転職を考えている人に。失敗やリスクをしっかり把握しましょう

転職を考えている人に。失敗やリスクをしっかり把握しましょう

ビジネス 2018.05.08

転機の失敗から成功を目指す

「失敗」という言葉に、マイナスなイメージを強く持ってしまう人が多いかもしれません。しかし、失敗したからといって、そこで全てが終わってしまうわけではありません。
失敗をしたからこそ、学んで、成長することができます。この経験は無駄なことではなく、成功を目指すためにとても重要な糧となります。
昔から「失敗は成功のもと」ということわざがあります。失敗しても、その原因を考え対策し、改めることで、必ず次のチャンスへとつながるはずです。その次のチャンスへ向けて頑張るためには、なにをすればいいのでしょうか。

転職に失敗したと思うとき

条件が違っていた

転職に失敗したと感じた人のなかで、特に意見が多いのが「条件が違っていた」ということです。実際に働き始めると、求人票に記載されている労働条件や、面接で聞いた仕事内容、会社の雰囲気とは違っていたなんてことがあるようです。
例えば、

  • 残業はゼロという条件だったが、実際は毎日2時間~3時間の残業がある。
  • 完全週休2日制という条件だったが、実際は土曜日に出勤させられる。
  • 給与形態が、提示された金額と違っていた。
  • ノルマは無しと聞いていたが、実際には厳しいノルマが課せられていた。

などのことがあります。どれも直接個人の生活、体調管理などに関わってくることなため、無視できないことです。
この問題を解決することはなかなか難しいですが、事前情報をリサーチしたり、面接時の面接官、会社の雰囲気を読み取ることで、少しでもリスクを軽減させましょう。

とにかく忙しい

会社のなかには、必要最低限の経費で運営していくところがほとんどです。人員を増やせば解決することですがそう簡単なことではなく、逆に人件費の削減などにより、実際の作業量に見合った人員が確保できずにいることが当たり前となっています。
その結果一人一人にかかる負担が大きくなり、残業が増えたり、休日出勤がやむを得ないなど、体力的にも時間的にも余裕のない、とにかく忙しい生活を強いられるようなことになってしまいます。だからといって、上司、同僚などが同じように仕事をしていれば、自分だけ「残業しません」「休日出勤しません」という訳にはいかず、ひたすら忙しい生活に耐えるしかなくなってしまうのです。
作業効率を図ること、無駄な仕事は作らないこと、周囲と協力してスムーズに仕事をおこなうことで、少しでも時間短縮となるような作業を心掛けることが大切ではないでしょうか。

収入がかなり減ってしまった

生活の基本ともなる、収入面での問題です。転職後、想像していたよりも、収入が減ってしまったなんて人も多くいるのではないでしょうか。転職後は、1年目の給与からスタートとする会社も多く、収入が減ってしまうのはやむを得ないというのが実情です。
しかし、収入が減るということは、生活にかかるお金、飲み会や食事会などの交際にかかるお金、趣味に使うお金など、これまでと同じようにはお金が使えなくなってしまうということです。そのため、生活の質を改善しなければいけませんが、染み付いた金銭感覚というのは簡単に改善されるものではなく、慣れるまでは失敗したと後悔することもあるでしょう。
求人票に記載された給料、または聞いていた給料、同じだけ貰えるとは限りません。この金額からさらにさがることを想定したうえで、企業選びをすることをおすすめします。

社風が自分に合わない

会社には、どのような会社にしていきたいか、そのために従業員はどのように行動すればよいのか、そのほか人間関係や、仕事の進め方など、その会社のルールともいえる「社風」が存在します。
周りの環境に馴染むには、この社風に馴染むところから始まりますが、自分が思い描くような社風に合わないと感じる場合、なかなか素直に対応し、馴染むことができないのではないでしょうか。これにより、周りから疎まれてしまったり、孤立してしまったりなどにもなりかねません。
チームワークの重要さを社風としてる会社もあれば、完全に個人主義としている社風の会社もあります。どれが悪くてどれかいいということはありませんが、一人一人性格も考えた方も異なる人間が集まる会社において、全員の意見が一致する社風というのは、なかなか実現しがたいものだと思います。
なるべく皆が会社の社風に合わせることで、いい職場づくりをすることができるのではないでしょうか。

