年収に合った貯金をしたい人は必見。未来に備える貯蓄術と計画方法

年収に合った貯金をしたい人は必見。未来に備える貯蓄術と計画方法

ビジネス 2018.05.08

目標を決めて計画的に貯金をする

自分の将来について深く考えたことはありますか?しっかりと働いているため、老後も安心できる生活が思っている人は多いですが、さらに貯金を考えている人も増えています。老後の生活をゆとりあるものにしたい人は、今から計画的に貯金をしておくと何かと安心です。
自分の老後だけではなく、子供の学費や食費、保険などにも資金は必要になります。貯金をして蓄えがあると、何かとやりくりしやすくなるため、計画的に貯蓄する習慣を定着させましょう。いろいろな貯蓄術があるので、詳しく見ていきましょう。

年収と貯金の平均とバランス

年収に合った貯蓄をすることで、毎月計画的な貯蓄ができます。貯蓄や節約への意識も高められるため、ポイントを押さえてしっかり取り組んでいきましょう。

年収と貯金の理想のバランス

貯金の金額は手取りの15%~35%が理想とされています。年収200万円の人は、月約2万円の貯金を。年収300万円の人は、月約3万円程の貯金が理想とされています。
もちろん、それ以上貯蓄できそうな人は多めに貯蓄をしてよいです。しかし、生活が厳しくなってしまっては、日々の生活にストレスを感じてしまい、続けにくくなります。理想金額を把握しておくことで、毎月の貯蓄目標ができます。クリアできるように無理なく取り組みましょう。

お金が出ていくときを見定めて貯金

仕事をすることで安定した収入を得ることができますが、出費は毎月安定しているとは限りません。特に高額出費になる結婚、出産、入学時期などのイベントは、毎月の出費とは違い貯金を崩して対応しなければなりません。このような大きな出費に備えた蓄えも必要になります。
お金が出ていくときは無理に貯金を意識しないようにして、このような出費に備えた貯蓄を、日々意識して積み立てていくことが大切なのです。普段から貯蓄をしていることで、いざというときの大きな出費にも対応できます。大変な時期を大変に過ごすのではなく、余裕をもって過ごせるようにするためにも、日ごろからの貯蓄が大切になるのです。

年収からできる貯金のシミュレーション

年収から、貯金の趣味レーションを行うことができます。年収300万円の人は年間30万円の貯蓄。600万円の人は100万円の貯蓄。1000万円の人は200万円の貯蓄が可能となります。年収が多ければ貯蓄できる金額も増えることになりますが、税金や他の出費もかかります。年収が多くある人でも、貯蓄への意識は大切です。
貯蓄できるときにしっかり行っておくことで、いざというときの大きな出費でも楽に対応ができ、自由なお金を作り出すことができるのです。今必要な資金だけではなく、老後の資金もしっかり蓄えられるようになります。

1か月の貯金目安

大切なことは、1ヶ月の貯金目安を把握しておくことです。家賃やローンなど月の固定費を計算し、黒字である場合は無理なく貯金しましょう。年収100万円なら1万円からコツコツと貯蓄する習慣を定着させていきましょう。年収100万円でも、貯金はできます。年収600万円の人は、家賃の2倍を目標に貯蓄できることが望ましいです。
また、ローンなどの支払いが多く貯蓄が厳しい場合は、無理のない範囲でできる限り貯金をすることが大切です。とにかく、毎月の貯金額を決めておくことがポイントです。今月の目標貯金額を設定するという方法もよいでしょう。後に残すのではなく、最初に貯金してしまうと計画的に貯められます。

将来を考えた貯金で貯金額を変える

貯蓄額に余裕のある人は、将来を考えた貯金を意識しましょう。老後の蓄えはもちろんのこと、子供の進学費やマイホーム費のためという、自分の貯金目標を設定することです。将来のことを考えることで、明確な目標ができるため、普段から貯蓄を意識できる生活ができるようになります。
毎月の貯蓄額が少ないという人でも、目標を定めることで意識は高まり、節約や工夫ができる生活を心がけるようになります。将来を考えると希望を持てるようになり、楽しく節約や貯金ができるように。計画的な貯蓄を行うためにも、毎月の取り組みと日々の意識がポイントになります。

