【年収550万で安心は禁物】今から備える老後資金の方法を覚えよう

【年収550万で安心は禁物】今から備える老後資金の方法を覚えよう

ビジネス 2018.05.08

年収550万円って生活に余裕あるの

年収550万円もあれば、生活に余裕のある暮らしができるため、この先も問題なく生活していけると思っていませんか?今は大丈夫でも、いつかは仕事を退職し、収入がなくなるわけです。年金があっても、受給額は年々減少傾向になるので、期待はできないと考えてよいでしょう。
将来のことも考えて今の生活を見直し、今後のために貯蓄ができる生活を考えていくことが大切です。必要とされる資金を把握して、今の暮らしだけに満足しないように、未来のことを考えた生活に切り替えていきましょう。

将来必要な費用を確認しよう

将来、必要な費用を計算し確認することで、無駄な出費を抑え貯えを増やすことができます。教育費や老後の資金について詳しく見ていきましょう。

将来かかる教育費を把握する

将来必要とされる、子供の教育費を把握することはとても大切なことです。世帯の収入は限られているので、その中でやりくりをするためにも、今の支出だけではなくこれから必要とされる教育費を知っておくことは重要なことです。総務省の調べによると、学習費は進学が近づくにつれて増加傾向にあるとされています。
幼稚園から高校3年末までの15年間の学習費は、私立の場合は約1,770万円。公立の場合は約540万円となっています。学費以外にも、学校外活動費として塾などに費やす人も。収入や貯金に合わせるとなると、子供の進路は早い段階から相談して進めていくことが大切です。子供の希望に応えるためにも、必要とする教育費を把握して多めに準備できるようにしましょう。教育費だけではなく、お金がかかる時期を把握して、計画的にお金の管理をすることが求められます。

夫婦で必要な老後資金を想定する

夫婦で、老後に必要な資金を想定しておくことも大切です。老後2人しかいないので、お金がなくても大丈夫という考えはNG。周りに迷惑をかける可能性が高くなります。食費はもちろんかかりますが、病院代や施設を利用する人もいます。突然認知症になり、運転ができなくなる場合も。そうなると、必要なものを買いに行けないという事態に。
最小限の生活費として計算していると足りなくなる恐れがあります。いざというときのために、貯蓄は多めに貯えておく必要があります。若いときはたくさん収入があっても、使いかたを間違えてしまっては無いものと等しい状態になりかねません。今のことだけではなく、先の将来を見据えて老後の資金を想定しておくことも大切なのです。これだけあれば安心という考えではなく、常に貯蓄を意識した生活を続け、老後の資金につなげましょう。

長期収支を念頭に生活設計を見直してみる

長期収支を考え、現在の生活を見直すことで貯蓄を増やせることにつながります。支出を抑えられるポイントを見つけていき、貯えを確実に増やしましょう。

所得を増やし支出を減らすには節約だけでは不安がある

年収550万円あっても、専業主婦にとって節約だけでは不安に感じる人は多いです。生活費の支出を減らせても、子供が大きくなるにつれて節約には限界があります。節約をすることはとても大切なことですが、収入が多いと出費も多くなるため、節約だけでは不安と思う人が多いのです。
子供が小さいうちは、食事や習い事などもまだかからないですが、そこで気を緩めずに将来のために貯蓄をすることが大切になります。生活を見直すだけでも貯えを作ることができるので、長期で取り組めるように節約は日々の習慣として定着させていきましょう。

教育費のための貯蓄と老後のための貯蓄は分けて考える

貯金を1ヵ所にしておくと、常に合計金額を確認出来て入金も楽なので、1つにまとめる人は多いです。しかし、1つにまとめると、いざというときの資金がたくさんあるように感じてしまいます。貯蓄は分けて貯めるという方法であれば、何のために使うお金なのかを明確にできるため、貯蓄への意識を高められます。
教育費のための貯蓄、老後のための貯蓄は分けておきましょう。教育費に費やすこともよいですが、自分たちのことも考えないと老後の生活は厳しくなります。子供のためにも費やしたいが、老後も豊かな生活を望んでいるという人は、どちらもしっかりと貯蓄して資金を確保することが求められます。

子育て中の住宅ローンの見直しは避ける

子育て中の住宅ローンの見直しは、無理に行わないようにしましょう。早く返済しておきたいという気持ちがあるので、先に返済を考える人も多いようですが、自分たちの生活を厳しくさせ、教育費に回せないという事態になりかねません。繰り上げ返済を無理に行わず、子育てが終わるまで無理に返済しなくても大丈夫です。
ローン返済よりも、先ずは子供の教育費などを優先し、貯蓄することを優先して取り組んでいきましょう。子育に一区切りがついてからのローン返済だと、無理なく焦らずに支払いができます。日々の生活にも支障なく支払うことができるので、焦らずに優先するものは何かを考えましょう。子育て中の人は、育児に専念する生活を意識しましょう。