残業が多い

近年、悲しいことに長時間残業による過労死、自殺などのニュースを聞くことが多くなってきました。労働基準法により、残業時間の上限は1カ月45時間、年間360時間と定めれています。さらに、残業分の賃金には支払い義務が発生します。しかし、残業代を支払わないサービス残業は当たり前だとする会社、いわばブラック企業が存在しているのが実情です。
もちろん法律違反となりますが、上司、同僚、部下、皆がこの環境で仕事をしていると、口を大にしていうことはとても難しいこととなります。毎晩深夜まで残業がある、なかなか帰らせてもらえない、拘束時間が長いなど「こんなはずではなかった」と後悔する人もいます。
またブラック企業の特徴として、常に人員募集をしているということがあげられます。これは、入社してもサービス残業が横行しているなどにより、すぐに退職してしまうことが、無限ループのように繰り返されているため、常に人を募集せざるを得ない状況であるいうことになります。

休みがとりづらくなった

就業規則には、有休、年休というものが存在しています。会社から与えられた休みをプライベートな時間に使用することは、本来ならばうしろめたさを感じることはないはずなのです。しかし、作業量が多く忙しいため休みがとれない、または自分の作業に都合はつけられるが、周囲が忙しくしているため雰囲気的に休みがとりづらいなど、休みがとりづらい環境にある人も多いのです。
プライベートな休みに対し、詳細な報告をしなくていい会社もあれば、事細かに報告しなければならない会社もあります。忙しいときは特に、有休をとって遊びに行く、ということに引け目を感じ、またその報告を詳しくしなければならないとすることが、有休をとりづらくしている一因ではないでしょうか。
「好きなときに気持ちよく休みを取ることができる職場づくり」をすることが、なにより大切ではないかと思いますが、なかなか受け入れられないのが実情です。

転職に失敗しやすい人の共通点

憧れだけで目的に中身がない

会社生活というものに、誰もが憧れを抱くものでしょう。しかし、漠然とした憧れだけを抱いている人は、仕事内容をあまり考えておらず、実際に仕事が始まると、こんなはずでは無かったと思いがちです。
テレビドラマにでてくるような、やりがいのある仕事、良好的な人間関係、必ずしもこうであるとは限りません。勝手なイメージは抱かず、自分がどのような仕事をしたいのか、どのように成長していきたいかなど現実的に考えることで、安定した会社生活を送れるのです。憧れは大事ですが、目的を持ち、その目標に向けて努力をすることが大切です。

対策が足りない

転職に失敗しやすい人は、事前の対策が足りない、いわば準備不足な状態である可能性があります。転職をする目的、理由、原因などが整理されていないと、同じことを繰り返してまう恐れもあります。
現在の自分の状況を把握し、自分が得意とする仕事、持っている資格などをもう一度整理してみましょう。また、逆に苦手なことに対しても、整理することが大切です。
やみくもに会社を選んでも、長続きはしません。自分がどのような仕事をしたいのか、もう一度よく考えてみることが大切です。

不満ばかり言う

不満ばかり口にしていては、どこにいてもいい会社生活を送ることはできません。実績がないのにも関わらず、不満ばかりを口にする、ミスをしてしまったときには責任転嫁をするなどということになれば、会社側もこのような人に成長を期待するということはありません。
会社に納得できないこともあるかもしれませんが、選ぶ会社を間違えたと思うのではなく、もう一度個人の考え方を改めるなど、学ぶ姿勢を大事にすることも、とても大切なことなのです。また不満を口にすることは、自分自身のモチベーションだけでなく、職場全体のモチベーションをさげてしまう原因にもなります。
ときに少し口にだすのはストレス発散になりますが、いい環境、いいモチベーションで仕事をするためには、不満を口にするのはやめたほうがいいでしょう。

全く別業界への転職

転職をするとき、今までと同様の職種であれば知識やノウハウがあるため、転職後もスムーズに働きやすいですが、全く経験のない別業界への転職を希望している場合、一から学び直す必要があるため、初めての経験に戸惑うことも多く、ギャップを感じやすいとされています。
別業界への転職を考えている場合、その業界の知識を勉強したり、企業訪問をするなどして、少しでもその業界に慣れておくことが重要です。そうすることで、戸惑いやギャップも、少しは軽減されるのではないでしょうか。

