年収が低い企業の特徴って?行動を起こして収入アップを目指そう

年収が低い企業の特徴って?行動を起こして収入アップを目指そう

ビジネス 2018.04.01

低いまま働くよりも行動を起こす

「年収が低いけど、今のままで大丈夫なのかな」と心配になっていませんか?年収が低いと、将来に対して大きな不安を感じてしまいます。本記事では、年収が低い企業の特徴や、年収を上げるためにすべき行動について詳しく解説します。
年収が低いと感じたときは、行動を起こして現状を打破することが大切。どのような行動をとるのがベストなのかチェックしていきましょう。

年収が低い企業の特徴

まずは、年収が低い企業の特徴を解説していきます。自分が勤めている企業が当てはまっていないかチェックしてみてください。

社員の入れ替わりが激しい

社員の入れ替わりが激しい企業は、年収が低い傾向にあります。男性社員・女性社員問わず入れ替わりが激しいのは「企業になんらかの不満を抱えている」ということ。やりがいや年収など、社員が不満を抱えて退職するケースが増えていくのです。
また、サラリーマンは一度企業に勤めると最低でも3年間は継続して働く方が多いです。しかし、社員の入れ替わりが激しい企業はこれに当てはまりません。なんらかの悪条件があることによって、3年も満たずに退職する方が続出します。
社員の入れ替わりが激しいかどうかを判断するためには、求人情報をこまめにチェックすることが大切。頻繁に求人を出している企業は「社員の入れ替わりが多く、常に人材不足である」ことが考えられるので、チェックしてみましょう。

設備がずっと古いままで不備がある

設備がずっと古いままで不備があるのは、会社にお金がない可能性が高いです。設備にかけられるだけのお金がないために、ずっと古いものを使っているのです。設備に不具合があったり、社内環境が劣悪だと仕事の効率も下がってしまいます。
仕事の効率が悪くなると社員の士気も自然と下がってしまい、ダラダラと仕事を行うケースが多くなります。こうなってしまうと、会社の利益は低下。おのずと年収が低くなるでしょう。もしも自分が勤めている会社の設備が古いままだったり、不備のある状態であれば、会社にお金がない可能性が高いです。一度自分の会社の設備や環境をチェックしてみてください。

企業ページの年収だけが高い

企業ページの年収が高くとも、それを鵜呑みにしてしまうのは危険。企業ページの年収は社員全体の平均ではない可能性が高いのです。企業ページに掲載されている年収例は成績のいい社員だけ。「企業ページに掲載されている年収と、インターネットの情報サイトで調べた年収が全然違う…」ということも少なくありません。
もちろん社員全体の平均年収を正直に掲載している企業もあります。しかし、年収が低い企業は「企業ページに平均より高い年収を掲載している」ことが多いです。本当の年収が気になる場合は、インターネットでその企業や会社の情報・口コミを確認してみましょう。

ボーナス未払いや昇給がない

年収が低い企業には、ボーナスがないケースが多いです。実は、企業にボーナスの支給義務はありません。ボーナスはあくまでも会社の好意で支払われているものなのです。しかし、ボーナスが支給されている企業が多いことも事実。ボーナスが出ない企業は「利益が少ない」「社員に還元できるお金がない」と考えられます。
また、昇給がないことも年収が低い企業の特徴の一つ。多くの企業では年に一度、もしくは数年に一度昇給があります。何年たっても昇給がない場合は「社員の給与を上げるだけの利益がない」と考えられるでしょう。
業界によっては「ボーナスや昇給がないのが当たり前」というケースもありますが、これでは仕事のモチベーションが上がりません。昇給がないというのは、いい換えれば「将来性がない」ともいえます。自分の会社が「ボーナスなし」「昇給なし」の場合は、本当にこのままの状態でいいのか考えてみてください。

年収が低いと感じたら行動するべきこと

次は「年収が低いと感じたら行動するべきこと」をチェックしていきます。

自分の年収と平均年収をまず比べる

「自分の年収が低いかも…」と感じた場合、まずは平均と比較してみましょう。自分の年収と平均を比較し、事実を知ることが第一歩となります。日本人の平均年収は「400~300万円」ですが、これはあくまでも日本人全体の平均。職業や地域によって、平均年収は大きく異なります。
専門的な知識が必要とされる職業であれば、当然平均年収もアップするでしょう。大切なのは「自分が住んでいる地域の平均」「自分の職業の平均」を知ること。地域や職業別の平均年収は、インターネットで調べることできるのでチェックしてみましょう。