子育てが一段落したら仕事を始めることも考えてみる

子育てが一区切り出来たら、仕事を始めることも考えてみましょう。夫婦共働き世帯は多く、子供が幼稚園や小学校に入ったら仕事を始めるという主婦は非常に多いです。仕事ができない期間、新しい資格を取得しておく人や自分のスキルアップをする人など、仕事を始めるための準備期間として過ごしている人も。
資格を取得しておくと、資格なしの人に比べて給料がよくなるので、仕事ができない期間を上手く活用して、自分磨きの時間として過ごしましょう。高い資格は家計に負担がかかるので、資格選びも重要になります。
子育てが一段落したら、自分でも収入を得る方法もあるので積極的に行動してみましょう。自分で収入を得られるようになると、気持ちも明るくなりやりがいを感じて生活ができます。家庭内の雰囲気も明るくなるので、前向きに取り組むことができます。

銀行貯金が損とされる理由

銀行貯金をしている人は多いですが、損になることも。銀行貯金をしている人は、預ける場所を見直してみましょう。

インフレ率2%では100円で買えたものが102円に

銀行貯金は当たり前のように感じていましたが、インフレ率2%では、100円で購入できたものが102円に。利率よりもインフレ率のほうが高い近年、銀行に貯金しているだけで損をしていることになるのです。銀行には、短期間の貯金や、利息が高い銀行を選んで貯金することをおすすめします。
利息のよい銀行でも、利率の変動があります。預けっぱなしにするのではなく、利率のよい時期(キャンペーン)や銀行を探して預けることや、株などの資産運用に回して増やすという方法もあります。損をなくすためにも、銀行貯金を見直してみましょう。

超低金利で額面100万円でも価値が100万ではなくなる

銀行預金は金利がつくのでお得に感じますが、実は超低金利なのが現状です。定期預金なら貯金に適していると考える人も多いのですが、実はこれもさほど利息が付かず、損になる場合があるのです。100万円の貯金でも、超低金利で価値が100万円ではなくなるということです。
100万円の年利0.02%で預けると、年間200円の利息になります。思っているほど、大きな利子にはなりません。銀行に預けるより、資産運用として活用する人も増えています。銀行預金に100万円預けて200円の利益になるか、投資信託をして30,000万円の利益を生み出すか。投資信託は銀行預金の150倍の利息になるので、眠らせておくお金の置き場所も考えることで、賢く貯めることができます。

老後の資金対策に活用できる投資商品と投資の基本

老後のための資産対策を考えたい人は、投資商品と投資を行うための基本的な知識を身につけることが大切です。

じぶん年金に興味があるなら個人型確定拠出年金「iDeCo」に注目

iDeCoは、個人型確定拠出年金の名称で、老後資金を自分で作るためのお得な制度として注目されています。初心者でも始められるので、老後の資金を確保したいと考えている人におすすめできます。60歳までの間に、毎月一定の掛け金を出し、その掛け金で投資信託、定期預金、保険などの金融商品を選んで運用します。
60歳以降に、運用した資産を受け取るという制度です。運用次第で、掛け金よりも資産を増やすことができますが、場合によっては元本を下回るという事態にもなりかねません。初心者でも始められることですが、運用するためにはある程度の知識が必要になります。失敗なく確実に受け取るためにも、運用方法を把握することが求められます。

生活費に手をつけないことは投資の鉄則

投資の鉄則として、生活費に手を付けないことがポイントになります。少しでも投資に費やして資産を増やしたいという気持ちが大きくなりがちですが、決して生活費に手を付けてはいけません。投資は、増やすこともできますが、損をする可能性も秘めています。主婦は、生活防衛資金を確保する必要があります。
これだけは絶対に手を付けないお金というものを確保して、焦らずに慎重に進めていきましょう。損をしてしまうと、元を取り戻したいという気持ちが大きくなります。損もあれば得もあるというシステムを把握して、長く続けて利益を生み出していきましょう。生活費には手を付けないように、意識を高く持って取り組むことが大切です。

投資を始めるなら学んで知識を身につけよう

投資は、人によって多くの利益を生み出すことができます。初心者でもできますが、知識がないと失敗してしまいます。投資を始めるなら、勉強法を取り入れ、しっかりと知識を身につけましょう。投資に焦りは禁物です。できるだけ損のないように資産を運用するためにも、ある程度の知識は大切です。
投資を覚えて、老後の資金にする人も多いので、資産運用を成功させてゆとりのある生活ができるように、しっかりと知識を身につけていきましょう。本気で投資を覚えたい人は、先ずは知識を身につけるための勉強法を取り入れていき、焦らずに実践を行うことです。諦めず、コツコツと取り組むことが成功への鍵です。

将来かかる費用を試算して確認する

年収550万円でも、学習費や老後の生活のための資金を考えると、節約するだけでは不安に感じる人は多いです。仕事をする方法もありますが、投資の知識を身につけて資産運用に活かすという方法もあります。
まずは、将来必要とする費用を計算し、確認することで今やることが見えてきます。今だけではなく、未来のことを考えて貯蓄をしていき、さらに現在の生活も見直して、確実に資金を確保できるように心がけていきましょう。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事