給与だけを重視している

仕事を探すときに、誰しもが給料のことを気にするでしょう。しかし、給料ばかりに目がいってしまい、実際の業務内容、業務形態に関してあまり重視していなかった、なんてことがあっては、失敗のもとです。
給料がいい反面、残業が多い、休日出勤あり、昇給なし、賞与なし、激務である、厳しいノルマがあるなど、このようなことがないとはいいきれません。仕事を探すときは、給料だけでなく、ほかのことにも目を向けることが重要です。
求人票などに以上のことが書かれている場合、いざというときに知らなかったでは手遅れになってしまいます。自分の身と心を守るうえでも、総合的にみて判断しましょう。

目標や理由が不透明

自分がやりたいこと、自分がすべきことをしっかりと整理することが大切です。転職の目標や理由が不透明な場合、なにをしてもしっくりこなかったり、やる気を感じだせなくなることで、何度も同じような失敗を繰り返してしまうかもしれません。
まずは自分の目標を立ててみましょう。その目標に向かって努力することで、自然とやる気が湧いてくるものです。また、転職の理由をはっきりさせることで、同じような失敗はしなくなるでしょう。

もともと飽きやすい性格

仕事に限ったことではありませんが、飽きやすい性格の人は要注意です。物事は、いつでもスムーズに進ものではありません。任された仕事が進まない、どうしていいか分からないから辞めてしまおう、なんて諦めが早くては、いつまで経っても同じことの繰り返しです。
まずは、今の仕事の楽しいところ、やりがいのあるところを考えてみてはいかがでしょうか。最初は乗り気でなくても、だんだんと楽しくなってくるかもしれません。「飽きやすいのでできません」なんて話は社会には通用しませんから、ひとつのことを突き詰める精神力を身につけましょう。集中力を身につけることで、仕事が楽しく感じられるようになるかもしれません。

失敗したときにすること

失敗したと感じる理由を考える

まずは失敗したと感じる、原因、不満な点を考えてみましょう。業務内容が自分の希望したものではなかった、業務時間が過大であった、苦手な上司や同僚など人間関係が良好でなかった、などとさまざまな原因があったはずです。
原因を探ることで、自分の考え方、行動に改善できる箇所がみられるかもしれません。会社を変える、人を変えることは簡単なことではありません。それならば、まずは自分が変わってみるということも大事なことなのです。また仕事を決めるときには、事前にしっかりと業務内容、雇用形態などを確認することも重要です。

次の転職へと気分転換

失敗してしまったことは、仕方がありません。ここでネガティブに考えても意味が無いので、こういうときには落ち込みすぎず、前向きに物事を考えてみましょう。
気持ち新たに次の仕事を始めるため、ネガティブなことを考える隙を与えないためにも、おいしいものを食べたり、これまで行けなかった場所へ行ってみたりするなどしてはいかがでしょうか。人はリフレッシュすることで、いい気分転換になるのです。

会社を客観的に見てみる

会社のなかにいては、会社独自のルールなどがあったとしても、それが普通のことだと考えてしまうことがあるようです。ここで一度、会社を客観的にみてみてみましょう。どんな仕事をしているのか、従業員達は活き活きと仕事をしているのか、会社の人間としてみるのではなく、会社の外の人間としてみてみることも大切です。
また客観的にみることで、冷静な判断をすることができます。ここはこんな悪い所があるけれど、ここはこんないい所があったではないかと、これまで気付けなかったことに気付けるかもしれません。これにより、仕事を続けられるのか考える余裕ができるはずです。

すぐには辞めない

人は感情的になると、冷静な判断ができなくなるとされています。この会社を選んで失敗だ、もう辞めてやろう、と一時的な感情で会社を辞めてしまっては、後々後悔することになるでしょう。感情的になってしまったときには、一度冷静に落ち着いて、焦らず判断することが大切です。
誰でも納得ができないことや、失敗の経験をしたことがあるでしょう。そんなときは感情的になるのではなく、冷静になることで、今回は仕方が無い、次回は注意して作業しよう、もしかすると自分が間違っていたのかもしれない、ああすればよかったのではないか、などと考えが変わるかもしれません。
一時的な感情で仕事を手放してしまうのは、もったいないことです。落ちついて、ゆっくり考える時間も大切です。

