の場合は、手数料が108円かかり、1万を超える金額では、手数料が216円かかります。
【参照URL:https://ma-net.jp/card-loan/915

モビットの審査は甘い

モビットでは、カードローンの審査が甘いといわれていますが、本当でしょうか。チェックしていきましょう。

利用者の返済能力を見る

利用者の返済能力は、提出する書類である収入証明書などから、どのぐらいの年収があるのかわかります。そこで総量規制のもと、年収の三分の一以上は借入できないのをふまえて、信用情報などから、照合して返済能力をはかります。 【参照URL:https://ma-net.jp/card-loan/300

ブラックリスト者の審査

ブラックリスト者は、過去に返済が遅れていたり、破産などになってしまったなどの金融での事故情報などが個人信用情報に登録されています。カードなどの発行のときに、個人信用情報をもとに審査されるので、貸金業上では、約5年間記録が残っているため、その間は審査は難しいでしょう。

初めて消費者金融を利用する者の審査

初めて消費者金融を利用しようとする人は、審査のための信用情報に記載がないために、結果として通りにくくなります。

信用情報が真っ白だとなぜ通りにくいのか

信用情報は、金融機関などで共有されている顧客情報のことです。住所、氏名、勤務先、個人の現在の借入金額がいくらあるか、これまでの借り入れの返済記録では、返済に遅れなどがなかったか、他からの借り入れ金額などの情報がのっています。
この情報をもとに審査するので、真っ白だった場合、以前にどんな金融取引をしていたかが不明なので審査が通りにくくなります。 【参照URL:https://xn--n8jp7a0d1g4jzac5f3ef4do6o9kzbys0396g.com/creditcardblack-13/

モビット審査の基準に必要な書類とは

モビットの審査を受ける際に、必要な書類とはどんなものでしょう。誰でも、審査が通ることができるのでしょうか。

何歳から審査は可能か

審査可能年齢は、満20歳から69歳までの安定した年収がある人が対象になっています。年齢からも、未成年は当然審査はとおりません。20歳なら、大学生の場合、アルバイトなどで収入があれば審査が通るかもしれません。年金のみの収入の場合では、審査を通ることは難しいでしょう。

アルバイト・パートは審査可能なのか

職業では、アルバイト、パートでも審査可能になっています。毎月の一定額の収入があれば、審査を通ることができるでしょう。信用情報において、過去に返済についてトラブルがあれば審査を通るのが厳しくなります。

無職では審査可能なのか

無職では、年収がなく、総量規制の上でも借りることができないと考えられます。ただし、無職でも、専業主婦では、配偶者の年収があれば審査が通ることでしょう。ほかには、信用情報をもとに審査されるので、返済能力があると判断されれば、これも審査が通る可能性があります。

審査に必要な書類は

本人確認書類では、運転免許証の写し(変更などある場合は、裏面コピーもいります)、健康保険証の写し(カード型の保険証では、裏面コピーもいります)、パスポートの写し(顔写真、住所の部分)がいります。
続いて、収入証明書では、源泉徴収書の写し、所得証明書の写し、給与明細書の写し(真近の2カ月分、賞与支給がある場合は、年間の賞与額がわかるもの)、税額通知書の写し、確定申告書の写しが必要です。
個人事業主の方は、営業状況確認のお願いの提出がいる場合があります。
【参照URL:www.mobit.ne.jp/entry/paper/index.html

在籍確認の有無は

在籍確認とは、借入をするときに、本当に本人がその会社に勤めているかどうかを電話で確認することです。審査の場合は、在籍確認を必ずします。モビットでは、WEB完結での申込時、在籍確認なしでキャッシングができます。
WEB完結を利用するには、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行に口座をもっていて、健康保険証がある人などの条件があります。