求人と違いが大きい場合は相談

「働いてみたら、求人の情報と年収がまったく違った」というケースも少なくありません。求人と違いが大きい場合は、第三者に相談することも一つの手段。相談場所としては、各地域にある「労働相談所」労働組合の全国組織「全労」などが挙げられます。第三者のサポートを受けることで、状況を打破できる可能性があります。
また、相談だけではどうにもできなかった場合は、弁護士に相談してみましょう。全国にはたくさんの弁護士の方がいらっしゃいますが、労働問題に強い弁護士を探すことが大切です。知識のある優秀な弁護士を見つけることで、問題を解決できるかもしれません。「弁護士の探し方がわからない」という方は、地方自治体や法テラスへの問い合わせをおすすめします。

上司に相談する

年収が少ないことや、給与が低いことを上司に相談してみることも手段の一つとして挙げられます。あまりにも給与が低いために生活が困難な場合は、上司に相談してみましょう。ただし、この場合には上司も同じ境遇で悩んでいる可能性があります。相談を持ち掛ける際には、言葉選びに十分注意してください。
また、単純に「給与が低くて困ってるんですよね」だけでは、真剣さが伝わらず会社への愚痴と捉えられてしまう恐れがあります。相談内容は「現在の給与」「どのように困っているのか」「どのくらい昇給が見込めればいいのか」伝えましょう。相談をする上司は必ず自分が信頼できる相手を選んでください。

年収を上げる行動

次に、年収を上げるための行動について解説していきます。「今自分にできることはないか」チェックしてみましょう。

資格を取って給与を上げる

資格の取得はスキルアップにつながります。企業によっては資格手当が付与される可能性もあるでしょう。現段階で仕事に関わる資格を持っていないのであれば、これを機に資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
また、夢がある方は将来のために資格を取得してもよいでしょう。資格があることで、転職もスムーズになります。働きながら独学で資格を取得することはとても大変ですが、その分やりがいがあります。「一人では資格の勉強ができそうにない」という場合は、通信講座や予備校を利用することも一つの手段です。自分に適した方法で資格の勉強を行っていきましょう。

副職や掛け持ちの検討

年収自体を上げたいのであれば、副職や仕事の掛け持ちを検討してみてください。正規雇用だけでなく、バイト・パート・契約社員などさまざまなスタイルの働き方があります。年収が低く生活に困っている場合は「仕事を増やせないか」考えてみましょう。
ただし、企業によっては副職が禁止されている場合もあります。また、年間の副職の所得が20万円を超えると確定申告を行う義務が生じます。副職や仕事の掛け持ちを検討する場合は「働いている企業が副職を認めているのか」「所得が20万円を超えた場合にしっかりと確定申告できるのか」十分に考えることが大切です。

転職でよりよい職場で働く

年収があまりにも低く、昇給が見込めない場合は転職を考えてみることも手段。転職は自分自身のステップアップにもつながります。今より給与が高くなる場合もあるので「今の企業では不満」「新たな職場で心機一転頑張りたい」という場合は、転職を検討してみましょう。
ただし、転職先が決まる前に企業を退職してしまうと無収入の期間が生じてしまいます。無収入の期間ができないよう転職するためには、退職前から転職活動をスタートさせることが大切です。
また働きながらの転職活動はなかなか大変ですが、転職エージェントなどを利用することでスムーズに準備を整えられます。転職エージェントは、転職に関わるさまざまなサポートを行ってくれるので「忙しくて転職活動がままならない」「効率よく自分に合った転職先を見つけたい」という方におすすめです。

年収の低さを諦めないで行動をしよう

年収の低さに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。しかし「年収が低いけど、仕方ない…」と諦めてしまうのはよくありません。行動を起こすことで年収を上げることができるのです。
今回ご説明した「年収を上げるための行動」はどれも基本的なものばかり。年収の低さにお悩みの方は「今自分にできることはなんなのか」「どうすれば年収をアップできるのか」考えてみましょう。

    Sponsored Link

アバター
この記事のライター UKANO 編集部

家計を強くするには3つの方法しかありません。

1,支出を減らす 2,収入を増やす 3,投資する

投資するには↓

PICKUP CONTENTS

特集記事