前の会社への未練を絶ち切る

転職する際は、前の会社への未練は断ち切りましょう。未練が残っていると、なかなか仕事が決まらなかったり、新しい会社で試練にぶつかったとき、こんなことならやめなければよかった、前の会社は○○がよかった、前の会社はこうしてくれたなどと考えがちとなり、そんなことを考えては、本末転倒です。さらに、前の会社に未練を残してもなんの意味もありません。
後悔しないためにも、どうすればうまく転職できるか、新しい会社でどう仕事をするか、どうこの試練を乗り切るか、うまくいかない時期こそ、前向きに物事を考えるようにしましょう。

転職直後の退職のリスク

再転職への影響

転職直後に退職し、再転職を希望する場合、正直あまりいい印象を持たれないと覚悟をしておきましょう。これが短期間であればあるほど、あの人は仕事から逃げた、途中で投げだしたと思われがちになってしまいます。
再転職する際に在職期間、転職回数を重視されることが多くあります。在職期間が短かったり、転職を繰り返していると、この人を採用してもどうせまた辞めてしまうだろう、仕事を与えたところで、途中で投げだしてしまうだろうなどと、どうしても信用性に欠けてしまいます。それ故に面接以前に書類選考で落とされてしまうことも珍しくないため注意しましょう。

考え方に疑問を持たれる

転職直後の退職は、考え方に疑問を持たれることが多くあります。誰しもが楽しい仕事に出会えるとは限りません。自分の思うような仕事ではないからと退職してしまっては、甘い考えだと批難されることも覚悟しておいたほうがいいでしょう。
またこのような人は諦めやすい性格であったり、誠実さに欠ける性格であると判断されるため、なかなか再就職に辿り着けなくなってしまうため、仕事は大切に、慎重に扱うべきだと考えましょう。確かに、居心地の悪い会社、作業内容と見合わない給料などの状況では、もうやっていけないと悲観的になってしまうこともあるでしょう。
しかし、ぐっと堪えて耐え忍ぶということが大事なときもあります。一度失った信用を取り戻すことは、なかなか大変なことであり、そう簡単なものではありません。あの人は信用できない人と思われる前に、もう一度考え直してみることも大切なのです。

リスクにならない例外もある

転職にはリスクがつきものですが、まれに例外となる場合があります。

  • 転職前の会社がブラック企業
  • 介護などによる家庭の事情
  • 病気を患った場合

など、本人が望んだわけでは無い、やむを得ない事情というものがあります。事情をしっかり伝えることで、理解してもらえる可能性があります。
このときに注意したいのが、年齢をみられるということです。人材を増やすとき、会社としては長く働いてもらいたいため、年配者と若者であれば、若者を雇う確率が高いです。そのため転職を考えている場合は、できるだけ若いときがいいでしょう。

転職の失敗談から学べること

すべてが望みどおりの職場はない

どの会社においてもいえることですが、すべてが望みどおりの職場なんてものは存在しません。人間関係、待遇、社風、どの会社に勤務しても不満な面は必ずでてくるものです。
こういうときには、この会社で自分が活き活きと仕事ができる方法を考えてみましょう。マイナスの面からプラスの面を発見できることもあるはずです。いま置かれている状況で自分がどう活躍できるのか考えることも、社会人として大事なことではないでしょうか。

未経験の仕事への挑み方

未経験の仕事への転職を考えている人におすすめなのが「資格」を取得することです。未経験の仕事であっても、高い専門性の知識を必要とする資格を持っていれば、とても大きな武器になります。
求人に応募があった際、全く知識のない未経験者と、資格を持っている未経験者の2人のどちらかを選ぶかといえば、資格を持っている人を採用するのは必然のことといえます。
知識があれば、採用後もスムーズに仕事を覚えることができるでしょうし、会社にとっても貴重な人材になるのではないでしょうか。