モビット審査方法

審査が通りやすいといわれているモビットですが、その審査方法は、どうなっているのでしょう。

web完結審査

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行などに銀行口座があり、社会保険証、組合保険証(ほかには、船員保険証、国民健康保険証)がある人は、モビットのホームページからweb完結審査を申請することができます。申し込みから借り入れまでが、ネットのみで行えます。
ほかの人に知られたくない在籍確認はなく、必要な書類は、専用のサイトやアプリから送信することができます。キャッシングカードはなく、ネットから本人の銀行口座に振込まれるため、お金を利用する場合は、もっている銀行カードから使うことができます。
【参照URL:https://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP310S0000.do

web申請時間

web完結では、パソコンやスマホなどから、平日の朝9時から14時50分までに手続きをした場合、最短時間3分で銀行口座にキャッシングされます。残念ながら、web完結の条件に合わない場合は、通常のカード申込をしてからのキャッシングとなります。

ネット申し込み

パソコンなどからネットの申し込みができます。申し込み画面で必要事項を入力しますが、簡易審査結果は途中でみることができます。その後、メールか電話にて本審査結果がわかります。
本審査を受けるために、本人確認書類、収入証明書類などが必要になります。本審査、通過後はモビットカード、入会申込書が送られてくるので、必要事項を記入後に返送をします。
【参照URL:http://pc.mobit.ne.jp/web/pc/AP300S0000.do

モビットローン申込機からも可能

駅などにあるモビットローン申込機からも申し込み可能になっており、その場でカード発行もできます。申込完了から、カード発行まで、約5分でできます。

モビット申請機審査時間

モビットローン申込機、あるいは、三井住友銀行内にあるローン契約機での申し込みでは、必要事項を画面案内にそって行うと、簡易審査結果が画面にでますので、審査が通ったら、カードが発行されます。ここまでの時間が約5分になっています。その後に、本審査の結果が電話にて連絡が来ます。入会申込書が郵送されるので、記入後、返送して手続きが終了します。カード発行後の本審査までは、約30分になっています。
【参照URL:https://cashing-reports.com/10402/

ネットで最短申し込み法

急いでいる人には、ホームページからネットで申し込みの後、コールセンターを利用することでより審査までの時間が短くなります。ただし、受付時間は朝9時から21時までになっています。審査結果は、コールセンターの電話でわかるので、審査が通ればそのまま会員登録へと進みます。
キャッシングには二通りの方法があり、スタッフがその場で金融機関口座に振り込む場合(当日の振込をするには、14時50分までに振込手続き完了が必要)と、モビットカードを使って引き出す方法があります。
【参照URL:https://cashing-reports.com/10402/

土日祝日はモビット審査対象なのか

SMBCモビットでは、土日でも審査ができるのでしょうか。みていきましょう。

審査可能

SMBCモビットの審査は、平日だけではなく、土日でもできます。受付時間は、朝9時から夜21時までになっています。

即日融資可能

SMBCモビットの審査が早いといわれるのは、スコアリングシステムを使用しているからです。このシステムのおかげで、申し込みから本審査の結果連絡までが最短30分で行われます。すぐにお金が必要なときには、心強い味方です。
【参照URL:https://zenipota.com/financial/mobit/mobit-saturday-sunday

モビットでローンを組む

モビットでローンを組む場合には、ローンの種類にはどのようなものがあるでしょう。

モビットおまとめローン

おまとめローンとは、複数のローンをしている人のローンをひとつにまとめることですが、銀行でおまとめローンを組むには、思いのほか審査が厳しかったりするので希望通りにならないかもしれません。そこで、モビットで、ローンの借り換えをし、おまとめローンにすることができます。銀行に比べれば、審査は甘いですが返済の金利は、銀行に比べれば高めになります。
【参照URL:www.encounter-vlaanderen.org/

モビット住宅ローン

モビットには、資金の使用目的は自由ですが、住宅ローンはありません。なぜなら、利用限度額が最高800万円までなので、住宅はそれ以上の金額になるからです。

審査前にモビットについての知識をつけよう

借り入れの申し込みの前に、モビットについて自分でもよく調べてみましょう。お金を借りるのは、簡単かもしれませんが、返すのは計画を立ててやっていかなければいけません。借り入れ前は、用心深くなっているので、いろんな情報をチェックする余裕もあります。
実際に借り入れをし、返済を繰り返すうちに、多重債務になっていたなどとならないためにも、しっかりした返済計画が大切です。もし、返済が困った場合に、モビットではどんな対応をしてくれるのかなど、チェックしてみるのもよいかもしれません。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事