契約社員の面接対策は?気をつけること重要なポイントを抑えよう

April, 01, 2018

記事が良かったらシェアして下さいね♪

成功に導く契約社員の面接対策

成功に導く契約社員の面接対策は、どのようなことをすればよいのでしょうか?服装で気をつけることや、抑えておくべき大切なポイントなど、面接に向けて大切な事前準備を知っておきましょう。
また、就職活動を行う際に役立つ転職エージェントの活用を検討するのもおすすめです。具体的な面接対策を立てるために、面接時の重要なポイント、面接官に好印象を与える身だしなみについて、就活に役立つ転職エージェントについて、1つずつ確認していきましょう。

面接で抑えておくべき大切なポイント

面接でおさえておくべき大切なポイントは必ず確認しておいたほうがよいです。成功に導くために、面接前までに頭に入れておきましょう。

契約社員を選んだ理由を答えられるようにする

契約社員の面接では、「どうして正社員ではなく契約社員を選んだのか」という内容の質問をされることがよくあります。その理由は人それぞれですが、面接時にすぐに答えられるように、契約社員を選んだ理由の答えを用意しておきましょう。もしかしたら、正社員と比べて縛りが無くて楽そうだから契約社員を選んだという方もいるかもしれませんが、正直に「楽そうだから」と答えるのはNGです。面接のために別の答えを用意しておく必要があります。
例えば、「仕事内容が魅力的」「企業自体に興味がある」という旨が伝わる内容を答えることができれば受かりやすいです。契約社員を採用する際に求められているのは即戦力。自分にしかない経験や、入社後どのように貢献できるかを、具体的なエピソードを交えながら伝えられるようにしましょう。

正社員登用にも意欲をアピール

長期的に働きたいという意欲を見せることも大切なポイントです。そのためには、正社員登用にも意欲をアピールするとよいでしょう。キャリアプランについてしっかりと考えていることを伝えることで、仕事に対するやる気をアピールすることにもつながります。
例えば、「正社員になれなかったので、とりあえず生活費のために契約社員になることを希望する」という旨を正直に伝えてしまうと、自分のキャリアプランについて何も考えていないと思われてしまうので、マイナスイメージです。正社員になれなかったことを伝えるのはよいのですが、「正社員になるためにスキルを身につけたい」「正社員に近づける契約社員の道を選んだ」と伝えると、面接官に好印象を与えます。

聞かれたことには簡潔に答えられるように

契約社員の面接の場合は特に、聞かれたことは簡潔にわかりやすく答えられるようにすることが大切。自分のことをたくさんアピールしたい気持ちはわかりますが、1つの質問対しての答えが長くなってしまうと、進行の妨げになり、コミュニケーション能力が劣っていると判断されることがあります。
簡潔に答えられるようになるためには、想定できる質問に対する答えをいくつか用意しておくとよいでしょう。契約社員の面接では、まず自己PRと志望動機を聞かれることが多いです。しかし、新卒の正社員の面接とは違い、自己PRでは職歴、スキル、ノウハウ、経験などを伝えましょう。契約社員の場合は、より優れた経歴やスキルが求められているので、前職までにどのようなことを身につけてきたかを伝えることが大切です。

何か一つは質問ができるようにしておく

面接官からの質問にただ答えるだけでなく、自分からも何か一つは質問ができるようにしておくとよいです。与えられたことや言われたことだけしかできない人材よりも、自分から考えて行動できるような積極性のある人材のほうが魅力的に見えます。
面接の際には、最後に面接官から「何か質問は?」と聞かれることが多いです。その際に、「特にないです」と答えるのも悪くないのですが、一つ質問をすることで積極性や企業に対する好奇心を伝えることができます。ただし、長々と話すのではなく、簡潔にわかりやすく、はきはきと話すことが大切です。

面接官に好印象を与える身だしなみ

第一印象は重要なので、面接官に好印象を与える身だしなみについても知っておいたほうが良いです。

リクルートスーツは頼りない印象を与える

契約社員の面接でもスーツを着ていくのが基本です。ただし、リクルートスーツは社会経験に乏しい大学生のように見てしまい、頼りない印象を与えるので避けましょう。面接時の服装は第一印象を左右する大切なポイント。モラルや良識に欠けるような服装を着ていた場合、面接内容が良かったとしても、悪い印象が覆ることはありません。
リクルートスーツ以外のスーツはどのようなものを選ぶのかというと、黒・紺・グレーの落ち着いた色合いのスーツ。そして、スーツにはベージュのストッキングにパンプスを合わせるのが一般的です。インナーは特に決まりはありませんが、リクルートスーツのように見えるブラウスは避けたほうがよいでしょう。