基本的なことを見直す

基本的なことを見直してみましょう。まずは第一印象ともなる履歴書の書き方や面接時のマナーを見直してみてはいかがでしょうか。
氏名、住所、連絡先など基本的な情報を間違えていませんか?自分のことを間違うなんてと思う人もいるかもしれませんが、じつはこの基本情報を間違えてしまう人が意外と多いのです。また、丁寧な字を心がけていますか?字には、その人の性格が現れるともいわれています。綺麗な字を書きなさいということではなく、丁寧な字を心掛けましょう。
面接のマナーを、基本からしっかりと身につけていますか?態度、話し方、表情、しぐさ、あいさつ、身だしなみなど、面接時にはありとあらゆるマナーがチェックされています。質問にしっかり答えられていても、マナーがなっていなければ、その人の評価はさがってしまうため、とてももったいないです。基本を身につけ、高評価を得られるようにしましょう。

転職までの期間は有効活用

転職までの期間は有効活用しましょう。仕事を探している期間、面接までの期間、空いた時間になにもしないでいては、時間の無駄になってしまいます。この時間を有効に活用し、基本的なスキルアップを目指しましょう。
例えば、ハローワークにて職業訓練を受けてみるのも一つの手です。再就職に必要な知識や技術を身につけることで、再就職の幅を広げることもでき、自分に自信をつけることもできます。各自治体でおこなっているため、一度行ってみるのもいいでしょう。

失敗から成功へのカギ

動機は何度も見直す

採用の決め手ともなる志望動機は、何度も見直してみましょう。多くの会社が採用時に、「なぜ当社を選んだのだろう」「当社に入社してなにがしたいのだろう」などと志望動機を重視することが多く見受けられます。
中途採用の志望動機には、より熱い思いを伝えることが大切です。会社が必要としている人材に、自分が持っている知識や技術、経験などが当てはまるよう、繋がるような志望動機にすることがおすすめです。自分の転職への熱い気持ちを、しっかりと伝えられるようにしましょう。

アピールじょうずになる

採用される為には、アピールじょうずになりましょう。自分の得意分野を、いかにうまく売り込むかが大切です。例えば資格を取得した場合、資格を取得したというプラスな面だけでなく、夢に向けて努力ができること、大変な勉強をやり通す忍耐力を持っていることなど、紐付けしてプラスな面がでてきます。
優秀な人材であっても、詳しく知らない人からみれば、よさは伝わりません。しっかりとアピールすることで、自分のよさを知ってもらいましょう。

入社後のイメージ

入社後のイメージをしっかりと想像しましょう。会社に慣れるまでの期間は、どのような仕事をするのか、その為にどのような行動に移せばよいのかなど、分からないことがたくさんあります。それをカバーするためにも、入社後のイメージをしっかりと想像し、いざというときにすぐに行動に移せるよう、心構えをしておきましょう。
イメージトレーニングをしっかりとおこなうことで、この会社がどのような人材を必要としているのか、またそれに向けて自分がどうあるべきかなど、考える時間を設けることができます。これができていると、会社にとっても即戦力となって働ける貴重な人材だと、思ってもらえるでしょう。

情報収集はマメにおこなう

希望する会社の情報収集はマメにおこないましょう。求人情報の募集要項をしっかりと確認して、会社がどのような人材を必要としているのか、どのような仕事内容なのかを把握することが大切です。
また体験談などの情報収集も大切です。ハローワーク、求人雑誌、求人サイト、派遣会社などからその会社についての情報収集をすることが可能です。会社のなかに入ってみなければ分からないことを事前に把握することで、スマートに物ごとを済ませることができるかもしれません。

失敗しても転職を諦めない

転職というのは、なかなか風当たりが厳しいものかもしれません。しかし、根気強く諦めずにコツコツと努力していれば、その努力が報われるときがいつかきっとくるはずです。
転職に失敗したとしても悪いことだけではありません。数をこなすことで面接に慣れ、自分のアピールポイントをじょうずに伝えられるようになったり、今まで気がつけなかった自分の性格を知ることができるでしょう。
失敗してしまったことを嘆くのではなく、なぜ失敗したのか、その理由を考えて次に活かすことが、大切なのです。

転職失敗にめげず自分の未来を自分で掴もう

転職に失敗したからといって、簡単にめげてしまうのはもったいないです。なぜ失敗したのか、原因を探ってみたり、自分の考え方を改めることで、必ず次のチャンスが巡ってきたときにその失敗を活かせるはずです。
そのチャンスを掴めるかどうかは、これからどう努力していくかがカギを握っているのです。自分を信じて、自分の未来は自分で掴みましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事