目標金額を達成できる貯金術

貯金を習慣づけるためにはコツがあります。目標金額を設定し達成させるためにも、ポイントを押さえ計画的に取り組みましょう。

お金が出ていかない時期を知る

お金を貯めるためには、お金が出ていかない時期にしっかり貯めることがポイントになります。独身時期や子供ができるまでの期間は、お金を貯める最大のチャンスです。子供ができると自分は仕事ができなくなるため収入が減るだけではなく、生活費や子供の費用にかかります。学費もかかるため、思うように貯金ができなくなりますが、できるだけ月々の出費を抑える工夫をしましょう。
また、子供が独立する、今まで子供に費やしていたお金を自分ために活用できるようになります。そこで豪遊するのではなく、老後のためにしっかりと貯蓄する生活を維持することが大切です。お金が出ていかない時期を把握して、しっかり貯蓄しましょう。

貯金の目的をしっかりと持つ

貯金への意識を高めるためには、明確な目標を決めることです。目標を掲げ目指すことで、達成したいという気持ちを高められ、月々決めた額を貯金できるように。決めた額を貯金するという目標を達成することで、残高が増え少しずつ結果が見えてきます。
月々の額が少なくても、積み重ねていくうちに残高も増えていくため、もっと増やしたいという気持ちになり、貯金する楽しみを実感しながら取り組めます。日々の生活が大変にならないように工夫も大切ですが、無理のないように行い、計画的に貯金をしていきましょう。

計画的に貯金をする

貯金は1回すればよいわけではなく、1カ月に1回という定期的に貯金するという癖つけが大切です。金融機関が近くにあるという人は、余裕ができたらすぐに貯金するという意識を持ってもよいでしょう。現金で多く持ち合わせていると、使ってしまう場合があるため、余裕が出たら預けるという癖をつけたほうが貯まります。
少ない金額でも、まずは貯金。という考えをもち、計画した金額を達成すれば1カ月の目標はクリアというようにして、毎月計画的に貯蓄をしていきましょう。出費が多くてできない時期は、無理をしないようにして、継続した取り組みがポイントになります。

お金の流れをしっかりと把握する

お金を計画的に貯めるためには、お金の流れを把握することが大切です。単に家計簿をつけるのではなく、支出額の内訳を把握して、節約できそうなポイントを工夫し、貯金額を増やしていきましょう。必要なお金まで貯金しないように、必要なお金は残しておき、余裕が出たぶんを貯蓄していきます。
無駄なく貯金をするためにも、月々のお金の流れを把握しましょう。出費がない時期や、出費がある時期を把握しておくことも大切です。税金を納付しなければならない時期は、貯蓄額を減らすなどして無理なく続けていきましょう。

必要な支出かどうか考える習慣を作る

支出でも、本当に必要な支出なのかを考えることが大切です。本当は抑えられる支出である可能性がある場合は、節約につながり、貯蓄額も増やすことができます。自己投資を行う場合も、金額を決めて行いましょう。
必要性がない場合は、貯蓄へと回りして貯蓄額確保へとつなげましょう。必要な出費はしっかり費やし、抑えられる部分をきちんと抑えることで、貯蓄ができる生活ができます。また、節約して貯蓄を増やしたいという気持ちも高められるため、貯蓄をする習慣を定着させることが大切になります。

年収とバランスを考えてしっかり貯金をしよう

年収に合った貯蓄ができるようにして、計画的に無理なく貯金する習慣を定着させましょう。無理に貯蓄額を増やして厳しい生活をするのではなく、無理なく必要のない出費を抑えることを意識することが大切です。目標を決めることで、楽しく前向きに貯蓄ができるため、継続して取り組みたいという気持ちを高められ、目標達成につなげられます。

この記事のライター UKANO 編集部

PICKUP CONTENTS

特集記事