落ち着いた髪色や髪型は好印象

奇抜な髪色や髪型は好ましくありません。服装自由の職場の場合は少しくらいは良いのですが、面接を受ける際には身だしなみを整えておくことが必要です。
例えば、髪色は黒色か自然に近い茶色にし、横の髪の毛は耳にかけて、長い髪の毛はまとめます。ヘアアクセサリーは控えめなものを選びましょう。面接前に、美容院や理容院に行き、綺麗に整えておくと安心です。また、メイクも派手にせず、ナチュラルメイクにすることをおすすめします。

パンツスタイルで仕事が出来る女性を演出

女性のスーツは、色合いは黒、紺、グレーから選ぶのが一般的です。ボトムスは、スカートでもパンツでもどちらでもよいのですが、仕事ができる女性を演出したいならパンツスタイルがおすすめ。営業職など、キャリア志向であることをアピールしたいなら、パンツスタイルを選びましょう。
スカートを選ぶ場合は、膝丈がおすすめ。それ以上に短くなると、面接時に椅子に座ったときにスカートが上がって太ももが見えてしまい、下品な印象を与えます。スーツはスカートでもパンツでもよいのですが、スーツと合わせるインナーやストッキングやパンプスにも気を配り、落ち着いていて清潔感のあるコーディネートにまとめましょう。

就職活動は転職エージェントが強い理由

転職エージェントを活用すると就職活動を有利に進めることができます。その理由はいくつかあるので、1つずつ確認していきましょう。

ニーズに合った就職先を探しやすい

転職エージェントとは、転職を希望する人と企業との間に立ってマッチングを行い、双方のニーズに合った就職先を探してくれるサービスです。登録をすると無料で転職の相談に乗ってくれます。無料で利用できる理由は、転職エージェントは企業側からの紹介料で成り立っているからです。
転職エージェントを活用することで、就職活動で面倒だと思うことは、すべて代わりに行ってくれます。そのため、面接本番のことだけに集中することができます。転職エージェントが行ってくれることは、主に以下の6つです。個人で就職活動する場合は、以下の6つのことをすべて自分で行わなければいけません。一人で行うには大変なことなので、転職エージェントを活用したほうが得策だといえます。
・求人紹介
・キャリア紹介
・履歴書や職務経歴書の添削
・面接対策
・面接のセッティング
・給与交渉

面接対策や事前サポートを行ってくれる

転職エージェントでは、面接対策や事前サポートを行ってくれます。転職エージェントにはキャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)がいて、履歴書や職務経歴書の書き方や面接の際のアドバイスをしてくれるのです。
面接対策や事前サポートに加えて、企業への応募やスケジュール管理まで、就活に必要なさまざまなサポートをしてくれます。さらに、表には出ていない非公開求人を探してくれたり、企業の人事に対してプッシュしてくれることもあるので、転職エージェントを活用することは就活に有利です。

面接後にフィードバックをもらえることもある

面接後にはフィードバックをもらえることもあります。面接を受けた後は、ほとんどの方がキャリアアドバイザーからフィードバックの確認が入っているようです。
フィードバックの確認がある理由は、「企業が実際にマッチしているか確認するため」「追加の提案があるから」「転職の状況把握のため」。万が一面接に落ちてしまった場合でも、フィードバックを受けているため、次の面接に生かすことができます。

契約社員になってキャリアの第一歩を踏み出そう

契約社員であっても、面接の際には身だしなみに気をつけなければいけません。企業にもよりますが、一般的には落ち着いた色のスーツを選び、合わせるストッキングやパンプス、髪型や髪色なども気を配ることが大切です。
身だしなみを整えたら、面接で話す内容や言葉遣いや態度にも気を配りましょう。「簡潔に、わかりやすく、はきはきと」伝えることがポイントです。事前に面接対策をしっかりと行い、契約社員になってキャリアの第一歩を踏み出しましょう。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでukano358をフォローしよう!

記事が良かったらシェアして下さいね♪